Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりDVD鑑賞でもしてるほうがいいと思う。
出かける場合はお1人様の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
1人外食
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


こみっくがーるず 第5話「編沢さんコスプレするんですか?」

20180504part2.jpg
世間じゃGW。でもこちとらお仕事ザマス。
夏と言えば海。Aパートは水着回。



20180504.jpg
「着替えたー!新しい水着にしたんだけどどうかなー?似合ってる?」
(ボディも眩しい!)
(みんなにも注目されてます。)
「もしかしてこの色似合わなかった?」
「似合ってるから!」
「持ち上げないで!」
「ん?どうして着替えないの?」
「どうしてって…。」
「水着持ってきてない。」

インドア派に海は水と油。
「どうして?海だよ?」
「いや~…そもそもそういう発想がないというか…。」
「も~!じゃあレンタル行こ!あそこにあるから!」


20180504part3.jpg
「かわい~!」
バッテンからワンピースにメガシンカした!

20180504part4.jpg
「お腹冷えたら困るので腹巻してもいいですか?」
「ださいからやめて~!」
「わ~い!海~!冷た~い!」
「みんなー。何してるの?」
「あそこの岩場!戦闘シーンで使えそう!」
「水着のカップルがいっぱい…すごい密着…。」

海は素材の宝庫じゃぞ。もはや職業病。
「みんな海を見て~!」
「かおすちゃん行こう!」
「私昔溺れたので海怖いです無理です…。」
「え~!遊ばないの~!…遊ばないんだ。」
(小夢ちゃんどこ行っちゃったんだろう…。)
「友達ができてる!」

幼女とお友達になれる程度の能力
20180504part5.jpg
「小夢ってすごいよね。」
「漫画家ってみんな内向的だと思ってたわ。」
「明るいし。」
「人を惹きつけるオーラあるし。」
「かおすはなぜかカニを惹きつけている…。」
「小さい者同士共鳴しているの?」

蟹になれた吾作
「小夢ちゃんが知らない人と遊んでる…なんだか胸がちくちくします。小夢ちゃん!私やっぱり小夢ちゃんと一緒に遊び…砂熱い!あばばばば!」
「はしゃぎすぎだよかおすちゃん。」
「まず水に慣れる所から始めないとね。手を繋いでれば怖くないでしょ。」
「やっぱりかおすちゃんと一緒にいる方が楽しいな~。」
(なんか胸がドキドキします。体に電気が流れてるみたいに痺れてきて…これってもしかして…。)
「しびれくらげ…あばばば…。」
「かおすちゃん!?」

溺れた・クラゲに刺されたと海はトラウマが多い。
しばらく海で遊ぶ描写が続く。

「大丈夫です琉姫さん!私にとっては絶世のマーメイドですから!」
「るっきー気にしすぎ。」
「そうだよ水着似合ってるよ。」

揺れない乳という胸囲の格差社会。ww
「もう!二人で挟まないでよ~!」
(海…水着…女の子の世界…かわいい…。)
「かおすちゃん!」
(痛い…幸せ…。)
「目指せ!アメリカー!これが…上腕二頭筋。」
「こんなに体動かしたの久しぶり~。」
「私も。こんなに遊ぶの久しぶりで楽しかった。」
「だよね~。」
「今日の景色は忘れたくない。青い空、白い雲。そして波に流されるるっきーのスケブ。」
「わ~!!」
「それにしてもどうして急に海だったんですか?」
「え?それはもう夏だからだよ!」
「これからまだまだあるよ。花火大会にプールに遊園地に。」
「いや…ごめん。もう体力が…。」
「もちません…。」
「私のスケブ~!!」


20180504part6.jpg
インドア派が組むとこうなる。
「忘れたくないって言ってたのに帰って来るなりこれって…ここ暗くないですか?」
「明るいと画面見にくいだろ。」
「小夢ちゃんと琉姫ちゃんは二人でお買い物ですよ。」
「服とかあまり興味ないし。気になるなら一緒に行けばよかったのに。」
「だって行くの原宿とか渋谷だって…渋谷とか原宿とか無理です!中野か秋葉原しか行かないんです!総武線以外は乗りたくない!」
「意外と意思固いよね…。」
「あ。華やかな写真がたくさん送られてきてます。」
「女子だね~。」
「どの服がいいかって…。」
「あ。返事来た。最初のセーラー服の方がいいって。鮮やかな緑は印刷にうまく出なさそうだから…。」
「やっぱりこっちかな~。」
「うん。みんなもそっちがいいって言ってたしね。」
「うん!じゃあ琉姫ちゃんもお揃いで買おうよ。」
「私はこういうの似合わないから…。」
「え~。」
「でも…制服風の服って脱がせるときワクワクするわよね…。」
「お客様!?」

脱がす場合全部は脱がしちゃいけないんだよね。
「小夢ちゃんとお買い物するの楽しいな。つーちゃんおしゃれとか興味ないし。そうだ!パスタとか食べてかない?」
「食べるー!」
「パスタ食べてくるって。」
「そう。」
「琉姫さんがいたら怒られそうな食事ですね。」
「たまにはいいんだよ。」
カップ麺とお菓子という格差のある食事。
「わ~。おいしそ~。」
「小夢ちゃんのはカルボナーラだっけ。」
「うん。後でちょっと交換っこする?」
「うん。するする。」
「すいません。ストローもう1本もらえますか?」
「はい。」
「わぁ…大胆。」
「だね。」
「やっぱり少女漫画家は恋愛経験ないと漫画描けないのかな…。」
「また編集さんに何か言われたの?」
「うん…読み切りはそこそこ描けても連載には経験値が足りないって…。」
「そんなことないわ!想像力だって高めればいい漫画描けるし連載だってできる!現に私はろくに…。というかほとんどというか…まったく経験ないけど…。」
「それにもし彼氏できても徹夜明けのぼろぼろの姿でデートとかできないわ。1週間前からコンディションは整えたい。」
「乙女~!」
「でもそうなったら原稿できなくなっちゃうし睡眠時間削って半身浴とかでコンディション整えるだろうしそうなったら授業中ふらふらだろうし…死んじゃう…。」
「琉姫ちゃん恋愛向いてないね~。それに比べると小夢ちゃんは恋してても漫画描けそうなタイプよね。むしろ彼氏いた方がパワー出そう。」
「それは担当さんにも言われた~。」
「ずばり気になる人は?」
「え!」
「べ…別に男の人とか全然知り合いいないし…。」
「そっか。つーちゃんは女の子だしね。」
「ど…どうして翼さんのこと考えてるのわかったの!?」
「わかるよ~。バレバレだよ。」
「いや変に思わないでね…私もよくわからなくて…翼さんは女の子ってわかってるんだけど…でもクールだしかっこいいし…王子様みたいだし無邪気でかわいい時もあるし…それに翼さん見ているといろんな種類の男の子が描けるから…。」
「見た目は全部同じだけど…。」
「じゃあとりあえず二人で遊んでみたら?デート、してみたら?」
「デ…デデデデデ…デート!?」

デートはデートでも百合デート。
「でも翼さん女の子だよ。デートなんて…。」
「変じゃないよ。つーちゃん昔から女の子に告白されたりするし。」


20180504part7.jpg
ホントにデートした。ナガスパだ。
「あらあらどうしましょう。有効期限が明日までの遊園地のチケットが二枚も。」
「わーい!遊園地大好きー。」
(どうしよう…。)
「私さっき急にイラストの依頼来たから行けないわー。」
「わ…私も急遽イラストの依頼…頼まれるわけないんですけどネームも別に期限ないですが…風邪…は治ったけど…足が。そう足が痛くて。」
(何て声をかければ…。)
「あ…あの!ごめん!待った?」
「え…寮から来たよね?」
「すごく…。」
「心配…。」

尾行尾行。
「はい。甘いもの食べて落ち着いて。」
「ありがとうございます。お金…。」
「いいって。いつもアシスタント代受け取ってくれないし、今日はその分なんでも奢るから言って。他に欲しいものは?さぁ!!」
「写真…撮りたいかも…。」
「わかった。仕留めてくる!」
「仕留めないで~!」

00dennkyokusupa-ku.jpg
電極スパークみたいなことを。ww
「翼さん優し~。」
「次どこ行こう?遊園地とか10年ぶりだからよくわからなくて…。」
「あ!じゃあ私が案内します!こっちです!」
「あ!ここコスプレ広場ですね。」
「怖い…ジェットコースター…。」

ナガスパのスチールドラゴンは落差が世界一だからね。
「暗黒勇者のコスプレですよ!写真撮ってもらいましょう!」
「まゆ…もう帰ろう…消えたい…。」
「はぁ?無理矢理付き合わせておいて何ですか?」
「みはるんとまゆちゃ~ん。」
「編沢さん?」
「げ!かおす先生!?」
「編沢さんコスプレなんてするんですか?」
「勘違いしないでください。これは私の勝負服です!」

苦しい言い訳じゃな。そしてサブタイ回収。
「デート?あの二人が?」
「青春でしょ?私達にはなかったわね~。」
「うるさいです!静かにしないと見つかりますよ。」
「でも…今日は私で本当によかったの?彼氏とか誘った方が小夢の取材にはよかったんじゃない?」
「あ…でもそういう人いないですし…。」
「何で?」
「何でって…。」
「小夢かわいいから告白したら絶対断られないと思うよ。小夢がその気になればいくらでも…試しに声かけてみようか?」
「ま…待ってください!あの…漫画の為だとわかってはいるんですけど…でも…でも…初恋は大切にしたいので…。」
「ごめん…私デリカシーないっていつもるっきーに言われてて…。」
「そんなことないです!私がいけないんです!少女漫画家のくせに自分の気持ちをはっきりさせられなくて…。」
「小夢ちゃん…。」
「まさか…この雰囲気は…。」
「あ。順番来た。」
「わーい!乗ろ!」

雰囲気ぶち壊し。
「いい所で~!!」
(どうしよう…観覧車で翼さんと二人きり…。)
「小夢何か悩んでない?いいよ。何でも聞くから。」
(どうしよう!?言っていいの?でもこの気持ちが恋なのかはっきりわからないし…てか好きって何?恋って?)
「もしかして漫画の事?」
「漫画の方!?」
「違った?」
「はい…そっちはそっちであるんだけど…私恋愛漫画とかドラマが好きで描くのも楽しくて…描けたら満足で…でも寮に来て翼さんとか琉姫ちゃんとか見てすごいなぁ。プロだなぁって思うし、かおすちゃんだってめげないし…一生懸命だし…それ見て…私も頑張ろうって思い始めてたのに…連載はまだまだ無理だって言われて…。」
「小夢はそのままでいいんだよ。思い切り楽しんで描けるのは小夢のいい所なんだから。追いつくとか考えなくても。ずっと待ってるから。」

イケメーン
「…はい!」
「他に何かあった?」
「なんにもないです!」
「小夢があんなこと言いだすなんて。」
「ごめんなさい…思いが溢れて…。」
「え!?何があったの!?」
「進展!?進展しちゃった!?」
「な…何もないよ。漫画の話をしただけで…。」
「顔に書いてあるよ。」
「え!」
「じゃあ今度一緒に恋愛漫画研究しよっか。」
「私でよければまた取材付き合うよ。」
「ありがとうございます!」
「私は…えと…邪魔にならないよう部屋の隅で…。」
「かおすちゃんは一緒に連載目指して頑張ろうよ!」
「私もおいしいごはんでみんなを応援するからね。」
「じゃあ私はみんなの邪魔にならないように…。」
「かおす先生は~お友達のプロ意識をもっと見習って下さい!!」
「あばばばば~!」

良い百合デート回だった。
スポンサーサイト
2018/05/05 01:54|こみっくがーるずTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1633-0abb1142


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.