Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


アリスと蔵六 第6話「樫村家」/第7話「ともだち」

昇級レポートまだ完成してないけど、とりあえずはひと段落ついた。
ぼちぼち、ブログを更新していきたいだす。


アリスと蔵六 第6話「樫村家」
20170523.jpg


第2部ということで紗名を狙う組織は解散され日常回メインになってきた。
前回より紗名ちゃんが家族入りしてから家事分担増えた。

「顔洗ってたらビシャーって。」
「嘘つけ。また力を使ったな?横着せんでちゃんと洗え。」
「でもこれは私の手足みたいなもんだから手で洗ったのと一緒…。」
「屁理屈ぬかすんじゃねぇ。」
「何でダメなんだ?」
「おじいちゃん心配してるんだよ~。紗名ちゃん体力ついてきたけどまだまだバテちゃうし~。」
「ちゃんと体動かして強くなって欲しいんだよ。」

10分も歩いてバテるとか体力なさすぎにもほどがある。
便利なものばかりに頼っていると人間ダメになるとはよく言ったもんじゃの。
チャモチャ星(劇場版ドラえもんね。)のように便利なイメコンに頼って指一本使わない生活してると虚弱体質になってしまうのだ。
「あんな若い子と婚約とはね。」
「まぁ色々あってな。」
「あんたこそあんな小さい孫がいるなんて初耳だ。」
「こっちも色々あってな。」

1話で登場していたヤクザさんがJKと結婚だと!?
額の傷は訳あり?
紗名ちゃん散髪。すんげえ短くなっとる。ショートもいいね。
んで迷子になっとる。言いつけ通り能力は使わないスタイル。
養子縁組して晴れて正式な家族となった。完全に日常回になったの。

アリスと蔵六 第7話「ともだち」
20170523part2.jpg
今度は原宿駅まで行っとる。
「一条!電車乗るぞ電車!」
「一条さん。」
「さん!」
「紗名、切符買うぞ。」
「切符ってなんだ?」
「電車に乗るときに使うんだ。お前さんはまず、子供ってとこを押す。それから目的地までの金額を押す。550円の半額は?」
「275円!」
「んじゃあ270円だ。」
「なんでだ?」
「そうゆうものなんだ。」

分からないから誤魔化しとる。
「切符を入れて出てきた切符を取る。やってみろ。」
「とったぞ!何だそれ!?」
「切符代わりのカードだよ。」
「ズルい!私もピッてやる!」

切符を買う。改札に入れるという行為は子供は誰もがやって得意がる。
さらには、珍しいものには興味を惹かれる。所詮は子供じゃの。

20170523part3.jpg
「全問正解です。さすがですね紗名ちゃん。」
「だろう!」
「このペースだと数学は高1レベルも突破しちゃいそうですね。」

高1レベルまでいっとるのか!?英才教育?
「そろそろ私が教えられるのも限界なので内藤に相談しないと。」
「数学なんて簡単じゃないか?」
「そうですか?私いちおう小学校の教員免許は持ってるんですけど、全然形無しですね。」
「計算はやり方も答えも決まってるからな。花の水やりとかの方がこう思ったのと違うふうになることがあるから難しい。毎日見て考えないとダメだし。」
「紗名ちゃんは文章問題は苦手ですね。あと読書も。もう少し集中力が続くといいんですが。」
「だってああいうのはモシャモシャするから嫌いだ。」「モシャモシャ?」
「なんかこのへんがモシャモシャする。よくわからなくて苦手だ。」
「漢字の書き取りも悪かったですし来週は少し国語を特訓しましょうか。」
「えー!」

数学しかできなくて国語嫌いとかかつての管理人だ。
理系は文系よりすごいと言われても生涯年収は文系の方がいいんだよ。これ現実ね。
初任給に騙されてはいけない。賃金の上昇率に差があるのだよ。
久々に双子出てきた。
「今あるだけ全部くださいですわ!全部!」
「あっいた。お姉さま~。」
「よなが遅いですわよ。はぐれないようになさい。」
「き、急にいなくなったのはお姉さまの方です!もうそんなに買って。」
「すごくおいしい豚まんを見つけましたの。あなたもお食べなさい。」
「お姉さま、お金は大切に使わないと。」
「何を言ってますの!今日のためにコツコツ貯金した食い倒れ貯金ですのよ。まだまだ使い切るほどじゃありませんわ。」
「で、でも~。どうせなら色んなお店を回ろうってお姉さまが。せっかく事前にいっぱいお店調べたのに寄り道ばかりでまだ1つも。」
「予定は予定ですわ!まずは前進で楽しむのです!」

食い倒れ貯金って組織に居た時にもらったお金なの?
いずれにしてもお金は大事だよ。
んで紗名とバッタリ会う。世間は狭いね。
「あ、逃げた。」
「術式4の18。追いなさい。」

なぜ逃げたし!

20170523part4.jpg
「さっきはごめんなさい。私たち本当はずっとさあちゃんに会いたかった。ずっと謝りたかった。私達ね、研究所に入る前すごくイヤなことがあったの。だからさあちゃんに外の世界に行ってほしくなかった。」
「彼女たちは警察に保護された後、研究所に引き取られたんです。二人は父親から虐待を受けていました。」

性的な意味合いでの虐待?
「当時二人は考え方も感じ方も一緒で自我の区別が曖昧だったそうです。
「このまま研究所から一歩も出ないでずっと二人きりで暮らしていけばいいやって、そう思ってたの。けど、さあちゃんと出会って一緒に遊んで楽しかった。さあちゃんの名前つけたりいろんなこと教えたり。だけど、研究所の外にも世界があることだけは教えなかった。さあちゃんにひどいことした。さあちゃんは私たちのお人形なんかじゃなかったのに。だけどさあちゃんは一人で出て行って世界を変えちゃった。こんなにもあっけなく何もかも無くなっちゃうなんて思わなかった。私達ね、いま横須賀にあるアメリカの学校に通ってるんだ。研究所にいた子達はみんなそれぞれ行き先が決まったみたい。私達のところは寮母さんも優しいし。言葉はまだ少し難しいけどちょっとずつ仲良くなった子もいて。クラブもやってるんだよ。私はバドミントン部。お姉ちゃんは美術部。」
「楽しいのか学校?」
「そうですね。毎日割と楽しいですわ。」
「そっか。楽しいのはいいことだな。」
「さあちゃんと一緒にいた時間は短かったけど、はじめて友達ができて本当に嬉しかった。ごめんね、さあちゃん。いままでずっとごめんね。」
「うんっ!」

ごめんなさいする時はお腹見せたまえ。

20170523part5.jpg
夜中に1人で泣いてる紗名。
「変なんだ。研究所の外に出てからどんどん自分が変になってきた。自分の中に自分じゃないモシャモシャするやつがあって。今まで知ってたことや考えてたはずのことがモシャモシャのせいで急に全部邪魔されるみたいに分からなくなる。今日だってそうだ。あいつらに会ったら急に頭の中がモシャモシャしてなんだか何も考えられなくなって。今もそうだ。急に自分で自分がコントロールできなくなった。外の世界はこんなことばっかりだ。難しすぎる。」
「そっか~紗名ちゃんいろんなことがちょっとずつ分かるようになってきてるんだね~。」
「何言ってるんだ?私は分からないって話をしてるんだぞ。」
「うん。あのね~、それはたぶんわからないのはいいっていうか~。」
「はぁ?」

人間らしい感情に目覚めたということか!
「モシャモシャ~!」
「何するんだやめろ!」
「えへへ~、早苗ちゃんは紗名ちゃんのことが大好きだよ~。」
「からかってるのか!?私は真面目にモシャモシャの話をしてるんだぞ!」
「ん~、じゃあ今日はもう遅いし早苗ちゃんの部屋で一緒に寝ようか~。」
「本当か!」
「お話しよう~。モシャモシャのこともっと聞かせてほしいな~。」

早苗みたいなお姉さまに癒されたいのう。早苗みたいなお姉さま欲しいですな。
「おはようよなが。」
「おはようございますお姉さま。」
「あっ!さあちゃんからメールです!」
「よかったですねお姉さま。」
「なっ。気にしてたのはよながの方ですわ!」
「メールちゃんと送れた?」
「うん。モシャモシャどう?」
「ん~、よくわからん!あんまりモシャモシャしないかも。」

第2部に入ってから日常系なほのぼのばっかじゃの。
スポンサーサイト
2017/05/23 22:56|アリスと蔵六TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1368-6c97aa31


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.