Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりDVD鑑賞でもしてるほうがいいと思う。
出かける場合はお1人様の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
1人外食
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


からかい上手の高木さん 第5話「テスト勉強」「テスト」「テスト返却」「本屋」「雨宿り」

20180210.jpg


(しかし!俺は次のテストで絶対に良い点を取らないといけないんだ!)
「ねえ!ここいい?」

私服の高木さんも新鮮なりよ。
「さっき高尾くんたちとすれ違ったよ?』
「今まで一緒に勉強してたんだ。」
「ふーん、遊びに行くぞーって凄い勢いで飛び出してったけど、西片は行かないの?」
「俺は遊んでるヒマないんだよ。今度のテストで学年50位以内取らないとゲーム没収されちゃうんだ。」

何クラスあるか知らないが、学年50位って結構ハードル高いな。
「へー、そうなんだ。」
(しまった!俺は何をペラペラ喋ってるんだ。こんなこと言ったら勉強の邪魔されるに決まっているのに!)
「な、なーんちゃって。」
「え?なにが?」
「いや、別に…。」
自ら弱みを見せてしまう墓穴を掘ったな。
「とにかく邪魔しないでよ。」
「ひどいなー、私がいつも邪魔してるみたいじゃん。」
「してるだろ!」
「だって…西片からかうの面白いんだもん!」
(場所を変えるか…。いやそれだと高木さんに負けたみたいになるし…。)
「高木さんは勉強しないの?」
「うん。勉強は一日2時間までって決めてるから。」

どこの名人だよ。
勉強してないアピールする奴は大抵影でやってるパターンだから真に受けちゃいけないよ。

(さすがは高木さん、学年10位は余裕があるなあ。でも一体なにを考えている?高木さんのことだ、きっと何かしら邪魔をしてくるに違いないんだ。してこないわけない!だって高木さんだもの。)
「あ、そこ間違ってるよ。問6の-2+3y分xの値を求めよってやつ。」
「え、これ間違ってんの?え、なにが?」
「よいしょ。」
「え、高木さん?」
「こっちのが教えやすいから。」

距離が近いってばよ。向かいじゃなくてあえて隣に来たか!
(た、高木さんが!なんと心強い!いや、おかしいだろ!なんでそんなに親切なんだよ!おかしいよ!)
疑心暗鬼過ぎるわ!
「ホント今日はありがと、高木さん。」
「いやーお礼なんて良いよ。今日教えたとこ、テスト範囲外だし。」

まさに外道。ww
「ちょっと待ってー!」
「もう代入は完璧でしょー?」
「確かにわかったけど!でもジュース返して!」
「あ、もう開けちゃった。」
「今開けたろ!」

結局いつも通り、高木さんが上手であったか。

20180210part2.jpg
「お互いの点数、当てっこしようよ。近い方が勝ちで。」
「なんかいつもいきなりだね…。良いけどさ。」
「うーん…50点くらい?」
「ふん。俺を舐めすぎだよ高木さん。」
「そっかー、じゃあ…60点より上かなー?下か。」
(なぜ分かる!?ポーカーフェイスだ!ポーカーフェイスで高木さんを混乱させるんだ!)
「55点より上?上か。」

非情に正直に顔に出過ぎ。ww
(なぜだ!?)
「55点から59点のどれかだね。」
(ぴったり当てられることだけは避けねば!)
「じゃあね…56?57、58、59。ふーん…分かった!56点だ!」
「それで良いの?高木さん?ふっふっふ…俺のテストの点数は59点!」
「残念だね惜しかったけど…、ぐはぁ!」
「残念なのはお前の点数だろうが!」
「そうでした…。」

自らの生き恥を晒してるよ。
「じゃあ今度は私の点数当ててみてよ。誤差2点以内なら西片の勝ちね。」
「じゃあ…92点くらい?」

いきなりドンピシャで当ておった。それに動揺してるのはフェイクかと疑う。全く持って疑い深いな。
「あ!」
(えっ!なにその反応?)
「95点より、上?90点くらい?」
「92点。」
「あ!」
(絶対嘘だろ!騙されるか!高木さんがそんな顔に出すわけないんだから!クッソー!バカにして!この勝負全力で勝つ!もっと集中して、表情を見る!)
「な、なに?」
「ん?別に。たださっきからずっと…見つめ合ってるなーって、思っただけ。」

悶絶するほど可愛いのう。
「なんでそっち向くのよー?」
(卑怯だぞ高木さん!そんなこと言われたら見れないじゃないか!考えろ。考えるんだ!なにかヒントは…。あんなあからさまなフェイクを仕掛けてくるってことは高木さんは俺に92点って思わせたいってことだ!ということは!誤差2点以内の90点から94点は外れと言うこと!更に先生に褒められたってことは90点以上!そして!100点ではないってことは…。95点から99点!完璧だ…。完璧に勝った!)
「高木さん、高木さんの点数は、ズバリ97点だ!」
「ざーんねん。92点でしたー。」
「な、なにー!?」
「疑い過ぎだよー。こっちはわざと3点も外してハンデ上げてたのにー。」

疑い深いせいで、心理戦でいつも負けてますな。

20180210part3.jpg
(誰も来るな誰も来るな…。)
そりゃ誰か来るフラグでんがな。
「420円になり…。ちょうど頂きます。カバーは如何…。」
「いりません!」
「袋は…。」
「いりません!」
「レシ…。」
「いりません!」
(手に入れたぞ!あとは家に帰ってこれをゆっくりと…!)
「おはよ、西片。」
(たた、高木さん!なぜここに!?)
「散歩してるの。」
(心を読んだぁ!?)
「西片はなにしてるの?」
(ヤバい!これを見られでもしたら…ここはどうやっても誤魔化さねば!)
「いやー欲しい本があったんだけど…あいにく売り切…。」
(待て待て!レジにいるところを見られたかも?)
「爆裂!最強サッカー11巻を買いましたー!」
(どうだ!男子には大人気だけど女子はぜんっぜん興味ないだろー!完璧な返答だ…。今の俺は冴えてる!)
「爆サカ?見せて見せて!」
(まさかこんなに食い付いてくるとは危険な人だ…。ここは早く離れた方が良いな。)
「せっかく会ったんだし、ちょっと歩こうよ。こんな遠くの本屋さんで、しかも朝一で会うとか珍しいよー。」
(でもこのリュックに絶対に見られてはいけないものが入ってると思うと生きた心地がしない。早く家に帰りたい!)

まるでエロ本をこっそり買ったような思考じゃの。小学生ならともかく、中学生で少女漫画くらい余裕でしょうが。大方、中学生からギャルゲーに手を出す輩なんてごまんといるし。
「ねえ、西片。私に嘘吐いてない?」
「嘘吐いてる?買ったの爆サカじゃないでしょ。嘘吐いてまで隠すような恥ずかしいもの買ったの?普通の少女漫画でしょ?100%片想いって。」
「いや、まあそうなんですけど…。なんで知ってんのーー!?」
「いやーたまたま通りがかったら西片がレジにいてタイトル見えちゃった。」

最初からバレてて、あえてそのお口に言わせる羞恥プレイだったか!
(知ってて弄んでいたのか!)
「アニメが面白いから?そういうのも読むんだねー。」
「あの、高木さん!このことは誰にも言わないで貰えますか?テレビならともかく、単行本まで買って読んでるって知られたらきっとみんなに笑われてしまうので…。」
「うーん、どうしよかっなー?嘘吐かれたしなー私なんて西片に嘘吐いたことないのにさ。分かった、言わないよ。」
「ホントのホントに言わないでよ!」
「じゃあこうしよう。西片に私の秘密を教えてあげる。お互いの秘密を知ったら、少しは安心でしょ?じゃあね、耳貸して。私、西片のこと…好きだよ。」

あえて秘密な事であって、高木さんはいつも嘘は言っていない。
「あははっ!顔真っ赤!ホントすぐ赤くなるね西片は。西片が私に嘘吐いたから私もお返しに嘘吐いたんだよ。」
高木さん、はじめての嘘。
「へっ?あ、嘘か…。ビックリしたよ。」
「うん、嘘だよ。嘘に決まってるでしょ。」
「じゃあねー。私、こっちだから。」
「だよねー。バイバイまたね。」


20180210part4.jpg
雨宿りというと、お約束の濡れ透けイベントですかい?
「いきなり降ってきたねーすぐに止むかなー?あーあ、靴下まで濡れちゃった。西片は大丈夫だった?」
他に濡れている箇所は何処ですか?
(なんか透けてるよ。高木さん!)
透けブラか!?残念!ただのキャミのようだ。
(平常心…平常心だ!動揺してるのがバレたらスケベの烙印を押されてしまう!)
「いやーすぐに止むと良いなー!早く帰って5時過ぎから見たいアニメがあるんだよ…まあそれって爆サカなんだけどね。」
「ふーん、こないだ本屋で買った奴だよね。あ、違うか。あれは100%片想いか。」
「言わないでって約束したじゃん!」
「西片には言って良いんでしょ?本人なんだし。早く止むと良いね。あーちょっと濡れちゃってるよ…。ねえ西片、体操着ある?。洗って返すからさ、貸してくれない?ちょっと着替えたいんだ。」
「え?着替えるって…俺の体操着に?ここで?」
「うん。濡れてると気持ち悪くて。」
「西片はあんまり濡れなかったんだね。なんで?あ、カバンで雨除けにしてたから?」
「うん…。」
「そっか。私、自転車あったからなー。」
「そうだね…。」

生着替え(*´Д`)
「見たかったら見ても良いよ。」
んじゃ、お言葉に甘えて…。
というより西片にそんな根性はなかったか。

「えっ!?いや、高木さん、何を言って…。」
「もう着替え終わったから。
ねえ、賭けしよっか。5時の町内チャイムが鳴るまでに雨が上がるか上がらないか。負けた方は言う事なんでも聞くっての。」
「良いよ。」
「西片はどっち?」
「雨が上がらない方。」
「じゃあ私は上がる方。」
(雨が上がれば帰って、爆サカ見られるし、上がらなければ高木さんに命令出来る!どちらにしても美味しい!)
「いやーしかし着替えたから気持ち良いや、ありがとね西片。ちょっと汗臭いけどねー。」
「夏なんだから当たり前だよー!」
(俺の身体を包んでいた布が高木さんの身体に!? いかん!何を考えているんだ!)
「体操着、返そうか?」
「いや、良いよ…。」
「私の体操着、着なよ。ちょっと濡れてるけどその服よりマシだよ。」
(た、高木さんの身体を包んでいた布を…俺が。)
「着替え終わった?」
「見ないでよ!もう!」
(なんかイケナイことをしてる気分だな…。い、良い匂いがする。)

くんかくんかしてるんだ。思春期男子なら当然か。この変態が!
「私の勝ちだね。なにして貰おうかなー!」
(まあ良いさ。ウチに帰れば爆サカが待っている。さっさと済ませて走って帰ろ。)
「ねえ西片。せっかく晴れたし、寄り道して帰ろう!」
「あ、いや…高木さん俺…。」
「負けた方が言うこと聞く約束でしょ?行くよ!」
「えー。」

爆サカはアニメは見ても単行本には手を付けてない様子ね。
なんとも、まあニヤニヤな光景じゃの。こんな青春を経験したかった…。
スポンサーサイト
2018/02/10 18:26|からかい上手の高木さんTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1562-e1f2d95c


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.