FC2ブログ
Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


ちおちゃんの通学路 第1話「そこに学校があるから/ちおちゃんと細川さん」

20180707.jpg
お約束の遅刻遅刻。
「やばいよ遅刻遅刻!」
(えーっと冷静になれ、大体現在地がこの辺で学校がここだから…うん私の計算ならギリギリ間に合う!ここを曲がって真っ直ぐ行けば…!)

残念工事中!
「終わった…って工事なんて聞いてないんですけど!嘘でしょ!それでもって迂回路遠っ!」
(どうしてこんなことに…私が何をしたっていうの!?)
「よーし暗殺完了~!じっくり待った甲斐があったわ。あとは逃げるだけ。あぁ見つかっちゃった!あーくそ!もうしつこい!行き止まり!?私の技を舐めるんじゃないわよ!よーし!」

早い話が徹夜でゲーム。ゲームは一日一時間ですぞ。


(あ、完全に自業自得だわ。玄関で思いっきり寝てしまったんだ。このままじゃマズイ。うちの学校遅刻者を晒し者にするから不良に挟まれて立たされて怖いし目立つし最悪…。あ…これって電柱つたって行けば、もしかしたらこのまま真っ直ぐ行けたりする?)
ゲーム脳は不可能を可能にする!?
イレギュラーハンターの壁蹴りとマリオのような跳躍力があればと思ったことあるあるじゃの。

(いやいやいやさすがにゲームのやりすぎだって…。私は女子高生で伝説の暗殺者じゃないっての。あぁやだやだ影響されすぎ。これがゲーム脳ってやつかしら。)
「大人しく引き返すか。突破ぁ!」
(全然理想と違う…!あぁもう制服汚れた!でもこれで先に行ける。もう少しこのままショートカットさせてもらおう。あれ…なんかちょっと楽しいかも…。)

いい景色だなー。
(わぁ…綺麗…。これってなんだか本当にゲームの暗殺者みたいじゃない?ちょっといけないことしてるみたいで。)
「暗器のために中指を切り落とした。我こそが伝説の暗殺者。無茶をしても遅刻はしない。それが私のクリード。」

窓からおっさん出てきた。ww
「うわっまぶしっ!んあ?今誰かいたよな?気のせいか。」
(良かったバレてない…。)
「今日はオッサン頑張ってんなー!」
(歯磨きか。だったら少し待てば…。メガネガード!おぉ…おぉ…!少しずつ離れれば大丈夫…。)
「オェッ…!」
(お父さんもそうだけどなんでオジサンって歯磨きでえずくの…!?こんなことするんじゃなかった…もうやだ!アサシンごっこなんてしてる場合じゃなかった。もう降りる!)
「どこか降りやすい所…人目に付かないような…。」
(あれ?もしかしてこれって詰んでる?この間隔飛べる距離じゃないよね、どう考えても…。手を使えば降りられそうだけど…。)
「やだ三谷裳さんって猿みたい…。」
「ほんとねー。」
「おいあだ名付けようぜ。」
「あーイエローモンキーだ。」
(くそぉ!お前らも黄色人種だろうがぁぁ!)
「なんてことになりかねない!」
(平穏な学園生活のためにも目立つのだけは絶対ダメ!どうする?来た道を戻る?でも時間が…ってさっきから何かうるさいな。)


20180707part2.jpg
(あぁなるほど。風船が気に引っ掛かったのか。ここからなら届きそうだけどお姉ちゃんは姿を現すわけにはいかないのよ。ごめんね坊や。)
「あのすみません息子の風船が気に引っ掛かってしまって…。」
「あぁこれですね。なるほど私なら余裕で届きますね。」
「あのお願いできますか?」
「嫌です。やるわけないでしょそんなの。あ、それってビジネスの話です?成功報酬とかって出ますかね?経費は?失敗の定義は?」

出たよリアルにいるとうぜぇ奴。
「このアルマーニュのスーツが汚れたら弁償してくれますか?っていうかできますか?ちなみにこれオーダー品で戦闘力53万ですけど。あ、ちなみに金額的なお話ですけどね。税抜きでね。」
「あ、あの…ごめんなさい…。」
(あんにゃろ石ぶつけたろか…と言いつつ私は動けないんだけどね。私は私でなんとか遅刻しない方法を探さないと。手元には石ころくらいしか…。)
「貧乏人をからかうのは楽しいなぁ。」
(あ、こっち来る…。もしも徹夜でゲームしてて学んだことがあるとすれば一見不可能に見えても道は自分で作れる…。そしてもう1つ…。)
「庶民の1ヶ月は俺の1日~♪高級パイソンバックガード!防御力22万5000!あ、これ金額的な話ね!もちろん税抜き!」
(嫌な奴はこの手で倒す!私の名前は三谷裳ちお、軟式テニス部所属、高一。嫌いなことは目立つこと。)
「オッケー!上手くいったぁ!おまけに完璧な着地!いやっふー!っしゃー!これなら間に合うわ!」
「なんか急にこの人倒れたぞ!」
「酔っ払い?」
「とりあえず病院に連れてくか?」
「あっ、たっくん風船が落ちてきたよ。」
「紐の先に石が結んである…誰か上にいたの?」
「僕知ってるよ!見たんだ。困ってる人を助けてくれる…あれはアサシンだよ!パパのやってるゲームで見た!」
「そう。」
(なにそれ…。)
「あぁここ良い感じだわ。」
(やっと戻れる、いつもの通学路。一時はどうなるかと思ったけど結果的に一直線で来られてよかった。屋根にいるところは誰にも見られてないはずだし。これで平穏な学園生活も安泰ね。あとは呼吸を整えて…堂々と出るだけ。怪しまれないためには逆に堂々と!えっ何あの人…なんかこっち見てる…うわ…なんかエ□い目つきでガン見してる…ヤバい人だこれ…!私が気弱そうに見えるから目をつけられた?だったらなおさら堂々と…堂々と!)

背景はラブホでした。ww
(どう?この凛とした立ち居振る舞い。さすがの変質者も声をかけられないでしょ。ふっ、勝った。あれに見えるは我が同志たち…もはや学校に行くというよりはまるで学校に凱旋でもするような…!はぁ…色々あったけど間に合ってよかった。これで今日も平穏な学園生活を送れるわ。)
「おはようございまーす!」
「おう、おはよう。今日は元気だな。」
「はい!」
「ねぇ聞いた?なんかうちの生徒でラブホから学校来てる子いるって。」
「えー嘘、マジで?」

これはひどーい。

20180707part3.jpg
登校風景テイク2.
「行ってくるねチョップ。この時間なら余裕で着くわね。」
(たまには早く出るのもいいわね。なんていうかいつもより景色が綺麗に見えるな。)
「あっあはよー。」
(あ、あの子…同じクラスの細川さんだ。え、あれ…?ちょっと待って。ひょっとしてこれってもしかして…私に言ってる!?)

これは自分の後ろの人に言ってるパターンとリアルで経験した。
(細川雪さん、クラスでは派手目の男女と仲良くしてる。私とは対極の存在。これって単純に私の背後に細川さんの友達がいてそっちに挨拶してるってパターンだよね?きっとそうだよ。細川さんって確か陸上部でちょっと有名らしいし人気者で友達もたくさん。中の下の存在である私に挨拶する理由なんてない。でも、もし私に挨拶してくれたとしてそれを私が無視したとなると…それはそれでえらい事になりそう…!どうする?次の一歩までに結論を出さないと不自然になる…!)
「①とりあえず振りかえってみる、②どっちでもないあいさつを返す、③同じ強さであいさつを返す、④ガン無視。」
(はっ…分かった!私が取るべき行動は…!これだー!ゴミに突っ込む!そしてコケることにより自然に後ろを確認!)

見えた!じゃなく、なぜそのような結論になるし!

20180707part4.jpg
(だ、誰もいない…ってことは…。)
「み、三谷裳さん大丈夫!?私がいきなり声かけちゃったから…。怪我してない?」
「うん、大丈夫。」
(やっぱり私に言ってたんだ。っていうか細川さん良い人!)
「ごめんね、ありがとう。」
(でもこれで危機回避成功!き、緊張する…そりゃあんなことすりゃ一緒に行く流れになるよね…。あ、そういえばこの電柱にある大河原文具って実際にお店見たことないな。もう昔に閉店しちゃったのかな?あれ?でもそうなると今でも広告料とか払ってるのかな?きっと裏路地にひっそりとたたずむ文房具屋さん。今はもうお店をやってないんだけどかつて勉強道具を買いに来てた子供が帰って来た時に変容した町の中でも探し出せるように。そして今は営業していないお店の前で立っていると、おばあちゃんが出てきて一言。)
「おやおや、あの泣き虫が随分立派に。」
(いかーん!現実逃避してる場合じゃない!これは中の下の私に与えられた試練!)

陰キャというコミュ障ならではの誰かといたら会話しなきゃいけないという使命感。
(仲良くなるとまではいかずともせめてこういう笑いが2回ほどあって友好的な関係のままこの登校を終えなきゃ!まぁ多少フレンドリーに別れたところで教室に着いた後はまたお互い分相応なポジションで棲み分けするだけで…。いかーん!勝手にネガティブになってるー!とりあえずこういう時は共通の話題を振るに限る。2人の共通点…それは運動部所属!)
「あ、あのさ…部活~?」
「うん?」
(テンパって謎の質問しちゃった!部活~?って何が聞きたいのよ!部活ってどんな練習してるの?走るんだよ。へぇー。あれ?終わっちゃう!)
「おーい雪ー!」
「おはよう!」
「おはよー!」
(あ、あれは細川さんの友達!助かった~!細川さんの注意が逸れてる…今がチャンス…スワットターン!)

説明しよう!スワットターンとは毎晩夜遅くまでやっている某ゲームのアクションを再現したゲーム脳を覚醒させたちおちゃんだけができる技なのである!
「に、逃げちゃった…もうここで遅刻にならない時間ギリギリまで粘ろう…。」
(でも仕方ないよね。友達と一緒になっちゃったら私の居場所がなくなってそのまま消滅しちゃうよ。いや別に中の下の私がいなくなったって、なんとなく駅前でモラちゃったティッシュがいつの間にかなくなってたって程度のもんだよ。きっと気にしてないよ。はぁ…クラスメイトと一緒にいるよりもコンビニのトイレに籠もっている方が落ち着く。こんな自分はなんて矮小なのであろうか…。)

ワイもコミュ障だけに痛いほど分かります。
「そろそろかな…?いやーしかしゲームの物真似でスワットターンしてみたけど意外と上手くいくものね。私は暗がりでひっそりと生きていくよ。あ、ゲーム通信新しいの出てる。」
(時間ないから新作発表だけでも…。)
「へぇ、日本語ローカライズ版出るんだー。」
「ん?」
「あれ細川さん!?てっきり先に行ったのかと…。」
「だって会話の途中だったし。」
(マジかこの人!)
「でもお友達は!?」
「先に行ったよ。」
「急に私…。」
「待って!大丈夫だよ。三谷裳さんってお腹弱いんだよね。」
(あ、そうか…ずっとトイレにいたのもバレてたのか…。)

陽キャは陰キャがトイレに籠る理由をそうとらえるのね。
(私は何も言わずにトイレで難産かまして、挙句人を待たせたまんま雑誌読んでるクズになってるじゃないか…。)
「あれ?三谷裳さん…?」
「大丈夫だから急ごう。」
「もう時間ギリギリだよ!」
「あ、ほんとだ!」
(あぁもう…私ってホントやだ…。せっかく細川さんが仲良くしてくれようとしてたのに疑ったり逃げちゃったり…やっぱり私も細川さんと仲良くなりたい。)
「急げよー。」
(あぁもう学校に着いちゃう…あの時、言いそびれちゃったけど私言わなきゃいけないことがあるの!教室でまた離れちゃう前に!)
「あの細川さん!さっき会った時に言ってなくて今更なんだけど、あの…おはよう!」
「ん!?」

誰に話しかけているのだ?
(あ、やっちゃった…。細川さん足速ぇ…。)
「走るの楽しいー!」
「ハックシュン!」
(なんだクシャミか。)
(助かった…。)

タイトル通り、コミュ障少女による登校風景がテーマのようだ。
スポンサーサイト
2018/07/08 02:56|ちおちゃんの通学路TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1678-9043de99


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.