FC2ブログ
Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


からかい上手の高木さん 第10話「背比べ」「寒がり」「お誘い」「二択クイズ」

20180317part4.jpg


「西片、二人乗りしてく?」
「ダメだってば…見付かったら怒られるし。」
「恥ずかしいからでしょー。」
「違うって!」
「背、伸びた?春はもっと制服ぶかぶかだった気がするなー。」
(確かに…。なんか今、学ランイズジャストフィット!って感じだ…。もしかして俺…成長期なのか!?)
「いやあ、最近伸びまくってて困ってるんだよー成長期…なのかな。高木さんはあんまり変わってない気がするねー。」
「それって…セクハラだよ?」
「へっ!?」
「変わってない…。」
「い…いや!べ、別に…そういう話じゃ…。」

どこの話だよ。ww
んで背比べと表して人気のない神社へ。男女で人気のない神社とかけしからん。

「なんでここで…。」
「靴履いてたら分かんないでしょ。」
「学校遅れちゃうよ。」
「すぐ済むって。ほら、後ろ向いて。」
「へっ!?」
「うーん…。」
(な、なんか…温かい。)
「あの…高木さん、普通…一人壁にひっついて印を付けるんじゃ…。」
「二人で並んで比べた方が確実だよ。」
「同じくらいかな?」
「えっ、ホントに!?せ、背伸びとかしてないよね?」
「あ、疑ってるー。じゃあ、前だったら背伸びしたらすぐバレるでしょ?」

前からのでっぱりの温もりと後ろからのでっぱりの温もりどっちがいい?
前からはアウアウ。西片の下半身のでっぱりが当たってまうがや!

「さっきは背伸びしてたからねー。」
「やっぱりしてたんじゃないか!噓吐き!」
「してないなんて言ってないよ。良かったねー、私に勝てて。」
(高木さんめ、余裕ぶってるけど内心は悔しがってるに違いない!)
「あ、それから別に悔しがってないから。だってさ、身体おっきくなると電柱にぶつかったりして大変そうだし。」

始終見られてた!好きな子は常に観察してるって奴か!

20180317part5.jpg
「えいっ!」
「うわっ!冷たっ!なにするんだよ!」
「やり返して良いよ?」

いいなー。やり返す時にどさくさに変な所触れて…。毎度毎度いちゃつきおってからに!
「出来るわけないだろ!」
っち。根性なしが!
「だからやめてってば!冷たいよ!」
「手が冷たい人って心が温かいんだよ?」
「どこがっ!」
「高木ちゃんと西片くん。」
「今日一緒に学校来たんだー?仲良いねー。」
「やっぱ付き合ってるのかな…?」


20180317part6.jpg
(すごい作戦を思い付いてしまった!この凄い作戦なら下校中に絶対高木さんをからかえる!)
「なにニヤついてんの、西片?なんかやらしー。」
「そんなこと考えてないって…!」
「そんなことって?」
「いやだから…!」
「顔真っ赤!」
(高木さんめ…見てろよ!)
「ところで西片。今日一緒に帰らない?」
「ああ良いよー!」
(まずい…!俺がなにか企んでるのを勘付かれたか!?)
「ああ…良いよ。」
「なんで言い直してんの?」
「いやあ…別に?」
「ふーーん?まあ、放課後までに気が変わるかもしれないし、大丈夫ならその時に返事ちょうだい。」
(いったい何だったんだ…?ま、気付かれてないならいっか。)
「おーい西片。今日俺ん家でスパプロやるんだけどお前も来ねー?」
「んーー…ゴメン、今日は無理。」
「なんだよまた彼女かー?」
「彼女!?」
「高木さん、だろ?」
「はぁぁ!?なに言ってんの!?全然そんなんじゃ…」
「高木ちゃんと西片くんは付き合ってないよ!さっきトイレで聞きました!」
「そうなんだ…。」
「うん!あ、おしっこしたくなってきた…。トイレー、トイレー。」
「ええ…あいつ、さっきはなにしにトイレに行ってたんだ…?」
「ていうか西片。付き合ってないならなんで高木さんと一緒に帰ってんだ?」
「え、いや…誘われてるから…。」
「それって…付き合ってるからじゃないのか?」
「いや…違うと…思う。」
「ま、いいや。」
「おい次、理科室じゃね?」
「やっべ!行こうぜー!」
(いや…!高木さんは…俺をからかいだけだと思う!)

ホントにそう思ってるのか?思春期君じゃな。
(返事ちょうだいってことは…改めて俺から誘え、ってことだよな…。なんか、ちょっと恥ずかしいな…俺から一緒に帰ろうなんて言った事ないし…。)
「西片。」
「なに!?高木さん!」
(良かったあ…高木さんから聞いてくれるならイエスと言うだけだ!)
「今日ね、私と西片って付き合ってんの?って聞かれたんだよ。で、私の方が西片を好きって思われてるみたいなんだよね。」
「一緒に帰ろう、って誘ってるのがいつも私からだからかな?」
(高木さんめぇ!これが狙いだったのか!俺から誘うって状況を作って…恥ずかしがる俺の反応を楽しむつもりだな!)
「どうしたの?」
(平静を装うんだ…!ふーん、そうなんだ?って感じで!平静を装うんだ…!ふーん、そうなんだ?って感じで!)
「へ…へぇぇぇ?そ、そっかああ…。」
(よしっ!)

思いきり動揺してるのバレバレやん!ww
「と…ところで、朝の返事なんだけど…。よ、用事ないから…い…一緒、に…。」
「一緒に?」
(頑張れ…俺!これを乗り越えたら…高木さんを…からかえるんだ!)
「い…一緒に…帰らない…?」
「どうしよっかなー?」
「ええっ!?」
「冗談だよ。帰ろ!あー楽しみだなー。西片、なんか作戦ありそうだし。」
(えっ!?バレてる!?ああ…バレてるなら作戦は実行しない方が良いのかな…。でも、せっかく思い付いたのに…てか!どうやって作戦に持ち込むかぜんっぜん考えてなかった…。)
「ジュース買ってく?」
「うん、なんか…喉カラッカラ。」
「わーほとんど売り切れ。」
(うぅぅ…冷たいものを飲みたいのに!あるのは、お汁粉と…変な奴だけ!)

ヨモギジュースすいか味っていかにもハズレメニュー。
「どうする?」
(どっちを選んでも後悔しそうだ…!どっちを選んでも?ふっふっふ…。)

うんこ味のカレーか、カレー味のうんこどっちがいいといかいう究極の2択で困らせる作戦か!?
「別の自販機探す?」
「あー…いや。喉渇いたし、とりあえず…。まずい…。」
「見た目で分かるでしょー?」
(完っ全に損した!しかし…これで作戦に持ち込めるぞ!)
「ねえ…高木さん。めちゃくちゃ美味しいけど熱が出るジュースと、めちゃくちゃマズいだけのジュースどっちが良い?」
「うーん、めちゃくちゃ美味しいけど熱が出るジュースと、めちゃくちゃマズいだけのジュースかあ…。」
(どうだ高木さん!選べないだろう!困れ!困った顔を俺に見せろ、高木さん!)
「西片。もし、美味しい方を飲んで熱が出たら…西片はお見舞いに来てくれる?」
「え?そ、それって…なんか関係あるの?」
「大アリだよ。来てくれないの?」
「そ、そりゃ熱が出たら…お見舞いには行く…かも。」
「じゃあ美味しい方。」
(あれ?お、おかしいな…なんだこの感じ?高木さん、ぜんぜん困ってないじゃないか。てか、困ってたのは…むしろ、俺の方?二択クイズ作戦失敗か…!いやいや!諦めるのはまだ早い!)
「じゃあ!次の質問!一生お小遣い無しか、俺をからかうのをやめるか!」
「一生お小遣い無し。」
「早っ!」
「だって、お年玉貯金あるからしばらくは大丈夫だし、高校入ったらバイトすればいいもん。だったら西片からかってる方が良いなー。」
(くぅぅぅ…高木さんを舐めていた!もっと良い質問を…!)
「西片。さっきから変な質問をしてるけど、もしかして、私を困らせようとしてる?じゃ、私からも質問ね。私が居なくなっちゃうのと、一生私にからかわれ続けるの、どっちが良い?」
「え…居なくなるって?」
「消えちゃうの。」
(ええっ!?そりゃあからかわれるのは嫌だけど…消えるって…。それはちょっと…。)
「じゃあ…からかわれる方で。」
「やっぱりからかわれるの好きなの?」
「違うって!嫌に決まってるだろ!」
「ただ…居なくなる、ってのはちょっと…と思って。」
「一緒に居たい、ってこと?」』
「ちが…。」
「顔赤いよー!」
(くっそぉ…高木さんめぇ!俺が困ってるのがそんなに面白いのか…!俺も…なにか良い質問を…!)
「じゃあ次!」
「えっ!?まだやるの!?」
「一生テストで0点しか取れないのと…私とキスするの、どっちが良い?」

本日は高木さん激しく攻めますな。ニヤニヤイベントだ。
「えー!キッ…キ…!」
「どっちが良い?」
「0点って…勉強しても…?」
「うん、なにしても0点。」
(なんてこった…!それじゃあこれからのお小遣いは確実に無しだし、高校にも行けない…。かと言ってキスを選べば絶対にからかわれるし…。)
「悩んでるねー。」
(くそぉぉぉ!悩めば悩むほど高木さんが楽しそうだ!さっさと決めねば!0点はキツ過ぎる…でも…!くぅぅぅ、しょうがない!)
「じゃ…じゃあ…0点じゃない、方で…。」
「0点じゃない方って?」

そのお口でちゃあんと言ってみな…?
「キ…キスの方で。」
「ふーーーーん?そっか、分かった。」
(はぁぁぁぁ!?)
「あーやっぱり。西片の方がちょっぴり高いねーどうしたの西片?背比べだよ?」
(結局散々からかわれた…。しかし分かったぞ。選択肢の一つは絶対選ばないものを…もう一つはからかう為のものにすれば!この勝負…勝てる!)
「高木さん次の…。」
「じゃあ次の質問!」
「でぇぇぇぇ!?」
「逆立ちで校庭一周歩くのと、二人で…。」
「ち、ちょっと待って!俺逆立ち出来ないし!てか!俺も質問させて貰えないの!?」
「まずは質問に答えてからだよー。」

完全に手の平。
これは付き合ってると言ってもおかしくないのう。
本日もごちそうさまですたい。
スポンサーサイト
2018/03/16 21:08|からかい上手の高木さんTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1595-f96ca484


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.