Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


恋と嘘 第3話「見落とされた恋」

20170719.jpg


「ゴメンね、チャイム鳴ってるのに。どうしても話したいことがあって。莉々ちゃん、あのあと何か言ってた?」
「あ、いや、その…、1日1回キスしろって。」
「もう離婚か?政府通知の相手、会ったんだろ?」
「まだ結婚してないよ…また呼び出し。日曜、家に来いって。」
「やることやるんじゃね?」
「いやいやいや、それはないよ!僕と結婚なんて絶対イヤって言われたし…。」
「でも度胸あるよなネジ。一人で女子校行くなんて。俺なら絶対行かねえ。ふっ、去年もあったな。ほら、予備校で初めて会った時さ。
(回想入る)

イケメン仁坂がDQNに絡まれとる。
「お前だろ、東中の仁坂って!人の女に色目使いやがって!」
「何の話っすか?」
「誤魔化すんじゃねえ!俺の政府通知の相手がな、電車でお前見てからお前の話しかしねーんだよ。マジホントウゼーよ。電車乗んな、歩け!おい、聞いてんのかよ!」
(あいつ、根島だっけ。タイミングの悪いヤツだな。あっち行っとけ。)
「おい、いい加減なんか言えよ!」
「はあ、だから…。」
「あ?なんだお前!てめえ教務とか呼んでねえだろうな?」
「ちょ、コイツはホント関係ないんで。マジで。」
「教務の先生は呼んでませんけど、警察、呼んじゃいました。」

通報しました。
「あれほんっと、あの後めちゃくちゃ怒られたし先走り過ぎって言うか、大物すぎるって言うか…。あっはっは。ネジならどこでもやってけるよ、最悪110番すりゃ。頑張れ。」
(楽しんでるな、こいつ。)

教訓!教訓!困った時は110番!

20170719part2.jpg
んで莉々奈宅に呼ばれたら、なぜか美咲もいる事態。
「とにかく部屋には絶対来ないでね、ママ。」
「行かないわよ~お友達と3人仲良くね。」
(3人?)
「おまたせ、美咲。」
(高崎さん!?なんでここに。莉々奈が呼んだのか。でも、どんな顔したら!)
「莉々ちゃん、ゴメン。私、帰るね。」
「由佳吏が居るとダメ?こないだ楽しそうに話してたから、呼んで良いのかしらって思ったんだけど…。」
「その、やっぱりこういうのは…。」
「政府通知があるからダメなの?別に今すぐ結婚するわけでも付き合う予定でもないし、気にする意味が分からないわ。それに…私は根島由佳吏のことを好きになれそうにもないし…。」
「いいよ、高崎さん。僕が帰るから。」
「えっ、帰っちゃうの?」

好きになれそうもない発言とかわざと?天然?
良くも悪くもストレート過ぎるんだよ。

「わかったよ、莉々ちゃん。根島くんも一緒に遊ぼ。」
「良かったー!そう言ってくれて嬉しいわ。」
「ゴメンね、心の準備が出来てなくて。」
「私こそ悪かったわ。ビックリさせようと思って。」
「ビックリしたよ。よろしくね、根島くん。」
(莉々奈、やることは無茶苦茶だけど、今は感謝しよう。)
「莉々ちゃん、いつもこれ読んでるの?」
「んーん、好きな小説家がコラム書いてて。それ目当てで。」
(僕、なんで呼ばれたんだろう?)

女子トークに入っていけない男子。いわゆるかやの外状態になっとる。
「ね、ねえ、莉々奈。」
「あっ、そうだった。あなた影薄いからすっかり忘れてた。存在感ないのよ。」
「ひどっ!」
「由佳吏。あなた、美咲とキスしなさい。」
(この間言ってたアレ…。本気だったのか!?)

公開処刑?お披露目?
「なんでそうなるんだよ!」
「前にしたんでしょ?じゃあまたすれば良いじゃない。」
「美咲は?イヤ?」
「…ゴメン。ちょっと。」
「トイレなら出て右よ。」
「バカ莉々奈!高崎さん困ってただろ!」
「わ、私は非効率的だと思ったから…。」
「おまたせ。しよっか。キス。」
「するの?」
「私のことは気にしなくて良いわ。」
(いや、気にするって!)
「莉々ちゃん、本当に良いの?」
「ええ。気が済むまで好きなだけすればいいわ!だって好きなんでしょ?毎日でもすれば良いじゃない。」
(なーに言ってるんだよ。莉々奈にとってはドラマの延長みたいなものなのか。)
「じゃあ。ちゃんと、見ててね。」
「ゴメン。息…どうすれば…ええっと…!」
「根島くん、可愛い。」

そしてキスキャンセル発動。えーい、この根性なしめ!
「急に帰るって言ってゴメンね。夕飯当番だったの思い出して。」
「ううん。その、楽しかったわ!言えた…。」
「莉々ちゃんはさ。さっきの見てどう思った?」
「私ね、莉々ちゃんに根島くんのこと好きになって貰いたい。私じゃ多分、ダメだから。」
「えっ、そんな。無理よ。」
「無理じゃないと思うけどな。私と根島くんがキスしようとしたの、イヤじゃなかった?」
「そんな思ってないわ。」
「そうかな?今はイヤじゃなくても、その内イヤになるかもよ?」

それはフラグですかい?
「どうしたの?大丈夫?」
「触らないで!」
「こんなの絶対おかしいわ…。」
「あ、そうだね。なんでこんな事に。」
「根島由佳吏」
「はい。」
「美咲とキスして。一日一回。必ず!」

どうしてこうなるし!訳が分からなくなってくるの。
(政府通知が来て一週間。僕の恋は終わったのか、始まったのか。)

20170719part3.jpg
Bパートでキスしとる。
「体育の後だから、汗臭かったらゴメン。」
むしろ全然ありです。かなり濃厚なチューじゃの。
その現場をイケメン仁坂に見られとるし。

「ゴメン。」
(これってやっぱり、イケないこと、なのかな?莉々奈はキスしろって言ってたけど…。恋じゃない。そう嘘を吐いて、取り繕うとするのは、なんて難しいんだろう。)


20170719part4.jpg
「ね、ねえ仁坂、ちょっと話せない?少し聞きたいことが。」
「んー、悪い。今から委員会だ。」
「あ、じゃあ終わるまで待ってるからさ。良い?」
「そんなに重要な話なのか?」
「えっ?いやいやいやいや!僕ん家の夕飯推理するくらいどうでも良い話だよ。」
「なんだよそれ、聞きたくねえ。でも、ちょうどよかった。俺も、聞こうかと思ってたことあったから。」

ネジ寝とる。
「ネジーおまたせ。美化委員ってやることなさそうだからなったけど、結構あんのなー。なるんじゃなかったわ。ネジ?
はあ、人呼び付けておいて寝てるし。その上なんで正座してんだよ。あー、ホント。意味わかんねえ、ははは。」

イケメン仁坂はネジが寝とる所、キスしとる。多分、美咲との間接キスを味合ってるんだな。
BLルートちゃいますよね?

「ん、あれ?仁坂…委員会終わったの?」
「とっくに終わったよ。あと2分起きるの遅かったら帰ってた。」
「話ってなに?」
「えっ、あー、仁坂ってさ。クラスの女子、例えば高崎さん、とか好きだったりする?」
「なんでそう思ったんだ?」
「へっ。あー、えっと、お似合い、だから?」
「そうだったらどうする?…嘘だよ。」
「あはは、良かった。」
「てか、話ってそんだけか?スゲーくだらないこと聞くために待たされてたんだな、俺。」
「あー、じゃあ僕ん家の夕飯当ててよ。」
「ビーフストロガノフ。」
「何それラスボス?」
(この時の僕は多分、沢山のものを見落としていた。恋を、愛を。嘘を。)

えっと、つまりはイケメン仁坂も加わって複雑な四角関係になっとるということですな。
スポンサーサイト
2017/07/19 04:53|恋と嘘TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1414-9d547852


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.