FC2ブログ
Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


こみっくがーるず 第8話「わんにゃんにゃんわんまつり」

20180526part7.jpg
いつも締めに来るボツが最初から入った。
「今回はいいネームが描けたような気がします!」
「ボツですね。」
「え?」
「そもそも女子高生の描き分けができてないですしそれ以前に女子高生っぽくないというか。」

キャラの描き分けできておらず、みんな同じ顔だ。髪型で見分けを付ければいいの?
「あばばば!」
「かおす先生!」
「と…とんだ勘違いをしてました…今回はいいネームが描けたような気がして…すみませんごめんなさい。本当…すみませんでしたと…。」

泣き落とし成功?
「少し…言いすぎましたかね。」
かつての竜千士氷(こち亀の週刊サファイアのイケメン担当編集)だって、女の作家さんには思いきり気を遣っていましたな。逆に男のはラーメンにコロッケでも入れてやれば十分と雑に扱っておった。


20180526part8.jpg
かおすのソウルジェムが黒くなっとる。
「みんなと出会って…楽しく漫画が描けるようになった気がして…でも…結果はずっと同じで…誰にも…編沢さんにも必要とされてないんじゃと思うと…私…。これじゃあ漫画家じゃなくて恥製造機!私そのものが生き恥~!」
「辛い時期ね…でも描かなきゃ。描き続けたら絶対かおすちゃんの良さ、わかってくれる人が現れるから!それに…漫画家なんてみーんな何かしら恥晒して生きてるー。みんな生き恥ーみんな一緒ー。」

TL作家こと爆乳♥姫子先生は語る。ww
「琉姫さん目が死んでます!」
「でも私も妄想で恋愛漫画描いてるから知り合いに読まれるとすごく恥ずかしい~。」
「私も…デビュー作見ると下手で震える…。」

だからマンガと現実は比較せんでよろし。ロリっ子だって、キャラクターとしては魅力的でもリアルのはそうでもない。逆に声かけ事案とかあるから下手に手出せんわ!

20180526part9.jpg
「みんな生き恥!みんな一緒!」
「もう大丈夫です!頑張ります!」
「とりあえずできる限り主人公になり切って描いてみたら?」
「なるほど…ではまず主人公と同じ髪形にしてみます。」
「やっぱりどうしてもこちら側がクロスしちゃいます。利き手じゃない方…。」

ゆのっちだ。
「主人公になり切るのが難しいならファンの事想って描いてみたら?私も虹野先生がファンだと知って辛い時は先生が原稿待っててくれると思って頑張るようにしてる。」
「私…ファン一人もいないです!」

それはタブーであったか!
「デ…デビュー作のアンケートビリで…応援メッセージも全然来なくて…1通だけ来たと思ったらお母さんで…。」
これは非常に悲しい。
「すみません…もうすぐテストですよね…みんなそろそろ勉強しないと…。」
「私は全然大丈夫ですから…。」
「全然大丈夫そうじゃない!」
「小夢ちゃん…暗い空気蔓延させてたらごめんなさい…勉強するにも気が散りますよね…。」
「ん?大丈夫だよかおすちゃん。私勉強はしないから!」
「潔い!」

勉強しないのは追試の方が楽だから?
「それより漫画の話してやる気出そ!これね。今度描く漫画のキャラなんだけど~。」
「IQ500…ノーベルなんとかしょうゆうしょう…?」
「うん!学校一の秀才の先輩との恋なの。」
「既におかしい!」
「でね。英語で迫られちゃうんだけど…ドキドキしちゃうよね~。」
「小夢ちゃん先輩全然頭良さそうに見えません!」
「え!嘘!?でも大丈夫。ここからがすごいんだよ~。さらに頭がいい先生キャラが出てきて三角関係に!」
「変わらない…顔も同じです…。」
「とりあえず範囲が広い歴史からやりましょう。」
「かける…イコール…かける…イコール…。」
「何の計算をしてるんですか…?」
「はっ!私のピン!?そのピンを見てると数学の気分になるよ~。」

ヲタ恋見てたせいでBLのカップリングだと思ったじゃなイカ!
「す…すみません!でも今は歴史に集中しましょう!じゃあ問題です!1221年何があったでしょう!」
承久の乱のことかー!
「1221…わんにゃん…わんにゃんにゃんわん祭り。」
「わんにゃんにゃんわん祭り!?」
「わんにゃんにゃんわん祭り!」
「わんにゃんにゃんわん祭り!」

サブタイ回収!ww
ナゴヤドームでわんにゃんドームという催し物がありましたな。

「琉姫さん翼さん!勉強の仕方が分かりません!」
「助けて~。」

勉強したけりゃまずは環境変えろや!片付けメンドイのなら図書館行ってやれ!
「そこ間違えてる。また同じとこ。かおすちゃんはそこが弱点ね。小夢ちゃんは…基本から何も覚えてないわね!?授業中おやつのこととかつーちゃんのこととか考えてたんでしょ。」
「琉姫さんにはすべて見透かされてる気が…恥ずかしい。」
「琉姫ちゃんのえっち!」
「言いがかり!」
「うん。だいぶ解けるようになったわね。かおすちゃんはやればできるのね~。」
「お勉強中学までは得意でした!」
「ああ。漫画描き始めたから駄目になったパターンね。つーちゃんもそうだし。」
「私の場合肝心の漫画はぐだぐだですが…。」
「あーまたかおすちゃんが!ごめんかおすちゃん!漫画の事は一旦忘れてさぁ続きやりましょ…って二人とも集中力切れてる!つーちゃん!」
「ふはははー!暗黒勇者は不死身だー!ざしゅ!ざしゅ!」
「全然勉強する気ないわね。」

テスト前はゲーム・マンガ・アニメ一切禁止くらいにしないと集中力なんて続くわけない。(管理人の経験談)

20180526part10.jpg
つーちゃん曰く、必殺技のようにポーズをつけると覚えやすい。
「あれ?これ何のポーズだっけ?」
「恋塚さん?何してるの?」


20180526part11.jpg
Bパートは珍しい大人組(学校の先生・寮母さん・かおすの担当編集さん)のターン。
この3人には漫研仲間だったという共通点があった。

「かんぱ~い。お疲れ様~。」
「ぷは~。テスト終わってやっとゆっくりできるわ~。」
「私も雑誌校了したので今日は自由です。」
「私も猫と遊んだり女の子とお喋りしたりいろいろ大変。」
「あなたほんとに人生楽しそうですね…。」
「楽しいわよ~。漫画家寮の寮母さん。」
「私あの子達が載ってる雑誌買っちゃった!」
「みはるんはほんとミーハーね~。」
「だってプロの漫画家さんってすごいもん!」
「そうよね。ただうまいだけでもやれないし自信とか折れない心とか。みんな偉いね。」
「私…ほんとはかおす先生の事もっと褒めてあげたいんです~…。」
「褒めてあげればいいんじゃない?」
「褒めてどうするんですかつまらないのに!」

つまり褒める要素がないと…。
「私は嘘がつけないんです…今日もボロクソに言ってしまいました…かおす先生は将来性は感じるけど今は全然駄目!このままいくと漫画家落第ですよ~とか…私のせいで漫画家やめてしまったらどうしよう…うう~…かおす先生~!かおす先生~!」
「ネガティブなとこ似てるわ。」
「昔からそうだったわよね~。」
「10年前は私達も漫画ばっか描いてたわよね。楽しかったなぁ。」
「いろいろ黒歴史もありますけど…。」
「あんまり思い出したくないことも…。」
「そう言うと思って漫研の合同誌持ってきたのよ。」
「この人は…!」

JK時代の回想入るよ。
「懐かしいよね~。」
「やっぱり表紙の女の子がいちゃいちゃしてる感じがいいよね。」
「何言ってるの!男の子同士の方がみんな喜ぶわよ!」
「先輩達…それじゃみんな手に取りづらいでしょ。」
「表紙は私が描きます。私の絵は老若男女に好まれる愛らしさがありますから!」
「そうして出来上がった表紙がこれだったわね~。」
「わ~!!すみませんでした!!」
「まゆの漫画面白い。」

これは担当編集さんのメンツにかけてかおすに見せられない。
「本人の意図しない所で笑えるよね~。」
それ即ち、作画崩壊!
「下手ですいませんもうやめてください。」
「あれ?なんかかおすちゃんの漫画と似てる?」
「確かに…。」
「さすがに私の方が上手いです!」

目糞鼻糞
(プライドだけは似てないわね…。)
「まぁかおすちゃんは大丈夫よ。だっていい仲間に囲まれてるもの。あの頃の私達みたいに。漫画…続けてくれればいいんですが。」
「私達結局描くのをやめちゃったものね。」
「ねー。あはは。」
「笑いごとじゃないですって!」
「だからね。寮の取り壊しが心配で。」
「え!決定なんですか?」
「そうみたい。」

今さらりとすごい事言ったな。最終回のネタになるの?
「いずれは、とは聞いてましたが…いつなんですか?」
「それが…年明けから春までにはって話なのよね。あの子達ばらばらになって大丈夫かしら。特にかおすちゃんが…。」
「そうだ!折角だしうちで飲む?」
「そういえば莉々香先輩の家って寮の中でしたよね。見てみたい気が…。」
「でも教え子が同じ敷地内というか建物にいたら酔えないよ~!」
「誰だっけ?教え子のいる建物内で酔えないって言ってたの。」
「だって居心地よすぎ~。」
「莉々香先輩嫁スキル高すぎます~。」
「やった!」
「なんか結婚できなくても莉々香に一生面倒みてもらえれば幸せかも~。」
「え!」
「いぇ~い。お願い約束~。」
「約束…。」
「撤回しといた方がいいですよ~。莉々香先輩いくら飲んでも記憶ははっきりしてるから…。」
「ていうかみはるん化粧崩れてる。顔洗いな。」
「あ~すっきりした~。」
「すっぴん若!」
「家出少女が現れたわ。」
「なんだよ~気にしてるんだから言うな~。」
「え~。羨ましいよ童顔。」
「就職してから大人っぽくなったと思ったけど先生らしく見えるようお化粧頑張ってたんだね。」
「うるさい!莉々香部屋着貸して!」
「そこ出しといたよ。」

20180526part13.jpg
「で制服~?」
違和感なし。現役で通用しますな。
「まぁいいや。」
「いいのか。」
「大分飲んでるからね~。」

これは教え子と鉢合わせパターンじゃな。
20180526part12.jpg
この見えそで見えない先生の足エロス!
「漫画読ませて~。」
「その棚うちの寮の子達のコミックスよ。」
「すご~い。どれどれ~どれが誰~。」
「あ!ウイング・V先生のサイン本!お仕事場どんな感じなんだろう…生のペン入れ見てみたいな~…。サインほし~。」
「迷惑ですよ。」
「翼ちゃんなら優しいからOKしてくれると思うけど。」
「本当…?魔王対ブラックきゅんのイチャラブからみイラストとか頼んだら描いてくれるかな~。」
「やめろ!明日死にたくなりますよ!」

急につーちゃんログイン。
「すみません。トーン切らしちゃって…。」
「わ~!神降臨!神降臨!ありがとうございます!ど~しよやばい~!あ!肩にトーンカスついてる!ブラックきゅんの…ブラックきゅんのマントのですか!?」
「どーどー。」
「トーンなら倉庫にあるはずよ。」
「誰ですかあれ?親戚の子?」
「わからないなら忘れてあげて。」

あえて気づいていないフリをする大人な対応?
「すごいやばいよ~。まゆたのし~。」
「もう落ち着いてくださいよ…。」

フーラ先輩まさかの再登場。
「あ~の~。ネームのアイデア…どっちが怖いか聞いてほしくて!」
「りーちゃん。カッターで指切っちゃった。ばんそうこうある?あれ?怖浦先輩?その人は?」
「なんだかんだ忙しいんですね寮母さんって。」
「今日は週末だから特にみんな夜更かしね~。」
「かおす先生もこの部屋に来たりしますか?」
「かおすちゃんはたまにお腹冷やして眠れないとかって。」
「漫画関係ねぇ!」
「あの子はこんな刺激的で恵まれた環境に身を置いて一体何を学んでいるのやら…。きっと今頃深夜アニメとか見て現実逃避してる頃合いだろうけど…。」
「どこ行くの~。」
「折角来たのでかおす先生に喝入れたる!」
「かおすちゃんかおすちゃんはじまったよ。かおすちゃんの好きなアニメ。」
「おぉ~!今回予告見るに神回で楽しみにしてたんです~。で、でもボツネームばかり描いてるような今アニメ見て楽しんでたりしたら一生ネームが通らない呪いがかかってしまう…。」
「大丈夫大丈夫。」
「けどこの間送ったのよりつまらなくなってるような…考え過ぎてわからなくなってきました!」
「そんな時はにこにことおやつだと思うな~。」

ライン着信あり
「編沢さんから?」
【かおすせんせいのようなネーム力の低い作家は良い作品を1つでも多く見て吸収し続けることで、アイデアが生まれると思います。思い詰めてばかりだとアイデアは貧困になるばかりなので、上手に息抜きしてください。】
「まるで傍で見てるかのような的確なアドバイス!」

だって側で見てるんだもん。
「編集さんってすごいね!」
「どうだった~?かおす先生に喝入れたの~?」
「珍しくかおすちゃんに優しくしてあげたね。」
「あれが今の精一杯です…。かおす先生に…漫画…やめないでほしいから…。毎回ボツくらうたびに目に涙いっぱい浮かべて死にそうなくらい震えて…それでも…何日かしたらぷるぷるしながらまた次のネームを持ってくるんです…。これはすごいことですよ!わかりますか!?アンケビリで…応援してくれるファン一人もいなくて…それでも次回作描こうと思えますか普通!?かおす先生は…本当は強い子なんです…。」

ライン着信あり
【編沢さん、メールありがとうございます。そして、いつも酷いネームを最後まで読んで下さりありがとうございます。来週までにもっと良いネームを送りますので…頑張ります。】
「かおす先生…よし…。もしも…かおす先生!ハードル上げたからには面白くしないと許しませんからね!はぁ…かおす先生ほんとに真面目でいい子だな…。」
「それ本人に言ってあげればいいのに。」

将来性を期待しているから獅子のように千尋の谷に落としているんだよ。つまりは本人も辛い心を鬼にしているといういい話。

20180526part14.jpg
んでCパート。いつものボツ締めがあった。
「かおす先生。テストはどうでしたか?」
「な…なんとか赤点は免れました。こ…これで漫画に集中できるのでが…頑張ります!」
「お願いします。それで今回のネームですが、いつも厳しい事ばかり言ってる気がするので今回は趣向を変えてテスト風に採点してみました!」

29点 コメント:意味不明
「赤点だ~!!」
つまりはいつも通りボツと言う酷評。
スポンサーサイト
2018/05/26 19:45|こみっくがーるずTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1650-bd6f08d7


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.