FC2ブログ
Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


魔法少女俺 第10話「魔法少女☆ストーキング」

20180614.jpg
前回の続き、
ここにおわす御方を、どなたと心得る。こちらにおわすは、先の副将軍、水戸光圀公(ホントは妖精王です。)であらせられるぞ。頭が高い。控えおろう。
作画崩壊も作画崩壊ビームのせいにすれば、許される!?



「まぁそういうことなんで。よろしく。」
「頂戴いたしますー!よろしくお願いしますー!」
「妖精名物謎の名刺交換が始まった~…。」
「見たい?俺の二等身。」
「いいですいいですいいです!」
「こっちには元々長期バカンスのつもりで来てたんだけどね。こんな事態になっちゃったから俺も色々調べ回ってたってわけ。」
(割とハワイ行くみたいなノリで行き来できるもんなのか~…。)
「ココロちゃん今までちっとも気付かなかったの?同族を感知できるセンサーとかテレパシーとかないの?」
「じゃあお前ら皇族の方々の本日の御予定全部暗記しとるっちゅーんかぁ!?妖精の縦社会舐めんなよ!」
「ま、妖精に限らず魔力の大きい者はそれを隠匿する術にも長けているからね。上の立場なら尚更。だからあんま責めないでよ。黙っていたのは俺の独断だし。」
「兵衛様!靴とか舐めましょか~!」
「やめて。」
「そんなすごい立場の人が私達に招待明かして大丈夫なんですか?」
「え?別に俺自分の正体が何とか一言も喋ってないし。君達が勝手に妄想言ってるだけだから俺は平気。そういえば君達も魔法少女でアイドル活動とかやってくれるよね~。あーいっけないんだ。」
「あれはマネージャーが…。」
【初めまして~!今日から君達のマネージャーを務めることになった矢茂でっす!好きな魔法少女はクリィミーマミ!二人とも見て見て!仕事取ってきたよ!しかも歌って踊れるんだよ!まぁデパートの屋上で着ぐるみ着るやつなんだけど…。さきちゃんのダンスってなんかいい意味で虫に似てるよね~。】
「本当に小波さん…マネージャーが黒幕なんですか?」
「信じたくない気持ちもわかるよ。確かに怪しい行動をとっているけどそれまでだし。目的も理由も不明だしね。」
「じゃあ…。」
「でも残念ながら証拠はある。」
「これは…合成?」
「これは合成でも仕込みでもそういうフレームのプリントシールでもないから。」
「え~と…え~!藤本さんと仲良しだったんですか?」
「あれ?そこから来る?テンパってんなぁ。今回はたまたま利害の一致というか協力関係というか、ほら妖精って非力だから万が一交戦になったら一発で死ぬけどあの人ならまぁ大丈夫かな~みたいな。」


20180614part3.jpg
「さき…兄さんがいない。」
「そんな!ついさっきまで鳥達と戯れていたのに!道に落ちてるかりんとう食べたりしてない~?」
「いくら兄さんでも多分拾い食いはしないと…。」

グルグルでいう犬のかりんとうのことか!
「多分桃拾はそこから連れ出されたんだろうね。」
「それだけじゃない。今町のいたる所でゲートが開いて妖魔が出現してるらしい。」
「君達のマネージャーはどうやら本気になったようだよ。」


20180614part2.jpg
作画崩壊ビーム!名前の通り作画崩壊となるビーム。
テロップ通り。かつて、未完成の状態で公開されたアニメでも最初に警告入ってた。
予告しとけば、作画手抜きができる!?

「これは…。」
「さき!その姿…。」
「なにこれどういうこと!?」
「文字通り世界の崩壊ね。本当にこれ全部マネージャーの仕業なの?」
「もしかしたら世界の崩壊は誰も気づかない所で進んでいたのかもね…あれやこれやあんな時も!」
「いやそれは違うと思うな…。」
「とにかくなんとかしないと!」
「でもどうすればいいんだろう。敵が多すぎる。」
「フハハハハハ!全テレビ局の電波は我が妖魔の手に落ちた!」恐怖に怯える人間達よ!我々にはいかなる兵器も通用しない!加えてこちらにはスタープリンスの御影桃拾!そう!人質がいるのだ!人間に唯一残された希望、魔法少女よ!さぁお前達はどうする?平穏を取り戻したくばゲートをくぐり私を倒しに来るがいい!急がないと人質もとい世界がどうなるかわからんぞ!フハハ!」

声で正体はマネージャーさんとバレバレ。
それにしても作画崩壊の嵐で全然シリアスさが足りない!


00kaeru.gif
カエル「セーブしておきますか?」
20180614part4.jpg
「あ!あそこにあからさまな扉が!」
「ほんっとに何考えてるのマネージャー!RPGばりの親切さ!」
「セーブします。セーブします。」
「あれ?開かない…。」
「あー。やっぱり罠か。やけに静かだと思ったら待ち伏せってわけね。」
「今までの妖魔オールスター!?」
「いや、なんか結構新顔もいない?」

私に任せて先に行け!と、
「フフフフ。よくぞここまで辿り着いたな魔法少女よ。人間達のためにここまでノコノコとやってきた勇気は褒めてやろう。しかし!こちらには人質がいるのだ!そしてもう一つ。愚かな貴様に教えてやるとしようか。そう…妖魔の親玉の正体とは…この私、魔法少女のマネージャー矢茂小波だったのだ!」
「カットー!はいおつかれー。一旦休憩いれまーす。」
「うぃーっす。」
「さきちゃんもお疲れー。」

ファ?
「あぁびっくりしたっしょ?僕が親玉って。ほんとこんな魔界くんだりまでごめんね~。あれ?桜世ちゃんは?戦力配分間違えたかな~。アイドルだし顔は狙わないよう言ってあるんだけど怪我とか大丈夫~?」
「ちょ…ちょっとなんなんですかさっきからー!!」
「さっきの前口上の事?あれはドラマ性を高める演出っていうか~。もしかして世界の半分をやろう!とかの方が良かった?」
「そうでなくて!!」

竜王だ。
「何が目的でこんなことをするんですか…桃拾ちゃんを攫って街を妖魔だらけにして…そのために今まで私達を利用していたんですか!?」
「違うよ。君達のためにみんなを利用したんだよ。」
「な…なにを…。」
「う~ん…オフレコにしとくつもりだったんだけど。まぁいっか。つまりね…。」


20180614part5.jpg
回想入るよ。
「ちょっともこさんしっかりしてくださいよ。午後からまたエルフ界の奴等の仕入れあるんすよ。」
「あ~ごめ~ん。今日のノルマ何だっけ?」
「え~と。攫ってきた生物に無体を強いること。」
「え~また~。なんかこの仕事合わないんだよな~。ま~てきとーにこなしてりゃ将来安泰だし~。今日は早めに帰って撮り貯めてたアニメを消化して…。」
「大変だ!衛藤さんが倒れたぞー!」
「衛藤さんって人間界担当のか?」
「人間界ってDクラスの弱小地区じゃねーか。」
「いやなんでも魔法少女ってのが俺達の邪魔をしてるらしい。」
「こりゃ本格侵略の通達くるか?」
「そ…その話本当~…?」
「なんで生まれたての妖魔みたくなってんすか。」
「あ~すぐ代わりの担当者呼びますんで。」
「いや待って!僕が行く!。」
「なぜそのような!」
「きっと長期間の調査を伴う厳しい任務に…。」
「いいから!みんなに危ない真似させたくないんだよぉー!!」
「局長~…。」

で、その本心は?
「局長!」
「お気をつけて!」
「御武運を!」
「全ては妖魔の為に!」
(勿論大嘘である。魔法少女に会える…魔法少女魔法少女魔法少女!)
「そう。御存じの通り僕はばっきばきの魔法少女オタクでありその時の僕を突き動かしていたのはひとえに魔法少女に会える!会える!えるえるえるるるるるるる!
ということだったのだ~。そんな僕を待ち受けていたのは。」

残念、魔法中年男でした。
「僕の夢は死んだ。」
「あんた…仮にも人の母親に向かってオッサンって…。」
「ほら僕が好きなのは魔法少女であって瀕死の中年ではないわけじゃ~ん?さすがの僕にも許せる基準があるっていうか…。やる気を完全に失った僕はニートになった。」
「いきなり社会はドキュメンタリーみたくなったな…。」
「資金が尽きたのだ。」
「魔界も相当ブラックだな!」
「僕は働かざるを得なくなった。気まぐれで始めたマネージャー業だったけどいつの間にか本当に君達のファンになっていた。そしてそんなある日の事…。」
「は~…失敗者には厳しいからな魔界。でも最終オーディションあるから処分は困るし。よし。そのへんの人間攫ってきて…。
そう考えていた矢先のあの出来事だった。」
「興奮したよ!こんな巡り合わせってあるんだねって感動したね!そしてこのチャンスを逃す手はないと思った。」
「ねぇ。今日桃拾君って家には…。」
「もうすぐ帰ってきますけど。」
「後は知っての通り。君は桃拾君を助けるために変身した、やっぱり男だけど…まぁおっさんよりかは。」
「もしもしオオボラ新聞さん?今妖魔と戦ってるってネタを掴んだんですけど…。」
「そしてそのたびに魔法少女が有名になった。大変だったんだよ~。マスコミに現場抑えてもらうよう仕向けるとか。まぁ自分からも何枚かは写真送りつけたりはしたけどね~。そう!つまり桃拾君も妖魔もただの宣伝手段だったんだよ。」
「でも本当に私達を有名にするためだけに…?そんなことのために…。」
「そんなことじゃない。魔法少女かつアイドル!君達こそ僕の最高の夢だ!そして今日みんなの記憶に魔法少女を刻み付けるんだ!人間は飽きっぽいしすぐ忘れるからね~。だからこそ人気がピークの今なんだよ!さぁ。僕を倒してよ。注目が一番集まりやすい今妖魔の親玉を倒すシーンをテレビを通して見せつけることでヒーローになれる。魔法少女オレは後世まで語り継がれるアイドルになるんだ。」
(桜世、だーいすき。)

なんというネタアニメ!
スポンサーサイト
2018/06/15 17:07|魔法少女俺TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1663-333af7a1


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.