Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりDVD鑑賞でもしてるほうがいいと思う。
出かける場合はお1人様の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
1人外食
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


りゅうおうのおしごと! 第8話「はじめての大会」

20180228.jpg


(女流棋界最大の棋戦マイナビ女子オープン。女流棋士でもアマチュアでも参加が可能でその勝者は女王の称号を勝ち得る。今の女王は俺の姉弟子、空銀子だ。7月中旬、今日はこのマイナビ女子オープンのチャレンジマッチ。いわば予選の予選が行われる日だ。夏休みに入ったあいと天衣、そして桂香さんもこのチャレンジマッチに参加している。俺と晶さんも付き添いで上京。あいたちに取っては初めての公式戦だ。)
「お嬢様頑張ってください!」
「来なさい、踊ってあげる。」

3分間舞ってやる!
「こうこうこうこう…。」
(あいと天衣は竜王である俺の弟子ということもあり最初から注目の的。桂香さんも気合が入っている。チャレンジマッチと一斉予選を突破し、本選で1勝すれば研修会の成績とは関係なく一気に女流棋士の資格が得られるからだ。桂香さんにとっては起死回生のチャンス。頑張れ桂香さん!)
「負けました。」

いきなり負けとるし。
「そうか2人とも楽勝か…。」
「ごめんね、私だけ負けちゃってごめんねー。空気悪くしてごめんだよー。」
「桂香さんしっかり!敗者復活戦もあるんですから!」
「そうですよ!諦めたらそこで対局終了です!」

そりゃ安西先生で、将棋やなくてバスケや!
「晶さんってあんなに桂香さんのことを応援してたっけ?」
「晶って私の付き添いで研修会によく来てるでしょ?対局を見てるうちに肩入れしたくなったらしいわ。」
「できる!できる!できます!」
(でもこの負けは意外にいい効果をもたらすかもな。これで桂香さんも肩の力が抜ければ…。)
「大切なのは諦めない心です!そう諦めないで!ネバーギブアップです!」

松岡修造も混ざった。ww
「老兵は死なず、ただ消え去るのみ…。」
「さて午後は2回戦からか。」
「やーいーちー。」
「お、お前は!」
(女流帝位、祭神雷17歳。別名を捌きのイカヅチ。ファンからはイカちゃんとも呼ばれている。イカは相手が強ければ強いほど力を発揮するタイプだ。)

雷じゃないわ!いかづちよ!
それともイカちゃんと呼んだ方がいいゲソか?

(プロ棋士にも幾度となく勝利を収め、彼らのプライドをへし折ってきた。まさに天才。その才能は俺の姉弟子、空銀子をも凌ぐといわれている。)
「あの時の返事聞かせて、八一。」
「何度も言ったろ、あのことならお断りだ。それよりお前も半月後には一斉予選に出場するんだろ?棋戦に集中しろよ。」
「ダメさー、こんな棋戦で勝ち上がっても最後に戦うのが銀子じゃねー。こっち相手が弱いとやる気出ないんだよ。」
(強がりじゃない…!例え姉弟子でもコイツが本気を出したら勝てるかどうか…。)
「じゃあ銀子を倒したらオッケーしてくれる?だったらこっちも本気出すからさー。」
「その前に俺の弟子と当たるかも。」
「弟子ー?」
「強いぞ、才能はお前より上だ。」
「ふひ、ふひひひひひ、ひひひひひひひひ。」

ギザギザ歯とか噛まれたら痛そう。それ以前にこえーよ!

20180228part2.jpg
師匠の解説のお仕事。
(余計なことは考えないでちゃんと仕事しないと。)
「中継するのは注目の雛鶴あいさんと夜叉神天衣さんです。声や姿は流れませんが指し手に竜王のコメントをいただきそれを私が書き込みます。まず雛鶴あいさんの対局ですね。雛鶴さんは相掛かりがお得意なんですか?」
「えぇ、他にも色々と教えましたけど一番好きなのはやはり相掛かりみたいです。あいはこの戦型には敏感ですよ。」
「解説の九頭竜竜王は、あいは俺が色々と開発しました。敏感ですよと得意げに語る。」

ヲイ!ww
「あのちょっと俺そんなこと言ってないんですけど…。」
「コメント欄は容量が少ないので言葉を省略しないといけないんです。」

これはひどーい。ww
「それより解説の続きを。」
「先手は攻め手がありません。後手の具合がいいですね。」
「九頭竜竜王小学生は具合がいいです。」
「おい!」
「今度は何ですか?」
「明らかに誤解を生む書き方をしてるだろ。ちゃんと事実を正確に…。」
「事実を正確にですね。雛鶴さんはこの春から九頭竜竜王と同居生活をしており…。」
「あぁいや…、それは書かないでいただけると…。」
「事実ですが。何かやましい事でも?」
「そういうわけじゃないですけど…。ほら人気棋士の俺が女の子と同居してるなんて噂が広まったら女性ファンがショック受けちゃうでしょ?」
「そうですね。」
「ツッコんでよ!」
「夜叉神天衣さんの将棋にいってみましょう。夜叉神さんも竜王門下、既に局面をリード。九頭竜竜王夜は俺がリードしています。」
「言ってねぇよ!」
「夜叉神さんはどんな子ですか?」
「天衣は賢い子ですね。完全に自立してて何も教えなくても強くなる。弟子としては最高じゃないですか?」
「クズ竜王、小学生は最高だぜ。」

wwwwwwwwwwww
確かに八一が言ったセリフをありのままに言ってる。

「だから言ってねぇし!ってか名前!名前!」
「竜王、雛鶴さんのこの手順はどうご覧になりますか?」
「ここまで勝ちにこだわるあいは初めて見ます。」
(まぁ公式戦だから当然かもしれないけどそれにしても…。)
「確かにあとは相手が逃げるのを待つだけですね。」
「いや7七に歩を打ってそこから詰みの手順があります。」
「ですがこの詰みを小学生が読めますか?」
「読みますよ、あいなら。」
「夜叉神さん、史上最年少で一斉予選に進出したご感想は?」
「特にありません。」
「勝利の喜びを一番に誰に伝えましたか?」
「師匠です。その辺にいたので。」
「夜叉神さんから見て師匠はどんな人ですか?」
(驚いたことに俺の弟子は2人とも4連勝、一斉予選に進出が決まった。)
「えっと…まだまだ弱くていっぱい勉強しなきゃですけど次も絶対に勝ちます!」
(2人ともいつの間にかすっかり大人になったみたいだ。)

心でなく体がか?
「は、はい。勝ち残れたのは夢みたいで初戦で負けて開き直れたのが良かったのかなって。」
(そして桂香さんも敗者復活戦で最後の1枠に際どく滑り込んだ。)
「まだ道は遠いですけど本選まで勝ち上がって1勝すれば女流棋士になれるので頑張りたいと思います。」
「うっ…!うぅ…桂香さん良かった…!本当に良かったよー!」
(マイナビ女子オープン、チャレンジマッチはこうして幕を閉じた。)


20180228part3.jpg
「3時になって両対局者におやつが運ばれてきました。私たちもいただいちゃいましょう。」
「プリンですね!美味しそうです!」
「はい、先生あーん。」
「あーん。」
「うわぁ!仲良い!」
「うちの両親もよくこれやってるです。」
「恥ずかしい…!」
「ぷいんぷいんー。」
「ぷいんぷいん、ぷいんぷいん。」
「ぷいんぷいん。」
「ぷいんぷいん。」
「ねぇみんな、あいちょっと行きたい場所があるんだけど。」

あいちゃんヤンデレ化。ww
師匠もロリなのに巨乳に現を抜かすとは何事か!

00oppai.jpg

20180228part4.jpg
【ゲスト入ります。】
「ゲスト?」
「お邪魔しまーす。」
「えっ!?」
「えーっと、こちらの女の子は…。」
「雛鶴あいです。くじゅりゅう先生の内弟子をさせていただいてます。」
「う、内弟子?っていうことは…。」
「一緒に住んでるってことですよ。」
「違うんです、これは…!」
「ちっちょー。」
「シャルちゃん!?」
「せ、先生この子は…?」
「しゃうはちちょーのおよめたんだよー。」
「え?」
「ぽうぽーずもさえた。」
「あ…。」
「いやこれには事情が!」
「うわーニコ生の配信ってこんな風にやってるんだね。」
「ここ入っちゃっていいんです?」
「どうして将棋番組のゲストで小学生が入ってきてんだよ!」
【九頭竜先生のお弟子さんだというので、サプライズでご登場いただきました。】
「サプライズ過ぎて社会的に死ぬわ!」
「自業自得です!ししょーのだらぶち!」
「ちょっとあなたたちいつまで全世界に恥を晒し続けるわけ?」
「あなたこそなんなの…?」
「この変態の弟子よ、残念ながらね。」
「はぁ?誰が第二夫人よ!言葉に気をつけなさいクズども!」
「気持ち悪い…!」
「あ、棋帝が投了したよ。」
《おめでとうございます名人》
《これで四冠ですね》
《次に狙うタイトルはやっぱり竜王ですか?》
《大方の予想では竜王獲得も間違いない…。》
「ちちょーどうしたの?げんきない?つかれたったの?」
「あはは…心配してくれてありがとうシャルちゃん。」
「しゃうがげんきのでるおまじないしてあげうよー。」
「あー!」
「ちゅ。」
(この時、視聴者数は将棋中継史上最高の300万人を突破した。)

そりゃ炎上だ。ww
コメントがリアル過ぎて笑えてくる。


20180228part5.jpg
真面目パートに切り替わった。
(翌日、俺はあいたちを先に大阪に帰し、入れ替わりに上京して来た姉弟子と原宿の一角を訪ねた。)
「時間通りだな銀子。」
「お久しぶりです釈迦堂先生。」
「すみません、歩夢との研究会に場所を貸していただいて。」
「なあにこれも師匠の務めさ。歓迎するよ。」
(釈迦堂里奈、またの名をエターナルクイーン。女流名跡のタイトルを20年近く保持する女流棋界の第一人者で神鍋歩夢のお師匠さんでもある。)
「どうかな若き竜王、余の城を初めて訪れた感想は?」
「お城みたいですね。」
「普段は洋服屋さんなんですよね?」
「うむ。余のセレクトショップだ。」
「せっかく来てくれたのだ。まずは1局、余と銀子の将棋を観戦していかれるがよい。」
「せ、先生それは…!」
「よいではないか。余も若き竜王に良い所を見てもらいたいのだよ。」
(居飛車穴熊の姉弟子に対し、釈迦堂さんはノーマル四間飛車。古典的とも言っていい戦法で立ち向かう。普通なら最新の戦法を駆使する姉弟子が圧勝のはず。なのに釈迦堂さんは姉弟子の攻撃に美しくも自然な手で応じながらいつの間にか堅い防御力とさらに攻撃力を秘めた陣形を組み上げていった。これは武道にもある他力、相手の力を利用して逆に相手を倒す技だ。)
「ありません。」
(さすがエターナルクイーン。公式戦では女流棋士に無敗の姉弟子がここまで完璧にやられるなんて。)
「どうした銀子、今日は随分と駒が浮ついていたぞ。」
「えっ…!」
「若き竜王よ、銀子の敗因がどこにあったか分かるか?」
「直接的な敗着は終盤の4六歩だと思います。これが4七歩だったら。」
「違うな。余はもっと簡単な方法で銀子の平常心を奪ったのさ。要するに…。」
「先生!」

八一を意識したからですね。すぐ横にいるし。
-------------------------
「姉弟子は?」
「余の頼みごとを聞いてもらっている。」
(おつかいにでも行ってるのかな?)
「銀子は強い。余が見てきた中で最も才能がある女性の1人だろう。だからつい夢想してしまう。銀子が女性初の女性プロ棋士になってくれたのなら余の人生も無駄にはならないと。」
「じゃあ祭神雷はどうですか?」
「魔物だな。」
「魔物…。」
「彼奴の才能正体、それは究極のエゴイズムだ。強くなるためなら何でもする。人を傷つけもするし自分にとって大切な物でも躊躇いなく犠牲にできる。それゆえどこまでも強くなる。人の心を踏み躙り他者を踏み台にしながらな。だから魔物と言った。今はまだ余の力で彼奴を抑えていられるがいずれは…。それまでに銀子か、あるいは他の誰かに祭神雷という魔物を封じてもらわねばならぬのだ。おぉ、準備できたか銀子。」
「死ね…。」

銀子のゴスロリファッション。
あら、かわいい。

「せっかく女が男のために着飾ったのだ。感想の1つも口にしてやってはどうかな?」
「わ、私は別に八一のためってわけじゃ…!先生が着ろって言うから…!」
「あ、あの…似合ってます、マジ…可愛いですよ。」
「ぶちころしゅぞわれ…。」

恥じらう表情たまりませんわ。
「銀子の服は郵送しておいた。今日はその恰好のままで大阪まで帰ってもらおうか。」
「はぁ?」

恥じらう表情を楽しむ他に、羞恥プレイの用意。ww
「八一…、来月の1日は予定とかあるの…?」
「あぁ、8月1日はマイナビの一斉予選だから弟子たちについてないと。」

この期に及んでロリっ子の話か。このニブチンが!
「ふっ、寂しい男ね。」
「うわっ!」
「姉弟子、気を付けてくださいね。」
スポンサーサイト
2018/02/28 04:36|りゅうおうのおしごと!TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1581-eb4328a7


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.