Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりDVD鑑賞でもしてるほうがいいと思う。
出かける場合はお1人様の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
1人外食
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


りゅうおうのおしごと! 第12話「最後の審判」

20180331.jpg


(竜王戦第4局1日目。)
「やっべぇ!遅刻遅刻!あ、姉弟子…。」
「襟ちゃんとしなさい。」
(そうだ、謝るなら今しかない。)
「姉弟子、俺…。」
「遅刻するわよ。早く行きなさい。」
「でも…。」
「話は後で聞くから。」
(この対極に負ければ俺は4連敗で竜王のタイトルを失い、名人は永世7冠とタイトル通算100期の2つの大記録を打ち立てる。なのに不思議とプレッシャーはない。早く将棋が指したくてウズウズしている自分がいる。昨日から色んなことがあり過ぎたからな。そういや、この会場についてから将棋のことを考えるのは今が初めてか。相掛かり…第1局と同じく俺の得意戦法を使う気ですか。なるほどね。もちろん受けて立つ!)


20180331part2.jpg
(思考が加速している…自分の力が凄まじい勢いで引き上げられていくのが分かる!こんなに見えるもんなのか?)
見える 見えるよ ララァ
(ここだ!あれだけ読んで読んで読んでやっと見つけた指し手を一瞬で超えてきた…!本当に神なのかこの人…!ここまでやってもダメなのか…届かないのか結局!神様相手じゃ勝ち目が無いのか!?)
【報われない努力はない。私はそれを証明したよ。】
「え…?」
【実績も才能も比べ物にならない相手にだって勝てたよ。見ててくれたよね八一君。】
(そうだ…俺はまだ戦える!)
【はっ!クズに相応しい無駄手ね。もっといい手があるはずよ、ちゃんと考えなさい。】
(だな。勢いで指すんじゃなくちゃんと読まないとな。)
【残り時間のことも忘れちゃダメよ。】
(おっと、確かに…。)
【勝たないと一生口利いてあげないんだから。】

対局中に幻聴が聞こえるとはキマってますな。
もといみんなの声援が糧となる元気玉状態。

(この人みたいな才能は俺にはない。判断力も体力も根性だって足りないだろう。負けることは怖くない、でも俺を信じてくれる人の気持ちは裏切りたくない。)
「ふふっ。」
(笑った…?)
(強い…ダメか…。やっぱりダメなのか!考えろ、考えろ!ここで頑張らなくていつやるんだよ!)
【ししょー、どっちが早く解けるか競争しましょう。】
(あい…。)
【それ、打ち歩です。】
(打ち歩…打ち歩詰め…?)
(でも本当にこの手でいいのか?もしかしたらこれで負けてしまうかも…。)
【ししょー、あいがついてます!】
「また千日手…。」
「手順の中で竜王が王手をかけています。」
「このままでは竜王の反則負けですね。」
「でもここで千日手以外の手を指せば竜王の玉が確実に詰んでしまう。」
「ということは名人の勝ちですか?」
「対局室から連絡です。名人が…名人が対局の中断を求めています。」
「将棋には連続王手の千日手という禁じ手反則があります。同一手順を繰り返す千日手。そこに王手が発生した場合、同じ手順を4回繰り返した時点で王手をかけた方が負けるというルールです。そしてこの局面、名人が打った歩を竜王が取ると同一局面の王手が4度繰り返されることになります。」
「じゃあ名人の勝ちですか!?」
「いいえ、よくご覧ください。竜王がこの局面で生き残るためには名人が打った歩を取るしかないのです。しかしそれはルールによってできない、となると名人は歩を打って竜王の王将を詰ましたことになる。ですがそれは打ち歩詰めというもう1つの禁じ手になるのです。つまりこれは対局者の両方がルールに抵触し、勝敗の判定ができなくなるという異常事態なのです。1400年の将棋の歴史の中で過去このような局面が生まれたことはありません。」

なるほど分からん!要するにお互いが禁じ手使っているということ?
「私は立会人として今回の対局は無効、千日手と同様の処理をすべきだと実行委員会に提案致します。これより今後の対応を検討致します。両対局者は自室にてご休息を。」
ということで、ゴングが鳴り、ハーフタイム発生。
「ししょー!お食事用意してます!おにぎりです。卵焼きと焼鮭もあります。」
「サンキュー嬉しいよ。随分手早く準備したな。あい、もしかしてあの局面がどうなるか読み切ってたのか?」
「あ、はい。指し直しになるかもしれないなって思ってそれでお夜食の準備を…。」
「そっか、ありがとう。」
(この子は恐らく控室にいた誰よりも早くあの局面を読み切っていた。)
「対局どうなるんでしょう?」
「後日指し直しになるか、それとも今日のうちにもう一局指すことになるか…。」
(でも体は疲れ切ってる。今のうちに少しでも回復させないと…。)
「あの、ししょー、あいの膝お使いください!こうです!」

そりゃ膝じゃなくて太ももでんがな。通報しました。
「いやさすがにこれは…。」
「大丈夫です。ししょーは勝ちます。」


20180331part3.jpg
現場を銀子に見られる。もはやお約束。ww
「八一、30分後の指し直しが決まったわよ。」
「あらあら。」
「死ね!今すぐここで頓死しろ!」
「違うんです!これは体力を回復させるために…。」
「そうです!泥棒猫は引っ込んでてください!」
「泥棒猫!?」
「はいはい、喧嘩は後回し。八一君を送り出してあげましょ。」
「八一、言い訳は後でゆっくり聞く。だから…さっさと行って決めてきなさい!」


20180331part4.jpg
ラウンド2!ファイト!
(さてどんな将棋を指そうか…今ならどんな将棋でも指せそうな気がする。もう一度相掛かりだ!手が見えすぎる…読みの速度を自分で制御しきれない!)
「50秒、1、2、3…。」
「はっ!」
(また集中しすぎてた…ヤバい時間のことを忘れちまう!名人はまだ時間を残している。これが経験の差ってやつか…!早見え早指しの将棋に切り替わったのに間違えない!?さっきよりもっと強くなってんじゃねぇか!)
「あ…。」
(この人こんな顔してたのか…。自分がこの人より才能があるとは思えないし、この人みたいになれるとも思えない。でもそれでいいんだ!俺は俺だ!俺の将棋を指す!とことん粘ってやるぜ!熱い…!熱い…!熱い!)
「イメージしろドラゲキン!神を倒し頂点に立った己の姿を!そして我と聖と魔の戦をまた盤上で行おうではないかー!」
(午前3時30分、控室に生石玉将が登場、山刀伐八段と局面の検討に入った。)
「八一、また遠くへ行っちゃった…。」
「頑張って追いかけなきゃね…。一緒に頑張ろう、ね?」
(時間が欲しい!あと2分…2分あれば最後まで読み切れるのに!くっ…これまでか。この人には最後まで見えてるのか、自分の勝ちが。ダメだ、まだ読み切れない…!ここまでか、これで終わりなのか!?なぜ指さない?そうか、残り時間をここで使うつもりか!ということは俺も時間が手に入る!時間、時間、時間!時間があああ!)
「負けました。」

ようやっと初勝利。長いようで長かった。
「そうか、この後は打ち上げパーティー…。」
「急がなくても結構。どうぞ後からゆっくりお越しください。主役は遅れてくるくらいでちょうどいいですからね。
「はぁ…はぁ…。」
「お水です。」

初めて竜王獲得したときと同じパターン。
この後連敗続きで、ネットで叩かれる?
「お礼に何でも言うことをきいてあげるよ。」
「ほんとですか?じゃあ、私に将棋を教えてください!」


20180331part5.jpg
(第4局の初勝利をきっかけに俺は3連敗からの4連勝を果たしどうにか竜王のタイトルを防衛した。防衛できたことが今でも信じられない思いだ。)
「さぁししょー!一休みしたところでもう1局お願いします!」
「それはいいんだけどさ…。みんな遅くない?」
「ですねー。何してるんでしょうねー。」
「あい、この花見のことちゃんと連絡したのか?」
「しましたよー。」

台詞が棒読みだよ。
「してないんだな?」
「ちゃんといいましたよ!ちょっとだけ時間はずらしましたけど…。」
「おい!」
「だって…ししょーといっぱいいっぱい将棋が指したかったから…。」

策士あいちゃん。でも可愛いから許す。
(この表情は反則だ!)
「あと1局だけだぞ。」
「わーい!ししょー大好きです!あ、おばさん。」
「黙れ小童。」
「小童じゃないですー!雛鶴あいって名前があ・る・ん・で・すー!」
「くっ…!」
「落ち着いて銀子ちゃん。」
「なんや、まだ2人だけか。」
「わぁ!すごっ!」
「七寸盤が置いてあるですー!」
「ちちょーちのしょうぎばん?」
「あぁ、いい…最高です!それも可愛いー!あっは!」
「もう行くわよ晶。」
「あと少し、あと少しだけお嬢様!」
「ちーっす!来てやったぞ。」
「今日は呼んでもろうておおきに。竜王さん。」
「待たせたな!ドラゲキン!」
「久しぶりだな。若き竜王よ。」
「どうもー!九頭竜先生!」
「ふふ…来ちゃった。八一君。」
「すみません、ジンジンもついてきちゃって…。」
「や、八一君…こんにちは…。」
「ん?山刀伐もいるじゃねぇか。」
「到着しました、会長。」
「ありがとうございます、男鹿さん。」
「ふむ、結構な人数いますね。」
「うひ、やーいーちー。」

今までのキャラ勢ぞろい。
イカちゃんだけ木の陰から覗き見。星明子か!

(今はこうして同じ場所で同じ桜を見ている俺たち。でもまたすぐに次の戦いが始まる。だけどそれでいいんだ。俺たちはみんな将棋が大好きで、将棋を通じて結ばれている仲間なんだから!俺たちは将棋を通じて戦い、競い合い、分かり合っていく。だから今日も明日も明後日も…俺たちは将棋を指し続ける!この命が続く限りいつまでも。)
俺たちの戦いはこれからだ!
スポンサーサイト
2018/04/01 06:30|りゅうおうのおしごと!TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1605-b20805b6


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.