Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


恋と嘘 第4話「恋の科学」

20170725-.jpg


部屋を掃除しているときにアルバム発見。お約束のアルバム一緒に見る展開。
「きったな。何なのこの汚部屋。一体なにがどうすればこんな状態に。」
「今朝、片付けようとしたんだけど古墳の本見つけて読んじゃって。」
「良いわ。時間もあるし、片付けるの手伝わせてくれる?見てられない。」
「あ、どうも。」
(持ち方が汚物だ…。)

そりゃ、DTの部屋だもん。ベッドについているシミの正体とかなんなんでしょうかね?
「これ、見せて貰っても良いかしら?」
「それは…。」
「ああああ、美咲可愛い~!お若い~!」
「そりゃあ小学生の卒業アルバムだし、変わらなかったら怖いよ。」
「この写真は?」
「ああ、これは林間学校の…。」
「ふーん。変な顔で写ってるわね、あなた。髪型もなんだか前衛的だわ。」
(…ってのはちょっと嘘で。ホントはこれ、後ろに高崎さんがちょっとだけ写ってたから買ったんだよな。たった一枚のツーショット。竹田いるけど。)
「ねえ、いつから美咲のこと好きって自覚したの?」
「え?だから消しゴムを…。」
「じゃなくて!好きだったから消しゴムを渡したかったの?それとも消しゴムを渡した瞬間に好きになったの?」
(多分だけど、その日じゃないんだ。その日はなんだか何をしても嬉しくて、とってもふわふわしてた。それで次の日、昨日までとは景色が全く違って見えたんだ。)
「あれがきっと、僕にとって高崎さんが特別な存在になった瞬間なんだと思う。」
「へえ、その時にはもうキスしたかったの?」
「まさか!そこまで頭回らないよ…。ただ。もう一度、僕に笑いかけてくれないかな、って思った。多分それまでの僕の人生で、あれほど嬉しい気持ちに包まれたのは初めてだったから…。」
「はぁぁ素敵。キュンキュンするわ~!」
「キュンキュン。莉々奈はそういう話なかったの?恋まで行かないにしても、何か気になってドキドキしたりとか。」
「ああ、そういえば。あれは多分、10歳になってすぐの頃ね。私は入院してて、両親は午後にしか来られなくて、少し寂しかったの。それを見かねた若い研修医の先生が居てね、私を散歩に連れ出してくれたの。」
「その研修医と…。」
「莉々奈ちゃん。そこにある、子どもの人体模型が見えるかい?あの模型はね、本来親子セットだったんだ。でも小児科の開設で子供だけウチに送られてしまって。だから寂しさのあまり、夜な夜な涙を流すと言われているんだ。」
(そんな。私と同じ。)

半分の月がのぼる空的なもの想像したけどホラーだったでござる。
「それ以来、その人体模型の前を通る時はなんだかドキドキしてしまって。今にして思えばこれは恋だったのかも?」
「いや、違うと思うよ。普通に怪談だよ、それ。」
「うーん、確かにキスしたいとは特に思わなかったわね。」
「そういえば私、言ったわね。一日一回、美咲とキスしなさいって。したのキス?どうなのよ?したの?してないの?」
(ヤバイ。どうしよう。でも隠すのは良くないような。)
「し、した。しました。」

ついでにクラスのイケメン仁坂ともね。
(なんだ…、この反応。)
「うん、想像通り全然平気ね。そう、良かったじゃない!美咲、喜んでた?美咲、喜んでなかったの?」
「ど、どうだろう。感想とか聞いてないからわかんない。あ、でも、僕は嬉しかったよ。」

仁坂とのBLなキスも嬉しかったの?
「…そう。良かったわね。」
言いつけ通りキスしてることに動揺してるね。そして莉々奈による押し倒し。
男女2人がいい雰囲気になると妨害が入るお約束。厚労省が来てしまったよ。

20170725part2.jpg
「お話は聞いていると思いますが、政府通知後の聞き取り調査始めさせて頂きますね。」
「ん、何か雰囲気変ですね。今、ちょっとエッチなことしてました?」

先ほどまでしてました。あなた達に妨害されましたよ!
「おまっ!」
「よくあることなんですよ。なんてったって政府通知、ゆかり婚は科学の赤い糸と呼ばれているくらいですから。調査の前に少しだけそっちの話をしましょうか。科学の赤い糸その強みは何と言っても圧倒的な情報量です。知ってますか?人の性格の50パーセントは遺伝子の段階で決まっていると言われているんです。君たちは小学校に上がる前から15歳になるまで何度もアンケートや内面聴取をされたと思います。春の健康診断や、2学期の道徳の時間。その全てが政府通知、つまりカップリングに活かされているんです。そして16歳という人格形成が終了する前の時期に相手を決めてしまうのがコツです。」
「一昔前までお見合いだの仲人だのの文化も残っていたが、そんなもの政府通知の精度に比べれば子供だまし以下だ。科学的裏付けのある政府通知が失敗する確率は限りなく低いと言われている。」
「あ、ちなみに!政府通知の基準に外見容姿は殆ど関係ありません。美人を見ると付き合いたいなー、とか胸が大きい人を見ると良いなーって思いますよね?でも、結婚となると長年の分析の結果、容姿の希望などを汲むとかえって失敗することがわかったんです。」

つまりは自分の身の丈にあった人がお似合いということ?
そりゃ、クラスの美人には声かけにくくても、ブスとなら気軽に話かけられるからね。
「つまり、人は容姿では恋をしない。それが科学の結論です。どうですか?ゆかり制度、案外ロマンチックでしょう。」
「さて、以上の話を聞いてあなた達は今、お互いをどう思ってますか?はいはい。手短にお願いします。まずはメンズの君から。」
「え、えっと。その…、僕はそうなんだって頭では思っても、気持ちがまだ付いていけてないというか、わかんないです。」
「ふんふん、まあそうですよね。まだ一月も経ってませんし。あなたは?」
「理論はわかったわ。でも即座に自分に当てはめるには、当人たちに知らされていないデータが多すぎるわ。もう少し情報の開示を求めることは出来ないの?マニュアル…。」
「参考にするように上に伝えておきます。えーっと、とりあえず見た感じ、お二人の相性は悪く無さそうですね。もうキスの1つや2つはぶっかましましたか?早い子たちだと1ヶ月でセ●クスまで済ませてしまう組も何割か居るんですよねえ。まあ…、将来結婚するわけですし、もう少しお互い手が早くても大丈夫なんじゃないかと思うので、頑張ってくださいね。」
「頑張る…?」

何を頑張るんですかい?バックから突くことをですかい?
(莉々奈とセッ、セック…。)
「絶対しないから!」
「はい、そうですよね。」

速効で拒否られた。っち。

20170725part3.jpg
キャンプのお誘い。そして自ら四角関係のメンバー勧誘してる。自ら修羅場作ってない?
「莉々奈?どうしたの?電話とか珍しいね。」
「あなたが連絡して来ないからでしょう。美咲と話したの?」
「政府通知のことじゃなかった、って。」
「ところで昨日おばさんが言ってたキャンプのこと、聞いた?」
「ああ、まあ大体。」
「私、美咲も誘ったから。来るって言ってたわ。」
「本当に?ねえ、僕も友達誘って良い…?」
「良いけど。」

イケメン仁坂勧誘。
「やだ。」
「そこを何とか。」
「やだよ、俺とお前でキャンプとか普通に意味わかんねえ。飯食ってるからどっか行け、あっち行け。」
「頼むよ~!なんでも言うこと聞くから。」

んじゃキスしろ!
「この通り!ね、お願い!」
「お前さ、他の奴にもそうなの?生きるのしんどくない?」
「仁坂にだけだって。だから頼むよ。」
「はあ、苺大福おごれ。3つ」
「やった!ありがとう仁坂、ホント助かるよ。」
「高崎さんと莉々奈に挟まれて、僕一人でどうしようかと思ってさ。」
「は?」

結局のところ、仁坂が好きな人は美咲なのかネジなのかがよく分かりませんわ。
前回ネジにキスしたのは、ネジが好きだからなのか、美咲との間接キスを味わっていたのか?
最初は後者だと思っていたけど、ただでさえ美咲も仁坂も秘密らしきものを抱えているからよく分かりませんわ。
とにかく、4人が揃えば修羅場な予感でゲソ。
スポンサーサイト
2017/07/26 04:37|恋と嘘TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1420-20622409


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.