Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!

ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみに管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第10話「逆玉!?」

20170607part6.jpg


白猫の婚約者登場。さらには逆玉狙いのグレン先生による決闘が始まろうとしていた。。
いつのものようにそんな表向きの事がメインでなく何か裏があるんでしょ。
「この学院に着いて真っ先に君に会えるとはね。システィーナ。」
「なんだ?この空気。」
「私はレオス。レオス=クライトス。このたびこの学院に招かれた特別講師でそこにいるシスティーナの婚約者です。」
「あ。思い出した。レオス君が来るよってシスティに伝えなきゃいかんかった。」
「ちょ、ちょっとレオス!あなた何を言ってるの!」
「私達はかつて将来を誓い合った仲じゃないですか。」
「あ、あれは子供の頃の冗談で…。」
「お前マジで言ってんの?やめとけって。こいつとくっつくなんて人生の墓場入りってレベルじゃねーぞ。」
「私の将来の伴侶を侮辱するような言葉は慎んでいただけますか。」

言葉を慎みたまえ
「待ってレオス!グレン先生はその…、冗談っていうか…。」
「あなたがグレン=レーダスさんですか。」
「なんで俺の事知ってるんだよ?」
「私が講師を務めるクライトス魔術学院でもあなたのことは噂になってますので。アルザーノ魔術学院に突如現れた期待の講師。習得呪文数を競う昨今の詰め込み魔術教育に反し呪文を根本的に理解し実戦に生かすことに重きを置くなかなか珍しいタイプの講師だとか。あなたの講義是非一度拝聴してみたいと思ってました。」
「レオス=クライトス。伯爵家の次代当主候補。」
「帝国総合魔術学会で話題の有名人じゃないですか!」
「病気で長期療養中の講師の欠員補充によもやこんな優秀な講師を派遣してくれるとは…。」
「まったく僥倖でしたな!」
「なんでそれほどの奴が来ることになったんだ?おかしくないか?」
「まぁ確かに…。」
「不安か?貴様のバカ弟子がレオス殿によって立場を奪われるのが。」
「そうだったら気楽なんだがな。」
「私は今でも本気ですよシスティーナ。あなたを心から愛してます。」
「よかったじゃねぇか白猫。お前みたいな生意気な奴にお熱とか普通ありえねーからな。やー蓼食う虫も好き好きとはよく言ったもんだ。そうだこの話うまくまとまったら俺が結婚披露宴で祝辞を述べてやってもいい…。」
「バカー!」


20170607part7.jpg
のぞきは軽犯罪法第1条23号違反となりますよ。
「なんで俺が他人の恋路を覗き見せにゃならんのだ…。」
「ごめんなさい…。」
「俺こういうの興味ねーんだよな~。」
「思い出を単なる思い出にせずに済む方法もあると思います。システィーナ。私と結婚してください。」
「おほ~!あの男いきなり結婚申し込みやがった!さぁ盛り上がって参りました~!」

興味ないアピール→実は興味津々というよくあるお約束。
「お、どうしたルミア?」
「よくわからないんですが嫌な予感が。」
「やれやれ。女の勘ってやつか?ま、それは置いといて!今はこれが面白すぎるぜ!」
「私は…、ごめんなさいレオス!その申し出は受けられないわ。」
「どうして?」
「おじい様と約束したのメルガリウスの天空城の謎を解くって。そのためにはもっと沢山の魔術を勉強しなければならないの…。」
「相変わらずですね。あなたはまだそんな夢みたいなことを言ってるのですか?」
「魔導考古学…、古代遺跡の探索やアーティファクトの発掘。究極的には古代文明の謎を解き明かし古代魔術を再現する。しかしそれを成し得た者はだれ一人いない!つまり不可能で無意味な事なんです。そんなものに生涯を懸けるなんて悲しい事です。」
「あなたのおじい様もあれに傾倒しなければもっと多大な功績を魔術師に残せたでしょうに…。」

なぜに自分の評価下げるような事を平然と言うかの。
「どうか私と私が専門とする軍用魔術研究の支えとなってくれませんか?」
「ごめんレオス。あなたにはあなたの夢があるように私にも譲れないものがあるの。」「私はただあなたに人生を無駄にしてほしくないだけです。」
「詭弁ぬかしてんじゃねぇぞクソ野郎!お前はお前の信じる道を行け!お前の人生の主人公はお前自身だってことを忘れんな!」
(フン!決まった。)
「悪いがあなたには関係のない事だ。口出しは無用に願いたい。」
「いいえ。関係あるわ。先生と私は、将来を誓い合った恋人同士だから!」

諦めてもうらうために恋人ごっこするスタイル。これまたお約束じゃの。
「そういうことだぜレオスさん!」
「嘘だ!私のシスティーナがあなたのような下品な男と!」

ウソダドンドコドーン
「嘘じゃねぇぜ?なんたってこのかわいい白猫ちゃんは昨夜も俺のベッドで…。」
「このバカ~!」

本日はバシルーラでグレン先生を飛ばすのが流行っているようじゃの。
「いくらなんでもやりすぎよ!大体私達まだキスしか…。」
「キス!?本当なのですか!?」
「今のは嘘…、ってわけでもないしその…。」
「てなわけで白猫は俺の嫁だ!諦めてくれ。」
「駄目ですね…。システィーナのことを想うからこそ早く結婚して現実を教えてあげるべきでしょう。あなたはシスティーナに相応しくない!」
「つっても~、白猫ちゃんが選んだのはこの俺なんだもんな~。」
「覚悟しろグレン=レーダス!この私を敵に回したことを後悔させてやる!」
「それがお前の本性か。俺もよ~くわかった。やっぱ白猫は渡せんわ。白黒はっきり着けなきゃなんねぇようだな。決闘だ!お前に受けられるか?」
「むしろ望む所だ。」
「決闘の日時と方式は後ほど話し合おう。失礼する!」
「やっちゃったぜ。」
「やっちゃったぜ。じゃないでしょ!」
「こうなりゃ仕方ねぇ!これはチャンス!お前の婿になれば働かなくて済む!ここは逆玉狙い…。」
「バカ~!」
「また派手に動いてるようだな。惚れてもない女を賭けて勝負などゲスの極みだ。」

だってタイトル通り、ロクでなし魔術講師なんだもん。
「少しは申し訳ないと思わんのか?」
「いいじゃねぇか。勝てばもう働かなくていいんだぞ。」
「それよりお前なんでまた俺と接触した?」
「天使の塵がこの街に持ち込まれてると言う情報を得た。」
「馬鹿な!天使の塵の製法は1年前にあの事件で抹消したはずだろ!」
「ああ。そのはずだった。」
「あの薬を投与された人間は廃人と化し使役される…。胸糞悪い事件だった。」
「断る。」
「まだ何も言ってねぇぞ。」
「お見通しだ。操作に参加させろ、だろ?」
「むしろ関わるなと言いに来た。再びあれが使われるなど正直セラは何のために死んだのか。あんなことはもう二度と御免だ。だから俺も…。」
「二度と…、か。やはりお前あの娘にセラを重ねてるな。」
「黙れ。」

過去回想なんか入った。グレン先生の訳ありの過去のようじゃの。
「私は好きだよ。グレン君の夢。とても素敵じゃない。
全てを救える正義の魔法使いなんて私思うもの。そんな人がいてくれたらなって。だからグレン君はもっと堂々と胸を張っていいと思う。」
「フン。うっせーよ白犬。」
「こんな仕事だもの。いつか私もきっと…。」
「大丈夫だセラ。安心しろ。俺がお前を守る…。」
「え?」
「いやなんでもねぇ…。」
「あれれ~?今何を言いかけたの?」
「なんでもないってば…。」


20170607part8.jpg
やっぱりレオスは悪組織の手先であるような描写が最後に出てきた。
「どうだったかいレオス?」
「あなたの読み通りでしたよ。グレンとかいう男に決闘を申し込まれました。」
「まさかあなた預言者ですか?」
「いやそうじゃないよレオス。グレン相手にせいぜい踊ってくれ。君は僕の正義の礎となるんだ。」
スポンサーサイト
2017/06/07 19:42|ロクでなし魔術講師と禁忌教典TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1380-fe1f3898


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.