Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


こみっくがーるず 第7話「ここは天国ですか!?」

20180518.jpg
開幕NY。
小夢ちゃんの初連載が決定。それはそれで喜ばしい事だが、まるで成長していないかおす自身焦りを覚える。

「小夢ちゃん連載決まったの!?」
「うん!短期だけど。」
「小夢ちゃんが…連載…。すごいです…かおすというへんてこなモブがいたことをどうか忘れないで!」
「かおすちゃんは私のメインキャラだよ~!」

おっぱいガードというディフェンスに定評がありおるわ!


20180518part2.jpg
成り行きから怖浦先輩の原稿のアシスタント。ガチでお友達いないからお手伝い頼める人がいないという。
「そうなの…私人望ないからアシスタント頼めなくて…前は琉姫ちゃん手伝ってくれたけど彼女も忙しくなっちゃったし小夢ちゃんも連載決まったし…。」
「水臭いですよ怖浦先輩。私がいるじゃないですか!」
「かおすちゃん…お友達…。」
「微力ですが力に…。いやあのほんとに微微微力ですが…でもこの寮で誰よりも忙しくないので…。それだけは自信あるので…。
そういえば怖浦先輩の部屋って…。」
「まさかかおすちゃんが部屋に来てくれるなんて感激~。」

お化け屋敷そのもの。
「じゃあこれにトーン貼ってくれる?」
「あば…。トーン…私苦手で…カッター怖くて遅くて下手で…。」
「そうなの?」
「ベタは慣れてるので大丈夫です!ベタを中心に頑張ります!」
「ベタの多いページ…じゃあこの暗闇から血塗れの…。」
「トーン頑張って貼ります!」

白黒だから血の表現は黒になりますな。
イカ娘がイカスミ吐く描写とか吐血に見えるゲソ。

「あ。ずれた」
「そうだ。じゃあ背景は?大丈夫。すごく簡単なやつだから。適当に消失点取って。」
「えと…どこですか…。」
「ここ。」

当ててんのよ。急に作画のタッチ変わった。親父体質なかおす目線か。
「そしてここに向かって線をこう…わかった?」
「ごめんなさい…もう一度。」
「も~。しょうがないな~。」
「わひゃ~…。」


20180518part3.jpg
爆乳♥姫子先生がログインして来ました。
「おぎゃ~!!」
「怖浦先輩の部屋から?怖浦先輩あの…かおすちゃん!?かおすちゃん大丈夫!?」
「あ…眼鏡琉姫さんだ。すて…き。」
「怖浦先輩!かおすちゃんを泣かせるのやめてください!」
「アシスタントしてもらってただけだよ。ほら見て。かおすちゃんが描いてくれたの。上手でしょ?」
「えへへ~。」
「嘘つかないでください…かおすちゃんこんなにまともに!描けません!」

ひどい言われ様。そうやって決めつけるから子はグレるんだよ。
「…琉姫ちゃん。信じてあげて。」
「え…嘘…。わ~ごめん!かおすちゃんすごい!すごいわ~!」
「いえ!怖浦先輩のおかげで描けたので!怖浦先輩やっぱり教えるの上手ですね。私もたくさん教えてもらったし、怖がらせたり過剰にべたべたしてくるけど…でもそうやって緊張を紛らわせてくれて…あれってわざと…しかも琉姫さんはそれに気づいてて…。」
「ほ?」
「無意識ですよねそうですよね!」
「怖浦先輩!本当に勉強になりました!怖かったけど…何か少しだけ道が開けたような!」
「たとえるなら…雪かきを終えたような達成感!」
「ピンとこないわ!」
「わかる!雪かき辛いよね!寒いのに汗かく!」
「またすぐ積もりますしね。」
「そうそう。」
「二人だけで盛り上がらないで!」

青森という雪国出身だけに、雪国あるあるネタだ。
(眼鏡琉姫さん…この前も思いましたけどやっぱり美しい…横顔とかいつまでも見てられます…。いつもはかわいらしい表情もするけど眼鏡で仕事してる姿は本当に凛々しくて神々しくて…。)
得意の親父体質での視姦してるよ。ww
「かおすちゃん?」
「ごめんなさい拝観料払います!」
「何言ってるの?」
「いえ…琉姫さん眼鏡かけると大人っぽくてさらに素敵だな~って。この前怖浦先輩に教えてもらった時思ったんです。大人の女性って素敵だな~って。寮母さんも包容力があるし。琉姫さんもだし…。」
【ネーム!】
「あ。編沢さんはちょっと違う。」
【何ですか!?馬鹿にしてるんですか!?】
「いえ!編沢さんのことは好きなんですけど大人の魅力がというと…。」
【かおす先生に言われたくないんですけど!はやくネームください!】
「すみませ~ん!」
「ど…どうしたの!?」
「いえ!大人の女性は素敵だって話です~!」
「じゃあかおすちゃんも眼鏡作ってみたら?ほら最近ベタ塗ると隙間できるって言ってたから目少し悪くなってるのかもしれないし、かけてみたら意外と大人の魅力爆発するかも。」
「私が…神聖で崇高なるメガネキャラの…一員に…?」

ということは、かおすのバッテンからメガネっ子にメガシンカの予感。

20180518part4.jpg
メガネ買いに行くだけのこの書き置き。
まるで旅に出るかの様。

「…もう絶対何か起こる予感がする!」
「私も…。」


20180518part5.jpg
(あわわ…一人で来てしまった…でも電車の乗り方は覚えたしもう子供じゃないです!大丈夫…。)
「おつかい?偉いねぇ。」
「おせんべい食べる?」
「あばば…。」

見た目JSのせいではじめてのお使い状態に!ww
(眼鏡を買う前に寄り道しちゃいましたけど上京した時からずっと憧れてたんですよね~。このオタクの聖地!)
寄り道はお約束のアニメイト!
(ディスプレイもいろいろ愛に溢れてますし。欲しかった本もグッズもなんでもありますし!発売日に買えるありがたさ~。あ~!買おうか迷っていたフィギュア!あ~!やっぱり生で見るとオーラが!この子生きてます!この子と同じ時代に生まれてよかった…。)
「お父さん…お母さん…。」
「迷子だ…。」
(結局買ってしまった…。)
「今週の展開神だったよね。」
「超燃えた!」
「いいないいな…私も誰かと萌え語りしたいな…。わ!ま…まだ心の準備が…。」
「何言ってるの…?」
「おまわりさん?」

本物?コスプレ?
「あなたいくつ?親御さんは?さっきから見てたけど様子が…。」
「ひょえ!一人でにやにやして気持ち悪いですよね逮捕される!」

不審者じゃなくて迷子だと思われてるよね?
「小…。」
「ごめんなさいお家帰ります!」
「お家そこなの!?」

ダンボールハウス!
(やっぱり一人でお外は怖いです…帰りたい…)
「みんなに会いたい…。」

拾ってください。名前はかおすです。
いつものメンバーに拾われた。


20180518part6.jpg
「かおす先生眼鏡作りに来たんですか?」
「はい!でも迷ってて…私眼鏡っ子好きなもので…眼鏡って知的な人や大人っぽい人ミステリアスな人にかけてほしいというか…。とにかく私とかけ離れていて…私がかけるなんて罪悪感しか湧いてこない…。」
「すっごいわかりますよ!」
「私も同じような理由で眼鏡を買えず目を細めて過ごしてました…。」
「なのにどうして眼鏡を…。」
「いろいろ理由はありましたが…好きなアニメを少しでも高解像度で見たいと思って!」
「あ。買います。わ~!世界が鮮明!こんなにくっきり見えるなんて!ハイクオリティ琉姫さん…うん。似合ってる。いつも以上にみんなもきらきらです!」
「かわい~。」
「よかったね。」
「フィギュアもくっきり…。」
「かおすちゃんのフィギュアって琉姫ちゃんに似てる子多いよね。」
「確かに。琉姫さんのように美人でお姉さんぽいキャラは見てて幸せで…あ!でも琉姫さんの下着は覗いてませんので!ご安心ください!」
「フィギュアのは覗いてるのね…。」

さらにはスカートだけ外してボトムレス状態にすることも。
「今日はどうして一人で出かけようと思ったの?」
「私萌えるとテンションがおかしくなってしまうのでああいう所行って引かれたらやだなって…。」
「そんな事気にしないよ~。」
「あと…私小夢ちゃんのように連載もまだですし…怖浦先輩や眼鏡琉姫さんのように素敵な大人になるには今のままではいけないなって…思いまして…でも結局ご迷惑をかけることになって申し訳ありませんでした!」
「さすが成長期。」
「本当ですか!?伸びてますか!?」
「その調子で原稿描いてみたら?」
「は…はい!
よし!怖浦先輩のおかげで本当に背景は良くなった気がします。あとは…線がよく見える!やっぱり…まだまだ下手くそだ~!!眼鏡封印!!」

メガネはやっぱ1話限りのネタだったか!
スポンサーサイト
2018/05/19 10:16|こみっくがーるずTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1642-57a10ef6


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.