Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりDVD鑑賞でもしてるほうがいいと思う。
出かける場合はお1人様の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
1人外食
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


からかい上手の高木さん 第9話「ケータイ」「ホラー」「写真」

20180317.jpg


ついに携帯買っただと!?ということは、常に高木さんとつながっていられる。
「携帯買ったんだ?」
(来た!)
「それって最新の奴?私も今度それにしようと思ってたんだ。触っても良い?」
「良いよ。」
(今日の為に練りに練った…高木さんを携帯でからかう作戦!それを使って俺は今日…高木さんに勝つ!
あれ?高木さんからアドレスを聞いてくると思ったのに…どうしよう。)
「どうかした?」
「べ、別に。」
(クソ、このままじゃ作戦を実行に移せない。俺から高木さんに聞けば良いのでは?なぜそんな簡単な事に気付かなかったんだ俺は!)

女の子にアドレス聞くのはDTにはハードル高い。そこを本日のからかいネタにしてきたな。
「高木さん!」
「なに?」
「あ、あの…、ア…アドレスを…。」
「ん?」
「ゴメン!なんでもない!」
(な、なんだ…?なぜこんなに緊張するんだ?落ち着け!高木さんにアドレス聞くだけじゃないか!俺もしかして今…女子にメールアドレス聞こうとしてるのか?なんかそれって…なんか…。じゃないか!)
「ねえ西片、私に何か聞きたい事でもあるの?」
「へ?いやいやいや!いや!ないよ!ホント!」
「ふーん。てっきり私のメールアドレス知りたいのかと思ったよ。」

バレテーラ。
(いや…しかしこれはチャンスでは?この問いに対してイエスと答えるだけでアドレスゲットだぞ!油断したな高木さん。)
「じ、実はそうなんだ。」
「なんでさっき誤魔化したの?もしかして照れてた?ねえ?」
(た、高木さんめ…!)
「私と、メールのやり取りしたいの?」

したいです!
「ち…違うって!高木さんをメールでからかう作戦の為に聞きたいだけで!別にそういう感じじゃなくて!ホントに!別に!何も俺は変な…はっ!」
「私をからかう作戦は潰れちゃった訳だけど、アドレス交換はしようよ。」
「…うん。」

この幸せもんが!

20180317part2.jpg
「おはよう西片。ちゃんと守ってくれたんだ?この間の約束。」
「まあね。手伝うよ。」
「ありがとう。なんか眠そうだね。」
「いや、別に。」
「夜遅くまで録画してた100%片想いでも観てたの?」
「ち、違うよ!」
「そうなの?じゃあなに?」
「ちょっとね…。」
「クラスの男子とやり取りしてた?」
「ま、まあね…。」
「どんな?」
(え…あれ?高木さんが珍しく食い付いてきた…これは!)
「携帯、初めて持った時って人とやり取りするの楽しいんだよねー。私も夢中になったよ。」
「へっ!?」
「それで、いい加減にしなさいって怒られたりしてね。」
(高木さんと携帯でやり取りするような相手って…誰だ?)
「あ、分かった!お父さんと?」
「お父さんとやり取りなんかしないよー。」
(た、確かに…。)
「気になる?」
「別に?」

わたし、気になります
「西片は男子とどんな話してたか教えてくれたら私も教えるよ。」
「良いよ…別に。」
(待てよ?一石二鳥の良い手があるぞ。高木さんめ…余裕でいられるのも今のうちだぞ!)
「実はさ、昨日は男子の間でおもしろ動画の教え合いっこしててさ。」
(木村から送られてきたサイトのアドレス…。お陰で俺があまり眠れなかったこれを…。)

ホラー動画送ってやるわ。しかし思ったほど怖くないのが現実。
かつてヤフーでががばば検索してみと言われたときもあまり驚かなかった経験がある。

「なにか送った?」
「あー可愛い動物の動画サイトをね。」

ニコ動とかでAV(アニマルビデオ)とタグ付いてたりする?
「エッチなサイトだったりして。」
「違うって!」
「ふーん…どれどれ?」
(どうだ…?怖くて声も出ないかい?高木さん。)
「西片っていつもこんなの見てるの?」
「え…?えぇぇぇぇ!?なんで!?ちょっと待って!なにそれ!?俺が送ったのって…あれ?」
「ちょっと聞いてみただけ。」
「はぁぁ!?」

先にしてやられたな。
「さて、西片の送ってくれたサイト見よー。ホントに動物だ。へー可愛いね。これってヤギ?」
(よしよし油断してるな…そろそろか?よしっ!行けっ!恐怖しろ高木さん!)
「へえ…怖いね。」

リアクション薄!
「えぇ!?え…いやいや…怖くないの?」
「怖いよ?でも…朝見てもそこまで怖くないかな。」

ぐう正論。
「へえ…こういうのやり取りしてるんだ?男子って面白いねー。」
「た、高木さんこそ…誰とどんなやり取りしてるのさ?」
「んー?私は普通の話。」
「答えになってないよー。」
「そうだっけ?えーとね、相手、いで始まる子。」
「い?い…石井さん?」
「ぶー。いの次はと。」
「いと…いと?え?伊藤?男子の?」
「クラスの伊藤くんじゃないよ。で、最後がこ。」
「いとこ?高木さんめ…今日は絶対からかってやれると思ってたのに…返り討ちに遭ってしまった。いや!今日はまだ終わっちゃいない。朝がダメなら夜送るまでのこと。木村に帰り教えて貰った更に怖い動画…怖いから俺は見てないけど…これで高木さんを…。」

着信あり
「もしもし西片?そろそろかな、と思って。」
「な、何が…?」
「怖い動画送ってくるの。」
「な、なんのことかな…?」
(高木さんめ…俺の企みがこんなことでバレるとでも思っているのか!勝負は…。)
「電話を切った後、楽しみにしているが良い…。とか思ってた?」
「え、いや…思ってないから。」
「ホントに?」
「ホントだって…。」
「じゃあ…そろそろ寝る?」
「あ、うん…多分。」
「…そっか。私もそろそろ寝るとこなんだー。」
「…そっか。」
「なんか変な感じ。」
「え?」
「西片と夜話すの初めてだし…。ちょっとドキドキするよ。じゃあまた明日ね、おやすみ。」
「え、あ…おやすみ。」
「西片?」
「へっ!?なに?」
「まだ切らないの?電話。」
「高木さんから切ってよ…。」
「私から掛けたんだし、西片から切ってよ。」
「なんで?」

どっちが先に切るとか恋人同士の電話かよ!
「じゃあ、せーので切ろうよ。」
「分かった…。」
「せーの…嘘吐き。」
「た、高木さんだって…!」
(なんだよ…今日も寝れないよ。)

甘酸っぱい青春じゃな。

20180317part3.jpg
「ちょっと待ってて高木さん。」
「なにするの?」
「よーし良いぞ…そのまま、そのまま…よし!シャッターチャンス!あっ!くっそ…壁しか写ってないや。」

そうゆう時は動画で撮影してベストショットのシーンで一時停止のスクリーンショットがベター。
「どうしたの?急に写真なんて。」
「今男子の中で、誰が一番おもしろ写真撮れるか勝負しててさ。」
「今、一番って誰なの?」
「木村のこれがダントツ。」
「あーこれは強烈だねー。面白い写真かー。」
「あ、高木さん!高木さんの変顔撮らせてよー!」
「えー。」
「あれなら絶対スーパーポンポコに勝てる!」
「西片が何でもしてくれる、って言うなら良いけど…。」
「なんでもって…?」
「なんでもはなんでもだよー。」
(怖っ!トップを狙える逸材がここに居るのに…。)
「あ、西片。」
「ぷっ。だははははは!高木さん!その顔!あ!」
「シャッターチャンス、あげたのに。」
「も、もう一回!」
「ダメダメ。」
(いや待て…高木さんのことだ。味をしめてもう一回やってくるぞ!ここは落ち込んでるフリをして、と…。)
「西片ー。」
(ほーら来た!シャッターチャンス!)

スネークショット!
「わー!!」
「良く撮れてるー!」
「へっ!?今の撮ってたの!?」
「ちょっと…消してよ!」
「やだよーせっかく撮れたのにー。なんでもする、って言うなら消してあげるけど?ん?」
(高木さんめ…!なんてヒドい作戦を!)
「あーホント良いの撮れた。西片も見る?」
「良いよ俺は…。」
「ほらほら。」
「連射機能!?」
「良いでしょー!この変わりよう。」
(高木さんめぇぇ!そうだ、その大口開けてマヌケに笑っているところを撮ってやる!きっと恥ずかしいだろ!)

カメラが入ると営業スマイル。変わり身早っ!
「綺麗に撮れた?これでおあいこねー。」
(全然おあいこじゃないだろ…!)
「こ、これ消すから…そっちのも消してよ。」
「んーん、消さない。だから私のも消さなくても良いよ。」
「いやそういう事じゃなくてさ…え?」
「じゃあねー。」
(ご機嫌だな…俺はおもしろ写真が全く撮れなかったと言うのに…。)
「西片ー!私の写真、誰にも見せないでね。恥ずかしいから。」
(いやいや…見せられるわけないだろ。なに言われるか分かったもんじゃない!危険だ…削除削除。恥ずかしい…って言ってたし…いずれ何かの取引に使えるかもしれない。残しておくか。)

高木さんの写真GJ!
残しておくとまたからかいのネタにされますぞ。
スポンサーサイト
2018/03/16 20:18|からかい上手の高木さんTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1594-3e5badfe


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.