FC2ブログ
Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
用心深いとか?
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
アクア
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
甘えさせてくれるダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
スキー以外は基本インドアなので、お家でまったりDVD鑑賞。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
お一人様行動
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
(最近遊んでくれるニャンコがいないけどね。)
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
パソコン、財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


からかい上手の高木さん 第7話「買い物」「水着」「海」「部屋」

20180223.jpg


(ふふふ…100%片想いの最新巻!)
当然ながら高木さんとエンカウント
「た、高木さん!?」
「なんでそんなに驚くの?」
(クソ!なんでいつもタイミングが悪いんだ!もしかして俺をつけてるのか!?いや、とにかくビビってる場合じゃない。俺が買ったものを悟られないようにしなければ!)
「ところで本屋から出てきたけど。」
(来たーー!)
「なにか買ったの?」
「た、高木さんはなにしてんの?」
(危ない危ない…。上手く話題を逸して乗り切らねば!)
「水着、買いに来たの。」
(水着!?)
「顔赤いよ。」
「あ、暑くて!」
「ねえ、西片ってどんな水着が好きなの?」

スク水(旧型)
「ど、どんなって…なんでも良いんじゃないの?」
「水着なら何でも好きって事?」
「違うって!別にどうでもいいってこと!」
「暑いの?」
「暑いの!」
「今日買った100%片想い、今度貸してね。」
(高木さんめ!見ていたのかぁ!)
「ははは…なにを言ってるんだい?」
「あれ?違うの?」
(いや、待て。あのレジの配置なら外から見えるわけないんだ!ハッタリだな…!危ないところだったぜ…。)
「違うよ、違う違う。」
「じゃあ何買ったの?」
「ロ、ロボットゾンビをね。」
(どうだ、女子ならまったく興味が無いだろう!帰れ帰れ!)
「ホントは100%片想いなんでしょ?」

バレバレ。前に同じ流れだ。全く成長してない。
「ち、違うよ…。」
「じゃあ見せてよ。」
(また追い詰められてしまった!結局こうなってしまうのか…。俺は、高木さんには…。思い付いてしまった…。)
「じゃあ高木さん…賭けをしようよ。」
「俺が買った本が100%片想いかそうじゃないか…高木さん外した場合、俺の言うことを一つ聞いて貰う。」
「良いけど、私が当てたら言うこと一つ聞いてね?」
「うん、オーケー。」

賭けに出て勝てたためしがないじゃなイカ。
(どうだ高木さん!この俺の堂々とした態度は!心の中に疑念が生まれたはずだ!西片がこんなに堂々としてるなんて…。もしかして100%片想いじゃないんじゃ!?とね!どうせバレるなら高木さんにも痛い目を見て貰う!前回とは違うんだ!俺だって日々成長を…。)
「じゃあ100%片想いに賭けるよ。」
「ホ、ホントに良いの?」
「うん。やったー!あたりー!」
(なんで俺がこんな目に…さっさと帰ってこれ読んで癒されよう…。)
「じゃあ…俺はこれで。」
「どこ行くの西片?水着、選ぶの手伝ってよ。私が勝ったら言うこと一つ聞いてくれるんだよね?」

負けてもリア充イベントが待っているとは!

20180223part2.jpg
「どれが良いと思う?」
「ど、どれでも良いんじゃない?」
「ちゃんと選んでよー。西片負けたんだからさ。」
(この空間に居るだけでも恥ずかしいってのに…。水着とか直視すら出来ないっての!こうなったら、さっさと選んで終わりにしよう…。)
「い、良いと思うよ…。」
「じゃあ、ちょっと試着してみるね。どっか行っちゃ、ダメだからねー。」
(なんで…こんなことに。あの布の向こうで…今、高木さんが…!)
「どうかな?」
「さ、さあ…。」
「そっか…じゃあ次の試着しよ。」
「えっ!?まだするの!?」
「似合ってるって言ってくれるまで続くかもね?」
(ええ…言えるわけないだろ、そんなキザなセリフ!
しかし…ホントに早く終わらせないと。こんなところ同級生に見られたらなに言われるか…。)

よく見かける中井×真野によるリア充いるし!
「なあ…ここ恥ずかしいから早く選んでくれよ。」
「えーっ!?ちょっと待ってよー!ちゃんと気に入ったの買いたいしー。」
「また後で来よう!」
「え?なんで?」

気をきかせてくれたし。
「今度一緒に泳ぎに行こうね。」
「うん。へっ!?」
「決まりね。」
「…うん。」
「あとでジュース奢ってあげるね、暑そうだから。」
「い、いやー!ホント暑くてさー!」

自然な流れで海行く約束させたし!海と言えばリア充の巣窟だ。

20180223part3.jpg
「西片、夏休みの宿題は進んでる?」
「ま、まあ…そこそこかな。」
「ふーん。ね、今日一緒に宿題しない?」
「良いけど…。俺、昼から約束が…。」
「なら昼まで一緒にしようよ。宿題、写しても良いよ。」
「じゃあ、どこでする?図書館とか?あ、でも宿題取りに帰ってたら時間が…。」
「大丈夫大丈夫。西片の家ですれば良いんだよ。」
「へ…?」

またナチュラルに誘ってやがる。しかも今度は家デートだと!?


20180223part4.jpg
(なんてこった…。いきなり高木さんが…女子が!俺の部屋に!)
「西片?」
「ちょっと待って…。」

アレ本とか見られてマズイ物は隠しておかねば。
「お邪魔しまーす。」
「気使わないで、親仕事だから…。」
(夢ではなかろうか…高木さんが俺の部屋に…現実味が無さ過ぎる!)
「あ!100%片想いだ!」
「見つかっちゃったー!きゅーん!」
「全巻揃ってるー!」
「ちょ!ちょっと見ないでよ…あっ!ゴ、ゴメン!」
「なんで謝るの?」
「え、いや…だって。好きなんでしょ?好きなら好きって言えば良いのに。」
(な、なんだこれ…2人きりでこんな…どう答えれば良いんだ!)
「100%片想い。好きなんでしょー?隠さなくても良いのに。」
(そっちかー!)
「そういえば机一つしかないんだった。」
「折りたたみのちゃぶ台とかは?」
「全部他の部屋で使ってるからな…。」
「じゃあ、椅子に一緒に座って勉強する?」
「えぇぇ!?」
「あははは!冗談だよ。あ、そうだ。ベッドで…勉強しよっか?」

保健体育の勉強をか?
「あ、あの…。」
「ほら!布団めくったら机代わりになるし。どうかした?」
「ナイス…アイディア。」
「ふーん?」
「な、なに!」
「じゃあ、ほら!勉強しよ。」
「へっ!?俺もそこでやるの!?あ、あの…さっきの話なんですけど。」
「もちろん。約束だもん。私が持ってきてるの漢字の書き取りだけど。」

謀ったなシャア
「騙したな高木さん!」
「騙してないよー。宿題、やろ。」
「あ…。」
(これは…100%片想いで見たシチュエーション!)
「もー!なんでこんな奴とカレー作りしなきゃいけないのよ!キュン子、プンプン!」
「あっ!」
「ドキッ!」
「ちょ、ちょっと…離して。」
「離すわけ…ないだろ。もっと、傍に来いよ。」
「キュ、キューン。」
(出来るかぁ!)
「これ、西片の消しゴムだったね、間違っちゃった。」
「あ、うん…。」
「手…。」
「ゴ、ゴメン!喉渇かない!? 麦茶で良い?」
「うん。
お邪魔しましたー。」
(ひたすらからかわれただけな気が…。)
「じゃ、また来るね。」
(ん?また、来るね…?)
「部屋、片付けるか…。」

本日は高木さんよく攻めますねぇ。
ニヤニヤが止まらんでゲソ。
スポンサーサイト
2018/02/23 04:10|からかい上手の高木さんTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1576-9ee98bfd


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.