FC2ブログ
Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


スロウスタート 第10話「サメのいとこ」

20180311part10.jpg


開幕アルブレヒト。もとい1人芝居。ぼっちが家でやる遊びの王道じゃな。
管理人だってぼっちな学生時代はSDのガンプラで一人人形遊びやってたもん。

「暑いですね~はなくまちゃん!」
「そうだねたまくまちゃん。」
「キンキンに冷やしたシャケをつるっといきたいところですなぁ。」
「おそうめんみたいだね~。」
「流しシャケも風流でいいですな~。」
「それは普通に川で泳いでるのと一緒じゃない?」
「泳いでいるかはたまた流されているか。そこには大きな違いがあるのですよ!」
「深いね。」
「深いですね~熊だけに。」
「はなくまちゃん!」
「たまくまちゃん!」

ピンポーン
「は、は~い。」
「大会さん…どうしたんですかその格好…。」

事後っぽい。
「え、栄依子さんが~!!
す、すまない花名ちゃん。驚かせてしまって…。」
(私は今人生の岐路に立たされている!)

栄依子にお電話。
「栄依子さん!中だろうか!?外に出すべきだろうか!?」
そりゃ中に。コンドーム1箱(12入)で足りますか?充分です。
「はい?」
「いや先日見立ててもらったシャツとスカートの話なのだが…。」
「ああ。なんだどちらでも平気ですよ。中でも外でも。」
「それじゃ困るんだ!君が決めてくれ栄依子さん!中入れか!外出しか!」

キムリン(あずまんが大王)は中入れとぬかしおる。
「え~。とにかく大会さんの好きにするのが一番ですよ。」
「でも…。」
「それじゃ失礼しま~す。」
「待ってくれ栄依子さん!中か!外か!栄依子さ~ん!!
このコーディネートだけは失敗できないと熱くなりすぎてしまったんだ…栄依子さんには悪い事をした。」
「そ…そうだったんですか。あの…大会さんどこかにお出かけですか?」
「実は…予備校の夏期講習に申し込んでみようと思って。今日はその書類を頂戴しに…。」
「すごい!すごいです大会さん!」
「だってコンビニから段々お出かけできる場所が増えていってとうとう予備校ですよ!来年は甲子園にだって行けちゃうかも!私が外に出られるようになったのは花名ちゃんのおかげなんだ。本当にありがとう。」
「そそそそんな!私なんか全然…。むしろ大会さんは前に進んでるのに足踏みしてるだけっていうか…言わなきゃいけないと思ってるんです。隠したままじゃよくないって…。」
「シャツの裾をか!?」
「違います!」
「裾の処遇をどうするべきか花名ちゃんが決めてくれ!」
「え…。」
「中に入れるべきか!外に出すべきか!」
「私もそういう事決めるの苦手で…。」
「もう花名ちゃんに頼るしかないんだ!決めてくれ…中か!外か!」

ナカとか連呼するなし!ww
「栄依子さん!中だろうか!?外だろうか!?」
「はい?」
「中か外か。難しい問題ですね。」
「それじゃ困るんだ!君が決めてくれ栄依子さん!中入れか!外出しか!」
「外だと垂れてしまうので中の方が。」

制服着たままの着衣●ックスじゃ高い制服が汚れてしまうから中だね。

20180311part7.jpg
以前あった手作りアクセサリーの伏線。
「どうしたの?」
「実はこっちが本命の用事なの。これよかったら。」
「わ~!綺麗!」
「これもしかして栄依子ちゃんが?」
「そ。作ったの。この間話聞いてくれたお礼。」
「そんなお礼なんて…。」
「まぁまぁご笑納くださいな。二人きりの時に渡そうと思ったけど意外とタイミングなくて。」
(栄依子ちゃんモテモテだからな~。)
「それね。花名のイメージで作ったの。」
「わ…私の!?」
「一応モチーフは四つ葉のクローバー。花名にいいことがありますようにって。」
「栄依子ちゃん…ありがとう栄依子ちゃん!すっごく嬉しい!私毎日つけるね!制服…は怒られるかもしれないから鞄に!でもそれだとすぐ壊れちゃうかも…。」
「花名はいろいろ考え過ぎ。貰った瞬間から壊れた時のこと考えないの。」
「作った本人がすぐ傍にいるんだから壊れても直してって頼めばいいだけよ。」
「うん!ありがとう。
かわいい~。栄依子ちゃんすごいな~。」

お姉さんキャラの頭なでなで。花名ちゃん攻略完了。

20180311part8.jpg
拙者浪人でござる。が意外にもあっさりバレた。
「あ。そういえば花名。志温さんに聞いたんだけど浪人してるんだってね。」
「浪人?」
「流れ流れて浮浪人。」
「そっちの浪人じゃないから。」
「あれ?違ってた?志温さんから去年就職できなくて浪人中なのよって。」
「え?えぇ~!?志温ちゃんが浪人!?」

花名ちゃんではなく志温ちゃんだったか!しかも就職浪人とな。てっきり管理人が本職だと思ってた。
「うん。就職浪人って。あれ?これって言ったらいけない話だったの?」
「身内が知らない情報を聞き出すとかコミュ力ゲージカンストしてませんか?」
「そんな大げさな。普通にメールしてたらそういう話になっただけよ。」
「普通にメール…メール!?抜かりないですね栄依子ちゃん!いつの間に志温ちゃんさんと連絡先交換されてたんですか!?」
「プールの時に普通の流れで…。」
「さっきから普通って!全然普通じゃなかとですよ!冠のアニキィ。こいつちょっと調子乗ってますぜ?きゅっとシめてやりましょうぜ。」
「じゃあお酢で。」
「昆布で!」
「私おいしくいただかれちゃうの?」
(私自分の事でいっぱいいっぱいで全然知らなかった…。)
「そうよ。就職浪人中。言ってなかったかしら?」
「言ってないよ~。」
「あらうっかり。伝え忘れてたのね。あの頃は管理人の仕事を覚えるのに一生懸命だったから。燃えるゴミの日、資源ゴミの日、粗大ゴミの日を覚えたり。」
「ゴミの分別に力入れてるね…。」
「ゴミを制する者は管理人を制するのよ。」
「な、成程。」
「今思えば管理人の仕事を徹することで悲しみを忘れようとしてたのかしら。」
「でも今はほんとに全然何とも思ってないの!だから安心して!」
「それはそれでどうなんだろう…。」
「でも志温ちゃんがどの会社にも入社できなかったなんて…。」
「それがね。受かった所もあったんだけどおじいちゃんが…。
【御社の椅子のクッションは柔らかめですか!?給湯室のタオルの柔軟剤は何をお使いで!?勿論エアコンは毎年クリーニングしておるんでしょうな!?孫の健康!わしはそれだけが心配で心配で!】
お…おじいちゃん!!」

スーパー過保護将軍。ww
あれか、入社式に親が同席してくるようなモンペか。ww

「女の子の孫は私と花名ちゃんだけだから特別過保護になってるのよね。」

20180311part9.jpg
(志温ちゃんはこれからどうするのかな…管理人続けてくれるのかな…)
「あの志温ちゃん…。今日…志温ちゃんの部屋で泊まっていい?」
「もちろん!じゃあ後で一緒にお風呂入りましょうか!」
「お…お風呂はいいよ!恥ずかしいよ~!」

目がシイタケ目。輝いとる。
しかもお風呂だと!?ガタッ

「あのね花名ちゃん。実は去年花名ちゃんが引っ越してくるってわかった時に花名ちゃん用のパジャマやお布団を買っておいたの。」
浮いてるよ。www
しかし、湯気が仕事熱心過ぎる。

「これも花名ちゃんが来るから買っておいたんだけど。」
「も~!志温ちゃんの中の私って3歳くらいで止まってない!?」
「し…志温ちゃん…。」

サメパジャマ。
「わ~!思った通り!すっごくかわいいわ!」
「か…かわいいの!?これかわいいの!?」

パトレンジャーのつかさもサメのぬいぐるみ可愛いと頬ずりしとった。
「ううん…あのねその…志温ちゃんに聞きたいことがあって…志温ちゃんは管理人を続けるの?それとももう一回就職を頑張ってみるの?」
「ん~…正直言うとね。悩み中。最初はね。大学のお友達はみんな就職しちゃってこんな風に家の仕事を手伝ってるのは私だけで。なんだか置いてかれるみたいで不安だった。でもね。管理人としてみんなに気持ちよく過ごしてもらえるように共用部を掃除したり、庭の手入れをしたり、昔からそういう事をするのは好きだったし自分に合ってるなって思うようになったの。もちろん就職できたらその先はいろんな発見や出会いがあると思う。でも今の管理人としての自分も好きだなって。」
「頼っちゃってごめんね志温ちゃん。花名のことよろしくお願いします。」
「いえいえ大歓迎です。葉月さんもいつでも遊びにいらしてください。」

そうそう!も~っと私に頼っていいのよ!
なんか回想入った。髪も志温ちゃんに切ってもらったんだよ。

「私ね…志温ちゃんが管理人で本当に良かった。」
「花名ちゃん…やっぱりこのまま管理人を続けようかしら?」
「あ…でも志温ちゃんが管理人さんならうれしいけど無理強いしたいわけじゃなくて…就職するなら私応援するからね!」
「よく考えたら私も就職浪人で万年さんも浪人。花名ちゃんも浪人。このアパート浪人ハイツって感じよね~。」
「わ…私はもう違いますから!」
「じゃあそろそろ寝ましょうか。おやすみなさい。サメちゃん。」

翌朝
「はいお弁当。二日目がおいしいから。」
「あ。やっぱりカレーなんだ。うんありがとう。」
「あら。かわいい!素敵なブローチね。花名ちゃんによく似合ってるわ。」
「それじゃあ行ってきます!」
「はーい。行ってらっしゃい花名ちゃん。」

いい話だったけどサメパジャマが気になってしょうがなかった。
天国に涙はいらない(ラノベ)の10巻のように、たまちゃんが感動シーンで始終悪魔のコスプレしてた時のような錯覚を覚えた。
スポンサーサイト
2018/03/12 04:04|スロウスタートTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1586-c1862223


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.