FC2ブログ
Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


ヲタクに恋は難しい 第10話「光くん登場とネトゲリベンジ」

20180615part6.jpg
弟君こと尚哉のターン。お客さんガン見し過ぎ。
あんまガン見してるとクレームの元ですぞ。

「休憩行く前にフロア回ってきま~す。」
(あっ勉強熱心だなぁ。偉いな~。あっうちにもこういう人いる。このゲームどっかで見たような…。あっ俺がワンパンで死んだ奴だ。兄ちゃんが楽しそうにしてたし俺もやってみたいけど難しいのかな?簡単そうに見えるけどな~。全然ダメージ受けてないし…あっ倒した。)
「そのゲーム面白いですよね~俺もちょこっとだけやったことあるんですよ~。」
「すみませんでした…。」
(は…速い。)

コミュ障オタクは脱兎のごとく逃げる。逆にキレ出す客の方が厄介。


20180615part7.jpg
「世間って狭いや。」
「えっどうしたの?尚ちゃん。」
「あの子、昨日バイト先で会ったんだ。向こうでゲームしてる子。」
「あれ?桜城じゃん同じ大学だったんだな。」
「よっくん知り合い?」
「高校で同じクラスだった。つかケンちゃんも同じクラスだったよ。」
「マジで?全然覚えてないわ…。」
「まあ向こうもあんまり人とつるまないタイプだったから。」
「あぁ一人が平気なタイプな。」

お一人様ということで兄と重ねた。
お一人様=ぼっちと決めつけるの良くない。ソロ充だっているんだ。
でもこっちのはガチでコミュ障だけどね。

「んっ?尚ちゃん?」
「こんにちは、昨日はどうも。」
「すすすすす…すみませんでした。」

すぐに謝るのコミュ障の特徴。
「あー待って待って!取りあえず逃げないで。君に返したい物があるんだよ。はいこれ、君の落とし物だよね?同じ大学みたいだから持ってたんだけど探し回る前に見つけられてよかったよ。え~っと…。」
「あっ…さ…桜城です。桜城、光です。す…すみません。」
(謝るのが口癖なのかな)
「俺は二藤尚哉っていいます。」
「え~っと、わざわざすみませんでした失礼します!」
「えっ?あぁ待って!ゲーム今度一緒にやらない?君と友達になりたいんだ!」
「そ…それってフレンド申請って、ことですか?そういうことなら…。この画面をスクショして貰って後でID検索かけてくれれば…鍵は開けておくので…。」
「えっ?あっうん…。」
(ゲームのフレンドじゃないんだけどな。)

これだからゲーム脳は!
「よろしくね、こーくん!」
「あっえ~っと…はい…。」
「えっ?女子なの?桜城?てか尚ちゃん、それ知ってんのかな?」
「いや~尚ちゃんだからな…。」
「今日の主役おせぇな。」
「待たせてごめ~ん!遅れてすみませんでした。ロビー広いから迷子になっちゃって。」
「がああああ!尚ちゃん!」
「どうしたの?そのけしからん耳は!」
「あぁこれね、獣人みたいな種族?らしくて。」
「触っていい?」
「どうぞ。体力高くて初心者向けなんだってさ、友達が勧めてくれたんだ!」
「キャワ!」
「ところで二藤兄の姿が見えないんだが…。」
「また後から来るんじゃない?」
「尚ちゃん、宏嵩から何か聞いてる?」
「んっ?兄ちゃん?兄ちゃんなら俺の後ろで寝てるよ。」
「えっ!? 何それ?kwsk!」
「な~お~その言い回し誤解を生むからやめて。」

アッー!な意味合いで誤解されるからね。
「え~宏嵩来ないの?携帯ハードでもログインできるでしょ?」
「今忙しい。」
「どうせ別のゲームしてんだろ、分かってんだよ。」
「尚ちゃんもね、最近友達とネトゲ始めたんだって。でも最初はレベリングが大変でしょ?」
「そう、友達に弱いエリアばっか手伝ってもらうの気が引けちゃって…。」
「だから今日はみんなで尚ちゃんをサポートしながら上級クエストのクリアを目指そうよ、ねっ?」
「レベルが上がってもプレーヤースキルが上がらないんじゃ時間の無駄でしょ。」

(#^ω^)
「もういい。」
「宏嵩一人欠けたところで大した問題じゃないよ、行こう尚ちゃん。」
「ま…待って成海ちゃん。」
「ごめ~ん、力尽きたみたい…。」
「くそ~!二藤はマジで来ねーのか?」
「これ、もう駄目かもね。」
「嫌だよせっかくここまで来たのにー!宏嵩~!」
(誰?まさか…。)
「今北産業。何だもう片付いてんじゃん。助けに来る必要なかったね。」

相変わらずのネタ装備
「宏嵩~!わざわざネタ衣装にチェンジしてこなくてもいいのに~。」
「何が?」
「何かレア武器拾ったんだけど。」
「マジかお前。」
(まあいっか、コスチューム可愛いし。)


20180615part8.jpg
宏嵩コンタクトデビュー。いいえ釣りでした。
「おはよっ!余裕っすね宏嵩さん。あれ?宏嵩お前…。」
「あれ?成海にしては出勤早いね。」
「いやいやいや時計見てくださいよ。」
(宏嵩もついにコンタクトに…しとらんのか~い!)
「ヤバくね?」
「はっ!そうだった!」
「走るぞ宏嵩!風になれ!」
「ま…待って道が…見えない。」
「寝ぼけて落として踏んづけたらしい。昼休憩に新しいの作りに行くんだと。」
「見えなさ過ぎじゃね?PCとキスしそうな距離感だぞ。」

近い近い。管理人も最近は眼鏡ないとPCの画面ロクに見えなくなるので分かります。
(声がしたけど、どれが樺倉さんなのか。)
「おう二藤、お前いつからコンタクトにしたんだよ。」
(樺倉さん…なのか?)
「うん樺倉さんだ。よかった。」

近すぎますぞ。腐女子ホイホイチャーハン。ww
(何かごめんね!)
(むしろごちそうさま!)
「早めの休憩やるから今すぐ眼鏡作ってこい。今のお前じゃ仕事にならん。」


20180615part9.jpg
「ごめんよ、思ったより時間かかっちゃって…。」
「あっいえ…だ…大丈夫です。」
「それでどうでした?目標のソロステージクリアは…ん?あっ、そんな…!お気を落とさず…。」
「あのボス、ホントに俺一人で倒さなきゃダメ?」
「え~っとソロ専用のステージなので…手伝ってあげられなくて、すみません。あの、その代わりこれをクリアすればランクが上がってもっと上のクエストにも行けるようになりますよ。」
「お~!よ~し頑張るぞ!目指せランクアップ。」
「ダメだった…。次こそは…。ごめんよ、何回やっても下手のままで…。」
「そうですね。じゃあやり方を変えてみましょうか、武器とかの相性の問題かも。装備としては十分な数値なので単純にヒット数が足りてないことが敗因ではないかと。なので武器もナックル系の超近接武器にしてエネミーを正面に据えた状態での攻撃を意識すれば確実に体力を削ることができるので攻略は可能です。」
「…怒んないの?」
「どうして?」
「下手過ぎるから見ててイライラするってよく言われるよ?うちの兄ちゃんもゲーム大好きでね、よく怒られちゃうんだ。」

おっとまた兄弟あるあるネタ!ゲームで足引っ張ると兄が怒る。
「あっえっと、お気になさらず…。」
「似てると思ってたけど、ちょっと違うんだね。」
「えっ?」
「ううん。」

上級者プレイヤーでも初心者に面倒見がいいのと、下手なペアだと足引っ張られるからヤダというタイプがある。
発展すると、ベテランはビギナーに教えたがる症候群となり、さらには上司部下の関係だとタチが悪くなる。

「次はきっとクリアするから帰ってきたら一緒に遊ぼう!」
(何て露骨な死亡フラグ。)
(尚が休日にわざわざゲームしに来るなんて…あいつがそこまでハマる要素あったっけ?)

勝手にシナリオ進められた。兄弟あるあるネタだな。
「え~!?何で俺こんな怖いとこにいるの!?もう兄ちゃん!勝手に俺のデータで遊ばないでよ。」
「ごめんごめんナックルが使ってみたくてつい…。」
「友達がびっくりしてるでしょ?」
「俺も吹っ飛ばされてびっくりしてる。」
「えーとお兄さんって、さっき言ってた…。」
「そうそうゲームで俺がよく怒らせちゃう兄ちゃんね。今の俺だとこーくんまで怒らせちゃいそうだからこのクエストリタイアするね。」
「後でまた…んっ?こーくん?」
「あっ!すみません!あのえ~っと…。」
「んっ?何?」
「怒ったりしないので一緒に遊びませんか?」
「うん!」
(仲良くリタイアした。)

ゲームを通じて生まれる友達の輪。
仲良きことは美しきかな。
尚哉のようなコミュ力を是非ともあやかりたい。
スポンサーサイト
2018/06/16 01:04|ヲタクに恋は難しいTB:1CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
ヲタク恋は難しい #10 『光くん登場とネトゲリベンジ』
バイト先のカフェでゲームをしていた桜城光に 二藤尚哉が話しかけたら逃げられた。 やましいことをしていないのに、なぜ逃げる。 ああ。 勉強とゲームで長時間店に居たから、やましい気持ちに なったのかもしれませんね。 そんな桜城光を学校の学食で見つけた二藤尚哉は さっそく、側に行くとゲームに集中している 桜城光は、気づかない。...
奥深くの密林 2018/06/16(土) 09:14

トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1665-6fdf281f


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.