Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりDVD鑑賞でもしてるほうがいいと思う。
出かける場合はお1人様の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
1人外食
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


りゅうおうのおしごと! 第5話「天衣無縫」

20180208.jpg


ししょーのだら!ロリコン!ロリコンキング!
前回の続き、嫁に浮気現場見られたところで終わった。

「ししょー、教えてるのはおじさんって言ってましたよね?っていうかその子、女の子ですよね?しかも可愛いですよね?可愛い女の子と手を繋ぐことがししょーのお稽古なんですか?それが竜王のお仕事なんですか?」
あいちゃんヤンデレ化してない?
「でもししょーは嘘つきだからきっとまたあいに嘘を…嘘つき嘘つき嘘つき嘘つき…。」
「ほんとに将棋しかしてないんだって!どうしたら信じてくれるんだよ!」
「拷問します。ししょーは本当のことを言ってくれないので痛みと恐怖で自白してもらいます。仕方ないですよね?」
「初めまして。夜叉神天衣と言います。八一先生には手取り足取り色々と教えていただいています。ね、先生?」
(おーい、何言ってんだー。)

煽りおる
「夜叉神天衣ちゃん?」
「あなたもあいって名前なのね。偶然かしら?それとも最初のあいちゃんに飽きちゃったのかしら?酷い先生ね。」
「あ、飽きてなんかないもん!ししょーはあいに興味津々なんだから!」
「でも今は私に夢中みたいよ?さっきも私の方があなたより上って言ってたし。」
(序盤の知識がある分、お前の方が上だろうな。)
「そ、それは意味が違…。」
「そんなことないもん!今日だってあいの作ったご飯を美味しいって言ってくれたもん!あいの事可愛いって言ってくれたもん!」
「おだてて家事をさせてるだけよ。」
「昨日はお風呂上がりに耳掃除してもらったし!膝枕で!」
「子どもにさせたら危ないからよ。完全にガキ扱いされてるじゃない。」

ぷくー。
「澪は握手してもらったことあるよ!」
「なんで対抗しようとするです。」
「あいなんて裸でししょーに押し倒されたもん!」
「…え?」
「シャルもおよめたんにしてもうてよ。」
「ちょっと…あなた本当にロ…。」
「あれは風呂から出た時の事故で会って俺は別にあいに興味津々とか全然そんなことあるわけ…。いや、今のは別にもうあいに興味がないとかそういう意味じゃ…。」
「ししょーのだらー!」
「あいちゃん!」

なーかしたー なーかしたー
「はっ、単なるガキね。」

20180208part2.jpg
ついにあいちゃん同士という名の正妻対決。
「あ、あれは!」
「一手損角換わりです!」
「渋っ!」
(この戦法はスペシャリスト向けでアマチュアの対局ではまず登場しない。プロでも指す棋士は限られている。)
「数少ない一手損使いとしてどう見ます竜王?」
「難しいですね。独特の戦型ですから。指してる俺でも完全に理解はできていないんですよ。」
(あいにとっては初めて指す将棋だ。当然、天衣に比べて圧倒的に不利。定跡さえ知っていればそれを頼りに指せばいい。でもあいはこの場で最善手を考えださなきゃいけない。)
「夜叉神天衣さんは健闘しているようですね。」
「えぇ、でも一手損角換わりなんて誰に教わったのか。ご両親はアマチュアだからこんな戦法使わなかっただろうし。」
「尾賀さんあれを。」
「7年前の記録です。早くお伝えしておくべきだったかもしれませんね。」
「そうか、それで夜叉神って名前に聞き覚えがあったのか。」
「こう、こう、こう…。」
「後手、3一金です。」
「読みが全く噛み合っていない。天敵というべきでしょうね。」
(終盤の切れ味で勝負するあいと、防御に徹してカウンターを狙う受け将棋の天衣。攻めるあいと守る天衣。守る天衣の陣形は布切れのように薄い。しかしそれなのに隙が無い。天衣無縫、天女の羽衣には縫い目が無くあるがままで完璧。夜叉神天衣の将棋は羽衣を思わせる。)
「来なさい。踊ってあげる。」

3分間舞ってやる!
(攻めているあいの方が苦しそうだ。後手は先手の狙い筋をしっかりと見切っているかのように応じている。)
「負けました…。」

まさかのあいちゃん敗北。ライバルキャラとの初戦は、今まで無双していた主人公やヒロインが負けるお約束かの。
「2人ともいい将棋でした。ただここで夜叉神さんの玉に詰みがあったね。」
(無論、俺と会長も気付いていた。簡単な7手詰め。恐らく詰め将棋として出題されれば1秒もかからず解いてしまうような本当に簡単な詰み筋なのに。)

冷静さを欠き、実力の半分も出せなかった。これが実戦の恐ろしさ。
だから道場剣法でなく野試合で場慣れしないとダメなのね。

「そっか…そっか…こうすれば勝てたんだ…どうしてちゃんと考えなかったんだろ…。どうして気が付かなかったんだろ…。悔しい、悔しいよ…私指しながら届かないと思ってた…。いつの間にか諦めちゃってた…。ししょーが贔屓してるんだから勝てるわけないっていじけて捻くれて…。私は…私に負けたんだ…。もっと勉強すればよかった…もっと強い人といっぱい将棋を指してもらえばよかった…。もっともっと他に何も考えられないくらい将棋のことを考えなくちゃいけなかったのに…!私、もっともっと強くなりたい!」
(あい、その気持ちを俺は教えてやりたかったんだ。俺や姉弟子では教えてやれないその悔しさ。同世代のライバルに負ける悔しさを。負けない者なんかいない。負ける度、体が引き裂かれるほどの悔しさを味わってそうして強くなっていくんだ。)
「私の勝ちね。結果は結果よ。私はあなたを認めない。ここにいる研修生全員を認めない。自分より弱い相手を敬えない。でも敵とは認めてやってもいいわ。」
「あいちゃん感想戦しよ!ね!」
「わ、分かったわよ。」
「一手損なんてどこで勉強したんや!」
「え?」
「ししょー!あの、お家に帰ったらまた将棋教えてください。」
「いつもの時間に1階ロビーで待ち合わせな。」
「はい!」

20180208part3.jpg
「あんなお嬢様のお顔を見るのは初めてかもしれない。」
「今の対局で先生の得意戦法をお嬢様が指した意味を考えて欲しい。」
「分かってます。」
「7年前、アマチュア名人である夜叉神氏と当時名人だった月光会長が記念対局を行った。結果は月光名人の勝利。だが俺は途中2人が見逃していた読み筋を見つけていた。もし気付いていれば夜叉神氏の勝ちだった。」
「お父様はその時言ったらしいの。娘が大きくなって棋士になりたいって言ったらこの九頭竜八一君に師匠になってもらいますって。あなた、はいって答えたそうよ。」
「そ、そうだったのか。」
「九頭竜君はすごい、それがお父様の口癖だった。」
「私もよくあなたの棋譜を見せられたわ。囲いの薄い受け将棋とか一手損角換わりとか。」
「どうりで見覚えがあると思ったよ。お前の将棋。」
「でも当の九頭竜くんはこれっぽっちのも覚えてなかったわけね。」
「それでお前最初から怒ってたのか。俺が夜叉神の名前を忘れてたから。」
「天衣。」
「ん?」
「俺と家族になってくれないか?」

それはプロポーズですか?
「ただのレッスンプロじゃなく俺はお前の師匠になりたい。喜びも悲しみも分かち合える本物の師弟に。俺の籍に入ってくれ。きっと幸せにするから。」
完全にプロポーズ。ww
「あいつをほっとけないんだ!どうしても!教えてやりたいんだ、将棋で幸せになれるって!あいつの両親が本当に伝えたかったはずのことを。」
「誰が一番ですか?」
「え?」
「師匠にとって誰が一番なんですか?」
(あいの方が先に弟子になったんだからあいが一番弟子だよな?当然。)
「そりゃ、あいが一番だろ?」

なんか意味を取り違えている鈍感主人公。次の修羅場にまた発展するのかの?
「本当に?」
「当たり前だよ。」
「天衣ちゃんと将棋を何局指したんですか?」
「は?」
「正確に!」
「えっと、全部で18局だと思うけど。」
「じゃあ、今からあいと19局指してください。」
「え?今から!?」
「とにかく、ししょーはあいと一番沢山将棋を指さないといけないんです!」
「分かった、分かったよ。」

指した回数(将棋をだよ。)=正妻ですか?
(天衣に負けたことで競争心に目覚めたんだな。だからライバルより1局でも多く指したいと。)
「成長したな、あい。」
「ふぇ?」
(子どもはタケノコのようにすくすく育つ!)

中身だけでなく、体もね。
(まったく小学生は最高だぜ!)
まさかの名言がここでも使われるとは!ww
「弟子の許しがなくちゃ新しい弟子を取れないなんて。」
「おーて。」
「ぬわっ。」
「どっちが師匠なのよ。」
「面目ないっす。」
「誰が一番だとかどうでもいいじゃない。そんなの将棋を指せばはっきりするし。で、誰が一番なの?」
「え?」
「か、勘違いするんじゃないわよ!私が言ってるのはつまり誰が一番将棋が強いかって意味なんだから!」
「分かってる、分かってます。」
「あなたは所詮制度上必要だから仕方なく籍を入れてるだけの師匠なんだから。私はあなたの弟子になることなんてこれっぽっちも望んでいないんだから!だから、だから…、勘違いしないでよねっ!先生。」

お約束ながら良きツンデレかな。
スポンサーサイト
2018/02/08 18:33|りゅうおうのおしごと!TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1561-6da27130


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.