Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第5話「女王と王女」

20170505.jpg


「今年の魔術競技祭、誰がこの展開を予想できたでしょうか!まさに今年のダークホース、グレン先生率いる2組の快進撃が止まらない!」
グレン先生ゲソッとしてるでゲソ。
「あの、先生。」
「どしたリン?金以外の事なら大体相談に乗ってやるぞ。」
「あの…、午後の私の出番、誰かと変えてもらえませんか?」
「確か変身の競技だったよな。」
「はい。セルフイリュージョンの魔術一生懸命練習してきたんですけど全然うまくいかなくなっちゃって。」
「で、変えてくれないかと。お前はどうしたいんだ。本当は出場したいんじゃないのか。変身の魔術好きだったろ。」
「はい!変身ってなんだかその…、違う私になれるみたいで。」
「じゃあ出ろ。何の問題もない。」
「でもみんなが先生と優勝目指して盛り上がってるのに私が足を引っ張っちゃったら…。」
「これは魔術競技祭、お祭りだ。まずはお前らが目いっぱい楽しめりゃそれでいいんだよ。」

グレン先生のくせになんという教育者みたいなこと言っているんだ。
優勝しないと給料ヤバいじゃなかったのかね。
「お前は自分が思ってる以上に優秀だ。それに安心しろ。もし失敗してお前を責めるような奴がいたら俺が鉄拳制裁してやる。だからのびのびやれ!」
先生はルミアに変身してたら白猫来てまったがや。
「ルミアここにいたんだ!早くお弁当食べよ。ルミアの分もちゃんと作っといたから。」
(冷静になれグレン!教師が生徒の弁当を騙し取るなんてさすがに最低じゃねぇか!?)

さあ金欠の中、食欲の誘惑に勝てるのか。
「ルミアったらそんなにお腹空いてたの?」
「うん!早く食べないと割とマジで死んじゃうかも~。」
(大丈夫…。全部食べたりはしない…。)
「システィここにいたんだ。」

本物登場。
「なんてことなの。俺…、じゃなかった私が二人~…。」
「力よ無に帰せ。」

凍てつく波動。
「じゃ。そういうわけで。」
「このおバカ~!!教師が生徒に化けてお弁当盗むとかありえないでしょ!
せっかく私が朝早く起きて…。うぅ、サイテー!!」

こうゆうことしてるからロクでなし魔術講師というタイトルなんだな。

20170505part2.jpg
「何も入ってないんですこのロケット。大切な人の肖像画が入ってたような気がするんですが…。変ですよね。こんなものを肌身離さず持ち歩いてるなんて…。」
「別に。今でも何か大事なもんが詰まってんじゃないのかそれ?」
「先生は知ってるんですよね。私と女王陛下の…。さっきの私どうすればよかったんでしょうか?陛下が私を捨てた理由わかるんです。悪魔の生まれ変わり、呪われし禁忌の存在、異能者。その異能者として生まれてしまった私は帝国の、王家の威信を傷つける爆弾になりかねない。だから、私の処分はこの国のために必要な事だったと思うんです。それでも私は陛下を心のどこかで許せなかった…。怒ってるんだと思います。」
「理屈じゃねぇからなそういうの。」
「なのにもう一度あの人を母と呼びたい…。抱きしめてもらいたい…。でも私を引き取ってくれたシスティのお父様やお母様を裏切ってしまうような気がして…。」
「俺の持論だが人は何かを選択する際に後悔し傷付かずにはいられない生き物らしい。悔いが残らないように選択しろ、なんてよく言うがあれは無理だ。どんなに悩んで道を選んでも後で何かしら後悔する。そんな風にできてるのさ。俺達人間ってやつは。」

激しく同意ですたい!
「だからこそ本音が重要だと思ってる。本音でその道を選んだなら同じ後悔するにしてもちっとはマシだろ?」
「ルミア。お前はどうしたいんだ?」
「私自分の心が分からなくて。」
「俺は昔帝国軍に所属する魔導士だった。仕事柄宮廷に赴く機会も結構あってな。お前のそのロケットと全く同じ物をとある一番偉いお方が身に付けていたのを見たことがある。捨てられなかったんだろ。お揃いのそれ。だったら答えはとっくに出てるんじゃないのか?恨みつらみでも何でもいい。向き合うことから逃げずまずはお前の本音をぶつけるところから始めたらどうだ?ま、散々逃げ続けた俺が言うのも何だがな。」

ロクでなし魔術講師でもたまには教育者らしいことを言う。
「でも、怖いんです。またあの冷たい目を向けられたらと思うと…。だから、その…。一緒に着いてきてくれませんか?」
「ったく、しゃあねえな。付き合ってやるか。」
「ありがとうございます!」
「ルミア=ティンジェルだな?恐れ多くもアリシア7世の暗殺を企てたその罪、弁明の余地なし!貴殿を不敬罪及び国家反逆罪によって処刑する!」

またもやルミアが狙われる展開来てるし。
「タチの悪ぃ冗談だぜ。証拠見せな。」
「部外者に開示義務はない。
「令状も裁判もなしに処刑するってのか!」
「これは女王陛下の勅命である。その娘を渡せ!庇い建てするなら貴様も国家反逆罪で処分する!」
「仰せの通りにします。」
「恐れ多くも女王陛下に仇なそうとした罪、この命を持って償いといたします。ですからどうか先生だけは…。」
「バカ!お前何に言って…。」
「先生!」
「目を閉じ動かぬことだ。急所を外せば長く苦しむことになる。」
(いつかこんな日が来ると思ってた…。あの人が私を処分すると決める日が…。そうか、最後だから会いに来たんだ。あの日死ぬはずだった私が3年も生きることができた。素敵な想いでもたくさんできた。だからこれで…。)
「そのまま目瞑ってろよ。」

天津飯!技を借りるぜぇ!!太陽拳!
「目が~!」
目がくらんだり、目潰し攻撃されるとムスカ大佐の真似するお約束。
「魔術フラッシュライト。ただの目眩ましさ。」
「先生!なぜ私を助けたんですか!」
「見捨てたら白猫に叱られるだろ。」
「ふざけてる場合じゃありません!このままじゃ先生まで…。」
「約束…、だからな。ま、心配すんなって。女王陛下は裁判もなしにお前を処分するなんてこと絶対しやしない。この処刑命令には必ず何か裏がある。女王陛下に会うことができれば…。」
「あそこだ!おのれ反逆者共め!」
「どうするんですか先生…。」
「どうするもこうするも。三界の理。天秤の法則。律の皿は左舷に傾くべし!
あ~もうどうして厄介ごとばかり。だから俺は働くなんて嫌だったんだ!」

働きたくないでござる。
「問題はどうやって親衛隊の目をくぐり抜けて陛下に会うかだな…。あれ、よく考えたら俺達が直接会わなくてもいいんじゃね?」
「グレンか。」
「セリカ!女王陛下と一緒だよな?頼みがある。実は…。」
「私は何もできない。すまないグレン。私は何も言えない。」
「ふざけてるんじゃないんだな。」
「ああ。」
「こっちの状況については?」
「大体知ってる。グレン。お前だけだ。お前だけがこの状況を打破できる。そう。お前だけがな。この意味をよく考えろ。なんとかして女王陛下の前に来るんだ。」
「女王陛下の前まで来いか…。陛下を守ってるのは手練れの親衛隊。しかも隊長はあのゼーロスだ。畜生、どう考えても俺の手に余るだろ。どうすれば…。」
「お、お前は!」

話が急展開になってきたし!魔術競技祭はどうなったん?
スポンサーサイト
2017/05/06 02:18|ロクでなし魔術講師と禁忌教典TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1363-4afdebbd


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.