Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
毎年行きます
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ、ささきいさお
・好きなマンガは?
ドラえもん、ドラゴンボール、名門!第三野球部
・好きな本
女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか人気のない海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
始終パソコンなニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
無病息災
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
毎年冬のスキー
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりDVD鑑賞でもしてるほうがいいと思う。
出かける場合はお1人様の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
1人外食
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
自由時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


つぐもも 第11話「決闘」

20170614part3.jpg


シンジ君状態から、体を張ったはだかふとんによりスーパーカズヤになるべく特訓中。
「よもや忘れおらんじゃろうな!帯の間合いは一丈一尺!しっかり体が覚えたようじゃな。」
「まあね。」
「しかし、問題は相手の間合いじゃ。あやつ、すなおの獲物は刀。間合いはせいぜい1間と言ったところじゃ。対するワシらの帯は一丈一尺。本来ならば刀の届かん位置から攻撃が出来るはずじゃった。しかし…。」
「空太刀と地走…。」
「あれらの間合いは4間程と見た。間合いではヤツらの方が有利。更に付喪神の相性。ワシは帯の付喪神。そこらの刃物では傷つけられなくとも相手が刀の付喪神となれば話は別じゃ。布が刃物に切り裂かれる。それは互いが付喪神となっても変わらぬ理屈じゃ。」
「中距離は間合いで、近距離でも付喪神の相性で不利ということですね。」
「じゃが、手はある。」

どんな手が来るんでしょうな?
「付喪神は私が命じた時、速やかに実行するのみでいい。道具のあんたは余計なことを考えないで。」
「すみません…。」

すなおと虎徹は相性以前に道具としか見ていない様子。さらにはすなおは慢心しとる。
こりゃ、明らかに負けフラグじゃな。
かずやと桐葉はレスリングした仲で相性抜群(?)だもん。
本日のキーワードは写し身。
エムブレムと違ってHPを共有ではなく、ロマサガの幻体戦士術のようなもののようだ。だが、幻体の強さはオリジナルより少々劣る。

20170614part4.jpg
「あいわかった!二人の決闘、ワイが見届けたる。せやかて死んだり怪我されても困りもんや。そこで!これや!」
「なんじゃこりゃ大人のおもちゃか?」
「ちゃうわい!」

性器に入れて遊ぶもの?ww
「これは水人形言うてな。すそはらい候補者の決闘は過去にもあったんや。」
なぜに全裸なんだよ!ww
パンツ取られたら負けというパンツレスリング?

「しかし毎度殺し合いさせるわけにもいかへん。そこでお互いに水の守りを張り巡らせ、この人形にダメージを肩代わりさせるんや。ただし!」
「ただし!水人形が保護するのは決闘する本人のみ。」
「つまり、ワシや虎徹は傷を負うということじゃ。じゃがワシらには写し身がある。写し身の力は本体の帯に劣るが、霊気が続く限り再生可能じゃ。本体の帯も多少の傷なら回復できるが、回復に霊気を割く分、行動に支障が起こるじゃろう。帯の操作もままならなくなれば敗北は必定じゃ。じゃが、ワシを使うことを躊躇うな。わかったな?」
「うん…。
本体の帯が傷つくってことは桐葉さんが傷ついちゃうってことだよね…。僕、頑張るよ。勝負にも勝つし、桐葉さんも守る!両方できるように頑張れば良いんだ。勝つことも大事だけど、桐葉さんも大事だからね!」

恥ずかしいセリフ禁止!
この恥ずかしいセリフで桐葉さんデレてるよ!んで照れ隠しにいつものキャノン砲~!ww

「何を言うかー!!立場が逆じゃろがい!余計なことを考えるな愚か者ー!」
アッー!

20170614part5.jpg
相性最悪のハンデ対策の手が、
「いくら相性最悪とは言え、あの技は写し身の応用。本体の斬撃に劣る。故に防ぐことが可能。しかも若干の溜めがあるため、連射が出来ん。狙いは遠間の一撃を受け流しての反撃じゃ!」
溜め時間が発生するため連射が効かないという格ゲーのようじゃな。
「お~意外やな。一方的やで。」
「ふ~む。ここまで圧倒されるはずないんだがなぁ。すなおの奴、まさか…。」
「もう少し引いて対策を…。」
「何言ってるのよ。全部受けきって、実力差をハッキリさせてやるわ。」
「…とか思ってんな~。」

脳筋相手に対して効果はバツグンだ。
すなおが脳筋戦法から切り替えてきた。
「なんだよ~形勢逆転じゃねぇの~?」
「空太刀と地走の隙を狙う作戦だったらしいが、計算外みてぇ~だな。」
「一度に打てる数が増え、間合いが伸びた。霊気の配分か。」
「そう。威力を抑える代わりに連撃や射程を伸ばしてるって話だ。こいつぁ、そう簡単に出来ることじゃないぜぇ~。」
「かずやんかて、まだ色々隠してるんやで~!」
「ほほう。」
「桐葉さん!本体が…。」
「大丈夫じゃ!」
「写し身が…。」
「損傷を回復するための霊気不足か…。
愚か者!なぜ縦つづりで防がん!」
(入った!刀の間合い!)
「かずや!何をしている!」
(縦つづりは帯2本で編む…。消えた写し身の代わりに本体の帯が必要。でもここで使えば桐葉さんが…。)
「ワシを使うことを躊躇うな!」
「勝負にも勝つし、桐葉さんも守る!」
(使うことは躊躇わず、でも桐葉さんは…、傷つけさせない!)
「もろてつづり!」
「構うかぁ!」
「もろてつづり、水分り!」

新技披露したところで次回お楽しみ。
気が付いたら、次回最終回でんがな。早いようで早かったし!
スポンサーサイト
2017/06/15 13:30|つぐももTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1385-5bf45b1f


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.