Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりDVD鑑賞でもしてるほうがいいと思う。
出かける場合はお1人様の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
1人外食
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


こみっくがーるず 第1話「アンケート ビリですか!?」

20180406.jpg


「え!?アンケートビリですか…。」
「はい。ビリです。」
「読者の意見として絵が下手、キャラが萌えない、ストーリーがつまらないなど。あと、ここまでリアリティのない女子高生は初めて見た。作者はもう少し現実を見てと…。あ、もしもし?聞いてます?もしもし?かおす先生?」
「女子高生なのに…。」

現役JKなのにリアリティないとか酷評過ぎんよ。
「実はまだありまして、タイトルから惹かれない、展開が読める、正直微妙。」
「今までお世話になりました…。」
「ちょ…待ってください!」
(この子はメンタルが弱すぎる…でも独特のセンスがある…だけど一人じゃ続けられない…。)
「かおす先生!もし興味があれば…。」
「女子漫画家寮…?」
「はい。恋塚さんは少しマイペースすぎるので他の漫画家さんに会って刺激を受けてほしいんです。」
「すぐにとは言わないので少し考えて…。」
「行くー!」

即答
「いやあの…少しは考えて…。」
「行きます!漫画家さんだらけなんて楽しそう!」
「でも親御さんの同意も必要だし…。」
「あ。ママ?あのね~…。わ~楽しそう。いいんじゃない。だそうでーす。」

ママン軽過ぎるよ。

20180406part2.jpg
「編集部…近い…。私にはまだまだ遠い所ですが…でも!が…頑張らないと…漫画家続けたいですし!ここかな?ド新人立ち入り禁止だったらどうしよう…。」
「あら?お嬢ちゃんどうしたの?」
「ひ~!」
「迷子になっちゃった?」
「いえ…ここって文芳社の…。」
「あら?誰かのファン?駄目よ~勝手に入って来ちゃ。」
「あばばばばば…。」
「ごめんなさいね。高校生が来るって聞いてたから。最近若い漫画家さんが多いけど小学生までいるのね。」
「私高校…。」

虚弱体質の上、コミュ障のようじゃの。
「ここはね。連載持ってる先輩達もいるからあなたも頑張って。小学生のうちに声かけられるなんて将来有望ね~。」
「あの…私高校…。」
「古い建物なんで驚いたでしょ?リフォームしてあるから部屋は綺麗なんだけど。1年後には建て直しする予定なの。あなたが最後の寮生になるかもね。さ、あなたの部屋はここよ。頑張ってね。」


20180406part3.jpg
「だらだらしてる人がいる~!誰かいます!」
「うん。相部屋だから。」
(聞いてない!知らない人と同じ部屋なんて…。)
「私少女漫画家の小夢!よろしくね。」
「あばばば…お邪魔してすいません…。」
「気を使わないで。私も今日来たばかり。」
(なのにそこまで!?)
「お名前は?」
「も…萌田薫子です…ペンネームはかおすで4コマ漫画家を…。」
「かおすちゃんっていうんだ!ちっちゃいかわいい!ドーナツ食べる?わ!ごめん…ドーナツ嫌いだった?」
「違うんです…あの…こんな風に話しかけられたの初めてで…。このドーナツ忘れないように1万回ぐらい模写してから食べます~。」
「ほんとかわいい~。」
「でも漫画を描く上でこの体系は不都合です…自分がちんちくりんだからスタイルいい子が描けないんです。」
「これはこれでかわいいよ!」
「萌えるからだって大事なんです!前にモデルやってる8頭身美少女キャラを出したくて描いたんですけど…パニックの末こうなりました。」

作画崩壊。ww
「大パニックだね!」
「小夢さんは絵の事担当さんに言われたりします?」
「するする!聞いてー!」
「かわいい!どこが駄目なんですか!?」
「女の子の絵は褒めてもらえるんだけどね~、男の子描くのちょっと苦手なんだよね~。」

作画崩壊part2
「怖…いえ。個性的ですね。」
「女の子描くのは楽しいけど男の子はあんまり乗らないんだよね~。担当さんに恋したことないんじゃないの?って言われてズバリ図星。」
「あ!私も…あまりにも人間描けないけどちゃんと友達いますか~?猫とか虫とかしか話し相手いないのでは~、とか言われて…。」
「ズバリ図星!」
「図星じゃ仕方ないよね~。」
「編集さんってすごいですよね~。」
「それでこの寮に入れば勉強になるんじゃないかって勧められて。」
「私も私も!」
「でも…私この先生き残れるのか不安なんです…。」
「そんな風に言われると私も何だか不安に…。」

wwwwwwwww

20180406part4.jpg
「もしかして今日来た新人の子達?」
「もしかして漫画家の先輩ですか…?」
「先輩…。」
「生き残ってたんですね!」
「先輩~!」
「どういう精神状態かしら…?」
「私は色川琉姫よ。」
「私は勝木翼。」
「2人とも連載作家さんなんですよね!?どんな漫画描いてるんですか?」
「私は激熱の少年漫画を。こいつは工口マン…。」
「ちょっとつーちゃん!」

エロマンガ描くときは全裸になったりするんですか?
「こんな小さいこの前でやめてよね!」
「私高一です…。」
「え!?高一!?見えない…。」
「よ…よく言われます…。」
(ちっちゃくてかわいい…着ぐるみとか似合いそう。森に暮らすうさぎさん!今日は森のみんなでお茶会なの。しかしそれは狼の罠。)
「そっちに行くな私の馬鹿~!!」
「気にするな。職業病だ。」
「ていうかなんで泣いてたんだ?」
「デビューできたけど人気出ないんじゃないかって不安に…。」
「人気なきゃ描く意味ないって思ってるのか?」
「そんなことないです!漫画描くのはずっと好きで…。」
「じゃあいいじゃん。自分の理想に近付くには描き続けるしかないと思う。」

その理論でいくと、編集さんの言われるまま描くより自由に描ける同人誌の方が良いという真理。
「いや!描き続けるしかないのだ!己の理想に近付きたくば!」
「わ!言い直した!」
「倒置法でぐっと決めゼリフっぽくなりました!」
「かわいい!初々しい!」
「るっきー好きそうだよね。あのちびっこ。」
「つーちゃんだってノリノリだったじゃない。」
「まぁ楽しくなりそうだよね。締切りじゃなきゃもっと話せたのに。」
「先輩かぁ…。」
「同い年なのになんかおかしいよな。」
「相当老けて見られてた感じね…。」

てっきり初期の頃のひだまり荘だと思ったし!薫子なんてゆのっちみたいなバッテン付けてるし。
(想像してたより恐ろしい所ではなさそうです。みなさんいい人達だし。でも私やっていけるでしょうか…。)
「はーいご飯できたわよ。」
「じゃあかおすちゃん呼んできますね。」
「あ、いいのいいの。」
「かおすちゃん。ご飯よ。」

そこと風呂場がつながっているとかどうゆう構造だよ!

20180406part5.jpg
先輩(同い年だけど。)の仕事の様子をば見学。そして気が付けばアシやってる。
「プロの先輩の部屋見てみたいな~と思って!」
「いいわよ。さ、入って。」
「翼さんの机漫画家っぽ~い!連載少年漫画家さんかっこいい!」
「そうか?」
「つーちゃん今夜締切りだからバタバタなの。」
(プロっぽい!)
「それに先輩ポニーテールメガネ!」
「お仕事モードですか?」
「素敵です!」
「どうしてベッドの下を…?」
「いやらしい本とかDVDとかないね。」
「資料とかどうしてるんでしょう?」
「琉姫さん!このいかがわしい制服は何?」
「学校用だけど!?」
「そういえばうさぎは生殖本能が強い…。」
「だからどうしたの!?」
「ではずばり!いやらしい漫画描くのにいやらしい資料はないんですか!?」
「は!?」
「小夢さん!偏見は失礼ですよ!琉姫さんは本人がいやらしいから資料いらないのかも!」
「かおすちゃんはかおすちゃんで酷い…。」
「だぼっとした服着てるからわかりにくいけどすごく胸が大きいんですよ!」
「なるほど…どれどれ!あれ?琉姫さん割とパッド多め。」
「あわわ…どうしよ~!」
「描かないで!」
「頑張ってAって感じだった…。」
「小さめ!意外です!」
「胸小さいのにいやらしい漫画描いてたらおかしい!?ねぇおかしい!?」
「いえ…。」
「すみません!」
「ほんとはほのぼのとした動物さんの漫画描きたかった…。」
「そうなんですか?」
「るっきーは元々幼児向けに持ち込みしたんだ。」
【絵柄が大人っぽいから別の雑誌紹介するね。天才的に色気があるわ。特に巨乳がうまいわね!巨乳主人公で連載狙おう!】
「そして爆乳♥姫子というペンネームをつけられ…。」
「それは言わないで!」

名は体を表さない。
知らぬが仏じゃな。

「私も最初は悩んだけど…でも応援してくれるファンがたくさんいると知って…今はやり甲斐を感じてるわ。」
「でも苦手を乗り越えて連載取るなんてかっこいいです!」
「かっこいいかな…胸が小さくても…。」
「それはむしろありがたいです!」
「目が輝いてるな。」
「ていうかつーちゃん締め切りなのにごめん…手伝うね。」
「あの…よかったら私達もアシスタントさせてください!」
「わ…私も!」

お約束の失敗やり出す。こち亀とか日常で見た。
(ど…どうしよう…ほんと私も頑張らなくては…いつもデジタルだからベタ塗るだけでも時間が…。どうしよう…原稿汚しちゃいけないと思うと手が…。)
はみ出た。
(だ…大丈夫…気付かれないよう綺麗に修正して返せば…。)
すいませんでした!描き直しお願いします!と正直になれや。
ゆっこや両津のような誤魔化しはあきまへんわ。

(駄目です~!どうにかしようとすると被害が拡大して…消えたい!謝って許されることじゃない…。)
「かおす。このページも頼む。」
「は…はい!」

てめえは絶対に許さんというタイムリーなセリフ。ww
「なんか遅いと思ったら…。」
「大事な原稿を…すみません…せめて遺書を書く時間をください…。」
「問題ない。こんなの見ていろ!ダークネスデストラクション!」
「つーちゃんは集中モードになると自分の漫画のキャラになりきっちゃうのよ。」

それを中二病と言う。
「なんだかすごいです!」
「素敵!王子様みたい!」
「王子ではない。我は魔族に生まれし暗黒の勇者!」
「いいから早くペン入れて。」
「了解だ。はぁーっはっはっはっはっは!」
(頑張らなくちゃ…みんなすごく真剣…本当に漫画描くのが大好きなんだ…ここにいたら私もちゃんとした漫画家になれるかもしれない!)
「あばばば!また…。」
「大丈夫だ。またすぐに修正する。」
「すみません翼さん…私みたいなのが手伝ったせいで…。」
「弱音は終わってから言え!」

テライケメン!
「おわた~。」
「なんだか結局ほとんど翼さんがやったような…。」
「役立たずですいません…。」
「それにしてもよく寝てます。」
「いつも寝息立てないのによっぽど疲れてたのね…。」
「どうぞ。実家から持ってきたお饅頭です。」
(翼さん…強くて優しくて少年漫画の主人公っぽいです。だから面白い漫画が描けるのか…。)
「私は真逆です…明るくて友達いっぱいの主人公を描きたいのに…周りに迷惑しかかけないし…一生友達なんて…。」
「かおすちゃんすごい暗いモノローグ漏れてるよ…。ていうか私かおすちゃんのこともう友達だと思ってるよ!」
「そ…そんな恐れ多い!」
「私も。もっと仲良くなりたいわ。」
「修羅場を一緒に乗り超えた友…。」
「夢みたいです…嬉しすぎてどうすればいいか…。そうだ!実家の母に報告してもいいですか?」
「してきなよ~。」
「それから漫画の柱などにも。」
「それはやめた方が。」
「頑張りますのん…。」
「私お友達ができました!」
「成程。寮に入って正解だったようですね。」
「はい!面白い漫画がたくさん描けそうな気がします!」
「言いにくいんですが。今回のネームは全部つまらないのでボツです…。言いにくくして…ごめんなさい!」

ぜ~んぜんつまんねェ!ボツ!ww
最初からクライマックスと言えるくらいなんとも濃い1話でしたわ。
スポンサーサイト
2018/04/07 03:30|こみっくがーるずTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1609-70a0a740


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.