FC2ブログ
Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


ヲタクに恋は難しい 第4話「オトナの恋も難しい?」

20180505.jpg
花ちゃんと樺倉のケンカ回。
お題はコスプレさせたい派と見る専との摩擦。
正直ケンカ回はお互いの欠点全面に出してくるから見ている方もあまり気持ち良いものでないのが相場だが、ケンカと言えど、ギスギスしないギャグだからOK!
例えるならジェットマンの殴り合いのケンカ(主に男女の三角関係が原因)は緊張感あっても、カーレンジャー(コメディー戦隊)の殴り合いのケンカは全然緊張感がない。



「お疲れ。お昼はもう食べた?コンビニ行ってきたんだけど納豆巻きだけちょうど売り切れてて仕方ないからカツサンドにしたんだけど…。」
「ああ…ごめん何?」
「いい年してセーラームーンで泣いてんじゃねーよ。」
「Rは青春なんだよー!」

Rというとチビうさが出てくるんでしたな。
「宏嵩だってドラゴンボール全話配信してたら見るでしょ?そして泣くでしょ?そこが会社であっても!」
「さすがに会社では見ないし泣かねーよ。ていうかこの年でアニメで泣く意味が分からん。」
(びっくりしたびっくりした…。)

DBの劇場版が待ち遠しいわ!
「ヤバいわ。」
「だろ?」
「Zくらいヤバいわ。」
「だろ?」

Zは引き伸ばしが辛いのが玉にキズだけどね。

20180505part2.jpg
「コスプレでもいいから紹介してくれよ。なんつってな。」
「だってよ宏嵩。」
「やはり。」
「お嫁にいけちゃう。」
「フッ…じゃあこっちも。」
「あら~。」
「昨日は珍しく酔っててさぁ。あっ、コラじゃないからね。」
「ん?何だ?」
「何これ~デレデレじゃないすかぁうわ~先輩カワイイ。」
「でしょ?気に入ったから待ち受けにしちゃった。」
「おい!何見せてんだよ!」
「かぁぁ…。」
「あら~。」
「このバカどうにかならねーか桃瀬。」
「このバカどうにかならないかな二藤君。」
「え~っと今日はどっちが原因でケンカを?」
「こいつ!」
「取りあえず詳しくいいっすか?」
「私はただ樺倉と同じ趣味を共有したいだけなの!」
(こいつにコスプレさせて~の)
「小柳の趣味を否定はしねぇ。だが共有が可能かどうかは別問題だろ!」
(俺コスプレは見る専なんすわ)
「やってみなきゃ分からないでしょ?」
「くどい!」
(ワンチャンあるって。)
(くどい!)
「個人的には素敵だと思うけどなあ。」
「やめろ!ややこしい!」
「分かった分かった。じゃあ私が女キャラやってやるから、なっ?それで文句ないな?」
「あるわ!お前女だろ本来!…ん?いやそこじゃなくてだなぁ、恥ずかしいんだよ。人様に見て貰うほどの面じゃねーんだから…悲しいこと言わせんなよな。」
「そんなことない!レイヤーのスペックの低さはある程度ならキャラへの愛でカバーできる!」
「うるせーよ!」
「だいたいあんた大袈裟なのよ。別にメイクしたり女装したりするわけじゃないのに。」
「そういう問題じゃねーんだよ!なあ二藤、お前も何か言ってくれ!」
「えっ?まあ俺はやったんですけどね。特に何も思わなかったです。」
「そうだったな!」

経験者は語る。
「うちの樺倉だって二藤君に劣らず可愛くできると思うのよね。」
「しつけーな、いい加減諦めろ。」
「お言葉ですが俺、相当可愛かったですよ。」
「むふ~。」
「お言葉ですが、オレ相当可愛かったですよ。」
「じゃあ…現役レイヤーの本気加工テク見せてあげようか?」
「お前らには届かないのか?俺の声は!」
「ハァ~ヲタクのクセにコスプレもやらないなんて。」
「ハァ~ヲタクのクセに恥も知らねーのか。」
「ヲタクは総じて恥ずかしいものでしょ?あんたのそのヲタクのクセに常識人気取ってるとこがムカつくのよ!そうやってコソコソ楽しんでる方がよっぽど恥ずかしいわ!小さい男ね!」
「お前みてーな開き直り方するやつが悪目立ちすっから一般人から変なレッテル貼られんだろーが!コソコソなんてしてねーよ。節度をわきまえてるだけだ、お前と違ってな!」
「あれですな。ケンカするほど仲がいい。」
「この状況でそれが言えるお前って凄いわ。」

20180505part3.jpg
「なるたちはいいね。ケンカしない仲良しで。」
「ん?いや~私たちは仲良しっていうか、う~ん…宏嵩はゲーム。私は漫画やアニメ。好きなものも楽しみ方も思い入れも同じヲタクなのに全然違うから、それをお互い尊重っていうか許し合うみたいな感じなのかな。」

お互い理解があって尊重し合う。これがお互い平和な気がする。
相手を自分の趣味に巻き込んだり、自分色に染めるのはやっぱ御法度やな。

20180505part4.jpg
「じゃーん!」
「こっ、ここっ…これ!樺倉先輩ですか!?すごっ!ゲームのキャラみたい!」
「モデルの買収…説得!骨格をカバーする為のゆるふわウィッグの調達と新色シャドウ購入。部屋をスタジオ化しカメラ設置ライトの調整。モデルへの演技指導。カラコンの導入。そして撮影後の画質調整…ぜーんぶ一晩でやりました!」
「マジすか…ジェバンニ!」
「樺倉さん。一つだけ聞いていいっすか?」
「内容によっちゃ殺すけど、どうぞ。」
「何に釣られたんです?」
「夕立改二のスケールフィギュア。」
「どうでした?夕立改二のクオリティー。」
「ハァ…最高…。」

ソロモンが夕立に染まる!赤く!紅く!緋く!
クソ提督が!艦これ厨か!


20180505part5.jpg
飲み会でもケンカに発展した。でも全然緊張感ないね。
「そっそういえばお二人はいつからお付き合いされてるんですか?」
「あ~高校終わりくらいか?」
「そうね。樺倉の卒業式の日だったかしら。」
「へえ~どっちから告白したんですか?」
「こいつ。」
「わ~ステ~イ!」
「小柳さん、お水ですどうぞ。」
「ありがとー。」
(ナイスだ二藤。)
「こぼさないように気を付けて。」
「ありゃ。」

おっぱいにこぼしちゃったよ。ふきふきせねば。
「あ~あ~絶対やると思ったよ。」
「ハンカチありますよ。」
「じゃあ二藤君拭いてくれる?」
「いいんですか?」
「よくな~い!」
「樺倉さんが何とかするべきですよ。けしからんおっぱいだ。」
「ああちょっと今日の酔い方はよくねーな…おい!今何つった?」
「こら小柳。今日はもうジュースにしとこう、なっ?」
「花子って呼べよ、いつもみたいに。」
「テメェ!甘い顔してりゃ調子こいてんじゃねえぞこのドブスが!」
「前から思ってるけどあんたは人のことどうこう言える顔じゃないんじゃない?指名手配犯みたいな目つきしやがって!」
「誰が指名手配犯だ、ぶっ飛ばすぞ!その犯人面に告ってきたのはテメェだろうがめんどくせーな!」
「はあ!?告白してきたのはあんたでしょ!ホント物覚えが悪いわね!あたしの好みは昔から正統派の王子様タイプ一択なのよ!」
「俺だってお前と違って小さくて可愛いランカみたいな子が好みなんだよブース!」
「知ってるわよそれくらい!ちょうどなるみたいな子がドタイプなんでしょ?」
「えっ!?」

NTR関係ないから。
「も~花ちゃんも樺倉先輩もツンデレだな~!ここは一つお互いの好きなところを言い合って仲直りしよ。」
「じゃあ樺倉先輩からどうぞ!恥ずかしがらず正直に言えばいいんですよ。」
「胸がデカいところ。」

00oppai.jpg
おっぱいぷる~んぷる~ん!
「落ち着け小柳!」
「うるさいバカ倉!」
「どうせあたしは…あたしじゃ…あんたの好きなランカにはなれないわよ。」
「待ってよ花ちゃん。ちょっと落ち着こう、ねっ?お酒入ってたから樺倉先輩もついふざけちゃったんじゃないかな。ねっ?取りあえず戻って仲直りしようよ。」
「無理…。」
「もうやだ、何であんなこと言っちゃうの?いつもいつもケンカしてばっかり…。」
(おお…おっぱいすごい)
「このままじゃいつか愛想尽かされちゃうよぉ。」
(おっぱいすごい)

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!
「だ、大丈夫だよ。こんなにカワイイ花ちゃんを嫌いになるわけないじゃん。も~樺倉先輩なんかこのなるちゃんが海の藻くずにしてくれるわ!エロ同人みたいに乱暴する妄想を樺倉先輩でしてくれるわ!だから泣かないで花ちゃん。」
「一緒にいるとどうしても考えちゃうんだよ。あいつは私でいいのかなって、私で妥協してるんじゃないかな。」
「ヲタク趣味だと一般人と付き合うの難しいから…ヲタク同士で楽だから付き合ってるのかな…。」
「野暮はよそうぜ成海どん。」
「今いいとこだろうがー!」
「お前はホント酒が入るとめんどくささに拍車が掛かるな。後で謝っとけよ、2人に気使わせたんだぞ。」
「聞いてたんでしょ?どうなのよ。」
「そうだな。お前より楽で可愛いヲタク女探せばごまんといるだろうぜ。ついでに胸も大きい女。」
「あっそう!じゃあとっとと探しに行けば…。」
「やっとこっち見たな、ブース。」
「何よすぐブスって言うくせに…めんどくさいって言うくせに…優しい言葉は一つも言えないくせに…。」
「はいはい。」
「クソが…。」
「聞こえてんぞ。」
「おい…何でお前まで泣いてんだよ。」
「桃瀬…。」
「はい先生。俺は止めました。」

飲み会お開き
「どうしたの?」
「私さあ…前の彼氏もその前も…最初の人もそうだったな。ヲタクが原因でフラれたんだよね。」
「今までがそんなだったからさ、今がすっごい楽。ヲタクを隠さなくていいんだもん。」
「でもやっぱり理想の異性とは違うんだよね。お互いヲタクってことで少なからず妥協してるとこあると思うし。」
「まあそうだな…。妥協がないといえば嘘になる。」
「お前今さぁ…。」
「見てません。」
「どこ見て言った?」
「見てません、貧乳は今関係ないんで。」
「貴様ぁぁぁ~!」
「つまり何が言いたいの?」
「だからぁ…宏嵩も本当は普通の女の子のがよかったのかなって。ちょっと思っただけです。」
「はいおしまい!帰んぞ。」
「ヲタクだから楽だから…そんな理由で一緒にいるんじゃなくて…好きなことしてるときの成海が…大好きなので…まあ俺はそんな感じだから難しく考えなくていいよ。」
「宏嵩…お前、私のこと好きだったのか。」
「あっやっぱ前言撤回。もうちょっと考えて喋って欲しい。」
「だって今までそういうことちゃんとは…あっ、もしかして前にしまらない告白だったって言われたことを気にして…プププ。」
「ねぇよバーカバーカ。」
「ねえこのままゲーセンでもどうよ。」
「西口でおk?」

毎度ながらご馳走様です。やっぱ付き合うなら自然体が一番ということで。
スポンサーサイト
2018/05/06 05:36|ヲタクに恋は難しいTB:1CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
ヲタク恋は難しい #04 『オトナの恋も難しい?』
昼休み、机の座って涙を流す桃瀬成海に 二藤宏嵩は、ちょっとビックリ。 え? 桃瀬成海は、『美少女戦士セイラームーンR』をスマフォで 見ていて、泣いたのね。 おっと、二藤宏嵩を見て泣いているよ。 『セイラームーンR』は、感動的なのね。 amzn_assoc_ad_type ="responsive_sea...
奥深くの密林 2018/05/07(月) 05:41

トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1634-85611401


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.