FC2ブログ
Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


魔法少女俺 第10話「魔法少女☆ストーキング」

20180607part7.jpg
ママンの過去回想という名のパッパとの馴れ初め。
(みなさんこんにちは。私は田中さより14歳。おうし座のB型。朝ごはんは絶対和食派。)
画板は歩き朝食するのにお盆になるのう。
「も~お母さんが白米のおかずにジャム乗せてくるから~。パン派はこの世から塵となって消えればいいのに!あれ?あそこにいるのってもしかして…憧れの卯野君!?」
ヤンキーにカツアゲされてるよ。
【この中に改造人間がいたら僕の所に来なさい!以上!】
宇宙人、未来人、異世界人、超能力者はお呼びでない?


「と、真顔で発言し教室を凍り付かせたエキセントリックな魅力の持ち主なのだ!」
(あ~声かけてみよっかな~。でもお友達と話してるみたいだし…。)
「勇気の妖精さん。どうか私に力を…。」
「呼んだ?」
(間違えて893召喚しちゃったよ…。)
「あ、ちなみにわしこういう者なんやけどな。」
「え!ほんとに妖精さん?そう言われてみるとお顔立ちがキュートなような…。」
「せやろ!」
「お前のラブパゥワーに呼ばれて来たんやけどな。なんや困っとることあんのか?」
「じつは好きな人に声かけられなくて…。」
「あれ絡まれとんちゃうん。」
「こいつ結構頑なだよ。ヨッちゃん!」
「よ~し。」
「ぼ…暴力なんて!いくら友達でも酷いわ!」
「いや友達ちゃうんちゃうん。」
「そうだ妖精さん!あいつらにちょっと教育的制裁加えて来てよ!」
(指詰めるかコンクリか選べおいコラァ!)
「あかんあかん。わしめっちゃ弱いもん。パンチ1発で沈むで。」
「え~この人使えな~い。」
「何この子めちゃめちゃ失礼やな。」
(可能なら私が卯野君を助けたいけど…。でも所詮私はただの非力な乙女。ノコノコ出て行ったところで深夜アニメ顔負けのあーんな行為を強いられるに決まってる!)
(何この子めっちゃ想像力豊か~。ちょー引くわ。)
「あぁ!もし私に魔法が使えたらあいつらに負けない超絶マッチョのメガ剛力になるのに!」
「なれるで。なる?」
「なる!」
「こんな即答されたんわしも初めて~!」
「よく見たらかわいい顔してんじゃん。あぁん?」
「PTA、いや東京都が黙ってられねーくらいの不健全図書に指定されるような行為を強いてやろうか。あぁん?」
「この先が成人向けになるくらいの行為だぜ。あぁん?」
「壁に穴あけっぞ。あぁん?」
「待ちなさい!」
「な…何奴!?」
「通りすがりの者です!!」

ウホッ!いい男…
(…変態だ!)
「いくら友達でも!暴力はいけないと思います!」

暴力解決。アンパンマンという正義の味方だって暴力で解決するもん。
「あ…あなたは…。」
「田中さよりです。」
「田中さよりって…同じクラスの?」
「そう。惚れてもいいよ。」
(これがさきの両親、卯野夫妻の馴れ初めである。)

それでいいのかお前の人生

20180607part8.jpg
(兵衛がもっと怪しい事に気付いた。というわけで今日も兵衛と桃拾ちゃんの動きを調査することにしました。)
「ねぇ。これ前回と同じ展開。」
「奴は必ず動く。その時まで根競べだ!」
「今はもう見かけない刑事ドラマの張り込みシーンだよね。牛乳とアンパン買ってこようか?」
「大丈夫!」

パトレンジャーもやってた。
(まぁ今回もこんな風に見張ってればきっとどこかで怪しげな真の姿を見せるはず…。)
「なんだかんだ…いちゃいちゃしとるだけやないかーい!!」
「あー!お客様ー!」
「うう…探偵家業がこんなに辛いものだったなんて…。」
「お…お客様…?」
「ああ。大丈夫です。持病です。」
「こんなんじゃじっちゃんの名が泣くよ~。」
「さきのおじいさんゲートボール好きの普通のおじいさんでしょ。あ…兄さん達そこの角に入って行ったけど。」
「二人きりになるような場所は注意しないと!」

ラブホラブホ!
BL本みたいな事しちゃうの?

20180607part9.jpg
「そうだ…兵衛を…殺そう。」
「いきなり最終手段に!?」
「いや…私が死ねば私という個の世界は終わりを迎え…。ああ…混乱のあまりよくわからない領域にまで意識を…。」
「ほら見て!」
「あ…な~んだ。そうだよね…。」
「なんか二人の間に子供が…。」
「ふ…二人の間に子供!?さっきの今で!?」
「ほんと落ち着いて…。」
「この子のお母さん知りません?」
「ああ。おばちゃん知らんわー。飴舐める?」
「ただの迷子みたいね。」
「あれ…どこ行くんだろう。」
「おまわりさん呼びに行くとか?」
(う~ん…なんか違うような…。)
「かーらーす。なぜ泣くのー」
(おほ~!またも桃拾王国の領土拡大を!やっぱり桃拾ちゃんの歌には不思議な力があるんだね。もっと今より沢山の人に桃拾ちゃんの歌を聞いて欲しいな。)
「だよね~。」

尾行がバレたよ。
「ちょ!な…な…!」
「あれ?もしかして気付かれてないと思った?」
「ストーカーごっこも大概にしないととっ捕まるよ。あとそれから俺が桃拾に近付くたびに般若みたいな顔すんの超うけたよ。超ぶっさいく!」
(こいつ…心臓抉りてぇ…。)
「あの…。」
「後でね。今は桃拾が歌ってるから。桃拾ってさ。ほんとに人間なのかな。」
「はぁ?」
「いやだってさ。おかしいでしょあれは。一種の超能力だよ。疑いたくもなるっしょ。本人もなんかぼや~っとしてるしさ。俺の予想としてはあれだね。多分変な精霊かドワーフかなんかだねあれは。芸能界に入れたのだってあいつの歌のすごさをみんなに分からせたかったからだし。うちの子すごくない!?って。」
「あ~…そうなんすか…結構親バカ気質あんなこの人…。」
「いい歌、だよね。桃拾の歌。」
「はい…。確かに桃拾ちゃんは浮世離れしてるっていうかUMAみたいなとこあるけど…桃拾ちゃんの歌がみんなを惹き付けるのは桃拾ちゃんが純粋な人だからだと思います。」
「そうだね。俺もそういうとこが気に入ってる…。」
「だからですか?妖魔が桃拾ちゃんを狙う理由。魔界へ連れ去ろうとする理由。今度は私があなたに聞きます!兵衛さん…あなたは本当に…あなたは本当に人間なんですか!?」
「フフフ…なんだ。」

単刀直入についに聞いた。

20180607part10.jpg
「ただいま~。あ~結局モロキュアには間に合わなかった…録画で我慢するか~…。ん?さてはまた喧嘩してるな…こら!あ~もうお前達はすぐそうやって!」
マネージャーの家族(ペット?)がとんでもない。黒幕はこいつか!
「これ!やめなさい!…や~め~な~さーい!
まったく…さきちゃんと桜世ちゃんの仲の良さを見習ってほしいよ~。
ん?何?あっそう。そっか、エンディングも間近ってことか。」

エンディング、即ち、もうすぐ1クール経とうとしている。
「マネージャーが黒幕!?」
「そ。事務所も一緒だし桃拾のスケジュール把握するためにいろいろしてたみたいだね。はい。これ盗聴器。こないだ桃拾の鞄から見つけた。」
「いや…えぇ~!?じゃあ数分前のこの意味ありげな引き顔には何の意味が?人間じゃないかもね~みたいなこと言ってたやないの~…。」
「ああそうだ。君達の妖精呼んでくれる?」
「え!?コ…ココロちゃん…。」
「ああ!?なんやねん!わしなこれからフェフレとスイーツバイキング…。」
「よ。」
「コ…ココロちゃん!?どうしたの一体…。」
「ついにバイブ機能まで会得したの!?」
「お前らもはよ大地に接吻かまさんかーい!!」

控えおろう。頭が高い。
「このお方は次期妖精王様やぞー!!」
「じゃあ王子様ってこと!?」
「いやそこつっこむんじゃなくて…。」

いずれにしても人間じゃなかった。
「オッス。オラ桜世。どんな時も私とさきは一緒にいたね。だけど…さよなら。次回魔法少女☆最終決戦。絶対見てくれよな。」
スポンサーサイト
2018/06/08 04:09|魔法少女俺TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1659-bc11b361


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.