FC2ブログ
Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


こみっくがーるず 第10話「みちるばっかり愛されてずるい」

20180608part6.jpg
世間はリア充のためのイベントであるクリスマス。
と、爆乳♥姫子先生こと琉姫のようすが・・・

「かおすちゃーん!小夢ちゃーん!飾りつけ手伝ってくれる?」
「24日になったらみんなでクリスマスパーティーしたいね!」
「パ…パーティー!楽しみです!」
(クリスマスなんて…嫌い。)

シングルベルだから?


「今日何日だっけ…?」
「22日ですよー。」
「年末進行があるとクリスマスどころじゃないですねー。」
「いや…クリスマスは…そういえばるっきーは?」
「なぜか寮の前をずっとうろうろしてて声をかけていいものか…。」
「ねぇ。そこの彼女。」
「は…はい!」
「仕事しなよ。るっきー。」
「つーちゃん!?」
「寮の前でうろうろしてたってクリスマスを一緒に過ごしたい王子様は現れないからね。」
「やめてー!別に彼氏欲しいとかじゃなくて…ただやっぱりこの時期意識しちゃうっていうか仕事柄リサーチみたいな…。」

リア充爆発しろと思いつつ、もしかしたら白馬の王子様が現れるとかという淡い期待してるの?
「るっきーのカップルへの憧れ度と仕事のやる気を表したグラフ。」
「わかりやすい!」
「反比例!」
「やめてってばー!私仕事するから!大丈夫だから!」
「みちるばっかり愛されてずるい~!」

はいサブタイ回収。みちるはマンガのキャラだった。

20180608part7.jpg
ついにはフーラ先輩を頼ってる。
「怖浦先輩~!」
「うんうん。琉姫ちゃんは漫画でたくさん愛を与えてるもんね。その分自分が擦り減っちゃうのは仕方ないと思うよ。」
「怖浦先輩!漫画の事は怖浦先輩が一番わかってくれます!尊敬してます!部屋は気持ち悪いけど!」
「ふふふふ…。」
「ホラーもティーンズラブも本能に訴えかけて楽しませなきゃだから奉仕してる感がすごいよね。」
「楽しいけど時々寂しい…。」
「わかります!」
「少女漫画とかと違って周りにバレたら変な目で見られて余計に孤独になりそう…。」
「わかりますわかります!」「憎しみのエネルギーをペンに乗せて世界中にバラまいて幸せそうな人間全員呪ってしまいたくなるよねぇ!」

祝ってやる!
「すみません。私はそこまでではないです。」
「あら?」

あっさり手の平返された。
「寂しいけど仕事しよう…もう24日になっちゃうし締め切りまで時間ない…。あ…みんなもう寝たの?」
「ハッピーバースデー琉姫ちゃん!」

まさかの誕生日。12/24生まれか!
「今日って24…あ!ほんとだ!」
「クリスマス拒絶しすぎて自分の誕生日も忘れるなんて…。」

クリスマスに誕生日祝ってくれなかった苦い経験あったの?
「イヴ生まれなんて素敵ですね!琉姫さんおめでとうございます!16歳…?」
「16歳!?」
「え!?色川琉姫ちゃん16歳!?」
「昨日は15歳!?」
「24歳くらいじゃなかったっけ…。」
「そこにひっかからないでよ!」

外見と年齢が一致しない二次元キャラとかありすぎるわ!

20180608part8.jpg
「これプレゼント!琉姫ちゃんが好きなキャラの大きいやつ!」
「るっきーいつも疲れてるからマッサージクッション。」
「みんな私の事考えてくれたんだ…私愛されてる!」
「間違えた間違えた間違えた…間違えた間違えた間違えた!そうですよね!プレゼントっていうのはご本人が喜ぶもの!」
「選んでる時はこれしかないという気持ちだったんですが今や反省しかないです!だから私は駄目なんだ~!!」
「かおすちゃんがくれるものならなんでも嬉しいわ!」
「捨ててもいいので…。」
「絶対使う!約束する!」
「プリティプロジェクトの孤高のビューティープリンセスるかにゃんこと姫乃川琉歌のクリスマスライブ衣装にゃっぱれ恋泥棒バージョン。」

あっ?あんだって?
「え?何?」
「プリティプロジェクトの孤高のビューティープリンセスるかにゃんこと姫乃川琉歌のクリスマスライブ衣装にゃっぱれ恋泥棒バージョン。」
「かおすちゃん…。」
「こういうことははきはきとつっかえずに…」


20180608part9.jpg
つまりはコスプレ衣装。ww
「き…きつくない?」
「クリスマス最高です~!」
「琉姫ちゃんかわいいよ!」
「うん。いけてるいけてる。」
「やだ~!もっと褒めて!もっともっと!」
「餓えてるな。愛に。」
「このまま仕事しちゃおっかな~。」
「琉姫さんは恋愛に対する憧れが強いから情熱的な漫画が描けるんですよね~。きっと本気を出したらモテモテなのにわざと自分を追い込んで…かっこいいです琉姫さん!」
「かおすちゃん…そんな風に私を!」
「そうなの!わざと孤独!」
「それでこそ琉姫さん!素敵です!」
「そうなの!もっと褒めて~!」
「孤独の達人!琉姫さん!」

孤独の達人。ww
ぼっちじゃないよソロ充だよ。


20180608part10.jpg
年末の実家帰省。かおすちゃんだけ手違いで実家に帰れない!じゃ、つーちゃんについてく。
「かおす。家に来てもいいけどその代わりこれから起こることにいちいち驚くな。落ち着いてろ。あと小夢には報告するな。いいな?」
「はいぃ~!」

でっかいお屋敷
すごく・・・大きいです・・・
それでもって、メイド付き
つーちゃんはお嬢様キャラだったというすっゲェ~真実

「あば…あばば…。」
「おかえりなさいませ。お嬢様。」
「お帰りなさい私達の天使!」
「マイエンジェル!」
「1年ぶりだ!綺麗になったね天使ちゃん!」
「お父様…お母様…お兄様…お友達も連れてきているので…ほどほどにお願いします…。」
「御学友~!?」
「先程は失礼しました。」
「薫子さんもどうぞ召し上がって下さい。」
「翼のためにフランスから最高級の白トリュフを取り寄せたよ。」
「どうしたの?まるでナイフを使い慣れてないみたい。」
「久しぶり…の大移動で疲れが。」
「そう?いいのよゆっくりで。」
「薫子さんはいろいろと大丈夫?」
「かおす子!」
「そうだ翼。ピアノを弾いてくれないか?薫子さんにも聴いてもらおう。」
「…どうしたの?まるでピアノを弾きなれてないみたいに。」
「久しぶり…の家のピアノで感覚が。」
「そう?いいのよゆっくりで。ところで薫子さんは何か習い事をなさってるのですか?」
「わ…私ダンスを少々!」
「かおす!お嬢様には見えない!」
「コンテンポラリーダンスともまた違うようですが何という先生に師事されたのですか?」
「せ…先生…ですか?それはキューティーアイドルもこにゃんと…。」
「アウトー!!」

20180608part11.jpg
爆乳♥姫子先生こと琉姫さんがチャリで来た。
「お久しぶりです!おじさま!おばさま!」
「るっきー!」
「あら琉姫ちゃんお久しぶり。」
「翼の成績が少し下がったようなのだが寮でちゃんと勉強してるかな?」

寝てるか内職してます。
「ああ…それはですね。うちの学校は応用力を鍛えるために出題パターンを複雑にしてあって点数が取りにくいんですよ。記憶力だけでなく思考力も試されますし。かといってつーちゃ…翼さんの能力が低いわけではないんですよ。私がそのへんも踏まえてきちんとサポートしていきますのでお任せください。」
フォローうますぎるよ。
「琉姫ちゃんがそう言うなら安心ね。」
「うむ。」
(琉姫さんスーパー家庭教師みたいです!)
「寮に入ってどうなる事かと思いましたけどどうやら心配無用のようですね。」
「写真などないのですか?母に寮暮らしの様子を見せてくれませんか?」
「大丈夫よ!そう言われると思って偽装写真を用意してあるわ!」
「頼れるっきー!」
「まぁ!真剣な表情で花冠を。でも表情が険しいのはなぜ?」
「フォトショ技術が微妙だ…!」

雑コラじゃな。
「ちゃんと言いつけを守って暮らしてるようだしよかったわ。」
「言いつけ?」
「漫画ばっかり描いて他の事を疎かにするようなら家に連れ戻そうと思ってたけど。」
「じゃあ薫子さん。琉姫ちゃん。ごゆっくり。」
「大魔王…。」

魔王のモデルはママンだった!
「こんな環境じゃ熱い漫画は描けないから沢山の条件付きで寮に入るのを許してもらった…るっきーが一生懸命説得してくれたから…。るっきーが…るっきーがいて本当に良かった!るっきー大好きだー!!」
かおすちゃん大興奮!

20180608part12.jpg
「あけましておめでとうございます。お父様。お母様。今年もよろしくお願いします。」
「翼さんがだんだん普通におしとやかになってきてる!つ…翼さん…ネームは大丈夫なんですか…?」
「ネーム?ネームって…何?」
「翼お嬢様ー!漫画描かなくていいんですか!?」
「漫画…ああ…別に…私が描かなくても…家で大人しくしてた方がみんな喜ぶし…幸せ。」
「何を言ってるんですか!翼さんは才能があるんですから描かないと駄目ですよ!」
「う~ん…そう?」
「そうだ!翼さんの漫画を楽しみにしてるファンの声が!」
「私の…ファン…暗黒勇者…描かなきゃ…でも体に力が入らない…。」
「漫画描かないとこの写真を小夢ちゃんに送信しちゃいますよ!」

つーちゃんがお嬢様に染まっている。なら脅迫だ!
よかった正気に戻った。んでいつものメンバー初詣。
かおすちゃんが超大凶だ。

「そ…そうだ!絵馬で直接お願い事を…。」
「かおすちゃんの所でインク切れ!」
「あばば…。」
「かおすちゃんお守り買おう!」
「ここのお守り効くんだって!」
「みんなお揃いだね!私のだけ爆発したらどうしよう…。」
「大丈夫だから!」
「不安がるにも程があるよ!」
「みんなにも不幸をうつしそうです…。」


20180608part13.jpg
「あ。みんなおかえり。こっちこっち。」
「私のせいで火事だ~!!」
「焼き芋だ焼き芋。」
「焼き芋大会ですか?」
「そう。かおすちゃんと小夢ちゃんは初めてね。毎年恒例なの。」
「焼き芋するには落ち葉が足りなくないですか?」
「何言ってるの。漫画家なんだから沢山あるでしょ。いらない燃料。」

ボツネームのことかー!
デジタル原稿の場合はどうすんの?

「もったいない…。」
「でも紙って場所取るでしょ?いつかは捨てないと…。」
「琉姫さんも捨てるんですか?」
「まさか。私がネームとかいつまでも取っておくわけないじゃない。」
「済んだ仕事は即処分!人間いつ倒れるかわからないのよ!恥は手元に残さず!」

下手に残しておくとかつての漫研のみたいに図書室から出てくる。
「大丈夫。入稿データは半永久的に残る。」
「るっきーのHな漫画は…末代まで!」
「脳内データも燃やして~!」
「みなさんの漫画への想いが燃え上がるイベント…。」
「怖いよ~…。」
「でもまぁ…燃やすしかないよね。」
「小夢ちゃんの切り替えの早さかっこいいです!」
「焼き芋が美味しく焼けるためならば!」
「そっちに真剣!?」
「かおすちゃん何やってるの!?」
「ごめんなさいごめんなさい!お宝が目の前で燃やされるの見るのやっぱり嫌なんですもうやめてください!そして残りは私にください!」
「困ったわね…それじゃお芋が焼けないわ。」
「それなら私に任せてください…ボツネームの山!」
「すごーい!かおすちゃんいつの間にこんなに…。」
「すごくなんて…投稿時代からの数年分で…あと自己ボツもかなりあるので…。」
「ほんとにいいの?かおすちゃんの頑張りを燃やしちゃって。」
「はい。皆さんの想いきりを見てたら勇気が出ました。過去ばかり気にして頑張った気になっちゃ駄目ですよね。私も前に進まないと!」
(さよならボツネーム。ありがとうボツネーム。)
「このキャラはどうかと。」
「設定自体は悪くないんじゃない?」
「どうしてセリフこんな風にしちゃったんだろ。」
「批評会になってる!!」
「おいし~。」
「かおすちゃんのボツで焼いたお芋おいしいわ。」
「お前は焼き芋のエースだ。」
「ほんとですか?嬉しいです。これがほんとのボツやーきいもー。おいもー。」

本日の没ネタ締めは、没ネームによる焼き芋で終わった。
なんか悲しいね。
スポンサーサイト
2018/06/08 19:20|こみっくがーるずTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1661-51cce087


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.