Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


魔法少女サイト 第9話「神は僕を見離さない」

20180602.jpg
クソ兄貴とにじみん。だが、
急遽作られたライダーシステムにより俺の体(言語中枢)がボドボドになってしまったギャレンこと橘さんが放ったオンドゥル語「パンツハワタサン!」

「さすが国民的アイドル。すごい所に住んでいるね。でも寂しくないのかい?こんな広い部屋で1人暮らしなんて。」
「あっ…アイドルの時はファンの方達をステッキで操ってお手伝いしてもらっていたので…。」
「へえ~。君もなかなかやるね。ふっ。悪い子だ。」
(はう~!)
「そそ…それはそうとお兄様。やっぱりお兄様だったんですね私のパン…あっ…ステッキを取り戻してくれたのは。」
「このパンツすごくいいな。」
「えっ?」
「おすわり。にじみん。君と出会えたこの運命に心から感謝するよ。こんな素晴らしいものを手に入れることができたんだからね!」

アイドルの使用済み下着を着用し続けているド変態兄貴。ww


「お兄…様?」
「ごめんねぇ~。はいちゃった。」

安心してください!はいてますよ!
「うそ…やだどうして…だってお兄様は私のために…。」
「はあ?何を言ってるんだ?もうこれは僕のものだ。」
「あっ!わ…分かった。お兄様は私の寿命を減らさないために私の代わりにはいてくださっているのですよね?」
「寿命?ほう。そういうシステムなのか。いいことを聞いたな。」
「あ…れ?」
「君はもう用済みだ。」
「嫌!嘘…嘘…嫌です!そんな…お兄様!やめてください!お願いです!なんでもしますから!なんでもしますからー!!」

今何でもすると言ったな!?なら薄い本みたいな事してやるよ。
「無理。さあ縄を手に取って君にはそれで首を吊ってもら…。」
なんでR18的な事要求しないと、自殺を要求すんだよ!まさに外道。
急にクソ兄貴にラリアット飛んできた!

「今までいろんなクズに出会ったけどあんたはその中でも断トツの…クズよ!」
「きひひ…なるほど。そいつが身体能力を増強させるステッキの持ち主か~。にじみん君がお喋りで助かったよ。それにそいつのその目…対象を意識操作するステッキの持ち主に操られているな?いや君のお仲間は実に興味深い。だが僕にはこれがある。大人しく術者の下へ戻りその手で操っている者を…。」

セリフを最後まで言わせずに男女平等パンチ。

20180602part2.jpg
クソ兄貴は頭だけは良い才能の無駄遣い。
「残念だったな…対策を取っておいて正解だったよ。そのガキにはあらかじめ暗示をかけてある…。ああ~痛ぇ~。こりゃ骨いってるなぁ。お前ら無能と違って僕は2歩3歩4歩先まで見据えている。それが天才と凡才の違いだよ。さあおままごとは終わりだ。その手で術者を殺してこい。」
「まずい!私の魔法が上書きされた!」
「上書き!?そんなことが…。」
「待って!かすかにあさひちゃんの意識が…来る!みかり逃げて!」
「クズはお前だよバ~カ!」
「き…清春ー!」
「えっ…何よこれ…。」

貴重な男の娘が!うわあああ
「くっそ足が。しかも顔面の損傷が激しい…。こうなったからにはやはりあれが必要だぁ…。」
次は自傷行為で傷を治すステッキを狙うか!?

20180602part3.jpg
「にじみんのステッキを奪いあさひちゃんを操って清春ちゃんを殺そうとしたのは私のお兄ちゃんなの。」
「ってなんで朝霧の兄貴が出てくるんだよ!」
「見て…しまったの。バスに乗る少し前海岸で…にじみんのステッキを使うお兄ちゃんの姿を…。」

アイドルのパンツ直穿きする変態兄貴の図。ww
それは非常に嫌なものを見てしまったね。

「てめぇ…知ってたんならなんで言わなかったんだよ!」
「そうですわよ!もし知っていたらこんなことには…。」
「言わなかったんじゃないわ。言えなかったのよ…問題の原因が自分の兄だったなんて…。」

こんな変態が自分の兄だなんて思われたくなかったんだよ!

20180602part5.jpg
兄貴が急にログインしてくるよ。
「ばぁ。おすわり。」
「バ…バカな…。」
「動けない…。」
「んん~。いや~本当にいいものを手に入れた。お前のおかげだよ。彩。」
「お兄ちゃん…絶対許さない!」
「おいおい…なんて顔でお兄ちゃんを見てんだよ!」

久々に妹をサンドバックにした。やめて女の子の日が来なくなっちゃう。
「おやおやこれは…。」
「貴様!」
「ふむ…これが斬ったものを硬化させるステッキか。にじみん。他のステッキも全て回収しろ。」
「はい。」
(にじみん聞こえる?私よ。よかった。どうやら魔法の上書きができたみたいね。)
(清春…ちゃん?)
(そう。そのまま動かず黙って聞いて。)
(こいつ…直接脳内に…!)
(私達はステッキの力で動けない。今あのクソ兄貴を止められるのはにじみんだけなの。お願い。どうにか不意をついてあいつを仕留めて…。)
(そうだ…私…。お兄様に…騙されて!)
(にじみん落ち着いて!チャンスを待つの!このまま操られたふりをして…。)
(私のせいで…みんなをこんな目に…。)
「殺す!!」

にじみんバーサク化
(駄目!にじみん今は…。)
「うあぁー!!」
「ああ。びっくりさせるから斬っちゃったよ。触んな。汚ぇな。」

まほいくで見た死ぬ前の走馬燈。
【幼い頃から私は人前に立つことが好きだった。私が笑えばみんなも笑顔になってくれる。それが何より嬉しかった。だから憧れた。笑顔でみんなを幸せにするそんな存在に。その日私はアイドルになることを決めた。】
「虹海ならきっと受かるって。大丈夫!」
「そう…かな?」
「うん。だけどおこになるとすぐ周りが見えなくなっちゃう所は直さないとね。」
【大切な親友も応援してくれた。夢は膨らんだ。だけどもうその時…。】
「ったく借りた金も返さずあの世にトンズラたぁ。こうなったら奥さん。あんたが体で稼ぐか?それとも娘さんに…なんなら二人で稼ぐってのも…。」
「うあぁー!!」
「何すんじゃこのガキ!」
「よく見ろ!あれが人様に借りを作ってへらへら生きてきた人間の成れの果てだ。ず~っと笑顔でいられるほど人生甘かねぇんだよ!」
【私は…この不幸を終わらせたかった。だから私は…アイドルになった。そして魔法の力であの日をリセットした。お父さんの死に関して家族の記憶を書き換えた。だけど…ごめんねみかどちゃん。私またおこになって失敗しちゃった。でもね。こいつは…。】
(こ…声が…!このクソゴミアイドルがぁー!!)
「やだ…にじみん…嫌…。」
「嘘だろ…?」
「穴沢…。」
(にじみんの意識が消えた…。)

きれいな顔してるだろ?死んでるんだぜそれ。
にじみんまさかの退場。怒るとバーサク化するの死ぬまで直らなかったな。

「そんな…そんなことって…ひどすぎる…。」
(よくも…よくも!僕をこんな目に遭わせやがって!ちくしょう~!!だだだ…大丈夫だ。落ち着け僕!まだだ。あれさえつかめば…そうだ!神が僕を見離したことは一度たりともない!)
「お兄ちゃんお願いだからもうやめて!こんなことしても誰も幸せにならない!」
(黙れクソガキィ!!兄に向かってこのブス妹がぁ!!お前はお仕置きが足りねぇようだからあとでじっくりいたぶってやるから待ってろ!!へへへぇ~。僕は選ばれた人間なんだ~いやこの僕こそが神そのものだ~!掴んだ~!へっ?な…何かに踏まれている。足か?いや何も見え…。)

兄貴が消えた!?はたまた拉致られた!?
管理人の仕業か!?

【私はみんなの笑顔を見るのが一番の幸せ。だからアイドルになった。アイドルになって大切な人を…ううん。もっともっとたくさんの人を笑顔にできた。この手で抱えきれないほどの笑顔をもらったよ。だからね。私は…。】
にじみ~ん。うわ~ん!
それにしてもクソ兄貴は絶対死んでねえな。権力手に入れると自分が神になったつもりで滅茶苦茶しやがる。まるでゴクウブラックことザマスを見ているかのようだ。
スポンサーサイト
2018/06/02 21:32|魔法少女サイトTB:1CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
魔法少女サイト #9 『神は僕を見離さない。』
にじみんが奴隷にされたと知って、極道の娘の 憐賀紗雪の家に避難する魔法少女の面々。 やはり、ここは阿漕な輩にとっては禁断の地。 なので、恐らく安心ですね。 悪魔の奴隷になってしまった元アイドルの 穴沢虹海は、神を鹹る悪魔に、ぞっこんなのね、 しかし、悪魔は穴沢虹海の前で正体(変態)を表した! なんと! きもいです。 き...
奥深くの密林 2018/06/03(日) 10:28

トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1656-8c35fae5


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.