Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


魔法少女俺 第9話「魔法少女☆また増えた」

20180530.jpg
魔法熟女じゃなくて魔法少女がまた増えるん?
いいえ、スカウトマンという名の詐欺師でした。契約書はちゃんと読みましょう。

「今日は本当にありがとうございました!」
「な~!なんでまた客が減ってんのよ!有り得ない!よーしわかった天気のせいねはい論破OK!」
「でも確かに事務所からも数字落ちてるってちくちく言われてるしなぁ。下からの突き上げもあるし。」
「ふーんだ。聞こえなーい。」
「みっちーは前向きだね。」
「自分のやりたいこと諦めんのが大嫌いなの!」
「次のライブ…白紙になったって聞いてる?」
「はぁ!?何それ!」
「次の新曲リリースのタイミングに合せたいって言ってたけど…。」
「ぜってー嘘。」
「だよね…。」



「解散引退イベント開いて一儲けすればしばらくはそれで食ってけるかな。」
「あーやめろやめろ縁起でもない!あたしはアイドル!誰が何と言おうと一生アイドルなの!」
「そうだねー。未散はアイドルだね。」
「そんなに熱くならなくても。」
「合同握手会なのに結局あいつらだけがおいしいとこ取りじゃん。」
「まぁ勢いあるうちは何やっても許されるしね~。」
「いいのそれで!?」
「私達だって通ってきた道だしね~。」
「ぐ…。」
「思い当たるでしょ?」
「あたしらは実力で許されて来たのよ!」
「あ~違う違う違う!こいつらは敵!商売敵!誰があんたなんか…。」

詐欺臭い勧誘来た。マスコットの名はハッピー。顔と一致しないでゲソ。
「ごめんね~ちょっといいかな?」
「いや駄目っす。」
「今日は素敵なスカウトのお話なんだけど?」
「あーもううちら別のとこ所属してるんで。」
「うち歩合いいよ?」
「お水関係のとこNGっすから。」
「いやいや。うち魔法少女のスカウトなんで。」
「え~!?」
「いや~これから忙しくなりますよ。今魔法少女業界は空前の世代交代シーズン。前の世代の方々がバンバン引退して空きエリアが増えてんす。その人手を増やそうったってそう簡単にいかないのが難しい所。生まれた時から魔法少女になれる人となれない人がいますから。あなた達は選ばれた人だ。」
(え~嘘!こんなんで引っかかっちゃうの未散!?うわちょろ!単純!めちゃくちゃにかわいい…。)
「うちら事務所入ってるからバイトは無理じゃ…。」
「他業種だから問題なしなし大な~し。なんなら二人で法人登録して契約しちゃいます?その方が支払い的にもはっきりするし。じゃあ名前だけ書いちゃおっか。とりあえず。とりあえずだから。別に駄目だったらいいの。ね?名前だけ。」

とりあえず名前だけって。安易に契約書にサインしちゃいけないよ。

20180530part2.jpg
女性がレーイプされようとしている中、魔法少女参上だっぺよ。
「翼を捥がれた堕天使は今ここに再誕を迎える。」
「え~…あ~…ジハードを生き抜きエリュシオンへと辿り着いたプリンシパリティズ…。」
「復活のリチュアル!オープンザゲート!我らPRISMA!ただいま参上!」

自分らから正体バラしてどうするよ。
「く~!決まった~!」
「昨日やたら真剣な顔してると思ったら…もしかして夜通しこの口上考えてたの?」
「目立つ!それが魔法少女最重要の項目よ。」
「我らPRISMA!以後お見知りおきを!」
「あ…ありがとうございました~!」
「あ、SNSで拡散よろしく~。」
「お疲れちゃ~ん。」
「うわなにその姿気持ち悪…。」
「気持ち悪くないよ。」

ゆっくりしていってね。
「ハッピーちゃんもうすこし戦い方なんとかならないの?」
「ステゴロで不良共倒すってヤンキー漫画と変わらないし~。」
「昔からまぁこんなもんだよ。」
「魔法少女なんだから魔法使うと思ってた。」
「あいつらも見えない所で苦労してたんだな~。」
「何考えてる?」
「べ…別に何でもないから!」
(明らかになんでもある顔!ばっかもう宇宙一かわいいな!)


20180530part3.jpg
順調に魔法少女やってるように見えたが、やはり契約書が狡猾にできていた。やっぱ安易にサインしちゃダメよ。
「あ~…気付いてたか。」
「気付くわんなもん!なんで!?なんであたしだけ老けてきてんの!?」
(いやぁ…みっちーの老け男姿も最高ですから!)
「何~?どうかした?」
「どうもこうもねぇよ!この状況を説明しろ!」
「あ~れあれあれ?契約書読んだよね?ほらここ。」
「うわ文字ちっちゃ…。」
「今回未散さんは特別キャンペーンでお得なコース選んでもらったんだけど。ラゥブパゥワー2倍パックセールっていう変身するためにパゥワーが通常の半分でOKなんだけどその分ちょこっと魔法少女の寿命が若干短かったり…。」
「なんだそれー!!」
「仕方ないよ~未散さんラゥブパゥワー足らないし。」
「やだ~!もうやだ~!やめる!魔法少女やめる~!!」
「そうは言ってもここにちゃんとサインしてんだろ?あと母印も実印も。単なる紙っぺらかもしれないけど大人の世界からすれば曲げる事の出来ない紙っぺらなんだよ。」
「な…なんですと…。」
「クーリングオフとかないんですよね…。」
「おたくらプロってことで!事業者としての契約してるよね?適用されないんだよね~そういうの。」

「いやいや妖魔が来たって!注目されるチャ~ンス!」
「翼を捥がれた堕天使は今ここに再誕を迎える!」
「え~…あ~…ジハードを生き抜きエリュシオンへと辿り着いたプリンシパリティズ…。」
「復活のリチュアル!オープンザゲート!我らPRISMA!ただいま参上…。」

老けてるよ!ww
髪の毛脱色。

「何あれ?」
「モノマネ芸人?」
「そんなことより今はあの化物が…。」
「くそ!老人に優しくしろヤング共~!
くそ…無様すぎる…好きな人の前で美しい姿のままいられないなんて…。」
(最初は見てくれからだったけどそれが憧れに…そしてそれが…)
「愛へと確変連チャン大当たり中~!なのに~!」

20180530part4.jpg
諦めんなよ!諦めんなよ、お前!!どうしてそこでやめるんだ、そこで!!もう少し頑張ってみろよ!ダメダメダメ!諦めたら!周りのこと思えよ、応援してる人たちのこと思ってみろって!あともうちょっとのところなんだから!
「私は…桃拾ちゃんが好きだ~!!」
「私はさきが好き~!!
「あ…あたしは!あたしは俺さんが好き!」
「私は未散が好き!」
「え…それこそ聞いてない…。」
「いや…言ってねーし…。」
「あ…でも…いや…はぁ…。」
「今までの態度とか!ねっとりとした目つきとかでわかるでしょーが!」
「なんだこの女…。」
「え…じゃあ龍可のラブパゥワーの源ってもしかして…あたし…?」
「皆まで言うな!今ここではっきり言わせて頂戴…未散…愛してる!」
「よーし!心の準備も整ったってことで!妖魔が大きくなる前に倒そう!」
「ラブパワー!アルティメットサイクロンデンジャラスモード!」
「愛があれば!」「愛があれば!」「愛こそあれば!」「愛ゆえに!」「アターック!!」

勝った。愛に勝るものなし。
「お前わしのショバで何さらしとんじゃ!」
「いやその…勝手なことして申し訳ございません!」
「違法契約ぎりぎりっつーかかなりグレーな活動しとるみたいやのぅ。この落とし前どないつけるんじゃワレェ!」
「あの…その…尊敬するココロさんに少しでも近づきたくて!すいませんでした!」
「ツラ上げぇや。」
「あぁ…兄さん!」
「ハッピー…。」
「ここにそないなオチいらんねや!」

不良初音(パンダもやってた。)のヤクザキック!
「ココロちゃんさんこわーい。」
「結構正義感強いのね。」
「いい気味だわ。」
「で…この姿はこのままってこと?」

老けた上にガングロ化。ww
次変身したら死亡フラグですか?
スポンサーサイト
2018/05/30 16:20|魔法少女俺TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1654-632389c6


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.