Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりDVD鑑賞でもしてるほうがいいと思う。
出かける場合はお1人様の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
1人外食
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


からかい上手の高木さん 第12話「手紙」「入学式」「席替え」

20180331part6.jpg


「最近、女子って手紙ブームなのか?」
「みたいだなー。」
「ラブレターも書いてたりしてな。」
「なんでも結構マメに書くよなー。」
(ラブレターか…。)

授業中に手紙というと、間違って自分の方に回って来て、中身見たらサイテー呼ばわりされた苦い過去が!これってワイが悪いんか!?解せぬ。
「口で言えば良いのに。わざわざ手紙とか良くそんなめんどくさい事するよな。よっぽど暇なんだなー。」
恋文らしきもの挟んであった。
「どうしたの?西片。」
「いいいいいいいいや!なんでもないです!」
(手紙…誰からだ!一体なぜ俺に!?
高木さんのイタズラかも知れないぞ!いや、きっとそうだ!ちょっと待て…違ってたらどうする?高木さんじゃなかったら!手紙を貰った事がバレたら高木さんにまたからかわれる…!)
「なに?西片。」
「へっ?いや…今日は良い天気だね。」
「なんか誤魔化してる?」
「そんなバカな…。」
「ふーーん?でもなんか怪しいなあ。顔赤いし。」
「き…気のせいだよ。」
「それでも良いけど。なんで教科書閉じてるの?」
「いやあ…その…。」
「それと顔赤いの関係ある?」
「ないよ。それに顔赤くないってば!」
「ホントに何もないの?」
「だから、なにもないって!」
「ふーーん。私の気のせいだったかー。あと教科書に挟んでる手紙、私だから。」
(なぁ!?やっぱりかぁ!)
「完璧に分かってたよ…そんなこと。」
「嘘だー。」
「実は…高木さんを泳がせて楽しんでたのさ。」
「中、読まないの?」
「え?なんか書いてあんの?」
「当たり前だよー。」
「どうせまたからかうような内容だろ。」
(なぜ何も言わない!?)
「じゃ、じゃあ…帰ったら見るね。」
「今読んでよ。」

中身はいつも通り。
「直接言えば良いじゃん。」
「手紙書くの流行ってるんだよ。それにどんな反応するか見たくてさー。」
「やっぱからかってたんだなー!」
「うるせーぞ西片!」

先生にチョーク投げられた後、一緒に帰ってやがる。
爆ぜろ!リア充!


20180331part7.jpg
珍しい田辺先生のスーツ。西片入学初日に遅刻。
「これから一年間、共に学ぶ仲間たちだ。何が何でも仲良くしろとは言わん。だがなるべく上手くやっていくことを心掛けろ。」
「どこかに落としたかな…。」

高木さんは何か探しとる。
「ま、入学早々長い話もなんだし…。お、いきなり寝坊か。」
「いえ、あの…。」
「その度胸だけは認めてやる。名前は?」
「…西片です。」
「まあいい。座れ。」
(目立ってる…このまま遅刻キャラが定着する前にみんなと仲良くなって誤解を解かないと…。)
「田辺先生、ちょっと。車が遅れてるみたいで…。」
「遅れてる…じゃあ式もですね。
えー今、入学式の準備が遅れてるらしい。結構時間が掛かるみたいなので…。その間に!席順決めるぞ!」

初日から席替えとかアリエナイザー。しばらくは出席番号じゃないの?
(なんてことだ…よりによって一番後ろの一番隅っこ…。本来なら嬉しいとこだが今の俺にはデメリットしかない!ただでさえ誰も知らないのに…。左も後ろも居ないなんて…しかも隣は女子。)
いい環境じゃなイカ!
「ホントに寝坊したの?」
(うわ…話し掛けられた。)
「先生に何か言い掛けてたから。」
「いや…なんていうか…高木さん…って人のせいだ。」
「えっ?」
「よーし全員、体育館に移動。静かにしろー。走るなよ。」
「ねえ、一緒に行こー」
「あ…うん。あ…もしかして。」

入学式にて、いずれ選挙権という大きな財産を手に入れることになるわけです。信頼に足る政治家を選ぶことが大事です。是非お父さん、お母さんも…とか言われとる。
そういえば選挙権が満18歳以上に引き下げられましたな。

「今日はこれで終わりだが明日から授業始まるからなー。入学式だからって浮かれずにちゃんと帰れよ。」
「ねえ、西片くん。今日、西片くんが遅刻した理由…当ててみよっか?一回で当たったら私の勝ちね。」
「いいよ…。」
(いや、当たんないだろ一回で…。)
「落とし物、届けてたから?」
「え、なんで!?」
「おい、うるさいぞ西片!」
「なんででしょう?」

証拠品のハンカチ。
「え…?た、高木さん…?」
「自己紹介の時、居なかったもんね。」
「拾ってくれて、ありがとうね。これから…よろしく。」
「よろしく…。」

要するに運命の出会いだったわけじゃな。
羨ましいじゃなイカ!


20180331part8.jpg
借りっぱなしだったハンカチ。
「まだ来てないか…。」
「おはよう西片。」
「うわぁ!おはよう、高木さん…。」
「知ってる?西片。今日…席替えなんだってさ。」

西片のお隣さんじゃなくなるせいか高木さんテンション低い。
「…え?」
「え…いつ?」
「ホームルーム。」
(ホームルームって…一時限目じゃないか。)
「高…。」
「どうしたの?」
「そうなんだ…楽しみだね…。」
「そ?」
「いや、だって…久々の席替えだしさ。」
「まあ…楽しみなこともあるけど、私はもうちょっと…西片の隣の席が良かったな。」

なんという大胆な告白!
(またからかうつもりだな…危ない危ない。)
疑り深いわ!そもそも高木さんが何のためにからかってくるのか考えたまえ。
西片の隣は間野ちゃんだ。

「ああ…隣は西片くんですか…。」
「真野さん…?」
「ああそうですか…。」
「え…なに、その反応…。」
「別に…気にしないで下さい。中井くんと近くになれなくて…落ち込んでいるだけなので。」

席替えは時に残酷。

20180331part9.jpg
「西片。ねぇ。席、ここになったんだよ。」
「へっ!?なんで?」
「黒板見えないから、って理由で中井くんと木村くんが入れ替わって…。」
「中井くんが一番前に来たから、その隣だった私に真野ちゃんが代わってって。真野ちゃんちっちゃいから前の席が良いんだって。」
「そ、そうなんだ…。」

お互いにとってメリット大ありな取引。これで万事解決!
「西片…私の隣に来てくれようとしたでしょ?」
「あ、いや…黒板が見えなくてさ…。」
「ふーーん…そっか。ふーーん?」
「ホントだよ…!」
「あ、そうだ。西片なに言い掛けてたの?朝来た時からなにか言いたそうだったから。」
「これ…返すの遅くなってゴメン。ありがと。」
「夏休みの時の?」
「あ、うん。それと…。」
「入学式の日の?」
「覚えてたんだ?」
「西片こそ覚えてたんだ。ありがとう。」
「綺麗に洗ってあるから…。」

これはニヤニヤイベント。
「これからもよろしくね。」
「…うん。」

ついでに借りたハンカチの手紙仕込んでおいたお。
口で言えば良いのに。わざわざ手紙とか良くそんなめんどくさい事するよな。とか言ったけど、それは面と向かって言えないからなんだよ。
仕込んだ手紙とのコンボで高木さんが悶絶してるがな!
ということで、リア充爆発しろな甘酸っぱい青春を今期堪能させていただきました。
スポンサーサイト
2018/04/01 08:33|からかい上手の高木さんTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1606-7b2be02d


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.