Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


つぐもも 第10話「はだかふとん」

20170607.jpg


前回がわりと真面目路線で行って、今回からまたおバカ路線に戻るの?
「いかがでしょうか?」
「あれを凌いだんだ。文句なんてねぇよ。皇すなお、お前をすそはらいとして認めるぞ。」
「考え直さねぇか?上岡行きのことだよ。ここですそはらいしたって良いじゃねぇか。」
「いえ。」
「はぁ。決意は固いか。ま、頑張んな。」
「はい!」

誰ぞ?多分新キャラ。
アバンにて高橋留美子が描いたようなキャラ出てきた。

20170607part2.jpg
「おい!」
いきなりグーパン。
見えた!じゃなくて、突然ながらバトルを仕掛けてきた。

「何者じゃ!どうしてかずやを襲う?故あるならば聞かせてみろ!」
「理由はある。それに資格もある!
「情けない。アンタそれでもすそはらいなの?」
「かずやに触れるなあばずれが…写し身さえ出せれば…。」
「手を出すなと言ったでしょう虎徹。」
「す、すいません!あちらが出るはずのない写し身を出してきたので…。」
「うるさい。道具が口答えしないで。もう戻りなさい。」
「は、はい…。」
「刀のつぐもも!まさか魅入られて、つくもつきになっておるのか?」
「霊位にあてられて自我を失うほどヤワじゃないわ。」

帯と刀では相性が悪そうじゃな。
「何故かずやを襲う。名は!理由を言え!」
「名は皇すなお、すそはらいだ。理由はあんたたちの腕試し。」
「すそはらいのくせに自分も守れないの?あんたは、かなか様の跡目に相応しくない!」
「かなか様?」
「とぼけるつもり?かなか様の息子がこんな奴だなんて!」
「かなか…。母さん…。あれ?」

記憶が封印されているからママンということ知らないわけね。
「付いてきなさい。ここの土地神様に結果を報告するわ。」
「土地神…。」
「それって…。」
「ククリヒメノオオカミ、降神。」
「降神じゃねぇよおおお!」
「ぴぎー!」
「ご尊神に何をする!」
「桐葉さん、やりすぎだよ。」

土地神といえば、やっぱくくりか!
ボイスチェンジャー付の能面はどっか行ったの?

20170607part3.jpg
「というわけで、かなか様の跡を継ぐすそはらいの力、是非試させて頂きたいと申し出たところ。」
「ワイが許可したったんや。ついでに、最近のかずやんと桐葉の活躍も教えたったで~。」
(だから桐葉さんが写し身を出せないことを知られていたのか。)
「ありがとうございました、くくり姫様。」
「かまへんで~。」
「かまうわボケ!後で関節キメ倒す!」
「ところでくくり姫様。古よりすそはらいは、その土地で一人、最も相応しい者が務める習わし。そうですね?」
「そうや、よう知っとるな。」
「力試しの結果、この二人にはお役目は荷が勝ちすぎています。ならば私がそれに成り代わりたいと存じます。この土地にはお役目が二人。ならばどちらかを選ぶ方法はただ一つ、
加賀見かずや!お前に決闘を申し込む!」

これは決闘で勝って相手をデレさせるパターンかの?

20170607part5.jpg
過去回想よりかずやのママンとの因縁があったようだ。
兄様の仇相手をかずやのママンが殺ってしまっていた。

「仇…。死んでる…。殺された…。兄様の仇…。私が討たなきゃいけなかったのに!あいつが…!」
「あ!気付いた!」
「ごめんね~。も~酷いなぁ桐葉ちゃ~ん!」
「いきなり刀の付喪神で襲い掛かってきたんじゃぞ?容赦なんぞするか。」
「さて良ければ訳を話してくれるかな?」
「愚か者が。お前のようなド素人が敵う相手か。」
「うっ…うっ…かわいそう~!かわいそうだよ、君~!」
「お前は…お前は…私の兄様の仇を倒した…だから!今日からお前が兄様の仇だ!」
「いや、ちょっとまて。仇を討って貰った場合それは恩人じゃないのか?」
「違う!仇だ!」
「どういう理屈じゃそれは。」
「だって、だって!仇が居ないと仇を討てない!じゃないと兄様の無念を晴らせない…。だから仇だ!お前を倒す!」
「よろしい!私はあなたの仇よ。相手になってあげる。じゃ、待ってるよん~。」

脳筋少女に対して大人な対応なママン。
「それから私は何度も、かなか様に挑戦したけど手も足も出なかった。基礎から叩き直すため、すそはらいの養成所つづら殿に入り今に至る。なのに、再び上岡を訪れると、かなか様は亡く、未熟な帯使いが居た。かなか様は仇だ。しかし尊敬する師でもある。でもお前はその後釜に相応しくない!お前を倒して私がかなか様の後を継ぐ!」

20170607part4.jpg
なんか、かずやがシンジ君になってもうたがや!そしてサブタイ回収。
「起きろ、かずや。特訓じゃ。」
「嫌だ。」
「小娘にああまで言われて悔しくないのか愚か者が!ふん、理由を言ってみろ。」
「だって、只田さんが髪の毛生えなくなっちゃったり、奈中井さんが喋れなくなっちゃったり、僕が外に出たらまたそんなことが起きちゃう。僕なんて居ない方が良いんじゃないか…。だから出ない。」
「学校は?」
「行かない。」
「飯は?」
「姉ちゃんが持ってきてくれるよ。」
「すそはらいは?」
「もういい。」
「もういい?自分がすそを集めてしまうからと、自分がやらねばならんと言ったのはお前ではないか。」
「皇さんが代わりにやりたいっていうんだ。やってもらうよ。それでみんなが幸せならそれでいいよ。」
「お前も脱げ!」
「桐葉さん…、なんで裸?意味わかんないよ…。」
「こうしていると安心するじゃろうが。良いのか?かずや、そんな解決方法で。本当は逃げ出したいだけじゃないのか?」
「違う…。」
「もっと恐ろしいあまそぎとこれから戦うかもしれない。またすそがえしで傷つく誰かを目の当たりにするかもしれない。そこから逃げ出したいのじゃ。」
「違うよ。僕が居ると誰かが嫌な想いをするんだ。桐葉さんだって…、本当は迷惑だと思ってるんじゃないの…。」
「この愚か者がぁ!ワシがいつ!お前のことを!迷惑だと厄介などと口にしたか!いいか!お前が例え天地人妖辺り構わず猛毒を撒き散らす災厄の種だったとしても!ワシだけはお前の味方じゃ!みんなに迷惑?掛けてやれ!お前が在るために必要とあらば、いくらでも掛けまくってやれ!ワシが許す!もしお前の心が痛むならワシが癒やしてやる!それでも晴れない痛みなら、すそはらいとして止めてみせろ!ワシはいつだって協力してやる!」
「桐葉さん…。」
「人も妖も神さえも誰かに頼り頼られ生きておる。このワシもお前という所有者が居なければ姿を保てんのじゃ。のう、かずや。お前だけがその理から身を引く必要などない。自分なんて居ない方が良いなどと思うな。ワシは…、その…、お前が居ないと、寂しいぞ。」
「うん…。僕、頑張ってみるよ、すそはらい!」
「ふんっ!」
「なっ!?」

桐葉さんの体が成長したし!レイアースみたいに持ち主が成長すると武器も成長するというやつ?
「何で急に大きくなったの!?」
「ああん?お前こそ大きくしおって~!」
「らめぇ~!」

キャノン砲おおおお!

「まあ兆候はあった。昨日になって写し身も出せたのじゃ不思議ではない。さてかずや覚えておるか?すなおの言ったこと。」
「え…、うん…。」
「ま、こんなところね。」
「なんで手の内を明かすような…。」
「私は何度もかなか様の技を見てる。公平を期すためよ。一週間待つ。その間せいぜい策を練ればいい。」

セルゲームが始まる前のサービス期間じゃな。セルは10日だけど、ここでは1週間でゲソ。
「凄い自信だよね。」
「おう、付喪神の相性、所有者の実力。共にワシらはあやつらに及ばん。どうじゃかずや分はあちらにあるが。」
「でも負けられない。」
「はっ、良く言った!ならば景気づけじゃ!勝ったら褒美をやろう。」
「ええ~!?」
「ふん!お前はどうして欲しい?」

レスリングしてほしい。
「やっくん朝よ~!」
「朝やで~!」

あぁん?入ったやろ!
構図的にそう見えて仕方ない。
「あっ!」
「こんなのお姉ちゃんは許さないわよ。」

ということで決闘は次回お楽しみね。
スポンサーサイト
2017/06/07 18:39|つぐももTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1379-7b1f5495


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.