Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりDVD鑑賞でもしてるほうがいいと思う。
出かける場合はお1人様の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
1人外食
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


魔法少女俺 第2話「魔法少女☆オレ」

20180410.jpg


(前回のあらすじ。変身したら男になった!)
忙しい人向けのあらすじ乙です!
「いやいやいや!これ違うよね!?」
「なぁに?もっとネイチャーな日本語で話してくれないとわからないコラー。」
「なんでいきなりマスコットらしくなってんの!?」
「せやかて戦闘には男の体の方が適しとるやろ?なんやおかしいこと言うとるかわし?」
「まさかの現実論!じゃあ服は…。」
「魔法少女なんやからかわいい方がええやろ~。」
「矛盾!せめてどっちかに合わせるとか…。」

男に合わせるとパンツ一丁でレスリング始めるけどいいの?
「なんでこれでOK出たの魔法界!」
「ナウいやん。」

ナウいベーコン
「何が!?これじゃボインボインはボインボインでも筋肉バインバイン!」
(なんという寒々しい空気!とても魔法少女の初陣には流れない空気が流れてる。そしてそれより何より…桃拾ちゃんにだけはなんとかして正体をごまかしたいという気持ちで私の胸は溢れている!どうする!?どうするこの状況!?どうする私…。)
「はーっはっはっは!俺は!正義の!通りすがりの魔法少女(男)!妖魔を倒すために旅をしてるんだぜイェアー!」
(卯野さきは正体を偽るため己を偽ることを決めた。もうやだ早く帰りたい。)


20180410part2.jpg
お約束のキラキラステッキ。
「覚悟しろよ妖魔達!この魔法の餌食にしてくれる!」
シーン
「あの…これ何か機能とかは?」
「ま、ただの棒やからの。殴るしかないやろそれで。頑張れ魔法少女!根性見せてみい!」

生き残るすべはただひとつ 肉 体 言 語 ♪
「こ…こんなの全然マジカルじゃないよ~。」
「ファンシーなのは威力以外ってのがこの業界の鉄則や。どや?マジカルやろ~。」
「厳しい!厳しすぎる!イメージとリアルの齟齬が激しすぎるよ~。芸能界よりもビックリだよ魔法界には~。もちろん芸能界だって深い所は何も知らないけど~。」
(戦いに夢中ですっかり忘れてた~!引かれた!?引かれたよねこれ絶対引かれた…。)

ポッ。
(何この好感触!?)
「お名前は?」
「え!?名前!?名前ねぇ…俺は…俺。俺は、俺ですよ!」
(大丈夫だ~!うまいこと勘違いしている!結局八度見ぐらいして帰って行ったな…そんな妙に律儀な所も好き!)

正体不明の魔法少女に惚れるお約束。

20180410part3.jpg
ジャーマネと桜世に魔法少女俺の身バレ。むしろ歓迎されてる。
「よ~し!今日は魔法少女俺の誕生日を祝して飲み会だ~。」
「え?この格好のままで?」
「あ~でも君達は未成年だからお酒は駄目だよ~。」
「はーい。」
「その代わりアップルジュース飲み放題~。」
「わー。」
(もう後戻りできない。この時さきはようやく痛感した。)


20180410part4.jpg
妖魔再度発生。
「あ~…二度目の変身にして少し馴染んできてる人の身の順応性が憎い…。」
「人間それも大事っちゅーこっちゃのう!」
「うーし。なんとか先回りしたみたいやの。」
「で、今回の敵はマッチョ何体?」
「今回の敵なぁ、あれや。」

触手触手。いい男じゃねえか、下半身以外は。
七英雄の一人スービエ?

「なんかアタッチメント付いてるんですけど!!」
「まー触手系の妖魔やからのう。」
「今回なんか全方向から気持ち悪いよ~!敵から味方からとんだ四面楚歌だよ~!」
「わしは愛くるしいやろが!目ぇ腐っとんのかオラァ!」
「一体どこからその自信が…?そしてまさかのマジギレ?よーし早く倒しちゃお!ココロちゃんさん武器を!」
「ごめん。まさか連日妖魔出ると思ってなくて持ってきてない。」
「え~!?じゃあどうすればいいの!?」
「なんとかパンチとか?ヒップパンチでなんとかせぇや。」

言葉で分り合えないなら拳で分り合えば良いじゃない
ならば肉体言語にて語るまで!

「よーし今だヒップアタック!」
「今尻を突きだしてもみじめな未来しか待ってないよ!」

魔法少女でお約束の触手攻め。しかし全くうれしくない描写だ。ww
(動けない…。このままじゃ攻撃どころじゃ…。そして変身しててよかったんだかとにかくいろいろきっつい!駄目だ…こんなんじゃ桃拾ちゃんが…桜世にだってまだ謝れてないのに…。このまま…このポーズのまま主人公が負けて終わっちゃうの?こうなったらこいつを尻に巻き込んで括約筋でねじ切るしか…。)
(この感じ!)
「おーい!そこのおっぱい!お前できんのか!ならば叫べ!お前の!ラブパワーを!」
「私は…私はさきが…好き!!」
「2人目、誕生。」

んで2人目の魔法少女が誕生したところで次回お楽しみ。
(卯野さきです!なんとか妖魔を倒せたけど新たな敵が現れて超びっくり!しかも桜世まで変身するなんて…。次回!魔法少女☆増えた!筋肉の光は愛のメッセージ。)
変身前は百合で、変身後はガチホモになるの?
さあ一緒にレスリングしよう!
スポンサーサイト
2018/04/11 03:23|魔法少女俺TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1613-205ca044


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.