Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりDVD鑑賞でもしてるほうがいいと思う。
出かける場合はお1人様の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
1人外食
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


からかい上手の高木さん 第11話「ネコ」「好み」「似顔絵」「占い」「クリティカル」

20180321part6.jpg


ぬこ!ワイもぬこ派です。
猫を見かけるとちょっかいかけたくなるくらい猫好きです。
大抵逃げられるが、人間から餌もらってる子なら逆に寄って来る。
しかし大の大人が猫と戯れている所はあまり人に見られたくない気持ち分かります。

(くぅぅぅ!高木さんめ!もう少しでネコに触れたかもしれなかったのにー!でも…見られたのがネコを撫でてるところじゃなくて良かった…!もしそうだったら…。)
「あー、西片ネコ撫でてるー!男子なのに可愛いの好きなんだー!」
(こうなっているに違いない!これ以上、高木さんにからかわれる要素を増やしてたまるか!)
「あ、ネコだ。」
「どこ!?」
「ネコ、好きなの?」
「べ…別にー?」
「ほれほれーおいでー。」
(甘いよ高木さん。ネコは警戒心が強いんだよ。そんなじゃ全然…。)
「あ、来た。」
(えっ!?えぇぇぇぇぇ!?なんであんな適当な呼び方で!?高木さん…まさかネコマスターなのか!?)
「よーしよし、今日も可愛いねミー太。」
「知ってるネコなの?」
「うん。ウチの近くのおばあさんが飼ってるネコなんだ。」
(なんだ…焦ったぜ。)
「この子、人間大好きだからいくらでも撫で放題なんだよ。」
(撫で放題!?ネコを撫で放題!?すごい!)

ワイもモフモフしたい。
「西片も撫でてみたら?」
「え、なんで!?」
「さっきネコ撫でようとしてたでしょ。昨日テレビでやってた方法使って。ネコ、好きでしょ?」
(バ、バレてた…!)
「あ、あれは…テレビで見たのを試したくなっただけで…。」
「ふーん。じゃあ別にネコ好きなワケじゃないんだ。」
「まあ…そうだね。ネコ触りたいと思ったこともあんまりないし。」

まーた自ら墓穴を掘るスタイル。
「へぇー、そうなんだ。可愛いのになー。毛フカフカで肉球もプニプニで。」
(コイツ…肉球まで触らせてくれるのか!? さ、触りたい…でも!今更触りたいなんて…!そうだ!)
「いやー、ホント。ネコに触りたがる人の気がしれないよ。そんなに可愛いかなー?ま、百歩譲って可愛いとしても?撫でたいとは思わないなー。だって動物だよ?突然何するか分かったもんじゃないしさ。」
「そんなこと言って引っ掻かれるのが怖いだけだったりして。」
(掛かったぁ!)
「そんなワケないだろ!よし!撫でるのが怖いワケじゃないって今から証明するよ!」
「そっか、疑ってゴメンね。信じるよ。顔に出過ぎだよ西片。ネコ撫でた過ぎでしょー。」

バレテーラ
「それで撫でるの?撫でないの?」
「撫でても…いいかな。」
「うん。もうミー太いないけどね。」


20180321part7.jpg
対面での似顔絵。
「描かないの?時間なくなっちゃうよ?」
(なんで人物画なんだ?自由で良いじゃないか。)
「西片、ちゃんと見て描いてる?」
「見てるよ…。」
「いいかー。描くことに集中し過ぎて観る時間より描く時間が長くなりがちだがなー。それじゃダメなんだ。とにかく見る。描く時間の倍は見るんだぞー。」
「だって。ふふっ。」
「な、なに!」
「ん、ゴメン。なんでもない。」
(なんだ…なんで笑ったんだ?もしかして顔になにか付いてる?いや、休み時間にトイレで鏡を見た時は何もなかったし…。じゃあなんだ?寝癖?いや、それもないはず…。まさか…顔そのものとか!? それはしょうがないじゃないか!落ち着け…落ち着かないと。そうだ、きっといつものだ!俺を不安にさせて反応を楽しむ作戦だな、高木さんめ…!そっくりそのまま返してやる!)
「絵が下手過ぎて笑ってるの?」
「違うよ!」
「じゃあ私の顔になにか付いてるとか?」
(まさか直で聞いてくるとは…ダメージはない、か…。)
「西片。ちょっと見せてよ。」
「ああ、良いよ。」
(しまった…やり過ぎたか?)
「い、いや…イメージで描いたらそうなって…。」
「西片。あはははは、高木さん!その顔!お腹痛い!どうせ変に描くならこのくらい描いてよ。ほらほらちゃんと見て。」
「…はい。」
「見にくいなら、もうちょっと近付こうか?」
「い、いや…大丈夫。」
(高木さんて良く見ると、やっぱり…かわ、かわ…かわわ…。)
「よし出来た。ほら。」

上手ですねー
「俺、そんなに横向いてたっけ?」
「あ、忘れてた。完成。」
「そんなに顔赤くないから!」
「さっきからずっと赤いよ?」
「違うよ、そう見えるだけだよ!」

毎度ながらイチャつきますねぇ。

20180321part8.jpg
「ねえ西片、じゃんけんしない?負けた方がジュース奢るの。どう?」
「いや…悪いけど俺、居残り掃除だからさ。先帰ってよ。」
「じゃあ終わるまで私も待つよ。」
「いや、良いよ悪いし。」
「じゃあ、西方がじゃんけん勝ったら掃除手伝ってあげる。」
「高木さん、どうしてそんなにじゃんけんしたがるの?」
「良いから良いから。」
「別に良いけど…待った!自分が何出す、とかの精神攻撃的な宣言は無しで!」
「うん、分かったよ。」
(危ない危ない。以前、高木さんにそれで4回連続負けた事があったからな。)
「じゃんけんぽん!」
(か、勝った!初めて高木さんに!やった…!やったぞ!さぞ悔しいだろう!)
「じゃ、手伝うよ。」
(なんかダメージ無さそうだな…。しかし勝った…初めての勝利に存分に酔いしれるぞ…。)
「占いって信じる?」
「占い?い…いや、なんで?」
「今日みんなでやってたんだ。」
「ああ、さっきのトランプみたいな。」
「タロットカードだよ。私、今日それで恋占いして貰ったんだ。」
「…へえ。」
「そしたらね、今の恋は上手くいくって。」
「今の恋?そ…そう。」
「西片って好きな人いる?」

目の前にいるぞ。
「い…いない!いないよ!」
「ふーん、そっか。」
(まさか、高木さん?俺の事を!?)
「どしたの?」
「べ、別になんでも。」
「ふーん。あ、そういえば西片。」
「な、なに?」
「さっき好きな人聞いたのはね、西片の恋占いもして貰ったからなんだ。」
(そ…そういうことだったのか。)
「そうなんだ。」
(あれ?なんか俺、ガッカリしてる?)
「で、結果は西方もうまくいくってさ。好きな人、いればよかったのにね。顔、赤いよ?」
「頑張って掃除してるからだよ!」
(わ、話題を逸らそう…。)
「他にどんなこと占ったの?」
「んー、西方がじゃんけんで何出すかとか。」
「へ?さっき俺が勝ったじゃんけん?」
(なんだ、やっぱり所詮占いだな。気にしてた俺がバカみたいだ。)
「占いを信じたりするから掃除するハメになっちゃったねー!たねたねー!」
「ちゃんと当たってたよ。」
「え?でも、俺が勝って…。」
「うん、そうだね。なんか調子よさそーだね。」
「いやあ?別にそんなことは。」
(あるけどね。何も知らずに良い気なものだな高木さん。今日の俺は無敵なんだ。なんたって今日の朝の星座占いで俺は…。)
「今日の星座占いカニ座が一位だったから?」
「なんで俺がカニ座だって知ってんの!?」
「だって、お誕生日おめでとうって言ったよね?」
(しかし甘いぞ。なんたって今日の朝の血液型占いでも俺は…。)
「あとO型も一位だったから?」
「ええっ!?なんで俺がO型って知ってんの!?」
「あ、やっぱり。そんな気がした。」

そりゃ、好きな人の身辺調査は基本。
(ここまでとは…甘いのはむしろ俺の方だったか…恐るべし高木さん!だが、見てろよ…今日の俺は…!)
「二つの占いで一位だったからそんな風に最強オーラ出してたんだね。ま、いいことあると良いね。」
「ま…まあね。」
(見てろよ高木さん…今日の俺は最高にツイてるんだ!今日からかわれた回数50回、腕立て150回。なんでだクソー!占いが良かったってだけで浮かれた俺がバカだったのかー!)
「あれ?いいこと無かったから落ち込んでるの?たかが占いでしょー。」
「自分だってタロットとかやってたクセに。」
(しかしずっと高木さんに勝つ方法を考えていたのに何も思い浮かばないし…もう今日は諦めた方が良いのかも。いやむしろ、この程度で済んで今日は良い日とか?そういうことなのか?)
「ねえ西片。今日一緒に帰ろうよ。」
「あ、うん…良いけど。」
(そうだ…このままじゃ終われない!)
「ところでさ、占いのとこなんて書いてあったの?」
「え?ああ、占いの一言コメントみたいなやつ?えーと確か…。」
(そうだ!クリティカルが出る!てことは一発逆転が出るんだ!そうか!何十回からかわれようが俺が高木さんを一回からかった時点で俺の勝ちなんだ!諦めるな俺!)
「ねえ、なんて書いてあったの?」
「いやあ…なんて書いてたっけなあ。」
「あ、おーい西片ー。今日爆サカのゲームの発売日だろ?こいつん家でやろーぜ!」
(爆サカか…やりたかったな…けど!このままクリティカルが決められずに帰れるか!とは言えまいったな…全然なにも思いつかないぞ。いや、思い付くはずだ!なんたって俺は今日一番のラッキー男!)
「よかったの?ゲーム?」
「ああ、うん、高木さんと帰りたかったし。なんかないかなあ…。」

さらりと言いやがった!クリティカルヒット!
(あれ!?俺、今…なんか変なこと言わなかったか!?)
「占いでクリティカルが出るって言ってたから、それでその…!きっと!高木さんに今日こそ勝てると思って…!だから別にそういう意味じゃなくて!」
(くっそ…これじゃクリティカルシュートどころか、オウンゴールじゃないかぁぁぁ!)
「だから、今のは…聞かなかったことに…。」
「しょうがないなー。もう一回言ってくれたら聞かなかったことにしてあげる。」
「…言うわけないだろ!」
「お、俺こっちだから…!じゃあ、ばいばーい!」
「クリティカル…怖いなあ。」

そして高木さんのめったに見ない、ぽっ。な表情。
御馳走様です。
スポンサーサイト
2018/03/21 21:45|からかい上手の高木さんTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1601-4f1e9b7b


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.