Rmotoによる日報ページ・NEO

近況:あぁん!?最近だらしねぇな!


プロフィール 

Rmoto

Author:Rmoto
ファイアーエムブレムは好きなゲームの一つです。
ちなみにifでの管理人のマイキャッスルアドレス
16933-67983-07473-81759
是非、来て下され。

雷じゃないわ!
いかづちよ!
我が叫びを聞け!
いかづちよ!
錬成武器に変な名前ばっかつけていると元の武器が何かを毎回忘れる。


以下、アメブロのマイプロフィールより引用。

▼定番
・趣味
寝る・パソコン・何もしない
・長所
誰か教えてください。
・短所
基本ネガティブ、あがり症、コミュ障
・ちょっと自慢できること
基本的に遅刻はしない。
・まず家に帰ってすることはなに?
着替えて、パソコン起ち上げる
・最近ハマっているものは?
アニメとか3DSとか
・平均睡眠時間は?
5~7時間くらい
・口癖は?
猫の真似して、ニャーニャー鳴きます。
・ブログに何書いてる?:
アニメを見た後に、直観的に感じたこと。
・何フェチ?
色で言えば黒系統の色がお好き。
性癖のフェチはノーコメントで。
・座右の銘は?
下手な鉄砲数撃てば銃刀法違反で懲役2年
・集めてるものは?
ネット上にあるネタ画像や猫の画像
・Sですか?Mですか?
いじられキャラのMです。
いじられキャラは最強のコミュニケーションツールというけれど正直辛いです。

▼好き嫌い
・好きな食べ物は?
寿司、肉料理、ひつまぶし、きしめん
・嫌いな食べ物は?
貝類、キノコ類
・好きなスポーツは?
下手だけどスキー
・好きなアーティストは?
影山ヒロノブ、串田アキラ
・好きなマンガは?
最近はゲームのアンソロ集めてます。
・好きな本
主に女の子が出てくるマンガやラノベ
・好きな映画は?
劇場版ドラえもん
・好きなテレビ番組は?
特撮、深夜アニメ
・好きな曲は?
夢をかなえてドラえもん
武田鉄矢が歌う劇場版ドラえもん主題歌
・好きなゲームは?
ファイアーエムブレム
・好きな車は?
カローラ
・好きな場所は?
雪山とか海とか
・好きな動物は?
にゃんこ
・好きな休日の過ごし方は?
ニートの生活
・好きな色は?
黒、青
・好きな言葉は?
人生に必要なもの。それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。
・好きなタイプは?
ダメ男製造機。
・嫌いなタイプは?
意地悪な人、すぐ怒る人

▼その他
・一つだけ願いが叶うとしたら?
時間がほしい。(切実。)
・何をしている時が幸せ?
寝ているときかな?
・どうしてもこれだけは譲れないものは?
睡眠時間
・デートでいきたいところは?
2人でなら、家でまったりしてるほうがいいと思う。
出かける場合、自分の領域をあまり侵されたくないから一人の方がいい。
・宝くじがあたったら?
当たった金額にもよるが、高額の場合は、半分は親に渡し、残り半分は貯金。
・尊敬する人は?
チャップリン
・前世はなんだと思う?
ぬこ
・世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家に引きこもってると思う。
・自分を動物に例えると?
ぬこ
・自分へのご褒美は?
銭湯
・幸せを感じる瞬間
ネコと戯れているとき
・子供の頃なりたかった職業は?
ジャムおじさん、もといパン職人
・ここだけの話
管理人は真面目系クズ
・携帯の機種は?
ドコモ
・お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
肉!
・生まれ変わったら?
家猫
・今までで一番高い買い物は?

・今の着うたはなんですか?
黒電話の音(着うたじゃねー!)
・今からでも挑戦したいことは?
パソコンのスキルのさらに向上
・今一番欲しいものは?
時間
・今、旅行でいきたいところは?
スキー場と温泉が隣接している所
・あなたにとっての必需品はなに?
財布、スマホ、3DS
・1ヶ月毎日食べるとしたら何?

・○○依存症です
パソコン


カテゴリ 


最新コメント 


最新トラックバック 


月別アーカイブ 


アクセスカウンター 


サクラクエスト 第4話「孤高のアルケミスト」

20170427.jpg


ITではなくアイテーだよ。
ジジババによる争い。
「ジジイは居るかい!」
「どうしたババア。」
「うちの孫を妙なことに引き込むんじゃないよ!何が大臣だい!」
「参加は凛々子の意思じゃ!」
「ワシは保護者だよ!孫に裏切られたからってわしにあたるなクソババア!」
「裏切られたとは何だいこのクソジジイ!」

「観光客がどっと押し寄せ町が潤う何かいいアイデアはあるか?」
「木彫り村はどうですか?早苗ちゃんちで見た欄間がすごかったんです。」

「凛々子。国王と一緒に何かやるのはいいよ。ただし、きちんと私に報告しな。」
報告する義務がここにあり!ビジネス上は、上司は、報告しない部下を嫌がる。

20170427part2.jpg
「早速、いかにして木彫り村に観光客を呼ぶか計画、略していかきぼ計画の会議を始めたいと思います!。」
「そもそも彫刻の寿命ってどれくらいあるのか。」
「最近は彫刻を飾る床の間や欄間のある家も少なくなってきたもんね。」
「うちは昔、木彫りの熊がテレビの上に居たわね。今はテレビも薄くて上に物なんて置けないし。」

薄型テレビじゃ猫からも狭いとと苦情が来る。
「じゃあ熊もテレビに合わせて薄型に!…するのはダメだよね。」
「それに彫刻って一点物だからどうしても値段が高くなるでしょ。」
「確かに、さっきのもいい値段してた。」
「量産もできない。」
「彫刻だけで食べていくのは大変で後を継ぐ人も育たないのもおっきな問題。」

伝統工芸品には後継者がいないリアルな社会問題。
「でもさっきの兄弟弟子みたいに若いのもいるわけでしょ。」
「でも中々厳しいみたい。弟子入りしても途中でやめちゃう人多いんだって。」
「ねえねえ、会議始める前から明るい話題がないよ。」

会社だって、入社して1年経過すれば半分辞めるよ。
「既存のマーケットがダメでもきっとどこかに活路があるはずよ。」
「すごいやる気。あの兄弟子に惚れたか。」
「そういうんじゃなくて。他所から来て頑張ってるのは私も同じだから応援しなきゃって。」
「故きを温ね新しきを知る。私達でイノベーションを起こすのよ!」
「出尽くした~。」
「なかなかいいアイデアって出ないね。」
「出た中じゃ、木刀ってのが一番現実的じゃない?」
「株をくわえたチュパカブラもいいと思うけど。薄型ってところが特に。」
「まだ言うか。」
「ドクさん。」
「おう国王。ヘラクレス2号の使用感はどうだった。」
「はい、とっても助かりました。重い荷物も楽々運べて。」
「わしとしては農作業とかにも使ってもらいたいところなんだが、年寄りはああいう物なかなか受け入れんからな。」
「確かに。なんとなくゴツゴツしか感じだし。お年寄りにはハードル高いかも。あっ、ひらめいた!」
「パワーアシストスーツに彫刻を?」
「そうです!こんなふうに。」
「この絵は残念な感じだけど。つまりはスマホのケースみたいに機械部分をおしゃれに包み込むことで最新テクノロジーと伝統工芸のコラボレーションを実現的な。」
「外で話しましょうか。
すんません。一志さんはこういうの嫌いやから。でも僕は面白いと思います。是非協力させてください。」
「本当ですか!?ありがとうございます!」
「彫刻付きパワーアシストで田植えって絶対面白いと思うんです。ニュースなんかでも取り上げられたら観光客もたくさんきて皆お土産に彫刻を買ってくれて。」
「勝手なことをして兄弟子さんは怒ったりしませんか?」
「あの人は一人我が道を往く人やから自分の仕事の邪魔されたら怒るやろうけど。僕らが何かやる分には何も言わへんと思います。」
「偏屈に見えるかもしれんけど、一志さんの彫るもんはホンマにすごいんです。ここにあるもんに負けへんくらい。僕には到底真似でけへん。だから僕は僕で一志さんとは違うやり方でやろう思います。」


20170427part3.jpg
「ハハ、なんか特撮のヒーローみたいだな。」
「かっこいいんじゃない。」
「しおりちゃんちって農家だったんだね。」
「兼業だけどね。」
「バトルモード、蒸着。」
「これでOK。動かしてみてください。」
「おおー!こりゃ軽い!」

でも実用的にじゃないね。主にデザインが。その尖った箇所をなんとかせいや。ww
「やっぱ実用的じゃなかったか。」
「やんないよ。お父さんも楽しかったって言ってたし。」
「でも目の付け所は間違ってなかったはず。伝統と最新テクノロジーとの融合。この手があった!ドクの工場にあったあの変形メカ自販機に木彫りの仏像を合体させるのよ!」
「おー、面白そうじゃないか。ちょうどあの自販機に入れる新作飲料を開発していたところだ。カブラ寿司エキス2%入り自家製カブラ寿司ソーダ。」
「中身は普通の方向で。」
「試しに1本買ってみて。」
「イラッシャイマセー。」
「おー、すご~い。これはいけるかもね。」
「絶対話題になるよ!全国からお客さんがたくさん観に来ると思わない?」
20170427part4.jpg
「ふざけるな!おまえまで一緒になって何をしている。」

兄弟子さんが激おこなの。
「なんてことしてくれたんだこの罰当たりが!」
ババアもおこなの。
商店会と観光協会による対立が今に始まった事じゃないけど始まった。
伝統を重んじる、これ即ち、衰退を意味する。
伝統は守るものではなく創るもの。
でも奇抜なアイデアが良いかと言うとそうでもない。単に珍しいだけのものは1回見たら飽きられるのでリピーターにはつながらない。
「面白いじゃろうが。何が罰当たりじゃ。」
「間野山彫刻は伝統工芸なんだよ。国から保護されてるものなんだよ!」
「固執してどうする。伝統工芸の条件は産業として成り立ってることじゃ。このままじゃ近い将来、伝統工芸品指定も取り消されちまうぞ。」
「だからってアンタに誇りってもんがないのかい?」
「フン 誇りでメシが食えるか!」
「ウチは誇りで食べてきたんだよ!」
「フン、そりゃ綿埃の間違いじゃろが!」

度々登場するスナフキン出てきた。
「ネコなら食べますか?」
「は?」
「夫婦喧嘩は犬も食べない。」
「夫婦じゃない!」
「どうだった?」
「商店会がなんと言おうと関係ない、わしの権限で引き続きやれって。」
「引き続きって言われてもね。」
「私達のした事って、結局カブラ寿司をソーダにしたことと同じなのかな。」
「私、もう一度きちんと謝ってくる。」
「本当にごめんなさい。でもこれだけはわかってください。決してふざけたわけではないってことを。間野山彫刻は素晴らしいと思います。だからなんとかしたいんです。私も一志さん辰男さんと同じ他所から間野山に来た者として。」
「君はなぜ間野山に来たんだ?」
「それは…、自然の中で自分らしく働こうって決めて。」
「つらいことから逃げてきたきただけじゃないのか?別に間野山である必要はない。逃げてこの地に来た人間にとやかく言われたくはない。俺は覚悟を持ってここに来た。君とは違う。」
「そんな言い方ないと思います!私達は私達なりにみんなが間野山彫刻を見てすごいって言ってくれる方法を一生懸命考えて…。」
「誰もそんなこと頼んじゃいない!なら1つ聞こう。それは何の木かわかるか?わからないか。その程度で間野山彫刻の何が伝えられる。笑わせるな。」
「さっきはありがとう。でも逃げてきたってのは本当なのかも。東京で働いてた頃は毎日深夜まで残業してさ。フラフラになって終電で帰って、朝はまた通勤ラッシュで押しつぶされそうになって。休みの日は疲れて一日中ベッドの中。それでとうとう身体壊して入院しちゃった。それでも必死に会社に行こうとしたの。私がいないと納期が、クライアントが、って。でも笑っちゃう。無理やり退院して会社に出たら代わりの誰かが私の仕事をやってくれてた。それでなんの問題もなし。その時思ったの。ああ別に私じゃなくてもいいんだ。私が居なくても世界は何の問題もなく回っていくんだ、って。そしたら急に全部馬鹿らしくなって。だから私、一志さんみたいな考え方を否定できない。他に代わりがいない唯一無二。自分にしかできない仕事。私、これ以上はやめておく。やっぱりいい加減な気持ちで関わっちゃいけないんだ。ごめん 由乃は由乃なりに一生懸命なのはわかってる。でも私には無理だ。」

かつては社畜で、お前の代わりなどいくらでもいるという現実。
実際問題、ボーナス査定評価決める際、オンリーワンな仕事に取り組んでいないと評価低いままと言われ、毎回最低評価しかもらえない。
う~む、いつの時代もパイオニアは異端児扱いされる辛い世の中だ。
それに心が折れてアイテー大臣がイチ抜け状態になっとる。
スポンサーサイト
2017/04/27 15:29|サクラクエストTB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rmoto.blog91.fc2.com/tb.php/1358-788ae0b7


最新記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


検索フォーム 


RSSリンクの表示 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる


Powered By FC2ブログ 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright(C) 2006 Rmotoによる日報ページ・NEO All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.