Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりDVD鑑賞でもしてるほうがいいと思う。
出かける場合はお1人様の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
1人外食
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


りゅうおうのおしごと! 第11話「寿」

20180321.jpg


前回の続き、嫁が追い出され、しまいには嫁が対局後に倒れた。
「はぁ…はぁ…。」
「わざわざすみませんでした。本当に。」
「いえ。私がついておりながら申し訳ありません。」
「晶のせいじゃないわ。ここんとこロクに寝てなかったみたいだし東京ではボロ負けするし、色々なダメージがいっぺんに出たのよ。」
「仕方がないわよ。相手はあの月夜見坂さんだし。」
「相手が誰だろうが自分がどんな状態だろうが勝たなきゃ意味がないわ。」
「そうね、その通りだわ。」
「あっ…。」
「ししょー、ごめん…なさい…。」


20180321part2.jpg
一方師匠は引きこもり中。暗い中で至近距離でパソコン見てると目に悪いですよ。
「強くなるしかない。1人でやるしかないんだ。勝つために必要なもの以外は捨てる。でないとあの人には勝てない。勝てるわけがない!」
銀子ログイン。
「あ、姉弟子…。何しに来たんですか?」
「別に。近くまで来たから寄ってみただけ。研究してたの?」
「えぇ。」
「何か手伝えることある?」
「別にないです。」
「お腹空いてない?食べる物作ってあげようか?」
「いいです。」
「そう。」

ロリだけでなく姉弟子にもつれない態度取りやがる。ホンマにだらですわ。
(どういうつもりだ?居座る気か?)
「八一、本当に私にして欲しいことないの?今なら特別に何でもしてあげるよ。」
「何でもって?」
「ハワイの続き…とか?」

今度は色香で攻めてきましたが、ハワイと聞いて負けたことへのトラウマスイッチオン!
ハワイという単語はタブーのようだった。

「ハワイ…。俺のことはほっといてください。姉弟子だって対局があるんでしょ。」
「私は負けないからいいの。八一のサポートをしてあげる。」
「分かんねぇのかよ!俺と一緒にいると姉弟子まで悪い評判が立つんですよ!そういうのウザいでしょ!だからせめてタイトル戦の間は距離を置くべきだって。」
「そんなの今までだって散々言われてきたじゃない!それを実力で黙らせてきた!2人でタイトルを獲って…。」
「そのタイトルを失いかけてるんじゃねぇか!」
「タイトルなんてなくたっていいでしょ!私はずっと八一といたい。これからもずっと一緒にいる。昔みたいに2人で強くなればいいじゃない!」
「姉弟子がいたってそれでどうなるんですか?たかが奨励会員に何ができるってんだよ。俺はあの名人と戦ってるんだ。姉弟子と研究なんてしてたらそれこそ勘が鈍っちまう。ここに居られると邪魔なんだよ!1人の方がよっぽど…。あ…。」

なーかしたー なーかしたー
「くっ…。」
「あ、姉弟子…ごめん…。」
「死ね!頓死しろ!クズ!」

平手でなくグーパンが来ました。
「自分がクズなんて言われなくたって分かってますよ…。」

20180321part3.jpg
この構図も見ると桂香さんがおっかさんにしか見えない。
「酷いの八一!あいつ最低!クズ!邪魔って…私のこと邪魔って…!」
「このタイミングで押し掛けるのは銀子ちゃんの悪手よ。昨日あいちゃんとも色々あったばかりなのに。」
「八一が悪い!邪魔って言ったもん!」
「はいはい。泣くのはいいけどもうちょっと静かにね。あいちゃんが目を覚ましちゃうから。大丈夫、八一君は強い子なんだから。きっかけさえあれば立ち直れるわ。」
(そう八一君は弱くない。史上最年少17歳の竜王として名人と戦っている。そんな八一君が弱いはずがない。今回の竜王戦だって1局目は十分に戦えてた。2局目は確かに不出来だったけど3局目はむしろ優勢なくらいだった。)
「伝えてあげなくちゃ。八一君は強いんだって。それがお姉さんのお仕事だもんね。」


20180321part4.jpg
せっかく手料理タッパー用意してくれているのに手を付けずに大量のレッドブル。
これは師匠体壊しますよ。
せっかくなので桂香さんの対局見てる。

「えっ?なんだこれ…これが本当に桂香さんと釈迦堂さんの将棋なのか?攻めてるのは桂香さん、しかも思い切った勝負手を連発してる。どんな展開でこんな将棋になったんだ!?」
(桂香さんは中盤でリードを奪われてる。そのまま劣勢…2人の実力差からすれば普通は挽回不可能。のはずなのに76手目から桂香さんが持ち駒の歩を3回連続で打ち込み釈迦堂さんの飛車を強引に吊り上げて、さらに強引に王手飛車。すごい…ここから完全に桂香さんの流れだ。棋譜から桂香さんの心の叫びが聞こえてくる。勝つ、どんなことをしてでも絶対に勝つと。もうお互いに1分将棋だ。でも局面は縺れてる。この勢いならひょっとしたら…。あのエターナルクイーンに何年もの間研修会で足踏みしていた桂香さんが…。桂香さんが勝つ!)
「まだ…まだやれる!」
(私は強い、私は負けない。)

イマジネーションによる思い込みで自らを強化。トッキュウジャーだ!
(局面は最終盤、釈迦堂の手番。7四に桂を打てば釈迦堂さんの勝ち、9四に桂を打てば桂香さんの勝ち。熱い…!)
「はっ…。」
「おめでとう。強くなったね。」
「これで念願の女流棋士の資格を得られました。長年の夢を叶えたお気持ちは?」
「あぁ、そうですね…もちろんそれもありましたけど、あの…伝えたかったんです。」
「伝える?」
「えっと…なんて言っていいのか、不可能を可能にしてしまうものがなんなのかってずっと考えていたんです。」
「それは見つかりましたか?」
「見つけたような気がします。けどそれって別に特別なものじゃなくて毎日毎日普通に繰り替えしてくことが…ごめんなさい。なんて言えばいいのか…。」
「ゆっくりで構いません。」
「ごめんなさい。何をどう言っていいのかわからなくて…。やっぱり言葉では伝えられないです。だから今日この将棋に勝つことで伝えたいと思いました。報われない努力はない。それを証明するために戦いました。見ててくれた?八一君…。」
「桂香さん…。俺は何てバカなことを…。桂香さんだけじゃない、みんな俺を心配してくれていたのに…。桂香さんは今東京…じゃあこれを作っていたのは…。温かい…。」

追い出したロリ嫁のことかー!

20180321part5.jpg
「あい!」
「ししょー…?し、ししょー…。」

ロリに抱き着く。通報ものですぞ。
「あい…ごめん…ごめん…。」
「ししょー…。ししょー、私ね一昨日C1に上がったんですよ…。ししょー、私女流棋士になってもいいですか?女流棋士になっちゃったらもうずっとずっと師匠の弟子のままなんですよ…それでもいいんですか?私を本当の弟子にしてくれますか…?」
「もう離さない、二度と…。」
「ししょー、ねぇねぇししょー。」
「ん?どうしたあい?」
「呼んでみただけです!」
「あい、そんなに心配しなくても俺はずっと傍にいるよ。」
「もっとあいって呼んでください!」
「あいは可愛いなー!」
「やーん!」

電車の中でイチャついとる。まさに爆ぜろリア充状態。
姉弟子の様子が。ww

「なんだこれは…。」
まるで結婚式場。
「ししょー、もう逃げちゃダメですからね。」
「おかしい…絶対おかしい…。」
「何がおかしいんですか?ししょー。」
「何って…。」
「これ、対局の前夜祭っていうより何か別の式典なんじゃないか?」
「ほえ?別の式典ってどんなですか?」
「そ、それは分からないけど…。」
(名人が何故かあんなところに座ってるし…。俺の親と兄貴まで来てるし…。知り合いもあちこちにいるし。)
「あい、お前は知ってたのか?」
「ほえ?何をですか?」
「何って…これって絶対あいのお母さんの仕切りだろ?それに連盟の方も協力しないと…。」
「ご静粛に願います。竜王戦第4局前夜祭、これより雛鶴あいさんの女流棋士資格申請の儀を執り行います。」
「って何その謎のプログラム!」
「将棋界の師弟関係は…。」
「無視かよ!」
「弟子が奨励会や研修会にいる間は完全ではありません。弟子が退会すれば解消されてしまうものです。けれど弟子が棋士になった時その関係は不滅なものとなるのです。竜王、あなたは師匠としてここにいる雛鶴あいさんを弟子にすることを誓いますか?」
「は、はぁ…。」
「雛鶴あいさん、あなたはこの男性を師匠とし病めるときも健やかなるときも将棋道に邁進することを誓いますか?」
「はい!誓います!」
「ではこの神聖なる用紙にお名前を記入してください。」

婚姻届けじゃないよ女流棋士会員申請書だよ。
「竜王。」
「あ…。」
「さぁどうぞ。」

師匠、字下手。
「師弟最初の共同作業です。どうぞ盛大な拍手で祝福を。」
「これで今後、多少の無理な日程でもタイトル戦を引き受けてくれる宿を1つ確保できましたね。」
(やっぱりあんたらか、俺を売ったのは。)

姉弟子の様子が。ww
激おこプンプン丸

(そういえばまだ姉弟子に謝ってないんだった!)
「ししょー!」
(そんなこんなで竜王戦第4局は賑々しく始まったのだった。)

前回の鬱展開とうってかわった展開になりましたな。温度差がとんでもないでゲソ。
スポンサーサイト
2018/03/21 17:23|りゅうおうのおしごと!TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1600-3bc0c269


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.