Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


恋と嘘 第2話「小さな嘘」

20170711part6.jpg


政府通知により真田莉々奈と初めて会うことになった。つまりは見合いだな。
高校生の坊主でも見合いしとるというのにお前らときたら。

「根島でございます。今日はよろしくお願い致します。あ、今日じゃなくてこれからですかね。」
「真田です。こちらこそ末永くよろしくお願いします~。」

相手のパパは外人さんかの。
(早く帰りたいな…。)
でも見合い相手が可愛ければ心境の変化アリエール。
(あの子が僕の結婚相手!?そんな馬鹿な。あんな綺麗な人、高崎さん以外…。)
「由佳吏くん。由佳吏?あなた、とても失礼だわ。私に関心ないのは分かるわ。縁もゆかりもない赤の他人同士だもの。あなたが失礼な所は、興味を持とうと努力をしてない部分よ。人の顔見ずにずっと上の空。考え事なら家でしてくれるかしら?こんなのと結婚なんて…私、絶対イヤだから!」
やーいソッコーフラれてやんの。
(もしこのまま結婚が破談になったら…。ダメだ。まだそんなこと考えている。あの子の言うとおりかも知れない…。失礼で非常識で。)
20170711part7.jpg
フラれた思ったら密室に連れていかれた。
「黙って!」
「ご、ごめん!大丈夫?」
「もうお嫁に行けない。どう責任取ってくれるのよ?」
「えーと責任取って結婚するとか…。」
「バカなこと言わないで!」
「結婚なんて…、結婚なんて誰とかどうとか以前に、意味不明よ。怖いし、全然実感沸かないし…。」
(僕と同じだ。好きな人が居るとか恋したいとか以前に、僕も怖かった。)
「それでも、決まったことは仕方ないから。逃げたいのを我慢して覚悟して来たの。それなのに、あなた酷いわ。」
(この子は逃げずに正面から見ようとしてくれたのに…。)
「とにかく、あなたと結婚なんて絶対イヤよ。」
「ごめん!」
「そこまでしなくても!それに、地面から1センチくらい頭を浮かべないと正しい土下座にはならないわ。」
「分かればそれで良いわ。もうネチネチ責めたりしない。」
「ありがとう。」
「それにしてもあなた、ちゃんと喋れるのね。」
「だって、君がまくし立てるから。」
「でも、私が話す前からあなたぼんやりしてたわ。」
「そ、それは…、僕、ずっと好きだった人が居てさ。でも今朝嫌いって言われちゃって…。それで落ち込んでて。」
「好きな人?」
(結婚相手に好きな人の話とかバカか!)
「その話、詳しく聞かせてくれる?」
「…はい。」
「…という感じに、僕はその子に嫌われてしまいました。終わり。」
「ロマンチック…。ドラマみたい!」

なんか、話に思いきり食いついてるし。
「ねえ、その高崎さんのどこを好きになったの?どれくらい好き?結婚したいくらい?」
「結婚!?」
「好きになるってそういうことでしょ?」
「違うと思う。なんかこう、もっと自由で楽しい感じ?教室でつい目で追っちゃったり、笑顔を見ると幸せになったり。」
「良く分からないわ。つまり好きって何?どういうこと?」

今度は哲学的な質問ぶつけてきた。
(ボタンが!?)
ブラチラいただきました。
「そ、そんなに恋バナに興味あるの?」
「ええ。こういう話、誰かとするの初めてだもの。」
「それにしても変ね。高崎さん、急に態度を変えすぎというか…。何かを隠すために嘘を吐いている気がするわ。」
「だ、だよね!?僕が動揺したのは普通だよね?」
「でも素敵ね。運命の赤い糸みたい。」
(政府通知を科学の赤い糸って言ったりするけど、その相手にこんな食いつかれるとはな。)
「ねえ、由佳吏にその気があるなら高崎さんの気持ちを探るの協力するけど?」
「本当?」
「嘘ついてどうすんのよ。」
(こうして僕は将来の結婚相手と協力者のもと、好きな人の気持ちを探ることになった。)

まさかの協力体制。政府が決めた相手との婚約破棄した場合反逆行為になるんかの?
「戻ったらなんて説明しよう?」
「仲直りしたフリでもすればいいんじゃない?」
「そっか。手でも繋いでいたら追求されないかな?」
「…手?誤魔化すためなら…。別に、良いけど。」
(でも、自分一人じゃなくて誰かと一緒というのは、なんだか悪くないかもって、少しだけ思ってしまった。)
「あっ!ごめん!その…、シャツのボタン、開いてるよ。さっきから。」
「もっと早く言いなさいよバカ!」


20170711part8.jpg
莉々奈は学校でいじめられっ子?
「ねえ。莉々奈ってさ、サナダムシって呼ばれたりする?」
「だ、誰に聞いたの!?」
「パンツ!」

パンツ!パンツです!
「パンツが喋るわけないじゃない!どうせ2年の子から聞いたんでしょ!それともホントにパンツから聞いたの!?誰のパンツよ!」
「莉々奈落ち着いて!」
(スカート…、履かないのか。)
「小さい頃…、私、病気でずっと入院してたの。今はもう何ともないのよ。でも結構難しい病気で…。ちゃんと学校に行けるようになったのは中学1年の2学期だったかしら。でも女子って、独特な世界とかルールがあるでしょ?上手く馴染めなかったの…。」
「でも学年で一番頭いいんでしょ?それきっかけで仲良くなったりさ。」
「友達が居ないことで後ろ指さされるのは癪だったから。負けず嫌いなだけよ。」

逆に、頭いい子は教師受け良くても、生徒からの受けは悪いですよ。
「そんなだったから今更どう馴染めばいいのか分からなくて…。その結果がサナダムシってわけ。」
「良く分からないけど…、要するに莉々奈は他の女子みたいに取り繕ったりが苦手ってこと?」
「そうなるのかしら?単に空気が読めないだけだと思うけど…。」
「あーなるほど。僕もそう思っ…。」

飛んでくるパンチ!
ナイスパンチで、ナイスパンチラ!
とりあえずスカートはきたまえ。

「ちょっと…、大丈夫?」
「なんか、莉々奈とは普通に喋れるな…、僕。僕、女子と話すの苦手だからさ…。何考えてるかわからないし。その点、莉々奈はすぐ怒ったり全部むき出しだから楽だな、って。」

下着もむき出しですよ。
(やばっ!失言だったか!?)
「初めて言われたわ…。そんなこと。」
「あ、そっか。ていうか僕とは普通に話せるわけだし、その調子で…。」
「だってあなたは友達じゃないもの。」
(友達じゃなくて…。けど恋人でもなくて。僕らは一体なんなんだろう?)
「まあいいわ。とりあえずここを出ましょ。もう暗くなる…。わ、私!!」

今頃になってボトムレスな事に気づいてるよ。
「大丈夫!僕、全然見てなかったから!縞柄にレースとか…。全く、微塵も…。」
「バカ!」

ナイスパンチで、ナイスパンチラ!

20170711part9.jpg
「そういえばさ、なんで今日呼んだの?」
「なんでって、聞きたかったの!由佳吏と高崎さんの恋の話を!こないだは軽く省いてたけど、ずっと聞きたい箇所があって。公園で告白した時、一体どういう感じに…。
ちょっと!聞いてるの?」
「…高崎さんだ。」
「あのセミロングの子?」
「なんでこんなところに…。あ、ちょっと莉々奈!」

「高崎…美咲さん?」

胸囲の格差社会
「初めまして。真田莉々奈と言います。根島由佳吏の政府通知の相手です。その、政府通知の相手って言ったけど…。由佳吏とはまだ会ったばかりで…。別に好きとかじゃなくて。」
「え?好きじゃないの…?」
「それよりも貴女に聞きたいのは今、根島由佳吏をどう思ってるの!?」
「根島くんを、どう思ってるか…何から話したらいいんだろ。あのね…後頭部のつむじがいいと思うの!」
「つむじ!?」
「あっ、多分うしろの席で遠慮なく見つめられた部位だと思うんだけど。ちょっとなで肩で猫背な所も良いと思って。遠くから見てもすぐ分かるっていうか、あと!自信ないのにノリで手挙げてみて先生に当てられた時にビクッとする仕草も可愛いし。」
「ちょ!ちょ、ちょっと待って。えと…、なんの話?」
「根島くんの魅力についてじゃないの?」

美咲さんはつむじフェチというオチ?
「それがつむじ!?」
(高崎さん、僕のそんなところが…!)
「うん!」
「あ~、魅力は充分わかったわ…。いえ、わかってないけど。」
「いやでもなんか嬉しいな~。私、今までずっと隠してたから、こんな風に誰かに話せるの初めてで凄く楽しい!ねえ、よかったらもう少し根島くんの話していい?」
(小学校の頃から僕の思い出にはいつも高崎さんが居て…。高崎さんの思い出にも、ちゃんと僕が居るのか。)
「人を好きになるって素敵ね!」
「ねえ!莉々奈ちゃんの意見も聞かせて?根島くんのどこが良いと思う?」
「そんなの…、まだ分かるわけ…。余裕がないなりに、優しいところ…。」
「ねえ、よかったらまた遊んでくれる?凄く楽しかったから…。ダメかな?」
「はあ…、見つからなくて良かった。」
「…莉々奈!?」
「初めて…、友達が出来たの。あ、でも…、友達って言ってないから…、知り合い?」
初めてのお友達。やったね。
「胸がドキドキするわ。私、高崎さんのことが好きなのかしら?」
「ないないないない!絶対勘違いだよ、それ!だって、高崎さんとキスしたいと思ったりする?」
「そうね、それはないわ。」
「キスし終わった時に胸がいっぱいになったりしないだろ?」
「えっ?キスしたの…?高崎さんと。」
「えーと、その、なんというか…。積年の思いが爆発して…。でも、政府通知が来る前だったから…。」
「良いことを考えたわ。由佳吏。あなた、高崎さんともう一度キスしなさい。」
「…へっ?」

百合ルート行くかと思ったら、もう一度キスしろとかぬかしおる。
今後は政府の意向に逆らうのかの?
とにかく、2話目にして莉々奈がかわいすぎる回であった!
スポンサーサイト
2017/07/11 18:03|恋と嘘TB:1CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
恋と嘘 第2話 『小さな嘘』
根島由佳吏と真田莉々奈のお見合い?の日。 学校に登校したら、生徒指導室に呼び出された! そして、学校に来たことを高崎美咲に 非難されるし、「好きだったことは、過去にしよう。」と 言われる始末。 最悪ですね。 根島由佳吏の未来の結婚相手の真田莉々奈は 名門理城学院女子高校に通うのお嬢様。 しかも、お高くともっています。 ...
奥深くの密林 2017/07/11(火) 21:22

トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1406-c2e2d265


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.