FC2ブログ
Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


こみっくがーるず 第11話「人生のピークがきたんです」

20180615.jpg
お題は進路希望調査。これは進学と書かずに漫画家と書くべき?
ちなみに高校の時、同人活動してた奴は中退する奴と進学先に代々木アニメーション学院と書く奴いた。

「ねぇみんな。書いたこれ?」
「進路ー?漫画家だよー。」
「当たり前じゃん。」
「さてはちゃんと読んでないわね…・。第2希望まで書くことになってたじゃない。」
「そうだっけ?琉姫ちゃんはなんて書いたの?」
「私?第2希望は保育士よ。」
「え…?」
「かおすをほったらかして他所の子を育ててる場合か!」



「ふんふん!」
「それとこれとは…。」

かおす幼児扱いかよ。ww
ランドセルよりもさらに幼児退行化した。

「人手不足で需要あるし資格を取ればいろんな就職先があるからね。それに子供好きだしね。漫画家で一生食べて行けるかなんてわからないし資格は取っておこうと思ってるわ。」
子供可愛いのは見た目だけだよ。ワガママで言う事聞かないし、クソもするんだよ。
「それに絵が得意だと一緒にお絵かきしてあげられるしね。」
「それはやめたほうが…。じゃ~あ~私はお菓子屋さんにしようかな~。」
「思いつきすぎるでしょ…。」
「ううん。うち実家がお菓子屋さんだから。」
「だからよく実家からお菓子が送られてくるのか。」
「えへへ。看板娘で~す。」
「私の実家も一応小さな和菓子屋さんで…。」
「じゃあ二人で和洋お菓子ユニットが組めるね!面白くなってきたね~!」
「あーい!」「あーい!」
「需要…ありますかね。」
「あるよー!ライブやイベントもできるしそしたらお店も繁盛するし!」
「漫画…描くんだよね?」

売れない漫画家は本職だけで食っていけないんだよ。
「で、つーちゃんは何て書くの?」
「漫画家以外1ミリもやりたくない。」
「つーちゃんはそうよね~…。」
「けどこれは建前だしつーちゃんもお父さんの会社に入ることにしておけば…。」
「私はお母様の言いなりにはなりませんから!!」
「つーちゃん…?」
「ごめん…つい…。」
「大丈夫…?こっちこそごめん…。」
「翼さんのお母さん、漫画家辞めてお家を継いでほしそうですもんね…。」
「嘘でも奴が喜びそうなことは書きたくない…建前にしても自分でやれそうなことをちゃんと考える…。やっぱり憧れるのは勇者だけど。現実的に考えるとまず剣士になるために師匠について修行を積む。それから秘伝の奥義を授かり…。」
「つーちゃん!一人で考えこんじゃ駄目だわ!」

最近のドラクエならいくつかの上級職を極めれば誰でも勇者になれる資格がある!
でも現実を見よーや。


20180615part2.jpg
寮母さんに相談した。
「もしかして進路の事?悩むよね。私は悩んだ末漫画家の道を選ばなかったのよ。こう見えても昔私もあなた達と同じような学生作家だったのよ。でもね。プロになると全て思い通り描けないじゃない。で、こんなことあなた達プロの前で言うの恥ずかしいんだけど。この設定じゃ売れないとか読者が共感できないとかそんな事ばっかり考えてたらなんか楽しくなくなってきちゃって。」
巨人の星でもあった。プロになるというのは、傷付け合う野球だと。んで、その野球に耐えられなくなった飛雄馬の同室の先輩がプロ辞めて再就職先の会社の草野球チームの投手で生き生きしてた。
漫画家で言えば、同人作家の方がお気楽と言ったところか。

「とりあえず7年くらい前に単行本は1冊だけ出したけど。」
「なんてタイトルなんですか?」
「え~。恥ずかしいな。えっとね。午後はオレンジの香り。」
「え!園田リカ先生って寮母さんだったんですか?」
「やだかおすちゃん知ってるの?」
「ええ!ええ!レビューサイトで見かけて気になっていた作家さんです!すごく人気があったのにコミックスが手に入らないって…。これです!」
「お~!今でもめちゃくちゃファンいるじゃないですか!」
「やん。でもね。こんなにも沢山の読者さんの期待にも応えられなかったし私はプロでは続けられなかったのよね。みんなは立派。本当のプロだもの。」
「本当の…プロ…?」
「でも漫画も漫画家さんが頑張る姿を見るのも大好きっていうのは変わらない。だから私は私のできる方法で漫画に関わっていきたいって思ったの。勿論後悔してないわ。自分の人生だもの。それに時々趣味で描いたりもしてるのよ。そんなわけで今はみんなの力になれることは何でもしてあげたいって思ってるの。」
「あの…お願いが、寮母さんが今趣味で描かれてる漫画見せてくれませんか?」
「あー!私も見たいよりーちゃん!」
「い・や。」

だが断る。だって公開処刑になるもん。

20180615part3.jpg
かおすによる気合い入れた後のネーム提出。
「よろしくお願いします!」
「はい。…って一気に4本…ですか!?」
「はい…なんかもうすぐ寮に来て1年でこのまま終えると自己嫌悪で潰れてしまいそうで…。」
(かおす先生のこういう土壇場での頑張りはほんとすごい…。)
「早速拝見しますね。」
「ま…待ってください!できれば比較的まともなものから順に…。」
「そして最後の方は見なくても…あの…天ぷらの油とりとか裏はメモとか…。」
「足掻かないでください。」
「あう…。」
「まずは1本目…ラブコメですか?まさかかおす先生からこういうものが出てくるとは…。少女漫画家の子と話して画風というか男性キャラの魅力をメインに考えてみたんですけど…。」
(男性キャラの魅力?かおす先生の考える…一体どんな…。)
「あの…なんで薪割りしてるんですかこの人…。」
「え…?えっと…力強くて生命力に溢れてる魅力的なシーンって考えたら。」
「学園モノですよね?休み時間に薪割りって…。」
【大丈夫?風邪なんじゃない?】
【平気の平左だぜ!】》
「おっさん臭さがにじみ出てるダジャレ!この男子全然魅力的じゃない!」

薪割といえば左門豊作みたの出せばいいの?
00otokotoha.jpg
「かおす先生の思う男らしさって何なんですか…?」
「あ…男らしさとはよしはるさんのような…。」
「よしはるさん!?誰!?」
「お父さんです…。」
「親御さんのこと悪く言ってすみませんでした。」

男キャラ=おじさまという珠輝ちゃんかの。
「では次のネームは…工口ですかこれ?」
【きゃー!】

パンツは見せないスタイル
「描いておいて照れないでくださいね…。」
「今思うと深夜のテンションでちょっと…すごくやりすぎてしまって…昼間からこんな…。」
「大丈夫です!かおす先生の絵ならどんな工口展開をやられても真顔で目を逸らすことなく読める自信があります!」
「はう~!」
(つまり工口くない。)
「パンチラ?ラッキースケベですか?」
「これパンチラ…機能してませんね。」
【そこで僕は彼女の気を引くために…。】
「またかよ!」
「この男子キャラ全然工口くないしむしろ工口より薪割りに必死だし!かおす先生の中でパンチラは最大の工口ですか?よくそれでこういうの描こうと思いましたね。」
「す…すみません…。」
「3本目は…異世界ファンタジーもの。新境地開拓ですか。」
「は…はい!ですがそのあたりからアイデアが段々出なくなってきていて…。」
(秘めたる力を持つ主人公が能力者養成学園で才能を開花させる…。しかしその学園には闇の勢力が潜んでいた。そして主人公達は能力を使って闇の力を倒す…。)
「う~ん…ここまでは割とどこかで聞いたような要素だらけですね。」
「はい…。」
「ですがまぁそれはそれとして主人公のキャラ次第で化けますからね!主人公の魅力を印象付けるシーンがうまく描けてさえいれば…。これが4本目ですね。女子高生の日常的な話ですか…。」
「は…はい…。」
「これ…悪くないかも…。」

日常系とかきららだ。
「登場人物がとても生き生きしていて何よりかわいい。」
「え…それ…色々考えられなくてなんとなく頭に浮かんだものを描いただけで…。」
かおす先生の日常から取ったのか!ということは異世界ファンタジーはつーちゃんに影響されてか?
「それゆえに余計な設定や小細工がなくて読みやすい!力が抜けて自然体のかおす先生らしさが出てる!…ような気もするんですがちょっと判断力が鈍ってきたので明日もう1回読んで連絡します。」
「はい!長い事すみませんでした!」


20180615part4.jpg
(最初はどうなる事かと思ったけど…よかったな。かおす先生にとってのこの1年。いい刺激があったようで。)
ネタは身近なところから。
鳥山先生は冷蔵庫の中見てキャラの名前考えたの?
着信あり。

「わ!あばばば…。も…もしもし…お母さん…はぁ…。」
「かおす先生大丈夫ですか?」
「はい…。」
「掲載、決まりました!」
「え?」
「先生?先生?もしもし…。先生!」
「あばばば!」
「平気ですか!?」
「あっぱい!」
「連続ゲスト前後編でいけますか?反応が良ければ連載に繋がりますよ!」

掲載おめ!ついに没地獄から脱出した!
「きゃー!!」
「かおす先生!?本当に大丈夫ですか!?」
「はい…人生のピークが来たんです…。もう悔いはありません!」

サブタイ回収。でも下手に反応良いと完結させたくてもさせられなくなる。
最終回(のハズだった回で。)何年経っても年取らないメインキャラを成長させるとこの後どうしようとかなる。

「早い早い早い早い!」

20180615part5.jpg
進路希望調査票の提出。
確固たる意志。頑固と言わないで。

「萌田さん?どうしたんですか?」
「はい!大丈夫です!」

第2希望の欄長いよ。
【こんな何の取り柄もない私でも誰かの役に立てるお仕事ができるのなら挑戦してみたい気持ちはあるのですが私のちんちくりんな脳みそをふりしぼって考えてみたのですが現時点で私の知る限りの職業の中で重大なご迷惑をおかけせずに出来るものはこの世のにないのではないかとこの事実を重くうけとめなるべく地球の環境を乱さぬよう隅っこの方でスペースを使わないように呼吸をしすぎないように小さく小さく生きて行きますのでこの調査票の第1希望欄しか埋められないことをどうかお許し下さい。】
スポンサーサイト
2018/06/16 00:05|こみっくがーるずTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1664-3f81f005


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.