FC2ブログ
Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


ヲタクに恋は難しい 第5話「尚哉登場とゲーム会PartⅡ」

20180512.jpg
「スペシャルベリーオントップヨーグルトフラッペwithクラッシュナッツエクストラホイップレギュラーサイズで!」
「ご注文ありがとうございまーす!620円になりまーす!」
「はーい!」

出た!スタバならではの舌かみそうな呪文


「ご注文確認しますね~!スペシャルベリーオントップヨーグルトフラッペwithクラッシュナッツエクストラホイップレギュラーサイズでお間違いないですか?」
「はい!あっふたは大丈夫です!」
「じゃあホイップ目いっぱい盛っときますね!」
(初めて見る店員さんだなぁ。ちょっとカワイイ…。)
「お待たせしました~!」
「わあ~っ!すごい!クリーム大盛りだ~!」

盛るぜぇ~超盛るぜぇ~
「頑張りました!こぼさないように気を付けてくださいね。」
「あの…実はずっと気になってたんですけど…」
「はい!?な…何でしょうか?」
(しまった!ガン見し過ぎたか!?)
「成海ちゃん…だよね?」
「尚ちゃん!?うっそ!全然分からなかったよ~!」
「ねえ、俺もうすぐ休憩なんだけど喋りに行っていい?」
「もちろんだよ!」
「おいでおいで!」

ライバル出現!?

20180512part2.jpg
召喚、宏嵩
「えーっと何でって言われても…俺も呼ばれたから来ただけなんで。小柳さんに。」
呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン
「小柳!何かポチポチしてんなと思ったらテメェ!」
「よかれと思って!」
(二藤マジか!行きやがった!)

弟オチだった。しかも非オタ。
「二藤尚哉君。宏嵩の7つ下の弟君です。小学生の頃は宏嵩ん家で一緒に遊んだりしてました。こっちは兄の宏嵩。」
「うす。」
「そっちはいい。」
「成海ちゃんが職場同じなら言ってよ~。びっくりしたよ。」
「尚もこんな近くでバイトしてるなら言えよ。びっくりしたわ。」
「えっ?俺言ったでしょこの前。」
「弟君だったのねよかった…。」
「誰ですかね~昔のコレとか言ってたやつ。」
「あっそうだ兄ちゃん。今日泊まりに行っていい?兄ちゃんとこから大学近いから楽なんだよ~おねが~い!」
「はいは~い!私も宏嵩ん家行きた~い!連れてってくれるかな~?」
「いいとも。」


20180512part3.jpg
「兄ちゃん!ネクタイと上着ハンガーに掛けといたよ。飲み物適当に出しちゃっていい?」
「手伝うよ尚ちゃん。こいつはもう駄目だ!」
「ごめんね二藤君。疲れてるのにみんなで押し掛けちゃって…こいつがどうしてもって言うもんだから。」
「いやそこは全然いいんすけど、昨日ちょっと寝てなくて…。」
「兄ちゃんって何もしないんだよね~。」
「困っちゃうね~。」
「成海ちゃんは?普段料理するの?」
「えっ?あっああ…ちょいちょいはするかな~、ちょいちょいはね~…。」

あくまでモチベーションあればね。するとは言ってない。
「二藤お前目開いてねーぞ。まさかとは思うが平日に徹ゲーしたのか?開き直んな!」
「いいなー!私もインクで侵略する方のイカ娘やってみたーい!」
「黙ってどう森でもやってな。ガチ勢は怖いぞ。」
「黙ってどう森やってます…!」
「お前もそのガチ勢のくせになあ?二藤弟?」
「あっ、えっと…よく分かんないけど仕事関係で海とか森とか行くんですか?」
(パターン青…非ヲタだ!)
「何?何?弟のフォローはお兄ちゃんに任せとけ?さすがお兄ちゃん!」
「言ってねえけど。」
「さっすがお兄ちゃん!」
「あーもう何でもいいや。」
「まあ二藤と比べりゃ大体の奴が下手なんだから気楽にやろうぜ。」
「そうそう!私も下手だから大丈夫だよ!」
「よーし!俺はこの子にしてみるね!」
「おっ!さっすが尚ちゃん!ナイスセンス!初心者でも扱いやすいキャラだね。」
「どんなバトルでも対応できるオールマイティー型だ。いいんじゃね。」
「わ~い!頑張ります!」

スマブラかの。
「ちょっ…宏嵩!尚ちゃんに相談してステージ決めてあげてよね!」
「ん?」
「大丈夫!俺よく分からないからどこでもいいよ!」
「尚ちゃん…。」
「何ここ!?落ちちゃう!地面地面ぐらぐら!ぐらぐら動く!あっあれぇ~!?」
「落ち着け弟。ジャンプだジャンプ。バランス保て。」
「これじゃ兄ちゃんの邪魔しちゃう!そしたら右にダッって行き過ぎて…落ちた」
「無敵…無敵よ!今!加勢して!」
「はい!兄ちゃん今すぐ俺も…うん?わっわっ!止まれない~!」
「おい、勝手に落ちやがったぞ…。」
「尚ちゃ~ん!」

自滅。ここまで下手な奴も珍しい。
「上手に攻撃かわせたよ!今度はこっちも…ってあれ?パ…パンチするボタンってどれだったっけ?えいっ!」
「いやバカそれは…!」
「自爆した!」
「生き返れなくなった。」
(ドヘタか。)
「次は落ちにくいとこ選ぼうな。」
「こ…このステージやっぱちょっと難しいよね~。」
「兄ちゃんごめ~ん。」
「全然大丈夫。むしろやりやすくなって助かる。」
「宏嵩!」
「じゃあ結果オーライ?」
「尚ちゃんはもっと怒っていいよ!」
「駄目です完全に落ちてます。」
「コントローラー握ったまま寝落ちか…。」
「フフッ、子供みたいな寝顔ね。」
「宏嵩~風邪ひくよ~。」
「兄ちゃんのことは俺に任せて!もう遅いから駅まで送るよ。」
「いや俺が二人とも送ってくからいい。」
「えっ?でも先輩たち逆方向じゃないですか?」
「いいから。」
「あっじゃあ成海ちゃんは俺が送るね。」
「いいっつってんだろ。あのなぁ、二藤弟。お前がどういうつもりか知らねーが、そいつ付き合ってる奴がいるからややこしい真似すんな。」
「ごめんなさい!そんなつもりじゃなかったんですけど…俺全然気付けなくて…成海ちゃんもごめんね!」
「いやまぁ…見てて気付ける感じでもなかったから。」
(あ~っくそ…また余計な口出ししちまった。)
「成海ちゃんと樺倉さんが付き合ってたなんて…」
「はっ!?違っ…何そっ…お前…はぁ!?」
「あれ?違うんですか?でも今の…。」
「そうだな!ややこしいのは俺だったな!」
(やれやれ…。)
「じれったい。」


20180512part4.jpg
ズキューーーン
と、花ちゃんに奪われた!(唇を。)

「分かってくれたかしら?弟君つまりね…。」
(これはBLでも使える…メモしとこう!)
「こいつはこっちで。その子はそっち。」
「えっ…成海ちゃんと兄ちゃんが?ホントに?」
「アハハ…やっぱりそう思うよね。でもまあ一応お兄ちゃんとお付き合いさせて貰ってます。といっても今までとあんま変わんないけど…。な…尚ちゃん!?どっどっどどどっ…。」
「落ち着け。」
(こいつ…やっぱり桃瀬のこと…。)
「よかったぁ…。」
「えっ?」

なーかしたー なーかしたー
うれし泣きですので。

「ごめんね…何だかずっと心配だったんだ…。兄ちゃんがこのまま一人でも平気な人になっちゃいそうで…傍にいてくれたらいいのにってずっと思ってたから…。成海ちゃん…ありがとう。」
「う…うん!このメンバーなら集まりやすいしまたいつでも一緒にゲームしようね!」
「お前はお父さんか。」
「二藤…弟大事にしてやれよ。あとゲーム少しは教えてやれよ。」
「時間の無駄なんで嫌っす。」
「はぁ~フラッペ飲みた~い。」

NTR展開かと思ったら、良き弟じゃなイカ。非オタ過ぎてゲーム下手だけどね。
ドラちゃんに言わせれば君の下手くそは並大抵の下手くそじゃないよ、ということか!
ドSな兄と無垢な弟の美しき兄弟愛かな。
スポンサーサイト
2018/05/12 20:56|ヲタクに恋は難しいTB:1CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
ヲタク恋は難しい #05 『尚哉登場とゲーム会PartⅡ』
桃瀬成海は、昨夜見たアニメの話題を 二藤宏嵩にするが、頷くだけの二藤宏嵩。 もしかして、寝ているのかな? 桃瀬成海が突いたら、机に伏せてしまいました。 これは、ゆゆしき事態。 カフェで、ホイップ増し増しですって! そんなことをしていたら、妖怪きぃもに なってしまいますよ。 カフェであったのは、二藤宏嵩の弟の二藤尚哉で...
奥深くの密林 2018/05/12(土) 23:03

トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1639-3833177e


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.