Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


プラネット・ウィズ 第1話「光、七閃」

20180709.jpg
でっかいネコいるけど誰もツッコまないよ。
「おっはよー宗矢くん!もう朝だよ、起きた起きた!ご飯出来てるよ。」
「いきなり開けるんじゃねーよ銀子!」
「あらら、お邪魔だったー?」
「何がだよ!ちげーよ!」
「おはよー先生。」
「うにゃ。」
「じゃ、いっただきまーす。」
「いただきます!」
「ごっそさーん。いってきまーす。」
「いってらっしゃーい。」
「あぁ~肉…肉食いてぇ…。」



「おはよう黒井くん!」
「ん?あ~、えっと…委員長?おはよ。」
「ご飯!梅干し!にんじん!ごぼう!トマト!お肉!お肉食べたい…!」

ベジタリアンなお弁当じゃの。
「黒井くん、良かったら…私のハンバーグあげようか?」
「メガネ様!」
「そんな、女神だなんて大袈裟な…って、メガネって言った?」
「いただきます!」
「どう?」
(う、美味い!しかし豆腐ハンバーグだぁぁ!)
「黒井くん、友達出来た?」
「いや、なんか…なに話したらいいか分かんないし。いいんちょ…メガネ様はなんで俺に構うんだ?」
「今、メガネって言ったよね?」
「そういえば委員長の名前知らない。」
「高天原よ。たーかーまーがーはーら!覚えてよ…。」
「たーかーまーがーはーらさんはなんで俺に構うんだ?」
「クラス委員だからっていうのもあるけど…私も小学生の時、転校してなかなか友達が出来なかったことがあったから…。
そうだ!なにか部活とか入ってみたら?黒井くん、前の学校では何かやってたの?」
「さぁ?」
「へっ?」
「俺、記憶が無いからなー。」
「記憶が無いって、なにそれ?」
「記憶喪失なんだ、俺。この学校に来る前のこと何も覚えてねーの。」

記憶喪失なぼっち設定か。
「え、えぇ!?記憶喪失!?そんなのって本当!?」
「いや、俺も良くわかんねーんだけど…なんかデカい交通事故だかに巻き込まれて、昏睡状態になってたらしくて…しばらくして起きた時には、なんか変な連中に引き取られてた。」

変な連中と言うのがネッコということか。
「元々の家族の人とかは?」
「その事故で死んだって聞いたけど。」
「えっ!あぁ…ご、ごめん!つい立ち入ったこと聞いちゃって…。」
「あ…いや、謝ることはないよ!実感もないし、記憶だって無くても不自由ないし。まぁ、思い出せないってことは案外…思い出さない方がいいのかもな。」
「でも、思い出せるといいね。家族のことも…。忘れっ放しじゃ寂しいよ…。」
「そうだな。ありがとうたまらがわらさん。」
「た・か・ま・が・は・ら!聞いてる?黒井くん!」


20180709part2.jpg
「国民安全管理局からのお知らせです。先程、正体不明の飛行物体が太平洋上に出現し、空見坂市に近付いて来ています。市民の皆様は直ちに避難して下さい。繰り返します…。」
「静かにしろ。みんな廊下に出て、体育館に避難だ。」
「どうしたの黒井くん!? 早く避難しなきゃ…黒井くん?」
「ア…アンノウン・フライング・オブジェクト…。UFOだ!見たい!」
「なに興奮してるの!ほら!避難~!」
「だってUFOだぞ!?宇宙人だぞ!?」

急に興奮してるし。
「宇宙人の乗り物という意味でのエイリアンクラフトと未確認の飛行物体という意味のUFOは本来、同一の物として語るべきではないのよ黒井くん!この場合はミサイルとか、国籍不明の戦闘機とか、そういう現実的に危険な物の可能性を第一として行動を考慮する必要があるわ。だから!避難するわよ!」
「委員長、そういうの分かる人?」
「私、オカルト研究会なの!」
「オカルト?オカルトって、オカルトのオカルト!?」
自分の得意分野では早口の饒舌に誰もがなるんだよ。
「ご覧下さい!あの巨大な物体を!ゆっくりとこちらへ近付いています。信じられますか?現在、似たような巨大物体が世界各地で出現したとの情報が次々と入っております!いずれも海上に突如現れ、沿岸部都市に向かって移動しているとのことです。繰り返します…。」

ネッコな未確認飛行物体だ。
「とうとう来ましたね、先生。」
「うにゃ~。」


20180709part3.jpg
「一体…あれは何なのでしょう?各国軍隊の攻撃も全く効果が無いそうです…。大変です!あれは…ひ、人です!逃げ遅れた人が7人も…海を見ています!な…なんでしょうか今のは!?な、7人が!」
「行くぞ、みんな!念動装甲!」
「なんでしょうかアレは!巨人のようなものが出現しました!」
「あ、宗矢くん~?」
「なんだよ銀子!今なんか大変なことに…!」
「ちょっと外に出て来てくれないかな~?広いところ。校庭とか~。え~?そこを何とか抜け出してよ~。ん~…そうだ、トイレって言えば?あ!お腹痛いとかさ~。え?あぁボクと先生は今から行くから。だからさぁ~広いところで合流しよって言ってるの。避難所じゃなくて。」
「はぁ!?だからなんで外に出なきゃなんねーんだって!」
「なんでって、ボクらの出番…いや、宗矢くんの出番が来たから。」
「は?出番ってなんだよ。」
「スマホでテレビとか見たでしょ~?アレをやっつけるんだよ、宗矢くんが!」
「なに言ってんだよ!つーかなんか特撮ヒーローみたいな奴らがもう行ったし。あいつらがアレ倒すんじゃねーの?」
「違う違う~。」
「違うって何が?」
「宗矢くんがやっつけなきゃいけないのは、その特撮七人のヒーローの方。」
「はぁぁ!?」

ヒーローの方が敵なのか?
「い、委員長…俺あの、ちょっとトイレ!」
「おいちょっと君!」
「トイレ!」
「あいつらをやっつけるって何の為に?あと、どうやって!」
「うにゃ。」


20180709part4.jpg
急に優しい世界な描写が。
「母さんがまだ中に!母さん!母さんを助けて!」
(中学の時の…母さんが死んだ時のことか。助けられなかったことが悔しくて…高校を出た後、消防士になったんだよな。)
「大丈夫だ!母さんは俺が助ける!任せろ!」
「ひ…英雄?」
「もう大丈夫だよ…母さん。」
「あぁ…助かったよ、英雄。」
「母さん、俺…今度結婚するんだ。相手は…高校時代から俺を支えてくれた人で。」
「まぁ…おめでとう英雄。立派になったわねぇ。」
「あと…本当はあの時…助けられなくて…ごめん。」
「いいのよ…いいの。英雄が元気ならそれで。そう…消防士さんになったの、凄いわねぇ。頑張ったのね。」
「頑張った…頑張ったんだよ…俺、あの日の母さん…助け、たくて…。」
「虎居さん。聞こえますか虎居さん?あなたが見ているのは幻です。その空間全て敵のコアです。破壊して下さい。どうしました虎居さん?何が見えてるんです?急いで下さい!」
「ごめん…母さん。母さん俺…今は仲間を助けなきゃ。消防士は辞めたんだ…。」
「いいのよ、英雄。幸せにね。」

優しい世界な幻を見せる精神攻撃か!
「うぉぉぉぉぉ!!」
「あ、なんか報道ヘリが来てるよ?では報道に追われないよう、そこで解散して各自バラバラに帰って下さい。皆さん、お疲れ様でした。」
「な、謎の巨大物体が消滅しました!」
「へっ!?速報です!なんと…他の国に現れた巨大物体も日本の物とほぼ同時に、突如消滅したとのことです!」
「黒井くん…トイレ行ったっきり帰って来なかったな…。」
(母さん…俺は消防士を辞めて、今は…今は地球を守る仕事をしているよ。クソっ…こんなのがこの先もずっと続くのか?)
「ええっと…お前の力の源?をこちらに寄越せ。」
「おい…銀子!」
(大丈夫、それで通じるはずだよ~。)
「力?…何者だ!? これを渡すわけにはいかない!」
(首から下げてるみたいだね。)
「そこか…。」
「うにゃ!」
(行くぞ宗矢!念力合体だにゃ~!と、先生はおっしゃっている!)
「なにそれ?」
「せんせ…。」


20180709part5.jpg
「ちょ…なにこれ!?なに!」
(先生の中だよ~。)
「中?中!?なんか、生暖かい…。」

ナカだけに?
「回復はまだだが…形を作るだけなら!念動巨神装甲!」
「な…なにそれデカっ!おい!相手とサイズが違うぞ!つかこれ俺いるぅ!? 先生一人で戦えばいいじゃーん!」
「うにゃ!」
「念じれば動く!頑張れにゃ!と、先生はおっしゃっている!」
「いや、頑張れって…。」
「じゃあ…勝ったらトンカツ!」
「トンカツ!?ビーフ!」
「違うよん。」

ビーフはモーで、トンカツはブーだよ。
「うにゃ!」
「今だ!必殺ネコパンチだにゃ!と、先生はおっしゃっている!」
「なんだよネコパンチって!」
「念ずればいいのにゃ!」
「クソ…いけぇぇ!ギガキャット…ハンマー!!」

それネコパンチちゃう。
「そ…その力…まさかネビュラの!返せ!」
「パス!」
(クソ…記憶喪失の俺を養ってくれたのは…こうやって兵隊にする為だったのかよ。早くこいつらから逃げなきゃ…トンカツ食ったら!あ、でも…どこへ…。)
「それを返せ!それは…。」
「黙れっ!これは…こんなもの…っ!お前ら、こんなものを…!ちっくしょう…思い出したぞ。帰って仲間たちに伝えろ!お前ら全員…ぶっ倒してやる!」

何を思い出したのだよ!?
記憶喪失設定が1話で記憶蘇った。星の砂がキーワードですかい?
1話にして話が全然見えませんですたい。次回あたり説明回かの?
スポンサーサイト
2018/07/09 15:00|プラネット・ウィズTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1682-b3995b85


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.