Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


ヲタクに恋は難しい 第3話「即売会とゲーム会」

20180501.jpg
2週間前の修羅場。
「あー次の休みはちょっと…しばらくは時間つくれないかな~。」
「俺少しはお前のこと理解してるつもりだから…隠さないで言ってくれないか?進捗は?」
「まだネーム。」



20180501part2.jpg
「待たせたな宏嵩!行こうか、会場(いくさば)へ!」
(目がガチなんだよな…せっかくカワイイ格好してんのに。)
「ありがとうございます!400円で~す!あっ前回も来てくれましたよね?うれし~!いや~新刊何とか出せてよかったですよ、萌えの力ですね!えっ!ご本人なんですか!?どうしよ~!あの、い…いつもpixivですてきなイラスト見せて頂いてます。大好きです!あの、これからも頑張ってください!応援してます!」
「タバコ吸ってくる。」
「おういってら~。」

ジェラシット
「羨ましいから見ないようにしてる。」
「ア゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙!!」
「どうした?轢き殺された猿みたいな声出して。」
「神のスペース一つ回り忘れてた~!別館な上に旬ジャンルだから大混雑が予想されるデッドゾーン!くっ…もう駄目だ諦めよう。今日は縁がなかったんだ…同人誌なんていつでも買えるもんね。」
「行ってこいよ。」
「今日しか買えない本もあるだろ。スペースなら俺が守ってやる。ついでにお茶買ってきて。」
(神様かと思った。)
「落ち着いてご移動くださいー!聖地は試される場所ではありますが駆けっこの場所ではございません!あなた方は神の御子ですゆっくりと前へ進むので~す!」
(ナルスは走った。許される速度で。彼、ヒロタカンティウスとの約束を果たすために。待ってろ宏嵩ー!)
「ねぇ聞いてよ、さっきね、長身のイケメン眼鏡男子がBLのエロ本売ってたの!」
「マジで!?どこよ!?」
「あのルックスで腐男子って興奮するわ~!」
(ナルスは走った。許される速度で。彼、ヒロタカンティウスの沽券を守るために。)

沽券でなく股●では?即ち、貞操。
「すまんかった!すまんかった!はいお茶お待ちどぉ~!」
「ありがとう。いいよ釣り銭計算得意だし。」
「そうじゃないんだわ!嫌な思いをさせたんじゃないかなって。」
「いや結構楽しかったよ。」
【ねえお兄さん今どんな気持ち?この本お兄さんが描いたのかな?恥ずかしくない?】
【いえ別に…。】
(お~すごい。すごい手触ってくる。)
「リアルであんなこと聞かれるとは思わなかったわ。」

アッー!

20180501part3.jpg
成海お持ち帰りイベント。もとい、お泊り会という名のダブルデート。
(今日の下着が思い出せない成海であった。)
(宏嵩の顔色は伺えても己の下着の色は分からない成海であった。)
「昔はさ、家近くてよく遊んだじゃん?宏嵩ん家で夕方までひたすらゲームしてさー。あんなに遊んでたのにきっかけって覚えてないよね。いつの間にか仲良くなってたっていうか。不思議だね~。あっ、あれメイトかな?」
「うん。」
(あれ?)
「女を腐らせたきっかけは覚えてんの?」
「うっ!頭が…。」

オタクというのはなろうと思ってなれるものでない。気が付いたらなってるものだと、げんしけんで学んだ。
「まあ適当に寛いでて。」
「何かさ、私さ、人ん家あがるとついその家の匂い嗅いじゃうんだよねー!」
(何言ってんだ私。)
「部屋ではあんまり吸ってないけど臭う?」
(ほら宏嵩困ってるよ!)
「そうじゃなくて宏嵩の匂いっていうかその人が生活してるんだなって実感する空気っていうのかな、いい匂いがする友達ん家とかなかった?」
「ん?待てよ?俺そもそも友達いなかったから人ん家行ったことないわ。」
(うわ…地雷踏み抜いた…。駄目だな何緊張してんだろ私。男の人の家初めてじゃないし…宏嵩ん家で毎日みたいに遊んだころとは違うんだ。)

ロリショタ回想。
【ねえディクシー弱くない?助けて宏嵩君。】
【まあ確かにディディーの方がジャンプ力はあるけど弱いのは成海ちゃんが下手だからだよ。】

ドソキーユングだ
「成海、シャワー浴びる?」
「えっもう!?」
「えっ汗かいてるでしょ?はいビール。」
(落ち着け私何をビビる必要がある?相手は宏嵩だぞ。起きてる時と目を開けて寝ている時の判別が難しいことに定評のある宏嵩だ!家に呼んですぐ何かするだとか、そんな気も度胸もないことは…。)
(成海は思い出した。宏嵩も男であることを。そして下着はベージュであることを。)

樺倉と花ちゃんがログインしてきました。
「すまん。残業してて遅くなった。」
「お疲れさまです。もう始めちゃってますよマリカー。」
「お邪魔しま~す!なるお疲れ!同僚の家でお泊まり会だなんて学生時代みたいでワクワクするね!」
「えっ?お泊まり会?」

ということで夜戦回避
「ねえ二藤君、そっちは寝室?お宝探していい?」
「お宝?」
「そう。独身男性一人暮らしの部屋に必ずあるやつ。」
「いいわけねーだろ!」
「いいっすよ。」
「いいんだ!」
「怖いもんなしかお前は!?」

いつかアニメイト行ったときは電子書籍派とか言ってた。紙媒体じゃないから見つかるリスクはなしか!
「樺倉先輩~宝探し一緒にしましょうよ~。」
「悪いが同じ男としてそれはできない。」
「寝てろ腰抜け。樺倉なんかほっといて二人で探しましょう。」
「眼鏡叩き割んぞテメェ!」
「じゃあまずベッドの下ね。マットレスの裏にはない?」
「ないです隊長!」
「なら次はクロゼットオフシーズンの服の間とか…。」
「ないです隊長!」
「はな…小柳?おま…お前まさか俺の部屋でも!?」

そんなお約束な場所にはないと思うぞ。
「そもそも私、二藤君の考えが読めないのよね。性格がよく分からないから隠し場所の見当もつかないわ。」
「あいつ顔に出ねーからな。」
「何も考えてないのが宏嵩だから案外普通に本棚に並んでたりして。」
「なると二藤君は幼馴染だっけ?」
「うん小中と学校が一緒だったんだー。滅多にに笑わない無愛想な男だけどあれでも二人が来てくれてメチャクチャ喜んでるから。」
「もういいだろ。見つからないってことは物がないってことじゃねーの?電子書籍とか。」
「有り得ない!如何にデジタル化が進んだとしても紙媒体の娯楽文化は衰退しない!」
「情緒を重んじる日本人の象徴とも言える私たちヲタクという人種がエロ本の一つも所持してないなんておかしいでしょ!」

斑目さんは三次元のエロ本持ってないよ。
「おかしくなってるのはお前だよ!」
「いいえ日本の心を私たちが忘れてはいけないのよ!」
「分かった。お前、眠たいんだろ?」
「きっとリビングひょっとしたらキッチンかも!」
「おい!」
「あっこれは!昔懐かしのおもちゃにカードゲーム!よくルール知りもしないで交換やバトルしまくったなー!まさに思い出の宝石箱や~!ハッハッハ!」
「ホントだ超懐かしい。」
「宏嵩?風呂早くない!?」
「そう?俺シャワー派なもんで。」
「ホント懐かしいね。私も友達の真似して集めたけどどこやったか覚えてないや。しかし宏嵩は昔から宏嵩だったというか全部強キャラばっか。」

バトル鉛筆とか懐かしい
「それさ…、交換した奴。俺があげたのは雑魚キャラだったんだけど強いものより可愛いものが欲しいからいいんだって。多分…それがきっかけ。」
再びロリショタ回想
【交換?いいの?】
【じゃあ交換ね。】
【ありがとう!】
(いつの間にか仲良くなってたっていうか。)
「成海は俺と違って友達も趣味も昔から多かったし大事なものが他にも沢山あったんだから覚えてなくても仕方ないよ。」
「私、宏嵩とはフェアでいたいの!」
「えっ?ごめん何言ってんのか分かんない。」
「宏嵩にだけは飾ったり我慢したりしたくないし、して欲しくもないの。なのに仕方ないって諦められると寂しいっていうか悔しいじゃん。もしちょっとでも私のことヒドい奴だと思ってるなら我慢しないで一発殴ってくれていいから。」
「分かった。」
「えっ?」
「オ…オーケー分かったいいよやるがいいよ。別に宏嵩如きの一撃なんぞ蚊に刺された程度のダメージだしマジでいやむしろ蚊の方がいくらか強いし。あっでもさ!いや手首痛めたらゲームするときに支障が出てしまうと思いま…。」
「口、閉じた方がいいよ。」
「はい!」

爆ぜろ!リア充!
即ち、チューしやがった。

「…何で?」
「フェアでしょ。…怒った?」
「いや、怒ったって言うかさ…驚いたわ。全然そんな雰囲気じゃなかったっていうのもあるけど、宏嵩でもキスしたいとか思うんだって…。」
「まあ俺も男だからね。」

20180501part4.jpg
「あ~そうね。おっきいおっぱいが好きだもんねー。」
「んっ?待って何の話?おい、何で女の子のフィギュア壁向いてんの?」
「おっぱい好き?」
「当たり前だろ。」
「ねえ花ちゃ~ん!」

こっちもこっちでイチャついてた。
リア充爆発しろなごちそうさまイベントだな。
スポンサーサイト
2018/05/01 17:14|ヲタクに恋は難しいTB:1CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
ヲタク恋は難しい #03 『即売会とゲーム会』
聖戦の準備が思うようにいかない桃瀬成海に 二藤宏嵩は、援護。 おお、入稿まであと3時間しかないのに まだ完成していないとは、大丈夫なの? ビックサイトに先に到着した二藤宏嵩。 桃瀬成海は、どうしたのかな? おっと! カチューシャを装備しての出陣ですね。 そして、小柳花子もイケメンになって参戦していたのね。 でも、樺倉太...
奥深くの密林 2018/05/01(火) 21:01

トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1632-7a8a8c7a


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.