Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


アリスと蔵六 第12話「ただいま」

20170626.jpg


気が付いたら最終回。2017年春アニメもどんどん終わっていく。
サクラクエストは2クールあるけどね。

(はーちゃんがいなくなってから10日になる。もうすぐ4月だ。はーちゃんのことは警察や大人の人たちがずっと探してる。けど多分、はーちゃんは帰ってこないと思う。)
「そうね、あゆちゃんならどこへ行きたい?」
「うーん、どこだろ。急には思いつかない。」
「どこでもいいわよ。」

2人だけの世界に決まってるだろ!今はワンダーランド彷徨ってウサギと戯れているけどね。
「当ててあげる!リヴァプールでしょ!」
「なんで分かるの!」
「前に話してくれたじゃない。サッカー好きだもんね。」
「そうだったっけ?」
「はーちゃんはどこに行きたいとかある?」
「あのね、春になったら花が咲くのを追いかけて南から北の方へずっと行ってみたい…。」
桜の北上のスピードは人間の歩く速さとほぼ同じ。なんというか、恥ずかしいセリフ禁止!
「すごくいいよそれ、そうしようよ!絶対行こうよ2人で!」
「うん。行こうね2人で…。」

2人で行こうねと約束するのは、もはやフラグの予感しかしねえ。

20170626part2.jpg
「はーちゃん!」
「大丈夫か?届いたのか?貸せ、もっと送ってやる!」
「ダメよ。バッテリーそんなにもたないもの。
もしもし、あゆちゃん!?聞こえる!?
ごめんなさい。お願い、助けて欲しいの。」
「おーい貸せ!私が喋る!」
「はーちゃん!?ホントにはーちゃんだよね?よかった。もう二度と会えないのかと思った…。」
「え?」
「だって、もう10日以上もみんな探してて…。」
「10日以上ってどうゆうことだ?」
「どういうこと?今は何日なの?」
「何日って…、もう3月の29日だよ!僕、はーちゃんのこと怒らせちゃったかと思って…。僕のこと嫌いになったのかと思って…。」
「ううん…。あゆちゃんはずっと私の一番大好きな、大切な友達よ。」
「バッテリーが…。あのね、あゆちゃん!うさぎの穴を探してほしいの!」
「前、お前と話した時のうさぎを覚えてるか?私と羽鳥は今力が使えないんだ。それで、ここから出られなくて困ってる!でも、あの時の出口ならまだ外に繋がってるかもしれない。」
「分かった!それに僕、足だけは自信あるんだ!」
「大丈夫かな、あいつ。」
「うん、あゆちゃんだったら大丈夫。きっと助けてくれるわ。」

ついにバッテリーがなくなった。
「おじいちゃんこれ何?」
「うーん、弁当じゃないか?」
「それはわかるけど~。」

すごく・・・大きいです・・・
「あいつと初めて出会った時、コンビニでずーと見ていたからな。全く、ヘンテコな世界だなワンダーランドってやつは。」
「紗名ちゃん、ここで生まれたんだよね…。」
「これがあの子にとって普通であって、外の世界の方が奇妙なんだろう。ここを出てから紗名の周りはそれまで知らなかったものや分からないもの、初めて見るものばかりだったんだろう。そうしたことに1つ1つぶつかりながらなんとか付き合い方を分かろうとしている。考えてみたら、俺もずっとそうやって生きてきたな…。色んな人にずっと助けられてきたからこれまでやってこれた。」
「私もそうかも。」
「頂いたものはお返ししなくちゃならんな。」


20170626part3.jpg
無事会えました。だが、ワンダーランドが地上を侵食しようとしている。
「いい加減にしやがれ!」
蔵六爺さんの説教がはじまた。
(本当にワンダーランドに説教した…。)
珍しい早苗のドン引き顔。ww
「まだ、やることがあるんじゃねぇのか?」
「これを押せってのか?」
「おじいちゃん…また揶揄われてるんじゃ…。」
「その時はまた説教してやる。」

ボッシュートされた一条さんが空から降ってきた。
「あっ!一条さん!」
「なんなんですか、一体…。」
「ワンダーランド、膨張止まりました!」
(なんで、止まったの…?)

年寄りの説教が世界を救ったのだ。

20170626part4.jpg
「あれぇ~?本当に10日経ってる~!どうなってるの?」
「こんがらがってきたな。」
「僕がドアを見つけてからは30分くらいだけど。」
「良かった…。あゆちゃんのご両親に心配かけずに済んで。」
「あの、僕、はーちゃんと一緒に帰ります。」
「だったら送っていこう。」
「送っていただきありがとうございました。」
「なぁに、近所だ。気にするな。』
「本当にご迷惑おかけしました。」
「父や母ときちんと話したら警察に行きます。」
「私も一緒に行きます!」
「確かにお前さんたちは償わなきゃならんな。それは変わらん。だが、味方はいる。困ったことがあったらいつでも連絡しなさい。」

爺さんカッコイイでゲソ。
「そうだ!蔵六がいれば大丈夫だ!」
「ちょっと静かにしていなさい。
それに嬢ちゃんみたいな困ってる子を助ける知り合いもいる。」
「紗名ちゃん、お願いがあるの。少しだけここにいてくれないかしら?あなたがいる間は私は嘘をつけないから…。」
「分かってる!約束したからな!私も羽鳥の友達だからな!」
「ただいま…。」
「羽鳥!」
「ごめんなさい…。」
(TVより)
「えー、ですから、もう一度申し上げますがアリスの夢対策室は準備段階に入っています。重要なことはですね、アリスの夢という現象が誰の身にも起こり得るということです。」
「とうとう政府が公式に発表しましたね…。アリスの夢の存在を。いよいよ世界が変わりますね。」
「できれば良く変わるといいですね。」
「ま、なんとかなるだろ。」
「子どもが元気だったらそれは良い世界だよ。」

未来紗名?は語る。
(この子は将来どんな大人になるんだろう?どんな風に無邪気で可愛い子どもの頃の気持ちを持ち続けるだろう。アリスのお姉さんはそんなことを思いました。大人になったアリスはきっと自分そっくりな小さな子どもたちに不思議な話をたくさんたくさんしてあげるのです。その中にはもしかしたらあの話もあるかもしれません。ずっと昔に夢見た、不思議の国のお話を。)
紗名によるだいしゅきホールド。入ってませんよ。
「さーなーちゃん!」
「おはよう!じゃ、行ってくる!」
「みんな、車に気を付けてな。」
「はーい!」
「今はもう大丈夫だ。お前のおかげだな、蔵六。」

蔵六爺さんの説教で全てが解決した作品じゃったな。
今期で面白かったのであります。
スポンサーサイト
2017/06/26 15:36|アリスと蔵六TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1392-f0ac4072


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.