Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


魔法少女俺 第4話「魔法少女☆対改造人間」

20180426.jpg
ライダーらしきヒーロー参上。
「魔法少女…魔法少女…魔法少女…!」


20180426part2.jpg
「おはようございまーす。」
「魔法少女さん入りましたー。楽屋はこちらになります。あれ?まだお二人は到着されてない?」
「いやいやいやいや…。」

トイレにて変身。毎回これ言わないと変身できないのだ。ww
「私は!御影桃拾ちゃんが大好きだー!」
「私はさきが…好きー!」
「魔法少女…男?」
「男だね…」
「男だよね…」
(ひょんなことから魔法少女アイドルとしてデビューを果たすことになった私達。人生初のテレビ収録に来ています!憧れの現場に胸が落ち着かないよ~。)
「周りの目が痛い…。」
「どんまーい。」
「ふうん。あいつらが噂の。」
「あら。かわいいじゃない。」
「プリズマさーん。リハお願いしまーす。」
「はい!よろしくお願いします!」

身バレ?
(しかも…。)
「大好きだー!」
(親友の桜世は私の事が好きだと世間様に判明して…一体…どうなってしまうのやら…。)
「女装?」
「肉の圧がすごい…。」

ウホッ
(周りの目が痛い…確かにアイドルになりたかった…なりたかったけどなんか違う!)
みえた!
が、全くうれしくないパンチラ

(いや…いい事だけ考えよう…今日は撮影があるって言ってたし…桃拾ちゃんに会えますように…桃拾ちゃんに会えますように…。)

20180426part3.jpg
アバンで登場したライダー出てきた。
「ほう。臆せず来たか。俺が何故貴様の正体を知ってるか気になるようだな。」
「どうしてわざわざこんな所に?」
「その奇妙な格好…やっぱり妖魔?」
「違う!俺は改造人間だ!貴様の素性は俺のスーパー覆面システムによってすべて割れている。ちなみに他にもチャリンコを超高速でこいだり、超高速で服を着脱したりといった超人技を使えるよう改造されている。そうさ…俺がこんな体になってしまったのは悲しい過去がかくかくしかじか…。ん?貴様!今俺の事を「やだ電波~」とか思っただろ!なんだお前こそ女装男のくせに!わかるのだぞ?このイーグルアイで~。そこを突かれると痛い…。」
「だって…急には信じられないっていうか…なんか胸んとこ藤本って書いてあるし…。」
「フン。小賢しい奴め。これはな。俺の本名!」
「だから何!?」
「仕方ないだろ!俺は貧乏なんだ!俺だってほんとはかっこいいスーツ欲しいんだよ!」
「す…すんません…。」
「いいか!俺は貴様よりずっと以前からこの町の平和を守ってきたのだ!いわば先輩なのだぞ!もっと敬え!無論最近妖魔が御影桃拾の周辺に多く出没しているという話も知っている。だからこうして巧みに変装して奴を警備していたのだ!」
「それって…私達の味方ってことですか?」
「自惚れるなー!いいか?ヒーローとは孤独で硬派であるべきなんだ!それを魔法少女などとチャラチャラ軟弱で許し難い~!」

メンドクサイ奴だな。
「おーいさき…魔法少女俺ちゃん!大変だよスタジオに…あれ?こちらは?」
「あ…えと…改造人間の…。」
「藤本一郷だ。」
「あそう。それよりMステの収録中に妖魔が!」
「ちょうどいい!俺の勇士を指をくわえてみてるがいい!」
「俺ちゃん達も早く行って!せっかく初めてのテレビ出演なのに活躍の場取られちゃたまんないよ!」
「うおぉ~!スタジオが一転してヒーローショーの様相に!」
「今助けに…。」
「手を出すな!俺がすべて倒す。ここから最後の…ショーターイム。変身!」

金的金的。ww
「ボケカスタコ!オルァ!お前もきばらんかい!」
20180426part4.jpg
少女撲殺中…
モザイクモザイク。
血しぶきドクドクドクロちゃん

「ふー。なんか今回は楽勝だったね。」
「お前ら成長したなぁ…もぐらたたきの名人みたいやったぞ。」
(いけない!戦う度に私の中の大事な何かも死んで行ってる気がする!)
「よっしゃ!じゃあ今日はご褒美に特別な情報でも教えたろか。実はな、この杖のここ。今まで倒した妖魔の血液なんや。敵の血を吸うステッキやで~。」
「特に知りたくなかった…結構いっぱい吸ってんな…。」

血を吸うと何があるんだよ!呪いのアイテムになるとか?
「おい~!俺を無視するな…。」
「生まれたての小鹿みたいになってる…。」
「うるさい!馬鹿にするなよ…。」
「ひゃ~!痛~!」
「なぜだ…貴様なぜ俺を助けた!俺は貴様の敵だぞ!情けでもかけたつもりか!」
「なんでって…困ってる者を助けるのも正義、ですよね?」
「貴様…よくも…俺の台詞を~!」
「おお。桃拾のために仕方なくやってるんやと思っとったけど少しは魔法少女らしくなってきたっちゅうことか。」
「両方じゃない?さきはそういう子だから。昔から。だからって惚れんなよ三下ァ!!」
「誰が惚れるかくそ!三下って言うな!フン。今回は俺の負けだ。だが礼は言わんぞ。おい!アホ毛でアホそうな魔法少女!貴様、先代の若い頃にそっくりだな!さらば!」
(先代…そんな前からこの町を守ってたんだ…。ていうか…あの人何歳なんだろう…。もしかして中身すげーおじいちゃんだったりして…次に会った時はもっと労わろう。めっちゃカメラ回っとる~!!)
「実は僕がカメラ回すよう頼んどいたんだ~てへぺろ。」
「え?放送されとんのかいこれ!」
「こ…この筋っぽい方は一体…。」
「ああ。妖精の…。」
「ココロちゃんやで。」
「かわいいっすね…。」
【一度ならず二度までも助けて頂き本当にありがとうございます。本当に。】
「い…いや…あの…その…。」
「ご覧ください皆さん!あの桃拾が魔法少女に礼を述べています!」
「桃拾があんなに懐いて…。」
「それにさっきの戦いぶり…。」
「まさかほんとに…。」
「本物の魔法少女だったんですか!?」
「ネタ作りとかじゃなく?」
「いつから?」
「仕込みじゃないの?」
「桃拾さんは以前から彼を知っているようでしたが…。」
「え!一度助けてもらったことがある!?」
「みなさん!これが次世代のスーパーアイドルの姿です!」
「え…。そうです!あなたの!魔法少女です!
「ふふ。あ~やっちゃったな。」

なにか意味深な一言で終わった。

20180426part5.jpg
Cパートに藤本さん紹介。
(藤本一郷の朝は早い。世の中の平和を守る彼に休みの二文字はない。これがプロフェッショナルというものだ。)
「貴様!今その御婦人の財布を盗んだろ!」
「見られてたなら仕方ねぇ…。」

刺しやがった。ブラックコンドルなら死んでいた。
「く…くそ!覚えてろよ!」
「大丈夫か?ご婦人。」
「いやぁ…わしよりあんた…腹からなんか出てないかい?」
「おっといかんいかん。パーツが取れてしまった。研究所で直してもらわねば。
一郷。ただいま帰還した。働いてるな…弟達よ。」

量産型?おそ松?六つ子?
職業アニメーター
研究所=アニメスタジオ
スポンサーサイト
2018/04/27 06:15|魔法少女俺TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1627-95d17585


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.