Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


魔法少女俺 第12話「魔法少女☆私」

20180623.jpg
気が付いたら最終回。
「さぁ。僕を倒してよ。魔法少女俺は後世まで語り継がれるアイドルになるんだ。」
(敵が多すぎる…けどこの後ろではさきが戦ってる。見えなくても一緒に戦ってることには変わりない!)
「来な妖魔。私のラブパゥワーはまだまだ枯れないよ。愛の為ならめげないくじけない!私達は誰にも負けない!」
「大丈夫。確かにこの後1戦交えることになるけど僕そんな強くないから。3段バトルとか真の真の姿とか派手なイベント起こせなくて申し訳ないけど。」

イメージはドラクエのラスボスです。
マヌーサ状態にしてからザラキだ!



「君は思う存分僕を倒してくれていいんだよ。君達の成功を支える事が僕の仕事なんだから!」
「どうしたの?僕に情が湧いちゃったりしてる?それなら尚の事倒して欲しいな。魔法少女の敵なんて夢みたいだもの。それにファンとしてアイドルのかっこいい所を見たいと思うのは当たり前だろ?」
「…わかりました。」
「嬉しいよ。それでこそプロ。ななな何して…痛った~!痛い!致命傷に至らないレベルで地味に痛い~!」
「確かにに…私達がここまでアイドルとして有名になれたのは魔法少女のお陰です…。けど…関係ない人達を巻き込んで、大事な人を傷付けて。そんなの私のなりたかったアイドルじゃない!そんなヒーローなんて…本物のヒーローじゃない!どうしてマネージャーが…それをわからないんですか…?」
「さきちゃん…痛いよ。さきちゃん。アイドルとしてNGな顔になってるよ。」
「うわ~ん!マネージャーのバカぁ…マネージャーのしたことは許せないし…みんなを助けたいけど…でも…でも…でもでも…戦いたくないよ~!」


20180623part2.jpg
【あなたの…役に立ちたかったから。いつもあなたが俺達を守ってくれたようにあなたの大切な人を俺も守りたかった。まただ…結局また私桃拾ちゃんに助けてもらってる…。】
「違う…私は何もしてない。そもそも今までも何も…。」
【そんなことない。あなたは今まで何度も危険を顧みずみんなを救ってくれた。それで十分。間違いなく魔法少女オレは俺のヒーローなんだか。】
「桃拾ちゃん…。」
「はーいそこまで。魔法少女は不順異性交遊禁止だから。」
「助けに来たんだけど必要なかったみたいだね。」

ガラの悪い妖精さんがたくさん。
「ワシが案内したんやあでコラァ~。」
「こっちはギリギリアウトな手を使って妖精界と連携とったってのに。やっと侵入できたと思ったらこの有様だよ。うちの業界ほんとはそういうの駄目だからね。桃拾。待たせて悪かった。」
【なぜ兵衛がここに?】
「ん…?待って。まだ現状把握してないのこの子?」
「みたいっすね…。」
「さすがに俺も心配になってきたんだけど。どんだけ察する気がないの。」
「さて、君を異界侵略の罪で拘束する。」
「はぁ…こんな結果になるとはな。」
「いいとこどりみたいで悪いけどここまで大々的にされたら妖精界も動かざるを得なかったってわけさ。よろしく』
「うぃーっす」

しかし、ゲートが開かず戻れない展開。

20180623part3.jpg
「小波さん。妖魔達には何て命令しました?」
「魔法少女達を殺さず攻撃しろと。雑魚妖魔の戦闘力はそんなに高くないよ。」
「妖魔は厳密に言えば魔法生命体…だっけ?」
「ああ。学習能力も1世代のみの複製体だが強くなることもあり得ない…あ。」
「妖魔達があまりにも魔法少女に倒され過ぎたから再生成の期間が短くなってたのは事実かも。」
「生命体の中には己の存続願望があるはずだ。倒された妖魔は物質に戻り複製されるがその中にその中に少しずつ伝達因子を作成し魔法少女を倒すという使命だけが増殖していったら?」
「あり得るね。」
「何を話してるのかさっぱりわからん!」
「再生成の時間が短い分前の世代の情報がゴミとして残っちゃったんだ。で、結果がこれ。魔法少女を倒せば己が存続できるかも、という可能性を導き出した。」
「僕達をここへ閉じ込めて、ってことだね。」
「卯野さきをここへ閉じ込める事も意味がある。二人の力を分散させれば自ずと勝率は上がるからね。」
「ココロ。兵隊の数は?」
「私を含め13名。」
「あとは僕と卯野さきと…ま、あれは見ないことにして、戦ってくれるよね?」
「マネージャー!」
「ああ。勿論。雑魚妖魔にやられる魔法少女なんて見たくないからね。」

つまりは雑魚妖魔が自我を持つ進化してしまったということ?
「どういうこと?ちっとも減らないよ…。」
「自己再生の効率化も学習してるのかもね…。」
「してるのかもって…お前がボスだろ?」
「立場の無いボスなんだよ。」

威厳のないカラーズのリーダーなんだよ。
「どんなに敵がいようと関係ない…最後までめげないくじけない!それが俺のモットーなんだ!」
「あれは!」

プリズマ登場。老けたガングロだっぺよ。ww
「いえーい!ギリギリセーフ!若いもんだけに任せてられるかって。バッチリ見せ場、作っちゃうよ!」
「強気な台詞サイコーっす!異空間トンネル入るまでぐずぐずしてたとは思えないほどのキャラチェンジ!」
「うるせー!黙ってろ龍可!」
「桜世!」
「ここは私達に任せて!」
「最後の見せ場はお願いします!」
「わかった。いくよ桜世!」
「OKさき!」
「ラブパゥワーアルティメット最強デンジャラス最終回!レインボーミラクルスーパーデリシャスプリティハイパーラブパワーマックススペシャル!」

長い名前ですね。
「愛があれば!」「愛があれば!」「愛こそあれば!」「愛ゆえに!」
作画崩壊が戻った!
「あの…マネージャーは?」
「彼は妖精界の監視下に置かれる。もう人間界に戻ることはないだろう。酷いことはしないよ。今回実害はほとんどなかったんだ。本当にパフォーマンスの一環として妖魔を調整してたんだね。」
「桃拾ちゃんと兵衛さんがいなかったら結局何も…。」
「そんなことないよ。彼の心を救ったのは君だ。そして君のあの涙。」
「マネージャー!私達絶対本物になりますから!」
「楽しみにしているよ。」


20180623part4.jpg
そして日常に戻る。急に歌うよ。でも安定の閑古鳥。
「みんなー!今日はありがとー!」
「また1枚も売れなかった…。」
「お前ほんまダンスキモいぞ!」
「キモくないよ。」
「心底から言うのやめて…。」
「それにしても魔法少女アイドル引退、えらい騒ぎやったなぁ。」
「惜しい事した思てへん?」
「あ~…だからこそ魔法少女の私に追い付かなきゃって。マネージャーとも約束したし…。」
「すみません!1枚ください。」
「え!?ありがとうございます!」

売れたー!こういうコアなファンを大事にせよ!
「あ~あ。魔法少女が引退なんて。オレさんどこ行っちゃったのかな。」
「私達もあんな感じで変身できたわけじゃん。もしかしたらオレさんの正体って私達と同じなんじゃない?」
「え~!?私の初恋そういうことなの!?」
「今まで気づいてもなかったの!?バカ!可愛い!飲み物もう1杯奢ってあげる!」
「ほ~ら。意外とあの子達がオレさんだったり。」
「んなわけねーだろ!」

んなわけありました。
「ん…?この反応!2丁目でチンピラが暴れとんな!」
「また桃拾ちゃん!?」
「あいつ死兆星の下に生まれついとんちゃうか?」

普通に変身してるよ。
「魔法少女俺、参上!」
魔法少女俺のアイドルをやめて普通のロコドルになっただけで、変身はできるということか!
スポンサーサイト
2018/06/24 22:01|魔法少女俺TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1669-e4787bee


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.