FC2ブログ
Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


ヲタクに恋は難しい 第2話「恋人?始めました」

20180420.jpg
孫悟空、始めました
もとい
恋人?始めました

寝起きにとりあえずゲームは基本。
お湯沸すもコーヒー切らしてた。んで朝食がゼリー状のカロリーメイト。そして出勤。



「えっ?なる、あんた二藤くんと付き合ってんの!?」
「声でかいよ花ちゃん…まあ一応…。」
「何それ?」
「だって宏嵩だよ?今更ときめきもきらめきもないよー。」
「えっ?二藤、お前桃瀬と付き合ってたのかよ。」
「そうっスね、まあ一応。あいつ、最近幻のポケモン並に逃げるんスよ。」
「何したんだ?」
「まだ何も。」
「付き合ってん…だよね?」
「樺倉さん、あんな所に細かすぎて伝わらないモノマネ選手権の穴ありましたっけ?」
「お前のギャグが伝わらねーわ。」
「何?ケンカでもしてるの?」
「いやー何となく気まずくて…。」
「だったら普通にしなよ鬱陶しい。」
「花ちゃんのそういうとこ嫌いじゃない…。」
「訳もなく避けてちゃ可哀想よ。なるに嫌われたんじゃないかって二藤くん傷ついてるかもよ。」
(そうなの?宏嵩…傷ついて…ないわ。)
「あれのどこが傷ついてるって!? 一体誰が可哀想って!?」
「か…冬月かな。」
「合ってる!」
「何だ?ケンカしてんのか?」
「いえ別に。俺ギャルゲは専門外なんで分かんないです。」
「すぐにゲームに例えるのをやめなさい。」
「しかしあの桃瀬が…仕事もできず胸もない、笑顔が可愛いだけが取り柄の桃瀬があんなに塞ぎ込むなんてな…。」

仕事もできず胸もない。ww
恋人になりたてでお互い意識してるというやつか?

「やっぱり一般人にお前みたいな重度のゲーム廃人の相手はキツかったか。」
「ですかねー。」
(成海の擬態相変わらずパーペキwwwワロリンヌwwwww)
「二藤、仕事に支障が出る前にきっちり話つけてこい。」
「なるほど。個人イベントで親密度アップを図るっていうギャルゲの定石っすね。」
「だからすぐゲームに例えるのをやめなさい!俺もギャルゲは知らねーよ!」


20180420part2.jpg
「まあまあ二藤くん、気持ちは分かるけどなるが怯えてるから。私からも言っておくからもう少しだけ待ってあげてくれないかな?」
(メシア!)
「待て小柳、これは二藤と桃瀬2人の問題だろうが。部外者が口を挟むな。」
「お前が言うな馬鹿倉!」
「何か言ったかブス!だいたいテメーは昔っからすぐ出しゃばってきやがって!女子の典型か?うっぜ!」
「あんたこそすぐいらんお節介焼きたがる癖をいい加減なにとかしなさいよ!周りの迷惑も少しは考えていい年なんだから!」
(説明しよう!樺倉太郎と小柳花子は高校時代、バレー部の主将同市狭い体育館を取り合って熾烈な争いを繰り上げた一触即発・犬猿の間柄なのだ!…二人は極まれに存在する運動できるタイプのヲタクである。)

犬猿の間柄でありながら付き合っているとか、どんだけー

20180420part3.jpg
「ヒロインが一番可愛い。異論は認めん。」
「よろしい…ならばクリークだ。」
「女って不思議だよな。何で自分の一番を他人と共有したがるんだろうな?いいじゃん、推し被んなくて。」
「女が不思議っていうより彼女らがタカ派なだけなんじゃないっスかね。」
「ん?どうしたの?宏嵩、樺倉先輩。」
「仕事は?」
「えっ残業ですが何か?」
「毎度の残業キャラ乙。」
「これから飲みに行こうかと思ってたんだけどな。」
「えっ!?奢りですか?」
「お…おう。昨日はその…恥ずかしいとこ見せちまったしな。」
「誰のせいよ。」
「オメーだろうがっ!」
「とにかく残りの仕事ちょっぱやで終わらせまーす!」
「ご褒美あるとやる気出るよな。」
「やればできるのよねー。」
「あっ…すみません!今日私本屋に寄りたいんで、後で合流しますね!」
「あら、本屋なら私も付き合うわよ?まだ時間も早いし。」
「あっ、じゃあ折角だしみんなで行きます?」
(こうして一同は飲みに行く前に本屋へ向かうことになったのである。そう…本屋へ。)

お約束のアニメイト!基本ですね。
「油断した…本屋っていうから完全に油断した…。」
「ん?本屋じゃないっスか。」
「俺たちに優しい方のな!聞いてはいたけど桃瀬、本当にこっち側なんだな。」
「お前よりよっぽどだぞ!」
「今日発売の限定版がどうしても欲しくて!」
「はいはい…そこら辺はよく分かってるから早くレジ済ませてこい。」
「ついでだし私も何か買おうかなー。」
「じゃあ一緒に見て回ろうよー!」
「ええっ!?おい早くしないと飲み屋混みだすぞ。」
「大丈夫です!すぐ終わりますから!」
「というわけでちょっと花ちゃんお借りしますね!30分後にレジ前でー!」
「えっ?俺こいつと?こんなことなら先に居酒屋入って待っとくべきだったぜ。」
「あれ?樺倉さんってこういう系嫌いでした?」

ゆるゆり
「は?好き。」
「何でキレ気味なんです?」
「こういう店が嫌いなんじゃなくて、仕事のカッコのまま来たくなかったって言ってんだよ。」
「何でです?」
「えー、そりゃあ…会社帰りに漫画買いに来たガチヲタ感が恥ずかしいっていうか…。」

逆に私服で来るほうのが恥ずかしい気がする。
「お前何でついてくんの?肩口から覗いてんじゃねーよ!自分の買うもん見てこい!」
「いやー俺、漫画は電子書籍で買ってるんで特に欲しいものないんスよね。」

分かる。紙媒体は置き場所に困るし、誰かに見られると何か言われるからね。
「成海と来たときはいつも後ろ歩くんで、その癖でつい…。」
「でも樺倉さんだって一緒に来ることあるでしょ?小柳さんと…。」
「来るわけねーだろ。」
「何その意外そうな顔。」
「俺は基本的に買い物は一人でゆっくりしたいんだよ。好みのジャンルも違ーし。」

一人でシたいだと!?
「こっそり買いたいジャンルはありますね。」
「そっ、そういう意味じゃ…。」
「ないんですか。」
「ないこともねーけどよ…。」

本当に好きなジャンルは隠したがるの分かります。
「でも確かに別行動するのがお互いの為だと思います。」
「こっそり買いたいものはあっちにもあるでしょうし。」
「…花ちゃん、それ当たりです。」
「買うわ。」
「それ系の受けが好きならこの辺りもオススメ。」
「ほう…全部入れといて。」
「なるがいるとBL本買うのに迷わなくて済むから有り難いわ。」
「恐縮です。」
「あと雑誌もちょっと見ていいかな?」
「雑誌コーナーこっちだよーいやぁ嬉しくててつい。」
「嬉しい?」
「私、今まで友達にもヲタクって隠してきたんだよね…だからこういうことするのずっと夢だったんだ。互いの性癖を語り合った魂の戦友と至高の一冊を追い求めること!」

腐女子同士の同盟が結ばれた!
「え?帰るんスか?飲みに行くんじゃ?」
「ごめんねー二藤くん思ったよりたくさん買っちゃって。」
「まったく…そこまで言うなら仕方ねえなー。」
「私も帰って勉強しなきゃ。」
「それじゃ解散!」
(これだからヲタクは…まっ俺もか。帰ってゲームしよう。)

そりゃ、自分の世界の方が誰かとつるむより楽しいからね。分かります。
(昨夜は買った漫画読み過ぎて寝不足だわぁ…。なるも昨日遅かったみたいね…。突然のデレにときめきを隠せず無様に狼狽えるがいいわ!打ち返されたよ…微笑みの爆弾。はぁ!?何!?何よ今の…何よ今の!ムカつく!樺倉の分際で!)
(何か知らんが機嫌いいなあいつ。さてはやっとうんこ出たんだな。よかったよかった。ウインクの練習してる!)
「出来てねーよ!」

ただヲタ同士がアニメイト行っただけで終わった。
恋人らしいことはせずに広げよう同性の輪。(女の方は広がった。男の方はよう分からん。)
恋よりも趣味が大事なのは分かります。仮にヲタ同士恋人になってもお互いに自分だけの時間は絶対必要。
スポンサーサイト
2018/04/20 17:25|ヲタクに恋は難しいTB:1CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
ヲタニ恋は難しい #02 『恋人?始めました』
二藤宏嵩は、自宅に色々なものを装備していますね。 部屋は広そうだし、インテリアは良いものを持っている。 もしかして、ヲタなのに資金をグッツ等に 継ぎ込んでいないのね。 桃瀬成海は、二藤宏嵩と付き合っているのに 咲けているのは、何故? 照れくさいから? それとも、二藤宏嵩と付き合っていることで どっかのお局様に嫌がらせをされて...
奥深くの密林 2018/04/21(土) 12:39

トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1622-5e176624


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.