Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


すのはら荘の管理人さん 第1話「はるかぜ 上京 管理人さん」

20180706.jpg
(派手な人たち…さすがは東京。)
「ねぇ…あの子、可愛くない?」
「あー、あの女の子?」
「え、男の子でしょ?」
「女だよー。」
「男だって。だよね?」
「うーん…どっちだろ?」

男の娘ですか?それとも性別秀吉?幸村?
(今日は春から入学する中学の寮に引っ越す日。地元では顔立ちのせいで男扱いされてこなかったけど…これからは男らしく生きていくんだ!)
「レッツ、中学デビュー!通り雨とか幸先悪すぎるよ…。
こんにちはー!…ってあれ?誰も居ないのかな…?」
「だ~れだ?」
「ひゃっ!なんです…。」
「初めまして。私がすのはら荘の管理人、春原彩花です。よろしくね、椎名さん。」

スロウスタートの志温ちゃんを思い出すかのような、
( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!



20180706part2.jpg
「椎名亜樹さんですよね?…あれ?おーーい。もうこの際別人でも構いません。女の子に風邪を引かせるわけにはいきません!」
お姫様抱っこで運ばれとる。
「ふぅ…。って!落ち着いてる場合か!聞いてない聞いてないよ!あんな若くてキレイな人が…。待てよ?管理人さんと言うことは…つまり同じ屋根の下…あのキレイなお姉さんとこれから三年間…?」
「失礼しまーす。」

一緒にNY!おねショタおねショタ!
「おわぁぁぁぁ!」
「新しく入った子の背中を管理人が流すのがこの寮の伝統なんですよ?今まではおばあちゃんがやってたんですけど、入院してしまったので今年からは私の役目です。」

これは良き伝統!
(拝啓、静岡の親父殿。お変わり無くお元気でしょうか?息子はとても元気です。東京は凄いところです…東京は…。)
「椎名さん!?もう…そんなに恥ずかしがらなくても良いじゃないですか。私たち、女同士なんですから…ちょっとショックです。さ!背中を流すので上がって下さい。」
(お、女同士!?)
「それじゃあ始めますね。」
「なんだか知らないが、女の子と間違えられてるみたいだし?このまま黙っていようぜ!」
「いけません!男を見せることで真の男になるのです!」
「一理ある!」
「そうと決まれば!」
「即実行!」
「管理人さん!実は…。」
「はい?」
「いえ、なんでも…。」
「あっ!」
「実は僕…男な…。」
「大丈夫です。成長には個人差がありますから。今は男の子みたいでも!」
「聞いて!」
「なるほど。事情は分かりました。この寮に入ってくるのは、今まで女の子だけだったので…私が勘違いしてたみたいです。」
「男だと分かったのになんでまだ居るんですか?超恥ずかしいんですけど…!」
「なんでって…背中を流すからに決まってるじゃないですか。」


20180706part4.jpg
「近い!近い近い近い!」
当ててんのよ
「男の子とか、女の子じゃないの。君はまだ子供なんだから、これからは私が君のこと…管理してあげるね。」
管理してあげるとか思いきり深読み禁止じゃな。

20180706part5.jpg
(あれ…いつの間に気を失ったんだ…?いや、どうでもいいや…なんだかとっても温かくて、気持ちがいい…。)
「もう…くすぐったいですよ。」
(顔が見えない…。)
「す、すみません!僕、お風呂で気を失って…!」
「え、えぇ…湯冷めしてしまったらいけないと思って。」
(ていうか、服着て…もしかして…。)
「本当に男の子だったんですね…。」
「うわぁぁぁ!」
「顔も名前も、女の子みたいだったから…すっかり勘違いしていて」
お詫びと言ってはなんですけど、これからは出来る限り私がお世話してあげますね。」

またもや深読み禁止。何のお世話ですかい!
「あ…ありがとうございます。でも、全然気にしませんから…。」
「…あっ!大丈夫です!君ぐらいの年なら普通の大きさですよ、きっと!知らないけど!」
「何の話!」
アレの話
「それじゃあ私はお夕飯の支度をしてきますね。準備が出来たら呼びに来ますから、ちょっと待ってて下さい。」
「ちょ…なにしてるんですか!?」
「若さパワーの充電ですよー。」

うらやまけしからん!
(管理人さんは何でも出来て…寮のことは全部一人でこなしているらしい。美人だし、とても優しい。ただ…。)
「亜ー樹ちゃん!」
(男扱いしてくれる気配は一向にない…。)

おねショタ同人誌はよう。

20180706part6.jpg
「あの、出来ればこういう子供扱いも…。」
「ダメです。あっくんはまだまだ子供なんです。背伸びはダメなんです!どうしてもと言うなら…あっくん?ほっぺに、チューしてくれたら大人扱いしてあげてもいいですよ?」
「ふぇっ!?」
「今年入ってくる子、男の子なんだって!」
「へぇ~。」
「珍しいじゃんか。」
「したら先輩が、ビシッと教育しないとな!」
(大人扱いって…大人扱いって…大人扱いって大人扱いって大人扱いって…。)
「棚町中学生徒会!きたーく!」
「玄関先で何やってんだぁぁぁ!!」

おねショタですか、なにか?
「彩花さん!えっちぃのはダメって言ったでしょー!」
00mahorosan.jpg
「未遂ですよ~。」
「未遂でも!」
「私たちも全員、彩花さんの被害者なの。」
「でかっ…。」
「変なこと、されなかった?」
「へ、変って?」
「もう、言わせないでよ恥ずかしい…。」
「男の子だったらあんなの絶対落ちちゃうよね~。」
(ど、どういうこと?それじゃあ…今までのって、寮の住人全員に…。お風呂のことでも、さっきのことも…まんざらでもなかった僕の気持ちは…一体どうなるのぉぉ!?)
「そういえば自己紹介がまだだったな!私は雪本柚子!棚町中学校生徒会長だ!分からないことがあったら、なんでも聞いてく…。」
「ちょっと良いところだったのに!新入りに示しが付かんだろうが!」
「私は月見里菫。副会長よ。」
「とりあえず鼻血拭いて下さい。」
「月を見る里って書いて月見里って読むんだよ、カッコいいよなー!」
「風見ゆり、同じく生徒会長の書紀よ。気軽にゆりって呼んでね。」
(良かったぁ…この人は普通っぽい…メイドです。)
「椎名亜樹です。よろしくお願いします。」
「お姉さんがみっちり教育してやるからな!」
「ダメですよ?皆さんのお世話は私の仕事ですから…。」
「だから近過ぎぃ!」
「少し気になってたんですが、会長の頭のそれ…一体なんですか?」
「あ、ばっ…!初対面でそんな恥ずかしいこと言えるかよ…。」
「す、すいません…。」
「冗談だよ!冗談!面白い奴だなー!」
(はぐらかされた…。)
「会長…可愛い。あの頭のは、少しでも背を高く見せる為の努力なの。内緒よ。他にも小さいことがコンプレックスみたいで…毎日牛乳を飲んだり、お風呂でこっそり胸の…。」
「あなたは知り過ぎた…消えて貰う。」
「理不尽だ!」
「会長、そろそろ部屋に。」
「お、そうだな!」
「あの二人、良いでしょ?私たち、三人とも小さい頃からずっと一緒なんだけど…菫ちゃんがヘタレなせいで進展がなくてね…今年こそあの二人をくっつけるから、あなたも協力してね!」

おねショタの次は百合ですかい。
「はい、三人とも。ご飯を作るので先にお風呂入っちゃって下さいね。今日はみんなの好きなものにしましょうね~。」
「やったー!菫、ゆり!今日は三人で入るか!」
「んっ!」
「わーっはっは!」
「血、血!」
「あっくん、さっきの続きしますか?」
「なっ…えぇ!?」
「冗談ですよ。今日はたくさんご飯作らなきゃ、ですね~。」

続きは薄い本にて。

20180706part7.jpg
「あっく~ん?今日は入学式ですよ~。起きてくださ~い。起きないなら…えーい!」
「ちょ…管理人さん!」
「あっくんが起きないのが悪いんですよ?」
「起きます、起きますから!」

息子も起きてしまいますな。
「朝からうるさいな…一体何事…。」
完全に事後
もはやアニメ業界におけるお約束のパターンじゃな。

(すのはら荘に来てから一週間…毎日こんな感じだ。でも今日はいよいよ入学式。気持ちを引き締めないと…!)
「入学式の準備があるんで生徒会は先に出るから。二人きりだからって変なことしちゃダメだぞ!じゃ、いってきまーす!」
「はい、いってらっしゃい。」
「皆さん、ちゃんと生徒会の仕事やってるんですね…。」
「えぇ。他の生徒さんたちにも慕われて、友達も大勢いるみたいです。
あっくん~。二人きりなんて…なんだか久しぶりですね。」
「勢いに任せて東京に出て来たけど…僕は友達どころか、知ってる人が誰も…もしかしたら田舎者はイジメとかされたり…。あの…聞いてます?」
「あ!あっくん、お姉さんが何とかしてあげます!すぐに戻ってくるので、待ってて下さいね!」

着替え着替え
「なんだか嫌な予感…。」
「おまたせしました~。じゃーん!どうですか?高校に通ってた時の制服です。」
「ど、どうって…。」

いかがわしいお店のお姉さんですか?
「初対面の人に話し掛けるのって、緊張してドキドキしちゃいますよね。」
「え…いやその、管理人さんが緊張…?」
「でも大丈夫!私に任せて下さい!私を同級生の女の子だと思って、話し掛ける練習をしてみましょう!」
(同級生!?ん?待てよ?ここで男らしくビシッと会話出来たら…管理人さんも僕のことを一人前の男として見てくれるのでは!?よ、よし!)
「は、初めまして!椎名亜樹って言います、よろしく!」
「春原彩花で~す!よろしくぅ!」
(ノリノリだ…。)
「ねぇねぇ。椎名くんはどこから来たの~?」
「えと、静岡です…あ、だよ。」
(質問で話し易く誘導してくれる…有り難い。)
「あ、じゃあさわやかは行ったことある?あ!今日午後雨だって、傘持ってきた?年下派?年上派~?」
「年上派です!いや…じゃなくて!これじゃ練習になりませんよ…。」
「仕方ないですね…かくなる上は…。」
「あ…ちょ!なんで脱いで…。」
「う~~ん…男の友情?裸のお付き合い?」
「どこで得た知識ですか!」
「あっくん…まだ緊張してますか?実は、私も緊張してるんですよ。ほら…心臓もこんなにドキドキしてます。」

20180706part8.jpg
おっぱいタッチ!なんといううらやま!
「…いやん。」
「おわぁ!い、いきなり何するんですか!?」
「緊張してるって言うのは冗談です。でも、それだけ元気ならもう大丈夫ですね。」
(違う意味でドキドキしてるよ!)
「あ、もうこんな時間!僕、カバンを取ってきます!」
「大丈夫ですよ~。あっくんの時間の管理も私の務めです!」
「また勝手に部屋に入ったんですか…?じゃあいってきます!」
「あ、ちょっと待ってあっくん。あっくんならたくさん友達が出来ますよ。お姉さんのお墨付きです。頑張れ。」

耳元で囁くお姉さんとか。これはヤバイバ!
(この日、これ以上ドキドキすることは…起こらなかった。)
「そう、上手に自己紹介出来たんですか。良かったですね。」
「朝練習したお陰であんまり緊張しないで喋れて…クラスのみんなもいい人たちみたいだし、何とかやっていけそうです!」
「頑張りましたね、あっくん…偉い偉い。これからも、困ったことがあったら何でも相談して下さいね。私はすのはら荘の管理人なんですから。」
(こんな風に…僕、椎名亜樹の寮生活は幕を開けたのだった。)

こんな、ダメ男製造機な管理人さんに癒されたいと思わせてくれるのう。
上手に自己紹介すれば偉い偉いしてくれるんだ。ネット上でしか饒舌になれないお前らも頑張れ!
原点回帰のような良きおねショタだった!
次回予告でチアコス出てきた。制服コスの次はチアコスで応援してくれるのかの。
スポンサーサイト
2018/07/07 03:44|すのはら荘の管理人さんTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1677-f581cf14


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.