Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりDVD鑑賞でもしてるほうがいいと思う。
出かける場合はお1人様の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
1人外食
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


こみっくがーるず 第6話「丸刈りにしてきます」

20180511.jpg
紅魔館!?月が赤い!
こんなに月も紅いのに永い夜になりそうね
そして開幕、少女入浴中…。入浴中にピコーン!

   ヾ〃〃ミミミミ
    |  ヾミミミ      / ̄ ̄ ̄ ̄
    |ト イ / ̄`l   < パリイ!
 ○―ヽ_/´ ̄ `l    \____
  `‐(  ヽ__/
     、_ _/〇__/
     |ノ l   /
      と.」と_」
「閃いた!」


不審な黒影登場。
「きゃー!」
「かおすちゃん!?」

ドライヤーさんが真面目に仕事してるよ。円盤ではどうなるの?
「今…あそこに何かいたような…。」
「…何もいないよ。」
「みーつけた。」

20180511part2.jpg
「異常なしって感じだけど…ま、アイスでも食べて忘れようよ。」
「あ…ばい。」
「あ~!やっぱり幽霊怖いです!」
「大丈夫。きっと気のせいだよ。ほら霊は気からって言葉なかったっけ。」
「あばばばばば!」
「どうしたのかおすちゃん!?」
「幽霊…信じてないの?」
「ぎえぇ~!琉姫さん!幽霊さんが…。」
「見間違いじゃないの?」
「いえ…髪が長くて真っ黒で顔が見えないくらいでわーって垂れてて…。」
「どうせ頭から大量にインク被った漫画家とかでしょ。」
「それはそれで心配…ちょっと落ち着こうよ。」
「あ!幽霊さんの所に小夢ちゃん置いてきちゃいました!」
「きゃ~小夢ちゃんが呪われる~!!」
「気持ちいい~。」
「でしょ~。私の体冷たくて。」
「怖浦先輩!」
「お知り合い…?」
「私達が入寮した時にお世話してくれた先輩よ。」
「怖浦すず…高2。ホラー漫画家です。」

幽霊の正体が黒髪ロングな人間だったか。あっさり正体バラしてもうた。
「ところでさっきいい声で鳴いていたのはこの子?」
「かおすちゃんでーす!」
「かおすちゃんっていうの…。髪長くて綺麗。長い髪って霊力宿りやすいからかおすちゃん霊に好かれそう。」
「丸刈りにしてきます!」
「早まらないで!」

峯岸みなみニナッチャウヨ
早々にサブタイ回収

20180511part3.jpg
「大丈夫かなあれ…。」
「冷たーい!でもこれで熱帯夜も怖くない!」
(怖浦先輩…怖いです。遭わないように気を付けないと…。)
「かおすちゃんの悲鳴を聞くといい絵が描けるの。」
「あばばば…。」
「かおすちゃんはよく叫ぶから気に入られちゃったわね~…。」
「そういえばるっきーも最初かなり付きまとわれてたよね。寝てる時でも…お風呂でも…振り切っても振り切っても…ほんと病みそうになりながら。」

なんというホラー回。
「それでもなんとか描き上げたのがこれ…。」
「その経験を作品に落とし込んでる所は流石だ!」
「るっきーはそうやってなんとか乗り越えたけど…。」
「怖浦先輩がやってきて笛を吹く…」
「かおすは漫画手に着かないだろこれ…。」
「怖浦先輩を諦めさせるには心を鬼にしてスルーするしかないわ!」
「ねぇ…開けて…一人だと寂しいの…。折角…寮に戻ってきたのに…同室だった子もいなくなっちゃって…一人ぼっち…。」
「ぎゃ~!!」
「人との接し方が私…よくわからないから…変だから…みんな…私を避けてるんだ…。」
「あ…。なんだか…その気持ち…。」

ぼっち同士シンパシー感じた。
「待って!」
「開けちゃ駄目だ!」
「わかっちゃいます!わ…私も皆さんに混ぜてもらえなかったら一人ぼっちだったので!放っておけません!」

20180511part4.jpg
「駄目だわかおすちゃん優しすぎるもの…。」
「このままだとかおすが寮からいなくなったりして。」
(あれ…?細めなのに結構胸が大きくて…。)

当ててんのよ
かおす先生の親父体質発動。ww
(なるほど~!よく見ると綺麗な人。あれ…?なんでしょうかこのギャップ…。)
「友達になってくれる?」
「は…はい!」
「ありがとう!」
「きゃあ~。へへ~…。」
「なんか悲鳴のニュアンスが変わってない?」
「はぁ…。」

それはうれしい悲鳴というやつ?
20180511part5.jpg
「怖浦先輩肌すごく白くて綺麗ですよね。」
「そうかな…あまり外出ないから。」

万年さんみたいなタイプ?
「いつもかわいいワンピース着てますよね!どこで買ったんですか?」
「えと…通販。」
(あれ?普通に扱われるのなんか気恥ずかしい…。)
「はぁ…かおすちゃん大人っぽい人に甘えられると弱いのかしら…。」
「ん?ライバル登場?」
「そんなんじゃないけど…でも怖浦先輩居場所ができてよかったね。」
「うん。悪い人じゃないもんね。」
「心配してくれてありがとう…。」
「きゃ~!!」
「出たな!悪霊!退散せよ!」
「二人はちゃんと嫌がってくれるから落ち着く~。」

悪霊(みたいな人)だけに反応してくれないと落ち着かない面倒くさいタイプじゃな。

20180511part6.jpg
Bパートは隠れオタな先生のターン。
「それ虹野先生がモデル?」
「はい!こういうキャラ描きたいなって思って。」
「いいんじゃない?虹野先生かわいいもんね。」
「うまく描けてる。」
「胸もうすこし大きくしたら?」
「琉姫さんぐらいがちょうどいいんです。」
(何こそこそ話してんだろう…まさか!)
「な~んていっぱしの教師ヅラしてるけど。」
「暗黒勇者のコスプレ。」
「本当はかなり濃ゆいです。」
「つまりこっち側の人間。」

ヲタとかこうゆう被害妄想しますよね。
(そうだ!あの場所にいたんだから…。)
「このままじゃキャラクターにギャップがないわね…。」
「琉姫さんならどうします?」
「そうね…真面目そうに見えてHな下着を着けてます!」
「そうなんですか色川さん!?」
「違…私じゃなくて…。」

00ettinasitagi.jpg
鉄の胸当てと同じ守備をほこるエッチな下着
(私の事がバレてないならそれはそれでOK。でもなぜあの子達があそこにいたのか…もしかしてファン!?)
「勝木さん!あなた学校に寝に来てるんですか!?」
(とはいえまずは軽く探っていこう…。)
「ちょっと来てください!なぜそんなに眠いのですか?」
(深夜アニメでも見てるとか?)

そら、ディーノという実況民でんがな。
漫画を描いてるとは言えない…絶対言えない。)
(聞かないと…)
「夜更かししてるんじゃないですか?」
「それはその…。」
(言えない…。)
「先生!あんまり翼さんを怒らないでください!疲れてるんです!」
「いいえ!居眠りは見過ごせません!」
「じゃあ…翼さんが寝そうになったらコーヒー淹れまーす!」
「あなたそもそもクラス違うでしょ!」
「てへ。」
「さすがに徹夜で漫画描いてるなんて言えなかった…。」
「思い切ってほんとのこと虹野先生にだけは言った方がいいんじゃ…。」
「受け入れてもらえるかしら?すごく真面目だし説教される可能性も…。」
「漫画なんて描いてないで勉強しなさい!」
「美人教師からお説教…えへ~…。」

この親父体質が!ww
20180511part7.jpg
「怒られたいのかおすちゃん…?」
「どっちにしても私は口止めされてる。女子高生が作者だと少年漫画のイメージに合わないって、ウイング・Vの正体は誰にも秘密。」
「ウイング・Vウイング・Vウイング・V。」
「なんで繰り返すの?私のペンネーム。」
「いや…なんとなく…。」
(つーちゃんかっこいいと思ってるからつっこみにくいのよね~…。あ。つーちゃん真面目に…仕事してる~!!)
「寝なければ何してもいいわけじゃないのよ!」
「こうでもしないと寝そうで…。」
(あばばばば!もう駄目です~!)
(お~!!やっぱそうか~!)
「勝木さん。聞きたいことがあります。これ…。もしかしてあなたも好きなんですか!?暗黒勇者!」

先生がガチファンという展開。
「知ってるんですか?」
「い…1話から注目してますよ。ウイング・V先生の大ファンです!勝木さんのイラストも…すごく公式のツボを押さえてますね…。」
「ええ…まぁ…。」
(やっぱりファンだった!ごまかさないと…。)
「えと…先生は暗黒勇者のどこが好きなんですか?」
「えっと…それはですね…絵もストーリーもいいんですけど…とにかく主人公がかわいいじゃないですか!」
「かわいい?かっこいいじゃなくて?」
「はい!生意気で半ズボンがかわいいんです!膝小僧最高です!」
「そうなんですか…そういう意見もあるんですね。」

先生はショタ属性なん?
さりげなくファンの生の声を聞いとる。

(いかんいかん…つい興奮してしまった。)
ヲタクがスイッチ入ると饒舌になるお約束。
「あの…もしかしてイベントとか行ったりしてるんですか?」
「え…。」
「そういう活動とかはしてません?」
「うぅ…いたたまれない!」
「翼さんは…。」
「はい…。」
「はぁ!?」
「こんな素晴らしい漫画を描かれるウイング・V先生がどんな容姿でもどんな性格でも受け入れる自信があったけど…。でも女子高生で…というか教え子で…いやいやそんなわけないです!勝木さんがウイング・V先生であるはずがありません!」
「本当です!翼さんはすごいんだぞー!」
「あ…あなた方に騙される程私は甘くないですよ!」
「あ…証明になるかわからないけど…今朝上げた原稿です。」
「せせせ先生!ご無礼を~!!」
「先生はあなたです。」

やった先生に土下座させた。強要じゃないからセーフだよね?
「もしかしてこの前…遊園地で行われたアニメイベントに行かれましたか?」
「いえ。偶然その日あそこに遊びに行ってはいたんですけど…。」
(あ~!バレてなかった~!)
「ウイング・Vを男だと思ってる読者が多いのでイベントとかサイン会とか公式の場には参加できないんです。」
「そ…そうでしたか。」
「ですから私がウイング・Vだってことは秘密にしておいてください。」
「勿論です!」
「それと…あの…嬉しかったです。初めてファンの人の生の声を聞けて…応援ありがとうございます。」
「あ…とんでもない!」
「隙の無い美人教師が膝小僧好き…ってあれ?なんでしょうこのギャップ。」
「4人共漫画家ですって?それでいつも眠そうだったり居眠りしていたんですね。早く行ってくれればいいのに。」
「完全に言い出すタイミングを逃しました。」
「実はみんなで寮生活を送っているんです。」
(漫画家寮…そういえばそんなの誰かから聞いたことがあるような…。)
「じゃあ寮母さんって!?」
「そう私。うちの寮の子達そっちの学校に通ってるのよ。忙しいみたいだからよろしくね。」
「言っといてよバカ!」
「ごめ~ん忘れてた。」
「結局正体バレちゃったわね…。」
(にしてもあの虹野先生が漫画好きだったなんて…。)

20180511part8.jpg
「あ!そうだ!」
「で、今日のテーマは…。」
「はい!ギャップです!」
「その着眼点はいいと思います。」
「そうですか~!」
「この実はとっても美人で巨乳で色白の寂しがり屋の幽霊とか日頃はびしばしスパルタ教師なのに実は少年漫画好きとかいいキャラ配置です。で、肝心のストーリーは?」
「はっ!」
「ボツ以前ですね…。」
「あばばばば…。」

締めは恒例のかおす先生のボツネタ。
スポンサーサイト
2018/05/12 01:45|こみっくがーるずTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1638-426f2ddb


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.