Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


アリスと蔵六 第11話「女王と魔女」

20170619.jpg


「ダメだわ、圏外になってる…。」
「圏外?地下とかでなるやつか?」
「ええ、なってるとこ初めて見たけど…。」
「ここはワンダーランドの一番下の深いところだと思う。」
「だったら、上にあがれば元のドアまで戻れるはずよね?」
「分からない…。」
「どういうこと?本当は知ってるんでしょ?意地悪しないで教えて!」
「本当に分からないんだ!いつもだったら使えるはずの力が使えないし、こんな所まで来たのは私も初めてで…。」
「どこ行くんだ?」
「決まってるでしょ、出口を探すのよ。」
「お~い!ウソだろ、疲れるぞ~!待ってくれよ~!」

怖いから一人にしないでくれよ的な。
「だから言ったろ、無理だって…。私の力が無くなったから出口は無いんだ…。」
「ダメよ!私はママの傍にずっといなくちゃいけないの!今すぐ帰してよ!」
「私だって帰りたいんだ…。」

紗名ちゃん息きれきれじゃの。体力のなさがよく表現されとるわ。

20170619part2.jpg
紗名によるスーパー説教タイム。でもボキャブラリーの無さ過ぎて子供らしい。
だが紗名の正体そのものが気になる説教じゃな。
ワンダーランドは世界を映す鏡で、紗名は人間の真似をしている傀儡?

「ワンダーランドは知りたがっているんだ。世界は何でできているのか。それは色とか形とか匂いとか味とかだけじゃなくて、多分もっとルールみたいなもの全部だ。この世界がどういう仕組みでできているのか、命がどんなふうにできているのか、人がどんなふうに世界を見ているのかとか。そういうのを私たちの世界から集めて、真似してるんだと思う。もしかしたら鏡の門はワンダーランドがそのために開けた覗き穴かもしれない…。ワンダーランドは初め、多分この部屋よりちょっと広いくらいの大きさだった。けど、そのうち宇宙になると思う。」
「不思議…。あなたの話、何から何まで信じられない話ばかりだけどなぜだかウソじゃないって感じがする。不思議な子ね。」
「変じゃないぞ!」
「変なんて言ってないわよ。」
「ウソじゃないぞ!」
「ウソだとも言ってないわ。この世界がそのうちもう一つの世界になるならこのままずーっとこの世界で暮らすのもいいかもしれないわ。家出…、成功しちゃった…。」
「お前それでいいのか?だってずっとここにいたらつまらないぞ。それにお前、ママの所へ帰りたいってずっと言ってたじゃないか。」
「ほっといて。あなたには分からないわ。
ごめんなさい。こんな言い方は意地悪ね…。何から話したらいいのかしら。
私ね、ママに嫌われてるの。」
「ママってのは母親のことか?私にはいないからよく分からん。」
「私の両親はね、もうずっと何年もいつも喧嘩してるの…。」
「なんでだ?」
「私が小学校のお受験に失敗してママのことガッカリさせたから。その時から、ママは私に目も合わせてくれなくなった。だから私はいない方がいいと思うの。それにね、ママは時々、まるで真っ暗な宇宙から覗き込むような顔で私を見るの。その顔を見ていると思ってしまうの。私はママのことが大好きだけど、ママは私なんかがママの子供じゃなかった方が方が良かったんだろうなって…。もう、帰りたくない…私なんかいなければよかった…。」
「あ、あのな、お前は怒るかもしれないけど、お前はいてもいいやつだと思う。
いた方がいいやつとかいない方がいいやつとか、そういうのは多分ないんだ。なくて…ないから、そういうのを考えるのが怖い。
あのな、私は、ここで生まれたんだ。私はみんなと同じ人間じゃなくて…。多分ワンダーランドそのものなんだ。」
「人間じゃない…?」
「あのな、本当はあんまり喋るなって言われてたんだけど…。ここで生まれたとき、最初は私はこう…もっと何だか分からないもので多分人間の形もしてなかった。気が付いたらいつの間にか目とか体があってこういうふうになっていたけど。私はワンダーランドの一部だったんだ。信じられないか?」
「ううん、びっくりしてるだけ。」
「お前の話を聞いていて分かったんだ。私も似たことでずっともしゃもしゃしてたんだ。私は多分、今でもどこかでこことつながっている。でも、ワンダーランドが知りたいのは外の世界とか本物の人間とかで、私はただの通信機みたいなものなんだ。けど、それなら私の代わりはいくらでもあって、本当はなくてもいいどうでもいいものなのかもしれないって。私が誰かを好きになることは間違っていて、本当は要らないものなのかもしれないって。あ、いや、私はママとかいないしお前と一緒にするのは嫌かもしれないけど。あ、えっと…拭くか?」
「いい…。」
「あのな、私はワンダーランドを出てから好きなものがいっぱい増えた。色んな人がいっぱいいたし。美味しいとか、面白いとか、ウキウキするとか。嫌だけど頭から離れないとか。もしかしたら、私の中のそういうモシャモシャは本当は全部あって、なくて、要らないものなのかもしれない。証拠なんてないんだ。でも、要るんだ私には!だから、要るって言い張ることにしてるんだ!だから、私はお前が自分のことを要らない方がいいって言うのは、なんか…、だから…、少し!」
「やっぱりあなたって不思議な子ね、とても。」
「そうか不思議か。」
「え、なに?なに?」
「うちの早苗がよく私のことをこうやる。」

ファイアーエムブレムifでよく見るパルレざます。
「お家の人?」
「私の知ってるやつはみんな大きいやつらばかりだから、今みたいな話もあまり聞いてもらえないんだ。私はこんなにモシャモシャしてるのに…。偉いとか、大きくなったら分かるとか…。」
「あなたいくつなの?」
「分からん。8歳から10歳。」
「じゃあもしかしたら同じくらいかもね。」
「そうか?私の方が大きいと思う。」
「ううん、私の方がお姉さんよ。」
「違う!私だ!」
「ちょっとだけこうしていていい?」
「小さかった頃、よくママがこうしてくれたの。」

子供が落ち着く抱っこでおじゃる。
(ママ、覚えてる?あの時、私悲しかったけど、すごく嬉しくて、とても幸せだった。あの時と同じだ…。心臓の音がする。)
「あのね、私もう一度ママに会いたいの。手伝ってくれる?」
「うん!」
「ありがとう。」

気が付いたら紗名とはーちゃんとの和解でこの回おしまいでござる。
ワイもハグされたい。
スポンサーサイト
2017/06/20 00:36|アリスと蔵六TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1387-7e730c58


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.