Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


こみっくがーるず 第12話「いってらっしゃいませ 立派な漫画家さまたち」

20180624.jpg
あばばばば!アバレンジャー!じゃないよ。
かおす初の連続掲載!だが、うへうへ行ってる場合じゃありまへんわ。
すなわっち、評判良かった箇所が寮のメンバーに手伝ってもらった箇所だった。
そして後編の原稿UPの時期と寮の立て直しの日程がダブった。
かおす先生に自分一人で執筆しないといけないという試練が課せられたし!



「え!この間の前編評判いいんですか!?」
「はい!編集部ではレベルが上がったって好評ですよ!背景がうまい!モブかわいいと!」

明らかに小夢が描いたモブだ。
(私が描いてない所…。恥ずかしい!やっぱり私はへっぽこ漫画家です!)
「大分スケジュール押しましたから後編は遅れないようお願いしますね。」
「うぇ…。」
「おす先生?」
「うぅ…。」
「かおす先生!?」
「うぇぇ…。」
「かおす先生ー!!」


20180624part2.jpg
そして恒例のボツ。
「はっきり言ってこの後編はボツです!折角連続ゲスト前後編が決まったと言うのにこんな後編じゃ前編も掲載できませんよ!」
「ひぃ!ご…ごめんなさい!」
「このままではかおす先生は漫画家やっていけませんね。新しい寮にも入れてあげません!」
「わ!」

という夢を見たんだ。
「夢…いや現実になりかねません…後編も頑張らないと…。」
「あと10日でこの寮ともお別れね…しばらくみんなと会えなくなると思うと寂しくなるわ。」
「また奴の城に囚われるのか…。」
「実家でしょ…。」
「私もうすぐパパの誕生日だからみんなより先に寮を出ないとなんだ~。」
「私もお墓参りに~!!」
「わ!!」
「今日もう実家に戻るの。」
「かおすちゃんはいつ帰るの?」
「え!?な…何の話ですか?」
「もしかして後編詰まってるの?」
「あばば~!!」

みんなが実家に帰り、寮にかおす先生ただ一人。
「よ…よーし!後編は自分一人で頑張らなければ…。ま…前が見えない。ポニーテールで気合い入れようと思ったのに駄目だ…三つ編みに戻そう…。」
コードに足ひっかけるよ。
(私って…一人でいるとほんとしょうもない生き物…。)
「そろそろ後編のチェックをしたいんですが…。」
「う…すみません…まだ…。」
「そうですか…もうあんまり余裕ないですよ。しっかりしてください。」
「はい…うう…。」
「かおす先生!?どこか具合でも悪いですか?大丈夫ですか?」
「すみません!あの…ごちゃっとなってしまって…なんか心が…寂しい…。」
(情緒不安定?)
「すみません…みんないなくて…部屋に一人で…虚しくて…なんだか絵も可愛く描けなくて…。」
「ああ…既にみなさん寮を出られたんですね。」
「でも編沢さんとお話しできて…大分…元気が…出まちた。」
「嫌全然元気な声じゃないんですけど…。」
(かおす先生のメンタルで連続ゲストはまだ無理だったか~…最悪原稿あがらない可能性も考慮して調整を…。)
「ごめんなさい…どうしましょう…辛い時も締め切りは待ってくれないって…。」
「漫画家さんっぽくてちょっと嬉しい…あ~すみません!」
(まぁ大丈夫か。)
「よ…よ~し…。あばば~!!ほんとに皆さん…いなくなってしまったんですね…。にゃおす先生…。そういえば実家でもいつも猫達が一緒にいてくれたから寂しくなかった…。あ!駄目ですよフィギュアで遊んじゃ…。」


20180624part3.jpg
そんなかおす先生に来客。唯一ファンレターくれた能登ママだった。
「おか…お母さん!」
「かおす先生!」
「どうして…お迎えの日1週間後じゃ…。」
「あ。間違えちゃった。」
「お母様かおす先生って呼んでるんですね。」
「他の先生方はいらっしゃらないのですか?」
「みんな先に家に帰られたので…今は私一人です。」
「まぁそれは残念ですね。皆さんにお見せしたくて沢山写真を持ってきたのですが…かおす先生の。」

かおす先生の写真集と言う名のアルバム。
「なわとびが飛べなくて絡まってしまったかおす先生。」
「豆まきの鬼が怖くて保育園から逃げてきてしまったかおす先生。」
「けん玉がどうしても頭に当たってしまうかおす先生。」
「サンタが怖くて怯えているかおす先生。」

常に泣いとる。まるで成長していない。

20180624part4.jpg
「ずっと泣いてたのね。」
「でもお絵かきする時だけは泣き止んだんですよね。嬉しかったな~。好きなこと見つけてくれて。すごく没頭して描いててしかもこれが本当に上手で…。」

親の目線から見ればどんな絵でも上手に見えるという親ばか。
「漫画も世界一面白いし私はとんでもない天才を産んでしまったのだと!」
「寮母さんの前でやめてください!」
「昨日発売したケイオスでもさらにパワーアップしましたね。面白過ぎてたくさん買ってしまったので近所の人達に配ってしまいました。お饅頭と一緒にきららケイオスもどうぞ~。」

布教用に大量購入。ww
「ひえ~!!恥ずかしいからやめてください!」
「あんなに面白いのに~。」
「私よりうまい人は星の数ほどいるんです!その上で皆さん努力されてて…どんどん置いて行かれ…運良くデビューできただけで…私なんて全然…。」
「お絵描きも辛くなっちゃったんですか?苦しいなら帰って来てもいいんですよ薫子ちゃん。泣いちゃうくらい辛くてもまだ頑張りたいんですか?」
「ごめんなさい…我儘を…。」
「そう…でっかくなりましたね~。」
「あんなにちっちゃかったのに…。」
「お母さん!何も変わってないですよ!」

外見も中身も変わっていないという悲しい現実。
「さ。帰りましょうか。」
「…もう少しここにいます。」
「帰らないのですか?」
「まだ…やり終えてない原稿があるんです。ここにいる間に…自分の力で…終わらせたいんです!」
「…ではお家で待っていますね。」
「大丈夫ですか?」
「はい。漫画家さんの気持ちが第一ですから。」

理解のある良きママンだ。

20180624part5.jpg
「かおす先生。原稿いただききました。締め切りがある時に限って遅れる癖、直してくださいね。」
「ご…ごめんなさい。大変申し訳ありませんでした…。」

電話越しで土下座。強要じゃないからセーフ?
でも駅のホームで土下座は滑稽は風景。

「でもとてもよかったです。すごく…いい漫画でしたよ。今までより絵も上手で話も面白い。一度はいきなりゲスト前後編は厳しかったかも、と思った時もありましたがやり遂げていただいてほっとしました。かおす先生らしさが出ていて今までで一番いい原稿になったと思います。…もしもし?かおす先生?聞こえてます?」
「き…聞こえてまず~!」

そして寮新築後のいつものメンバーと再会。
「お~!ピカピカだね~!」
「かおすちゃーん!」
「小夢ちゃん!会いたかったです!」
「私もだよ~。また一緒にがんばろ!」
「はい!一緒に…。」
「かおすちゃーん!元気そうでよかったわ。」
「ひ…疲労で体が…。」
「全然元気じゃなかった!」

疲労にはSドリンク
「でも…これでみんな揃ったな。」
「あの…翼さんお疲れのようですが…。」
「やっと…魔王に解放された…。」
「実家に帰るといつもこうなのよね~。」
「かおすちゃん。漫画は順調?」
「わ!実はまたその後ネームがボツ続きで…連載への道はまだまだ遠いです…。」

またお約束のボツの嵐かいな!
「道は遠い程頑張り甲斐がある!頑張り甲斐がある。道は険しければ険しい程。」
「あ!言い直した!」
「つーちゃん調子出てきた。」
「みんなー。お帰りなさい」
「りーちゃんただいまー!」
「さ!漫画描こ!」
「はい!」

俺達の戦い(原稿執筆)はこれからだ!な終わらせ方。
上昇気流に一時的にのったとしてもトントン拍子でうまく事が進まないからこそ人生は面白い!
でも茨すぎる道も嫌だけどね。程々が一番。
スポンサーサイト
2018/06/24 23:12|こみっくがーるずTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1670-547ddf6d


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.