FC2ブログ
Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


魔法少女サイト 第6話「フェイク」

20180512part5.jpg
嬉しくなるとつい殺っちゃうんだ
「やらなきゃ…。」
実際は真逆の事するけどね。


20180512part6.jpg
「はじめまして。彩ちゃんのお友達の穴沢虹海と申します。」
「にじみん…こんな時間から誰と会うつもりだ?」

家賃滞納してるドルオタの出番がまだあったんか!
(お友達だと言って私を騙した!許さない絶対に!)
「彩ちゃん…いらっしゃいますか…?」
大丈夫?」
「かっこいいよほぉ~…。」

見た目だけのクソ兄貴にメスの顔してるよ。ww
そのスキャンダル(もう引退したけどね。)をドルオタに目撃されちった。

「に…にじみん!」
「えっと…穴沢さんだっけ?」
「にじみんって呼んでくださいお兄様!」
「今病院から連絡があったんだけど彩は無事だって。」
「ああ~。よかったです~。」
「僕もほっとしたよ。」
(大切なサンドバッグがなくならなくってさ。)
(そう。無事だったの。でも私を裏切った償いはこのパンツステッキでちゃんとしてもらうんだから。)

2人とも腹の中で黒い事考えてるよ。ww
「ところでどうして君みたいな有名な子が彩の友達に?」
「有名だなんて…。」
「そういえばアイドルもやめちゃったんだよね?」
「はい!お勉強に専念したくて。それで転校したら彩ちゃんと同じクラスになってすぐお友達になったんです。」
「そうだったんだ。でもこんなかわいい子と友達になれるなんて彩が羨ましいな。」
「か…かわいい!?」
(嘘だな。あのコミュ障クソゴミ女の彩が国民的アイドルとすぐに打ち解けるだなんて有り得ない。)
(本当は今すぐあやっぴをぶち殺してやりたいけどけどけどけどけどけどけどけど…。ふにゃ~そうすれば素敵でイケメンでお優しいお兄様が悲しんじゃう。どうしよう…どうしたらいいの~!?)

顔だけで判断するなや!
(彩に突然できた友達。そして魔法少女サイト…あるいはこいつも?このガキ使えるかもしれない。)
「それでは失礼します。」
「よかったらこれ使って。」
「こ…これはお兄様の…。」
「もう遅いし本当は送っていってあげたいんだけど…。」
「い…いえいえそんな。ふふっ。」
(楽勝だぁ。とりあえずこれでまた会う口実は出来たと。あとは…。)
「よくも僕の天使を…。あいつ…あいつがにじみんを汚したな!」

ドルオタの嫉妬嫉妬。
まさかクソ兄貴がドルオタに刺されるとか?


20180512part7.jpg
「やっと起きたね。」
「なっ!?誰だ!?」
「はぁ…雨谷小雨。自己紹介めんどくさい…。」
「ちょっ…待て。状況が把握できねぇ…。そうだ。あの時私…。」
「君はステッキの使い過ぎで倒れてからずっと意識を失ってた。はぁ…だから私が治した。」
「治したって…お前何者だよ!?」
「だから雨谷小雨。何度も同じこと…。」
「名前を聞いてんじゃねぇよ!」
「やだ…私に怒鳴らないで…お願いだからそんなに声を…荒げないで。」

メンヘラか!?
怒鳴り声は脳に悪影響与えるから子育てで怒鳴って育児しちゃいけないよ。

「そうだ思い出した。あの子は雨谷小雨たん。確か管轄は…。」
「ごめんなさい。お薬がないと私精神を保てなくて。」
「まさかお前も魔法少女か?」
「はぁ…。」
(アルファベット?あんな紋章初めて見たぞ。)

Qマークが!契約したマスコットはQBか!?
「そう。私もサイトで魔法を手に入れた一人。ステッキの能力は治癒。このステッキで自傷行為をして治療したい相手の体内に血を注げばたちまち傷は癒える。」
まるで人魚の血のような能力。
「なっ!?あっ…うぇっ!まさかてめぇ私の口ん中に…。」
「幸い私には自傷癖があったからステッキの使用は辛くもなんともないけど普通の人ならこんなステッキ…はぁ…使うの躊躇うと思う。」

リスカの跡がすげえザマス。
「ちっ。人ん中勝手に汚ぇもん入れんじゃねぇよこのメンヘラ女!どうして助けた?なぜ私のことを知ってる?一体何が目的だ?」
「不幸やねぇ。不幸やねぇ。」

漆がおかめになっとる。しかも中の人も違う。
20180512part8.jpg
「よう。やっとお目覚めか?」
「あんたどうして!?」
「おかげさまで全快だわ。こいつが治してくれてよぉ。」
「雨谷小雨。はぁ…よろしく。」
「このメンヘラ女が私もてめぇらのダメージも治してくれたってわけよ。」
「メンヘラって呼ばないで。はぁ…。」
「傷が…それに…どこも痛くない。」
「私は別の魔法少女サイトの魔法少女。私は君達に協力を仰ぎに来た。私達と共闘してほしい。」

だから漆でなく、おかめだったわけね。
「これが別の魔法少女サイト?」
「まさか他にも管理人がいたとは。」
「だろ?私もマジ驚いたわ。」
「それにしてもステッキにこんな使い方があったなんてとんだ盲点ね。」
「私は再接続のやり方を漆に教わったけどさぁ。こいつらすげぇの。マジカルハンターでもねぇのに自力でテンペストに辿り着いたんだとさ。」
「でもどうして別のサイトの魔法少女があんたや私達のことを?」
「どんなにうまく隠しても秘密はいつか暴かれる。誰もが見知らぬ誰かと簡単に繋がれる。こんな時代は特にね。それに私達には…互いの秘密を知り…共闘する仲間がいる。」
「じゃあ他にもこの件を知る魔法少女がいるってこと?」
「そう。君達以外にもサイトでステッキを貰い魔法少女になった子はたくさんいる。それに魔法少女サイトは1つじゃない。複数存在してそれぞれにサイト管理人がいる。だけどどのサイトからも辿り着く結末は1つ。ここが隠しエンター。」
「んん~。そこぉ~…。」
「よーく見とけよ。こいつがお前らが喉から手が出るほど欲しがっていた情報だ。」
「来る8月11日19時23分、その日テンペストは起こります。テンペストとはこの腐った世界に終焉をもたらし新世界への扉を開くことを意味します。しかしその過程で人類の大半は滅亡することになるでしょう。テンペストの到来は不可避ですがただ一つだけ助かる方法があります。それは王のお腹を満たすこと。王は人間の不のエネルギーを餌としているためこれを献上することによりテンペストによる死を避けることができます。不のエネルギーは魔法少女サイトからお渡ししたステッキを使用することによりステッキ本体に蓄積されます。ステッキをより多く使用しなおかつ他の魔法少女の誰よりも不のエネルギーを多く献上した者のみが来るテンペストの回避対象となります。生き残りたければ不のエネルギーが充分に満たされたステッキをテンペストの日に我々魔法少女サイトにお渡しください。それではよい終末を。」

やっぱ最近の魔法少女に付き物のBR不可避か。

20180512part9.jpg
管理人の集いの描写。
「な~んやえらいめんどくさいことにならはったなぁ。」
「お前らの管理が緩いんちゃうんけ?」
「まあ彼女達もおバカじゃないからね~。そろそろ僕達のサイトに疑問を抱くのも想定内なのよん。」
「そうでんなぁ。どないしはります?」
「知り過ぎた者は無論…削除だ。」
「これが…テンペスト?」
「そう。どうやら不のエネルギーというのは恨みや妬み死への願望、あるいは特定の個人への復讐…人が抱くマイナスの想念そのものを指すみたい。」
「それって…。」
「平たく言えば不幸。連中は不幸を抱えた少女にステッキを渡しまず本人の不を回収させる。かつテンペストの情報を与え生き残るための殺し合いをさせる。結果少女達はステッキを多用せざるをえなくなり不のエネルギーはより効率よく集められる。」
「ちっ。まんまとサイトの嘘に踊らされるってわけだ。」
「ちょっと待って!でもそれじゃあ生き残るどころか…。」
「そう。そこがテンペストのおかしな所。」
「ステッキを使って不のエネルギーを集めれば集めるほど魔法少女の寿命は削られてゆく。実際それで潮井さんは…。」
「ということはサイトは初めから…。」

BRでなく、そして誰もいなくなったとなりますな。
「そんな…どうして。」
「余計な詮索する奴はぶっ殺ね!」
「私達の誰一人生かすつもりなんてなかった。」
「それじゃあサイトが嘘をついてるとしてテンペストの真の意味は何?目的は?」
「はぁ…それはまだ分からない。だからこそあなた達の協力が必要なの。」
「協力…具体的には?」
「そうね。まずはサイト管理人の捕獲。連中をとっ捕まえてテンペストの真相を吐かせる。生き残る方法を探るんだよ。でなきゃてめぇらなんぞおねんねこいてる間にぶっ殺してる。私達は知り得る限りの魔法少女に同じことを呼びかけている。今は一人でも多くの協力者が欲しいの。」
「で、どうすんだよ?乗んのか?乗らねぇのか?」
(そう。あともう少しだけ…。)
「もちろん乗るわ。」
「っていってもよぉ。サイト管理人はいつ現れるか分かんねぇし第一肝心のステッキが行方不明じゃどうしようもねぇわなぁ。」
「少しは手伝ったらどうなの?」
「私が寿命を削って集めたステッキと超お役立ちのさつりく帳をなくしたのはてめぇらだろ。働け働け。」
「その性格だけは治癒魔法でも治らないのね。」
「もう少し頑張ろう…。」
「よし!あとは任せた!んじゃな~。」
「ちょっと!待ちなさい!」
「さすがに疲れたわ…。」
「今夜はいろいろあったもんね。」
「あり過ぎよ。」
「お部屋にいた男の人だけど奴村さんあの人のこと…。」
「そう。ステッキの能力で捕らえ復讐のためずっと制裁を加えていた。死ぬより辛い苦痛を…生かさず殺さず私が死ぬその日まで罪の償いをさせる。それが私の生きる目的…そのつもりだった。」
「ありがとうね朝霧さん。あの時命懸けで私を守ってくれて。朝霧さんにあんな啖呵が切れるとはね。」
「え…ええっ!奴村さん聞いてたの?」
「ええ。聞こえてたわ。嬉しかった。ありがとう。」
(もしまだ生きられるのならそれは復讐のためではなく…あと少し…もう少しだけ…。)


20180512part10.jpg
「あ…彩!?た…退院したってどういうこと?」
「いやそれがあの…。」
「おじゃまします。」
「治ったって…そんな魔法みたいなことあるわけ…あらやだ本当。不思議ねぇ。」

だって魔法だもん。
「それでね。奴村さんお家がなくなっちゃったからしばらくうちに泊めてあげたいんだけどいいかな?」
「それは構わないけど…。」

やったこれでクソ兄貴のサンドバックから回避もとい嫁とイチャイチャできる。
(ふ~ん。魔法ねぇ…。)
「どうして余計な詮索するのよん。せっかく僕たんが魔法少女にしてあげたのに。まあいいや。使えない子は…にょほっ。どんどんぶっ殺でオッケーよん。だってさぁ。世界はこんなに不幸で溢れてる。びょほっ!びょほほほっ!」

ということで、戦うべき相手は魔法少女同士でなく管理人側ということが分かった。
スポンサーサイト
2018/05/13 00:08|魔法少女サイトTB:1CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
魔法少女サイト #6 『フェイク』
武蔵乃病院に入院している潮井梨ナの病室に遣って来たのは 眼帯をした魔法少女の雨谷小雨。 漆に派遣されたアサシンなのか?! いきなりカッターナイフを出したのは 「覚悟!  恨みは一生!  今こそ、恨みを晴らす時だ!」 というわけでなく、潮井梨ナを助けるためだったのね。 なんだ、カッターナイフがステッキだったとは・・・。 ...
奥深くの密林 2018/05/13(日) 00:22

トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1640-698576b9


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.