Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


ヲタクに恋は難しい 第7「ネトゲと、それぞれの夜」

20180526.jpg
ネトゲらしき描写からはじまた。
「最近だいぶレベルが上がってきたな。この辺りのエネミーなら一撃で倒せるようになったし。しゃあ!バシバシいくぞ!」
「インしました!先輩どこにいます?」
「森林エリア入ってすぐのとこだ。」
「あっ、いたいた。」
「んっ?」

あら、かわいい。
女性キャラ優遇されるわけがじゃな。だからネカマもいるのだ。



20180526part2.jpg
「樺倉先輩、お疲れさまで~す。」
「お疲れ。いや職場じゃねーんだから。」
「あっ、つい癖で…。」
「まぁ分かるけどな。」
(可愛い。)
「先輩はソードマンですか。すごく似合ってる。」
(性格出るな~。)
「桃瀬は種族エルフにしたんだな。エルフってことはクラスはサモナーとかか。」
「え~っと、振りが早いのがいいですよね…アサシン。」
「いや…クラスもだけどレベルも結構いかついのな。俺よりやり込んでるよな…。こいつはスルーだな。どうせドロップも少ねーし。」

ガチ勢というやつだな。
「マネー!おっ!先輩!こっちに薬草いっぱいありますぜ!ハハハハハ!」
通った跡には草木1本残りません。

20180526part3.jpg
「花ちゃん!アバターもエロカッコイイよ!スクショ撮ろう!」
「お前、それ課金コスチュームじゃ…。」
「大丈夫よ。無課金だから。」

無課金⇒無理のない課金とな。勉強になるな。
今の時代課金が当たり前になってるからね。

「ところで二藤は?」
「あっ、さっきチャットが来てました。」
【あとで行く^w^b】
「…だそうです。」
「あいつ真っ先に飛んでくると思ったがな。」
「宏嵩ってネトゲはあんまり好きじゃないらしくて。他人との交流がめんどくさいって。あとネトゲのシステムはソロプレーヤーに優しくないからーだそうです。」
「ぼっちの僻みじゃねーのか?それ?」
「でも何だかんだなるが声掛けると来てくれるんだ?」
「まっゲーヲタだから!」
(二藤のフォロー入れてやりたいが、こればっかりは日頃の行いがなぁ…。)
「レアエネミーだ、タイミング悪いな。」
(俺と桃瀬は近接。後衛が一番レベルの低い小柳一人じゃさすがに厳しいか…。)
「ここは逃げて次のエリアに進むぞ!」
「でも先輩!こんな強敵と戦えるなんてチャンスですよ!」
「金に目が眩んでるぞ桃瀬!」
「ここで逃げるは剣士の名折れ!おらぁぁぁ!」
「お前はアサシンだろ!」
「仕方ない!小柳!お前は後ろでとにかく支援魔法だ!」
「何であんたに指図されなきゃいけないわけ?」
「あぁ!?」

作戦「めいれいさせろ」⇒賢さ足りない
ゲームによっては好感度低いと勝手に命令無視するのもありますな。

20180526part4.jpg
「だいたいあんたはいっつも上から目線なのよ!」
「お前こそたまには素直に言うこと聞きやがれ!」
「あの~!こっちと戦ってほしいんですが~!」
(あのふざけたネタ装備は…。)
「宏嵩!…じゃない!」
「お~い!成海ちゃ~ん樺倉さんに小柳さんも!やっほ~!」

非オタの弟君だ。
「その声…尚ちゃん!?宏嵩は!?」
「兄ちゃんはねアニメの録画予約してくるって。ログインだけしといてって言われた。その人ボス?」
「ボス!」
「いやでも二藤のキャラだからレベル一番高いぞ。」
「尚ちゃんー!操作方法分かるー?」
「分からないけど頑張ってみるよー。」
「パンチどれだ~?さっきどれ押したっけ~?」
「駄目っぽいです先輩!」
「ですよね!」
「取りあえずそっち行くねー。とう!」
「あっ気を付けて!エネミーのタゲがそっちに向か…。」
「ギャ~。」

上手に焼けましたー
「パタリ…。」
「宏嵩…じゃなかった、尚ちゃん!」
「うわ~あんなカッコ悪い二藤見たことねぇ…。」
「スクショ撮っとこ。」
「参ったな、全体回復アイテムなんて持ってきてねーぞ。」
「あっ薬草なら!間違えた!自分で食べちゃった!」
「落ち着け桃瀬!」
「私もMP残り少ないわよ。」
「撃ったもんな!俺にな!」
「どうしましょう!」
「要はノーダメで倒せばいいんだろ?」
「できるもんならやってきてよ!」
「おk。」

中身が変わった。もとい宏嵩がログインしました。
「あっ終わった。」
「ネトゲは長らくやってなかったけど…久しぶりにやると楽しいもんだな。マルチ最高~。」
「ソロだよ!今のは!」
「ねぇねぇ俺にもやらせて。」
「やだ。」

マルチとはいったい・・・うごごご!

20180526part5.jpg
Bパートは飲みパート、いつもとメンバー違うよ。
「樺倉、今夜は二藤君や後輩たちと飲むって。」
「樺倉先輩って面倒見いいよね~。」
「自分が飲みたいだけでしょ。ねぇ私たちもご飯食べて帰らない?」
「あっ賛成!」
「今夜は女同士気兼ねなく熱い話ができるわね。」

熱い話ってBL?
「いや~正直何か怒られるんじゃないかってビビってましたよ。」
「あ~?何でだよ。」
「すいません!」
「え~っとビール1つ。」
「いや?別に怒ってねーし。」
「あとたこわさ。」
「以上でよろしいっすか?」
「は…はい。」
「てか俺そんなに怒ってるイメージがあるのか?」

顔が怒ってるよ。
「えっ、あぁいやそういうんじゃないんすけど…。」
(顔が怖いんですよ。樺倉さんは…。)
(そして言えるわけねぇ。)
「顔が怖いんですよ樺倉さんは。」
「あぁ?」
(二藤すげぇ!)

直球のストライク取りに行った。
「中身はカワイイのに。」
(えっ!?)
「ってある人が言ってましたよ。」
(だよな~。あ~びっくりした。)
(二藤って冗談言うんだ。分かり辛ぇ…。)
「あーあいつな。」
「あっ、二藤それってさ桃瀬ちゃん?」

一方女性サイド。居酒屋でなくファミレスだ。リーゾナブルじゃの。
「そうそう。なるがこの前教えてくれたアニメ見たよ。」
「ホント?どうだった?」
「うん、世界観良くて面白かった。」
「でしょ?アニメどこまで見たの?」
「全部」
「かっけぇ!」

アニメ一気見。でもガチで忙しい時は1.5~2倍速で見るときもある。
「何か薦めたらさくっと追い付いてくれる花ちゃんホントすこ。」
「そういう性分なのよ、ヲタクだしね。それにせっかくなるが教えてくれたんだもん。早く語りたいじゃない?」
「花ちゃん…。」
「ハッハッハ、まぁ一杯どうだ?」
「フフフ…フフ…。」
「ちなみに私は主人公×ライバルかな。」
「逆だわ…。」
「やはりか…。」

語り合う=カプ厨の摩擦か!?
「私たちが肩を組んで笑い合える日って来るのかな…。」
「来るわよ、来世あたりで。」

超えられない壁があるから不可能ということじゃな。

20180526part6.jpg
「桃瀬さんと二藤、仲いいよな。幼馴染なんだっけ?」
「マジで!?いいな~。」
「えっ?」
「だって桃瀬ちゃん可愛いじゃん。ちょっと子供っぽいけど。」
(俺も最初そう思ってたな…。)
「そうだないつも笑顔で明るくてちょっと天然ぽいけど。」
「やっぱ桃瀬さん狙ってたりすんの?」
「はぁ…。」
「あ~!こいつ苦手なんだよこの手の話題。」
「ハハハ、二藤ってそんな感じですもんね。」
「でもさ、俺この前聞いちゃったんだ。」
【桃瀬さんクリスマスどうだった?】
【えっ?あぁ別に普通だったよ。家でチキンとケーキ食べた。】
【ふ~ん、誰と?】
【えっ誰とって…まぁ、彼氏と…。】
「だとさ!彼氏いるってよ桃瀬ちゃん!」
「そりゃそうでしょ。」
「はぁ…ちょっと照れてる桃瀬ちゃん可愛かったな。」
(こいつら…まずいなそろそろ話題変えてやんねーと…んっ?分かりやすっ!口止まってんぞ。)
「桃瀬さんかー。確かに可愛いけど俺はもっとセクシー系が好みかな。小柳さんとかさ~。」
「あ~分かる!」
「分かる…。」
「いてっ。」
「小柳さんいいよな。」

-------------
「どうして私たちいつも推しカップリングだけ逆になるのかな…推しキャラまでは被るのに。」
「あ~…業かな。悪いけど萌え語りは二藤君とやって。」
「えっ何で宏嵩?」
「そりゃ話は聞いてくれるだろうけどさ、あいつ別に腐男子じゃないからね。」
【あのさ、この二人って原作で絡みあるっけ?】
「えっ?でも彼BLトーク抵抗なさそうだったよ?」
「好き嫌いがあんまりないだけだよ。」
「樺倉先輩ほど露骨に拒絶はされないけど。」
【あぁ俺ジャンプんとこ見てるからBLコーナー回ったら声掛けて。】
「なるほど。語る相手としては不足なわけだね。」
「その点花ちゃんは大変だよね。先輩のいるとこでBL本読めないでしょ?」
「いや別に?今更何も隠さないよ。たまにわざと見えるように18禁本読んだりするし。」
「セクハラですねそれ。」
「ねぇねぇ、ずっと聞きたかったこと聞いていい?」
「何?」
「花ちゃんって彼氏でBL考えるのに抵抗ある?」
「全然。」
「かっけぇ!」
「いやでもね、さすがに逆はないでしょこれは。」
「そうよね。普通に考えて一択しかないわね」
「せ~の…。」
「宏×樺!」「樺×宏!」

-------------
「でも小柳さんってちょっと怖くね?男に冷たいというかプライド高そう。」
「あ~分かってねーな。そこがいいんだよ。小柳さんって落ち着きがあって上品で大人っぽいし。」
(分かってねーな。実は短気でテンパリ性で下ネタ好きの男子小学生みてーなやつだぞ。)
「真面目で仕事早くて頼りになるしな。」
(早いけど細かいミス多いんだよな。)
「あと何より胸デカいじゃん?」
「あ~それな!そこばっかり見ちゃうよな!」
「そうそう抗えないんだよな。」
「そうなんだよな~。」
「どうしても目がいくんだよ」
「お世話になりて~!」

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!
彼氏の前でその話はやめれ。

-------------
「何で何で!?花ちゃんが好きなのは樺倉先輩でしょ!?好きな方が受けでしょ!?」
「なるはそうだと思うけど私は違うの!顔が奇麗な方が右じゃないと萌えない!」
「それ絶対先輩の前で言っちゃ駄目だよ!」
「なるの方こそ恋人は二藤君でしょうが!彼は受けじゃないの!?」
「違う。私、宏嵩の顔は別に好みじゃないんだよね。樺倉先輩の方がカッコイイから受け。」
「…それ樺倉の前で言っちゃ駄目よ。」

ひどい言われ様www
-------------
「でも小柳さんも彼氏いるって聞いたぜ。」
「そうだよな~。」
「顔はそりゃ桃瀬ちゃんだけど男ならやっぱ小柳さん選ぶでしょ~。」
「うっ!」

樺倉先輩激おこなの。
「お前らさ…彼女が欲しいのはよく分かったから狙うなら彼氏いない子にしとけよ?」
「で…ですね。」
「すみません。」
「だから別に怒ってねーって。」
「でもまぁ、自分の女の話だったら怒ってたかもな。」
「ハハハハハ…。」
(分かりやすっ…。)
(やっぱり樺倉さん顔怖ぇ…。)

-------------
「いやでも攻めとしての宏嵩はかなり優秀だよ!樺倉先輩を翻弄する無表情で感情の読めないクールでドS?な眼鏡攻め!これでしょ!」
「いやいや、そんな二藤君の冷め切った心を溶かすのは樺倉の不器用な優しさなのよ。何だかんだで余裕を見せる年上攻めこれ鉄板。」
「今の時代年下攻めが主流だよ。それに背が高い宏嵩の方が絵になるって。」
「背が高い方は逆に受けでしょ。樺倉が攻めの方が体格的にも説得力が。」
「絶対宏嵩の方がカッコイイもん。」
「どう考えても樺倉の方が上よ。」

-------------
「ごちそうさまでした。」
「おう、気を付けて帰れよ。」
「あっ。」

まさかの鉢合わせ。
「今帰りですか?」
「うん桃瀬さんと食事してたの。あなたたちも今お開き?」
「はい先輩に奢って貰っちゃって。」
「そうだ、どうですか?これからみんなで二次会とか。」
「残念だけど帰ってやることがあるの。それじゃまた明日ね。」
「お先。」
「おう。」
「2人でご飯なんてあの2人仲いいんだな。」
「全然タイプ違うのにな。」
「ねえねえ、こないだ友達とファミレスに行ったんだけどね。」
【背が高い方は逆に受けでしょ。】
(あれ、成海ちゃんに小柳さん。)
【絶対宏嵩の方がカッコイイもん。】
【どう考えても樺倉の方が上よ。】
「ってことがあったんだよ。何か俺まで嬉しくなっちゃった~。」
「うん…それ多分違うな。」
「えっ?えっ?」

非オタに攻めだの受けだの言っても通じないよ。
知らぬが仏ですぞ。
スポンサーサイト
2018/05/26 12:08|ヲタクに恋は難しいTB:1CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
ヲタク恋は難しい #07 『ネトゲと、それぞれの夜』
冒頭はRPG。 戦士は、樺倉太郎? おっと、桃瀬成海がログインしてきましたね。 桃瀬成海は、エルフなのね。 でも、クラスは、暗殺者? これは、可愛い殺し屋ですか? 小柳花子は魔法使い。 無(理のない)課金、装備ですか? 流石にエロかっこいいです。 そんな3人の前に強敵が出現! そこに遣って来たのは 『絶対に...
奥深くの密林 2018/05/26(土) 18:56

トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1649-ac159f83


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.