Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりDVD鑑賞でもしてるほうがいいと思う。
出かける場合はお1人様の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
1人外食
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


からかい上手の高木さん 第4話「掃除当番」「逆上がり」「風邪」「尾行」

20180131.jpg


「おい西片。お前な、最近授業中うるさ過ぎなんだよ。ちょっと反省しろよ。」
「は、はい。すみません。」
「じゃあ放課後、理科室の掃除よろしくな。」

なんか罰として掃除押し付けられた。
「なぜ俺一人なんだ…原因は高木さんにもあるはずだろ。授業中からかってくるから…ま、確かにうるさいのは俺のリアクションだし、さっさと終わらせて帰ろ…。」
出会い頭にエンカウント。
「うわーー!
高木さんも罰でここの掃除?」
「ちゃっちゃと終わらせちゃおうね。」

これはもしかして、手伝いに来てくれたとか?
「で、提案なんだけどさ。どうせやるならゲームっぽい方が楽しいかな?って。」
「ゲーム?」
「そっ、じゃんけんして負けた方が教室の4分の1掃除していくのってどう?」
(つまり4回勝てば何もしなくていい、と。)
「ふっ、良いよ。」
「よーし!じゃあ1回目ね。私、グー出すね。」
(なっ!?まさかの宣言だと!?じゃあパーを出せば俺の勝ち。いや、でも…。)
「じゃんけんぽん。」
「グー出すって言ったのにー!疑い過ぎだよー。」
(じゃあ次は高木さんの言葉を信じて…。)
「あ、ちなみにもう宣言とかしないから。」
「なにしてんだー?こんな2人でこんなところでー。」
「授業中うるさかった罰でここの掃除。」
「中井くんは?」
「あー俺は…ちょっと適当にブラついてただけだ。」
「へーそうなんだ?」
「中井くん…邪魔しちゃ悪いよ。」
「そっか、じゃあ俺たち行くわ。」
「あ、そーだ西片。頑張れよな!」
「あ、うん。掃除?」
「ほら!行こうよ!ゴメンね高木ちゃん!」
「んーん。じゃあねー。知ってる?あの二人って付き合ってるんだよ?」
「え!ええっ!?そうなの!?知らなかった。良く一緒にいるなーって思ってはいたけど。」
「隠してる訳じゃないけど2人とも自分から言うタイプでもないからねー。適当にブラついてる、って言ってたけど…あれは、二人で屋上に行く途中だったんだよ。」
「お、屋上!?」
「きっと今頃…屋上で2人っきりで。」
(ふ、2人っきりで!?)
「いやあ、青春だよねー。」
(結局4回とも負けた…。)
「いやー!終わった終わった!帰ろ、西片。」
「まったく…これに懲りたら俺をからかうの止めてよ。」
「まあ、ある程度は大人しくやるよ。」
「また罰掃除食らっちゃうよ!」
「それに私、別に掃除しろなんて言われてないし。」
「え、そうだったの?」

やっぱそうだったし!
「じゃあまた、俺をからかう為だけに?」
「ん、それもあるけどね。私も青春したくてね。」
「せ、青春?」

それは遠回しなプロポーズとして解釈してOK?
「西片ー、帰りにジュース奢ってねー。」
「え、なんで!?」

西片、早よ気づけや!朴念仁にも程がありますぞ。

20180131part2.jpg
「暑いね…。」
「喉渇いたねー。そうだ!ジュース賭けてなにか勝負する?」
「良いよ?勝負の内容なんだけど、俺が決めても良いかな?」
「鉄棒?」
「高い方で逆上がりが出来なかった方が負けって事で。」
(ふっふっふ、最近高い方の鉄棒で何気なく逆上がりしてみたら、なんと!生まれて初めて成功してしまったのさ!それ以来、高木さんが勝負を持ち掛けて来るのを待ってたんだ!)

スカートで鉄棒させる気かいな!
(もしかしたら高木さんも逆上がりが出来るかもしれない。だが!)
「ねえ西片、私スカートなんだけど…。」
(そういうことだ!スカートでは逆上がりは出来まい!この勝負…出来まい!)
「ま、いいや。じゃあ私からで良い?」
「へっ?い、いいの?」
「いいよ?ただし、逆上がりをしてる時はあっちを向いててね。なんたってこっちはスカートなんだし。」

それは見ろとうことじゃな。だが残念、短パンでした。
「どうしたの?」
「ゴメン高木さん、俺の負け。」
「今日は西片が勝手に負けたから、あんまり勝った気しないなー。」
「ていうか、短パン履いてたんなら俺、後ろ向かなくっても…。」
「えっち。」
(なっ!?)
「ち、違うって!あれは…ホントに逆上がりしてるのか…確認を!」
「ホントかなー?じゃあ西片は私がズルしてるって思ってたの?」
「え!?いや、それはその…えっ!?」

スカートの中に興味津々な男の悲しい性なのだ。
高木さんにえっちと言われたい。


20180131part3.jpg
「おはようございまーす。」
「おー西片。今日は風邪で休むんじゃなかったのか?大丈夫か?」
「はい、なんとか。」
「おはよ。風邪引いたの?」
「ああ、別に。大したことないさ。」
(決まった!)

とうとうほんもののばかになったか。
「ふーん?夜更かしして100%片想い見てるからだよ?」
バレテーラ!
(クソー!風邪引いてるってのに容赦ないなあ!しかし!今日の俺にはとっておきの秘策があるのさ!ふっふっふ、風邪は引いたが得た物の大きさからしたらちっぽけなもんさ!さあ高木さん!俺をからかおうとするがいい!カウンターで赤面させてやる!)
だが珍しく、高木さんによる放置プレイ。
(どうしたって言うんだい高木さん!いつもなら3回はからかってきてるはずなのにー!風邪でも引いてるのか?高木さんって、黙ってると…。ヤバい…。)
やっと高木さんの魅力に気づいたか。
(な、なんか急にカウンターの可愛いねを言うのが恥ずかしくなってきたぞ!ていうか!大体言えるわけないだろバカか俺は!夜更かしから来る睡眠不足と風邪でどうかして…。)
「どうかした西片?」
「いや、なんでも?」
「ちょっと顔赤いよ?大丈夫?しんどくない?」
「だ、だいじょぶだいじょぶ…。」
「でも、顔赤いよ?熱あるの?」
「いやいや、ホントに何でも何でもないんだよ…。」
「ホントに?」
「ホントホント!むしろ風邪だって殆ど言い訳みたいなもんで…。起きた時にはもう8時半でそれで遅刻して、だからホント大丈夫だよ!」
「なら、別に元気なんだ?」
「うん、全然元気だよ。」
「じゃあ、からかっても良いんだね。」
「えっ!?なにそれ…。」
(結局この日は、いつもよりたくさんからかわれた。)

そりゃご褒美だな。

20180131part4.jpg
「ねえ!なんで後付けてんの?家と逆方向だし」
「しー!バレたらどうすんのよ!それより、どう?」
「あの2人を見てなにか感じるものはない?」
「あ!自転車あるんだから二人乗りすれば良いのにって!」
「そうだよねー!良いねー二人乗りで下校!あーでも歩いた方が一緒にいられる時間は長い訳だし…。」
「パンクしてんのかな?」
「それだ。一口ちょーだい」
「一口だけだよー?」
「高木さん、勝負しないかい?」
「勝負?」
「ああ!この先を曲がったらスタート。先に神社に着いた方が勝ち。」
「ふーん?良いけどー。」
「ふふふ。高木さんの自転車はパンクしている。俺の方が早いに決まってるのさ。」
「そんなこと言ってるわけないだろ!大体勝負ってなによ勝負って!」
「もっと色っぽい話をしているに違いないのよ!」
「ねえ西片。神社まで競争も良いけどさ、その前に…。」
「あれ?居ない…。」
「もう神社着いたのかな?」
「早っ!」
(尾行バレてたのかな。)
「ねーもう帰ろうよー。」
「あ、うん。」
「帰りにもう一回アイス買おー。」
「一口ちょーだーい。」
「もう行ったかな。」

見事に撒かれた。距離が近いってばよ。
場所を変わりたまえ。

「な、なんで尾行されてたんだろ?」
「さあ?」
「ていうか…急いで次の角曲がれば良かったんじゃないの?ほら、すぐそこだしさ。」
「あーそう言われれば確かに。西片は…そっちの方が良かった?」
「いや…別にどっちでも。」
「そ、良かった。」

密着してうれしかったと素直に言えない男心というもの。

20180131part5.jpg
「あ!そうだ。神社まで競争だっけ?よーい、ドン!」
「へ? え!? ちょ!ちょっと!フライングだよ高木さーーん!」

うーん、この小悪魔っぷりがたまらんの。
青春じゃな。さっさと付き合えや。
スポンサーサイト
2018/01/31 01:38|からかい上手の高木さんTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1557-bce70c31


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.