FC2ブログ
Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


魔法少女俺 第1話「魔法少女☆変身」

20180405.jpg


(この地球には悪しき『魔』が住みついている。そして同時にそれを屠る者が存在した。その名は…魔法少女である!)
魔法少女と言うと、BRだったり、3話にてマミったりソウルジェムが黒く濁ったりと物騒なのが多い。この魔法少女は体型がごつい!物理タイプ?そしてアバンは夢オチと。
「畜生…夢か。」
とぬかしおる。まさか、ここでの魔法少女はギャグなん?

20180405part2.jpg
「二度寝した~!もうどうして起こしてくれないの!?」
「起こしたわよ何度も。でもさき気持ちよさそうに寝てたから。」
「今日の場所は遠い所なんだから8時には絶対起こしてって言ったのに!もう時間ない!行ってきまーす!」
「朝ごはんは?」
「いらない!」
「じゃあさき、これ持って行きなさい。」
「サンキュー!」
「行ってらっしゃい。」
「急げ急げ~!」

何かすごいもの食ってる!ww
現実ではパンをくわえた少女とぶつかるとかないからね。ガチで遅刻で急いでいるときは何も食べず血相変えて猛ダッシュしてるから。

「みんなー!今日はマジカルツインのライブに来てくれてありがとー!今日出たばっかりのシングル、ハチミツフラッシュ・変わるわねよろしくねー。」
「よろしくねー。」
「人っ子一人いない…。」
「マネージャー…ひょっとしてこのあたりに戒厳令敷かれてたりとか…。」
「いや。君達が人気ないだけだ。」

ローカルアイドルことろこどるかと思ったら違った。
20180405part3.jpg
(また部屋が自分のCDの在庫で溢れてしまう…くすん。)
「それでは今大人気のユニット・STAR☆PRINCEのお二人が登場でーす。それではお二人に歌っていただきましょう。曲は硝子の銀河です!」
「ああ。そういえば桜世ちゃんのお兄ちゃんってこの黒髪の方の桃拾だ。」
「てことはさきちゃんはスーパーアイドルの御翔兄妹と幼馴染か。」
「え!?」
「幼馴染っていうか小さい頃から私がついてまわってただけで…実はアイドルになりたいってきっかけもちょっとでも桃拾ちゃんに近付きたかったからなんです。そんな考えほんとは不純ですよね…それにまだまだ桃拾ちゃんには全然近づいてませんけど…。」
「いやぁ。ラブだねぇ。ラブパワーだねぇ。あ~でもアイドルは恋愛禁止だからね。いきなり普通の女の子に戻る宣言とか涙の卒業演説とか結婚発表とか駄目だよ。追い越してやろうよ。兄さん。」
(まだまだ頑張らなきゃいけないことはたくさんあるけどずっとこんな日が続けばいいな。)


20180405part4.jpg
「オラァ!出て来いやオラァ!ここにおんのはわかっとんやぞゴラァ!」
(やっだ…は…893…。)
「あの…家…間違え…。」
「オウ。この家のモンか!?ちょお話聞かせてもらおうやないかオラァ。おふくろさん、呼んでくれるか?」
「おかーさーん!!早くきてー!」
「はいはい。何のご用?」
「お母さん…うちにヤの付く自由業の方が…。」
「コーさん!どうして…ここに…。」
「オウ。久しぶりやのさよちん。」
「帰って。私とあなたの関係はもう終わったはずよ。」
「甘いなぁ。わしから逃げられると思たら大間違いやで。」
「ちょっと…この二人まさか…まさかだよね…?あの…お二人はどういう…そういう関係で?」
「そうね。さきにはそろそろ話しておくわね。お母さんね…実は魔法少女やってたのよ。」
「…は?」

ママン何歳?カラミティ・メアリ(39歳)とどっちが年上?
「魔法少女だったのよ。魔法少女。知ってるでしょ?昔テレビでよく再放送してた。」
「いやいやそれはテレビの話…。」
「中学生の時にコーさんにスカウトされて。」
「コーさんって?」
「わいのこっちゃコラァ。」
(スカウトって…なんかまた別の何かのスカウトかと…。)
「それからもうずっと魔法少女。今まで誰にも言えなかったけど…。」
「ちなみにわしはおとものマスコットや。」
「嘘でしょ!?名前かわいい!」

名前はココロちゃん。ココロちゃん言うな!
「パッと見てすぐわかると思んやけどなぁ。語尾も付いとるしなぁゴラァ。」
「それ語尾だったの!?100人が見て100人がその筋の人だって言えると思うけど!?」
「ほらお母さん先月腰痛めちゃったでしょ?寄る年波には勝てないっていうか。」
「さ…最近までやってたの…?想像できない…。」
「そう。最近まで現役だったのよ。でももう疲れちゃった。」
「この辺界隈じゃさよちんが一番のベテランさんやし?まぁこの業界15過ぎたら完全にババァやけどな!」

プリキュア(中学生)でギリギリかよ!ww
「厳しすぎる…今の発言でだいぶ敵作ったよあんた…。」
「でもせやったらここのショバ守れる魔法少女おらんようになってまうからなぁ…せやけもうちょっと頑張ってもらわんと困るっちゅうねん…。」
「ねぇ。好きな人とかいる?」
「いきなり!?そりゃ年頃の女の子だしときめきやきらめきの一つや二つ…。」
「歳は?」
「じゅ…15…。」
「ま、ギリギリセーフやなオラァ!よっしゃ!わしと契約して魔法少女にならへんか?」

ボクと契約して魔法少女になってよ
「はぁ!?」
「よっしゃ~。さきちゃんお母さんの腰の代わりに頑張って~。」
「ちょちょちょちょっと!?待て待ておい~!!」
「魔法少女になったらアレやで?ムッチムチのバインバインやでオラァ!」

筋肉質な意味合いで?
「じゃあ早速…。」
「わ~!今の無し!タイムタイム!!」
「この契約書にサインしてくれる?」
「予想以上に生々しい…全然マジカルじゃないじゃん。」
「後でぐっだぐだ言われたら面倒やからなぁオラァ。」
「で…でもすごい魔物とか出るんでしょ…?こういうの。」
「大丈夫大丈夫。魔法少女つーても最近は近所のチンピラやっつけたりするだけやから。妖魔なんて滅多に…。あ、すまん。妖魔出ちゃった。」
「えぇ~!?」
「ちょうどええ。お前にも見せといたらぁオラァ!妖魔の恐ろしさを見んかい!おぞましい姿を!」
「かわいい~!ていうかこっちの方がマスコットっぽい気が…。」
「ベッ!馬鹿かオラァ!そんなん仮初の姿に決まっとろうが!いつはおもっくそムッキムキになんねんど!それに妖魔に通常の攻撃は通じん!倒せるのは特殊な力、魔法少女だけや!」
「魔法少女…あ…誰か人が…。」
「知り合いか?」
「も…桃拾ちゃん…テレビの収録から帰って来てたんだ…。そういえばかなりの動物好きだったもんな…うわ~だんだん増えてきてる!」
「まずいなこらぁ…妖魔は人を異界へ攫う。」
「桃拾ちゃん!場所は!?」
「この先の神社の裏だオラァ!任せろやオラァ。悪いようにはせぇへんから。」
(桃拾ちゃん!桃拾ちゃん!桃拾ちゃん!)
「桃拾ちゃん無事…うわ~!出遅れた!」
「おい!あの異界ゲートに放り込まれたらゲームオーバーやぞコラァ!」
「お願い!どうやったらあいつら倒せるか教えて!お願い!桃拾ちゃんを助けたいの!お願ーい!」
(こ…このラブパワー指数は!まさか…。)
「よっしゃ…!思いっきり好きな奴の名前を呼んで告れ!」
「…は!?何それ!?」
「顔赤くしてんじゃぞコラァ!あいつがこの世からいなくなってもええんか!!」
「よくない!わ…わ…私は…御翔桃拾が…、桃拾ちゃんが…大好きだ~~~!!!」
(何これ…私一体…。)

魔法少女に付きものの変身シーン
「やりおった…。」
(…え?は?)

ウホッ
20180405part5.jpg
1話は変身して終わりだった。この後レスリングするの?
この魔法少女は物騒なのじゃなくてギャグ路線か。ww

(魔法少女、大地に立つ。それは初めて知る戦いの恐怖であった。次回、魔法少女俺。俺は生き延びることができるか。)
スポンサーサイト
2018/04/06 07:12|魔法少女俺TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1608-ccf49c28


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.