Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!

ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみに管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


つぐもも 第9話「手紙」

20170530.jpg


かずや特訓中。だが本番でしか本気出せないタイプのため散々。
「たてつづり!」
「よし! 間髪入れず編み変えろ!」
「あ、あれ?」

こんがらがって、きゅっ!
「ああ!早くほどかんか!」
「帯突き!」
「遅い!」

チェックメイトですわ。
「ったく、モタモタしおって!編み変えの時間が掛かり過ぎじゃ!」
「まぁ、そんなすぐには無理やろ。」
「甘やかすな!編み技の基礎練習100本じゃ!」
「ひー!」

スーパーカズヤになるべくスパルタ特訓が続いておるわ。
「お疲れのようですね。加賀見くん。」
「朝夕、桐葉さんにしごかれてるんだよ…。」

アレな意味合いでもしごかれてるから体力持たないね。ww

20170530part2.jpg
女の嫉妬は恐ろしあ。女同士は表は仲良さそうでも裏ではドロドロなんだな。
「小阪部、知ってることを話してもらおうか?」
「入学してすぐのことよ。かなりイケてる男子がクラスに居てさ。気のある女子で、キャーキャー言ってたわけ。それが、にしなゆういちファンクラブ。抜け駆けなしってルールで仲良くやってたわ。ところが、にしなくんの方が名護さんに興味を持っちゃったの。それからギクシャクしちゃってね。名護さん、嫌がらせを受けてたみたい。主導はむらつきさんで。そういえば、飛び降りの第一発見者も、そのむらつきさんなのよね。」
「むらつき達がこの事件の重要参考人だな。」
「失礼します。会長、お尋ねの件調べておきましたよ。名護さんの妹ですが、どうやらこの学校に入学しているようです。」
「おかしいな。在校生の名前は完全に覚えているのだが、心当たりがない。」
「無理もありません。ご両親が離婚され、名字が変わってますから。今の名前は…。」


20170530part3.jpg
「手紙はどこ?」
「ぐっ!し、知らない…。遺書なんか知らない!」
「ちょっと待ったーー!!近くに居るのはわかってる!出て来るんだ!奈中井ななこさん!いや、名護ななこさん!」
「バレちゃいましたか。」
「どうしてこんなことを?」
「私は知りたかっただけです。姉の自殺の原因を…。遺髪が姉の姿になった時…これを使えば、真実を明らかに出来ると思ったのです。」
「妙じゃな…。かみおには所有者と個人の未練に同調して生まれるあまそぎ。自殺の原因を知ることが姉の未練とは思えん。」
「どうゆうこと?」
「他に何かあるやもしれん。姉の未練と、妹の想いが重なる何かがな。」
「じゃあ、手紙って何のことなの?」
「自我を持たないこの姉から唯一自発的に出た言葉です。むらつきさん。手紙と聞いて遺書とわかったあなたなら、知ってるんじゃないですか?遺書のありかを。」
「さっさとくっついちゃえばよかったのよ!あの二人は両思いだった。でも、名護さんは私たちに遠慮して、にしなくんを避けてたの。だから、クラブを抜けるよう、嫌がらせを…。」

水かける嫌がらせは基本。
「ごめんなさい。素直に背中を押してあげられなかったのは、嫉妬のせいよ…。」
「お姉ちゃんはそのいじめに耐えかねて自殺を。」
「それは違うわ!亡くなった日、彼女は、今まで溜まりに溜まってたものを私たちにぶちまけたの。すごい変わりようだった。これから、にしなくんに告白すると言って去っていったわ。その放課後、彼女が屋上に向かう姿を見たの。それが最後の彼女の姿となった。迷ったけど謝ろうと思って屋上へ行ったら上履きが並べてあってそこに手紙が!遺書があったの。」
「なぜ、隠してたんですか?」
「当然じゃない!もし、もしもよ、そこに私たちの名前があって、自殺の原因だと書かれていたら、怖くて怖くて…。中を見る事も捨てることもできなくて。」
「じゃあ今もあなたが?」
「ええ、ごめんなさい。すぐ持ってくるわ。」
「ななこちゃん、貴女がこの手紙を読んでる頃、私はこの世に居ないと思います…。私は薄汚い人間です。口数少ない分、いつも心の中では仄暗い感情が渦巻いていました。好きな男の子に告白も出来ない。嫌がらせに文句も言えない。自分の意思を口に出す勇気も、行動する勇気もない。そんな自分に嫌気が差してた頃です。あのデキモノが現れたのは。それは日に日に大きく醜くなって、人の顔のようになりました。」

人面瘡?
「誰に相談することも出来ず、私は怯え苦しみました。ところが…。」
(回想入る。)
「この資料用意してないの!?」
「すみません。」
「困るな!どうすんの?」
「じゃあ、てめえは何してたんだよ!自分だけ楽な仕事選びやがって!1人でこなせる量じゃないだろ!」

シャベッタアアアア
このセリフをパワハラ上司に言ったらどんな反応が返ってくるんでしょうな。

「デキモノの声は、私の奥底の本音を声に出すのです。それから、私の生活は一変しました。人の顔色を伺わず、本音で話せるようになりました。デキモノは、お前の願いが成就したら消えてやると言うのです。だとすれば、私の願いはただ一つ。あの人に告白すること。答えはオッケー。天にも昇るような気持ちでした。でも、デキモノは、まだ願いを叶えてないと言うのです。にしな君が、ある人に奪われないようにしなければ、と。私よりも可愛くて、明るくて、頭が良くて、運動も出来る私の妹に。デキモノは言うのです。ななこちゃんが居てはいけない。デキモノは言うのです。ななこちゃんは全てを奪ってしまう。デキモノは言うのです。ななこちゃんが邪魔だ、と。私は心の奥底で思っていたのです。ななこちゃんのことを。ごめんなさい。デキモノをもう抑えられそうにないから。でも、ななこちゃんは大事な妹だから。大好きなのも嘘じゃないから。」
「そんな。お姉ちゃんが飛び降りたのは、私を守るために…。私の方が死ねばよかったんだ…。」
「(死ねばよかった!?もしや、あまそぎが手紙を探していたのは、妹にそう強く思わせるため!?)あっ!まさか!かずや!」

苦戦しながらもかずやの勝利。
「確かにデキモノは、姉の仄暗い感情から生まれた存在じゃ。じゃが姉は、自らの命を絶ってまでデキモノを抑え込んだ。打ち勝ったのじゃ!お前への愛のほうが遥かに強かったのじゃ。さて、かずや。今回の帯繰り、悪くなかったぞ。褒めてやる。じゃがな、ワシが逃げろと言うとるのに、背きおったな!この愚か者!」
デレたと思ったの?バカなの?お仕置きのお時間ザマス。
今回はガチで真面目な回じゃったのう。ここしばらくおバカな回が続いたからね。

20170530part4.jpg
次回は元に戻っておバカ路線か!?
はだかふとんとかなんとも意味深なサブタイでゲソ。

両手に花ならぬ上下に花か!?
肉のお布団!?目的は結婚だそうです。
スポンサーサイト
2017/05/30 04:43|つぐももTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1373-85ea5c89


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.